「エクセル競馬予想 馬ちゃん」のサポートページ

トップページ ソフトの内容 使用方法について オフィイスについて 馬ちゃん(馬吉版) トラブルと対策 ダウンロード

Officeについて

私は長年エクセルを使った競馬予想プログラムを作ってまいりました。
エクセルには多くのバージョンが存在しておりますので、動作確認は欠かせません。 その関係で、マイクロソフトオフィスは以下のバージョンを所有しております。
Office2000、OfficeXp(2002)、Office2003、Office2010、Office2013
この中で、最良のオフィスはどれかと問われたら、迷わずOffice2003と返答いたします。
OfficeXp(2002)とOffice2003は、機能はほとんど同じですが、画面のデザインが多少Office2003の方が優れています。
尚、前回のバージョン迄は、アクティべーションの不要な Office2000 も動作可能にしましたが、さすがに機能的に不足な部分が多く、動作対象から外させて頂いております。

個人がOffice2013(Office2016でも同様でしょう)を使うのは止めた方が良いと思います。エクセルごっこをする程度なら、Office2013でも構わないでしょうが、VBAを駆使してバリバリ動くエクセルソフトを使うのなら、Office2013は動きがかったるくて使い物になりません。(特に Copy Destination が異常に遅いです)
最新の最高速のCPUを使えば動作は速いかも知れませんが、元々駄目なものをハードで補おうとしても、(画面がちらついたりして)欠陥を覆い隠す事は出来ません。
Office2003(OfficeXpでも良いのですが)を、最新の最高速のCPUで動かせば、動作の軽さに感激の涙が溢れてくるでしょう。そのぐらいに完成度が高いソフトです。
Office2013で苛立つのは、動作の遅さだけではなくソフトの認証のしつこさもあります。同じパソコンなのにハードディスクを変えただけで、再認証を要求されます。
今時、パソコンを1台しか持っていない人は皆無に近いでしょうし、2台は認証が可能のようですが、私のように多くのOSでソフトの動作確認をするには不足です。

結局はVL版(ボリュームライセンス版)を使うしかないのですが、Office2013のVL版(企業向け)を個人が使うと、毎回起動時にライセンスの認証を求める画面で出て、タイトルバーが赤くなって不快な思いをします。 それは著作権なのだから、マイクロソフトのやる事は当然で正しいと言う人(法律絶対論者)も多いのですが、私のようなプログラム開発者にとっては不便極まりないと感じます。 それなら、Office2003が発売された頃のように、認証がうるさくない時代のソフトを使うのが一番でしょう。
但し、販売はおろか、サポートもとっくの昔に終了しておりますので、入手するにはオークションでも利用するしかありません。
私は、Office2003 を既に所有しておりますので不要なのですが、今でも入手が可能なのか、オークションを探して見ました。

Office2003
(表示範囲の関係で、実際のサイトの表示を加工しております)

サポートが終わったソフトだからでしょうか、office2003のVL版が格安でオークションに出ております。
当時は企業を対象に販売していた事もあって、販売価格は5万5千円前後しておりました。
VL版なのでプロダクトキーが同梱されておりませんが、サイト上には1つや2つは公開されております。(付属しているのもあるようですが)
プロダクトキーさえ見つければ、インストールするだけで認証済になります。

私は出品者とは無関係であり、オークションを推奨してもおりません。 オークションにはリスクもありますので、自己責任で行動してください。

この商品が最終的にいくらで落札されたのか気になる方も居られると思いますので、落札価格の画像を記載します。

Office2003落札画像
(表示範囲の関係で、実際のサイトの表示を加工しております)

2680円でした。新品であるのと送料が無料であるのを考えれば、かなりお得な落札です。
念のために記載しますが、落札者は私ではありません。 1500円ぐらいで落札できれば落札しても良いとは思っておりましたが、Office2003 は既に所有しておりますので、転売して儲けるつもりでも無ければ不要です。 Office2003のVL版は官庁関係や学校で大量に使用されておりましたので、廃品回収業者経由で随時出品されているようです。
現在でも、5000円以上出せば即刻入手できるようですが、その半値以下での出品もこまめに探せば、いくらでも見つかるでしょう。

Microsoft Office XP Professional With FrontPageについて

上記の「Microsoft Office Professional 2003 Enterprise Edition」はVL版ですが、販売対象が企業向けです。一般の方は 「Microsoft Office Professional 2003」を買わなければなりませんが、新品を購入するのはまず不可能でしょうから、誰かがパソコンに1度はインストールしたのを使用する事になるでしょう。
私は「Microsoft Office Professional 2003」を購入した事がありませんので、詳しい事は分かりませんが、サイトの書き込みを見ると「電話認証の窓口が見つからない」などのトラブルがあるようです。 私が(中古で)購入したのが、「Microsoft Office XP Professional With FrontPage」です。当初は知らなかったのですが、これがOffice XP(2002)のVL版のようです。 このエディションには、「OfficeXp Developper」なるものが付いていて、当初はこれに期待していたのですが、インストールはしたものの、使い方が分からなくて使っておりません。

