「エクセル競馬予想 馬ちゃん」のサポートページ

トップページ ソフトの内容 使用方法について オフィスについて エクセル2013 馬ちゃん(馬吉版) トラブルと対策 ダウンロード

エクセル2013

Windows8 Professional 64ビット版 に「エクセル競馬予想 馬ちゃん」をインストールして見ました。
「エクセル競馬予想 馬ちゃん」はWindows 8 では動かないとアナウンスをしておりますし、実際にも動かないのですが、どのような状態になるのかのテストは行っておかなければなりません。
一番条件の厳しい状態で動作確認を行うために、エクセルのバージョンも、エクセル2013の64ビット版で行いました。
その時の内容を手順に沿って行います。

●Excel 2013の入手について

Excel 2013の通常版は12000~14000円で入手が可能のようです。
この他に学生や教職員だけが買えるアカデミック版が8000~9000円で買えますので、出来るだけ安く入手する方法を考えられるべきです。
こんな学生や教職員を優遇するマイクロソフトの販売戦略には腹が立つのですが、日本のソフトメーカーもそっくり真似をしています。
欧米人の崇拝と人真似好きな日本人の体質を如実に表しております。
何時まで経っても、日本は明治時代から進化する事が出来ないようです。

私の場合は、マイクロソフトが Office Professional plus 2013 の体験版を2か月の限定でダウンロードできましたので、そちらを利用させて貰いました。
いずれはエクセル2013だけでも買う事になるでしょうが、折角試せる機会があるのですから、利用しない手はありません。
下の画像がWindows8.1を立ち上げた時の画面になります。
Windows8.1 Professional 64ビット版は体験版ではなくて、正規に購入したものです。

Windows8.1画面

●Excel 2013への移植状態

2013年の3月末に Excel 2013 (Office Professional plus 2013)をダウンロードして、「エクセル競馬予想 馬ちゃん」スペシャル版(Ver1.10)を読み込んで、Excel 2013 のバイナリモード形式(*.xlsb)でセーブして動かしてみたのですが、当然ながら動きませんでした。

馬ちゃん起動画面1

根本的に32ビットで作成しているプログラムを64ビットの環境で動かそうとしているのですから、かなり無理があります。
最大の問題点は、まずExcelVBAで使用しているAPI関係のプログラムが32ビットのために書き直す必要があります。
書き直すと言っても操作は簡単で、記述を多少変更するだけで済むようになっています。
書き直して起動した時の画面です。

馬ちゃん起動画面2

今度はJV-Linkがインストールされていないのエラーが発生しました。
有効キーはXpとWindows7に使っているので、もう残ってはおりません。
プログラム内で、JV-Linkのインストールチェックを行っていたのですが、これでは使えませんので、チェック機能は外す事にしました。

●Excel 2013での動作状態

「エクセル競馬予想 馬ちゃん」の今後のバージョンアップは、Excel 2013 で行う予定でおりますが、エクセルの機能は変わっておりませんが、内部的にははエクセル2010からエクセル2013への変更で大幅に変化したようです。
一言で言うと、簡単には動作しなくなったと言う事で、セキュリティは向上しているのかも知れませんが、あれも動かないこれも動かないと言う結果になりました。
ソフトは通常下位互換性がありますから、古いソフトは新しいバージョンのエクセルでは動きますが、新しいバージョンで作成したエクセルは古いバージョンのエクセルでは動かない場合がほとんどです。
あるいは動いても画面構成が異なったり、配色が異なったりします。
その時には、やはり新しいバージョンのエクセルを基本にしていた方が良いだろうと思って、エクセル2013で開発を行う訳です。
当然ながらエクセル2013でしか動作しない機能もありますが、なるべくなら特定のバージョンだけが持つ機能は使わないようにします。
どうしても取り入れたい機能であれば、バージョン毎にプログラムを分けるか、古いバージョンに代替えの機能を持たせるようにします。

windows 8.1(64 bit版)でエクセル2013(32bit版)を立ち上げた時の画面を表示します。

エクセル2013画面

真っ白な画面が目を引きます。
解説のサイトでは眩し過ぎるので、目を傷めるのではないかとかコメントしているサイトもありました。
エクセル2007以降に採用されているリボンと呼ばれるメニューの選択画面が特徴なのですが、評判が悪かったせいなのか通常は隠すのが標準になっているようです。
エクセル2010と比較すると画像がシンプルになっています。
これは立体的な画像を多くするとそれだけ表示に時間が掛かるために簡略化したとされていますが安っぽさは感じません。
むしろ飽きのこない画面構成になっているのではないかと思います。

●最新版での移植状態

現在(2013年7月14日)の状況で、公開直前(JRA-VANの審査結果次第)の「エクセル競馬予想 馬ちゃん」 スペシャル版(Ver1.11)をWindows8 Professional 64ビット版にインストールして見ます。
Excel 2013 (Office Professional plus 2013)の試用期間はとっくの昔に切れてしまいましたので、エクセルでの動作確認はできませんが、「馬吉」の公開版を改造したソフトを動かす程度まではやってみたいと思います。
(Excel 2010 は所有しておりますが、Windows Xp と Windows 7 に既にインストールしておりますので、Windows 8 にインストールするのはライセンス違反になります)
私は貧乏なので Office Professional plus 2013 は到底買う事ができませんが、Excel 2013の単体なら何とか買えると思います。(半年ぐらいは先の話になるでしょう)
世間の人も金持ちの方は少ないと思いますから、Windows 7に Excel2010 を搭載するぐらいで当分は大丈夫だろうと思っているのですが、違うでしょうか?。
少なくともExcel2010からExcel2013に変えると、劇的に変化してメリットを感じる事だけは無さそうです。

ディスクトップにUmachan Special111 Setup.exe をダウンロードして起動した時の画面です。
インストール画面5
この辺は、Windows Xp と全く同じです。

インストール画面6
初期設定の通りにインストールして見ます。

インストール画面7

インストール画面8

インストール画面9

インストール画面10

インストール画面11

インストール画面12

「完了」のボタンを押すと、下記の画面のようなデータベース構築プログラムが起動します。
インストール画面13
このまま「データの取込」ボタンを押してインストールしても良いのですが、ここではデータの登録を1990年からにするために、一旦終了します。
環境設定ファイル(Umachan111.ini)の [SetupTime] の SetupTime=19900101000000 のように変更してから、再度データベース構築プログラムを起動します。
馬の血統データや3連複の配当データも取り込むように設定を変更しました。
取り込まないのは票数データや3連単の配当データ、坂路データ、特別レースのデータです。

1990年からのデータを取り込むと以下のように、終了するまでに結構な時間を必要とします。
画像は途中の部分をカットして繋ぎ合わせたものです。
お使いのパソコンの性能やインターネット環境によって異なりますが、私のパソコンでは10時間半近く掛かりました。
インストール画面14
一般的なノートパソコンでは、こんなに早くは終了しません。(最近のディスクトップとしては平均かやや速い程度の性能です)
私のWindows8 Professional 64ビット版には開発ツールなどは入れておりませんので、普通の方がお持ちのパソコンと同じ動作をすると思いますが、こればかりは色々なパソコンが存在しておりますので何とも言えません。
今までの経験では、結構多くの方のパソコンで何かが不足して動作しないような感じを受けます。

私のパソコンは自作機で、P6T Duluxe と言うマザーボードを使用しております。
今年にマザーボードやCPUは中古品を購入して製作したのですが、マザーボードやCPUに関しては、一時代前の製品になります。
ソフトを開発している関係で、ケースに入ってちゃんと動作するパソコンだけでも5台あります。(笑)
それで色々な環境でテストしているのかと言うと、テストする環境はありますが全くテストを行っておりません。(笑)

スペシャル版(Ver1.10)のおまけソフトとして添付を考えていた「馬吉」の公開版をWindows 8で動作させて見たら、あっさりと動きました。
今日(2013年7月14日)開催の函館記念の午前11時過ぎの状態ですが、問題なく動いている感じです。
インストール画面15
「馬吉」で動いていると言う事は、データベースへの登録や読み込みに関してはWindows 8 64bit版でも問題はないと言う事ですから、エクセル2013で動かなかった場合には、エクセルだけの問題として考えれば良い事になります。
ひょっとしたら、エクセル2013でも問題なく動くようにするのは、そんなに難しく考える必要はないかも知れません。
問題点はお金だけかも知れませんね。
尚、おまけソフトはいかんとJRA-VANに言われました(審査不合格)ので、上記の「馬吉」の公開版の改造版は添付できません。あしからず。

私は函館記念は的中できませんでしたが、データベースソフト(UmachanDB.exe)をタスクトレイに常駐させて動作させておりましたら、レースの終了後ほどなくして以下のようにレース結果の画面を表示させる事が出来ました。(ラップタイム発表後の画面と入れ替えております)
Windows 8に変える必要があるかどうかは別にして、Windows 8 64bit版でも動いていると言うのは確認できました。
インストール画面16
「馬吉」の改造版を制作していた頃は(2009年頃)画面の解像度が1024×768が普通でしたから、画面構成もそのようになっています。
最近のディスプレイに合わせて横を1600ドット以上にするとかなり画面の文字が小さくなってしまいます。
若い人ならそれで良いのでしょうが、私のような老人だとつらいです。
ここでは表示領域を小さくするために1024×768ドットの状態の画面にしておりますが、このぐらいが文字の大きさとしては丁度良いです。
巨大ディスプレイを買えば良いではないかと言われそうですが、値段と消費電力と何よりも首が疲れそうです。

●新しいデータベースでの動作

公開前の最新のデータベースでWindows8.1にインストールして見ました。
Windows8.1は64 bitのOSですから、今回のC言語で作成したデータベースは高速にインストールできるのではないかと期待をしました。
以下が、その時の状態の主要な部分の表示を切り抜いたものです。
新データベースでのインストール
正直、がっかりしました。
午後5時40分からインストールを行って終了したのが次の日の午前3時近くです。
たかだか10年間(2004年1月~2014年1月)までのJRA-VANからのデータの取得に9時間半近く掛かっております。
これなら、VB6で作成したデータベースよりも全然遅い感じです。
Windows8からWindows8.1にバージョンアップしたのが影響でもしているのでしょうか。
C言語のプログラムが速いのは間違いないでしょうが、マイクロソフトアクセスに最適化されていると言われるDAOが windows8.1の64bitとは馴染まないのではないかと思っています。
変換のために無駄な処理が多いのではないでしょうか。
時間が取れたら、同じことを以前のデータベースで行って確認してみたいと思います。

こちらが本日(2014年1月18日)正午過ぎの中山のメインレースの出馬表です。
最近手に入れたエクセル2013で「エクセル競馬予想 馬ちゃん」 スペシャル版(Ver1.11)を起動してみました。
データベースは上記の新しいプログラムで作成したものでは無くて、以前にVB6で作成したものを使っております。
画面の解像度はサイトの表示ですから、1024×768の低解像度にしています。(縮小表示したのでは画像がボケますので)
エクセル2013の動作画面2
Windows8.1(64 bit)にエクセル2013(32bit)ですが、全く問題なく表示しているようです。
コメントの表示も、画面の通りで問題ありません。
今日は各競馬場共5Rを消化しているのですが、「エクセル競馬予想 馬ちゃん」スペシャル版(Ver1.11)は、安めの配当2レースしか的中できておりません。
これでは、使ってくれる方が居なくなるのは時間の問題ですね。(笑)(その後京都6R馬連4040円が的中しましたので一安心です)
興味の沸くレースもありませんから、私は今日は馬券を買う予定はありません。(中山メインが馬ちゃん予想の通りの結果になるなら喜んで買いますが)

中山メインで馬ちゃんが本命にしている8番人気の⑨ティーハーフをダブルクリックして、それから馬の写真を表示してみました。
エクセル2013の動作画面3
この馬は宝塚記念が行われた日の新馬戦で1着でしたから、その時の写真(JRA-VAN NEXTに掲載)のようです。
モハメド殿下の所有馬で武豊騎手が騎乗していたのですが、あれから12戦目になりますが、最近の成績は7着、12着とぱっとしませんので人気が無くなっています。
連に絡む可能性はあると思いますが、今日も惨敗するようだと馬主に登録を抹消されるかも知れませんね。

エクセル2013で、「エクセル競馬予想 馬ちゃん」ハイブリッド版(Ver1.08)を動作させてみました。
拡張子がxlsタイプの従来からあるエクセルの形式です。
エクセル2013の動作画面4
現在は21時過ぎでレースは全て終わっています。
ハイブリッド版は中山競馬場のメインレースが的中しているようです。
的中したから言う訳ではありませんが、こちらの予想の方が素直な感じがします。
私は馬券を買っておりませんでしたが、誰かが予想を見て的中してくれてると嬉しいのですが。
この画面の1024×768ピクセルでは、ちょっと狭い感じで、私は普段は1280×960ピクセルで使用しております。
ディスプレイの解像度の1600×1200ピクセルが推薦画面と表示されているのですが、それでは字が小さくて私にはきついです。


[戻る]