「Microsoft Office XP Professional With FrontPage」にはプロダクトキーがケースの裏側に貼ってあって、それでインストールできるのですが、近年はそれを使わないでサイトで公開されているプロダクトキーを使用してしております。 ひょっとしたら、「Microsoft Office XP Professional」は、プロダクトキーによって、VL版と通常版を分けているのかも知れません。(未確認) 巷で広まっているプロダクトキーは、「FM9FY-TMF7Q-KCKCT-V9T29-TBBBG」です。 このキーでインストールすると、何もしなくてもインストール後に認証済になっています。

電話認証も何回かやった事がありますが、不正インストールを警戒してか、「DVDが入っている箱の色は何色だ」とか色々な事を聞かれて嫌な思いをした人も多いでしょう。
やはり、認証など必要なしで、どんなパソコンにインストールしても直ぐに使えるのは気分が良いものです。 Offce2003が入手できないなら(使いたくない場合も含めて)、「Microsoft Office XP Professional With FrontPage」のインストールをお薦めします。機能的には2003と一緒と考えて良いです。(確かXMLの機能のあるなしぐらいです)

OfficeXp画像

古き良き時代のソフトに思えますが、このソフトの機能を満足に使いこなせる人は居ないでしょう。
つまりは、普通の人(圧倒的大多数の人)には、この程度の機能(Excel2002の機能)があれば十分なのです。
Excel2013などは、つい最近まで堕ちまくっていたソフトで、今でも(VBS等で起動や終了をすると)堕ちたと勘違いして、再起動する有様です。

Microsoft Office 2003 について

以下の画像が Microsoft Office 2003 になります。
Office2003画面

上記の Office XP と比較すると、画面の構成は変わりませんが、どこか垢抜けした新しいデザインになっていると感じると思います。
マイクロソフトにしてみれば、機能的には全く変わりが無いので、せめてデザインだけでも変えようと考えたのが分かると思います。
エクセルを含め、オフィス2002の時代で機能的にはほぼ完成しており、もう変更しなければならない部分は存在しないのでしょう。

Microsoft Office 2010 について

以下の画像が Microsoft Office 2010 になります。
Office2010画像

私は Microsoft Office 2007 を所有しておりませんので、Office 2007 と比較は出来ませんが、ほぼ同じではないかと思っております。
Office 2007 以降からマイクロソフトは Office の設計を大幅に変更しました。特に画面はリボンと称する独自のメニューになり、折角慣れ親しんでいた多くの人達が戸惑い、操作性の悪さと画面が狭くなる不便さに悩まされる事になります。
マイクロソフトとしては、新しいソフトを売るためには斬新さが必要と考えたのでしょうが、世の中は見てくれだけ変えて売れる程、甘くはありません。
一部のマイクロソフトの回し者と思しき人が、「リボンは慣れると使い易い」とか言っておりましたが、「冗談もほどほどにしろ」と思った人が大部分でしょう。

今、冷静に考えると、Office 2007やOffice 2010 は良く出来ていると思います。そう感じるのは、Office 2013 が登場し、その余りの酷さにあります。
Office 2007やOffice 2010 は、メニューの画面構成は大幅に変わりましたが、Office 2002やOffice 2003 との互換性は十分に考慮されておりました。
エクセルも、拡張子が xls の場合は「互換モード」で動作しているのですが、VBAも互換性が維持されており、従来のエクセルと動作には遜色がありません。
勿論、色数が増えたり、シートが大きくなったりしておりますので、その分遅くはなりますが、画面が乱れたり、耐えられない程に動作が重くなったりはしません。

Microsoft Office 2013 について

以下の画像が Microsoft Office 2013 になります。
Office2013画像
(セキュリティ上の理由で、実際の表示画面を一部加工しております)

私がけなし続けている Office2013 です。 私にはどこにも良さを感じられません。
でも日本人はお金持ちの人が多いのか、新しい物が好きなのか、オフィスは2013以降のバージョンを所有している人が多いようです。
自分は最新のソフトを使っているのだから、このソフトで満足に動かないようなソフトはソフトでは無いと考えているのでしょう。
お金持ちには逆らえませんね。 でも、この初期設定の画面からして眩しいとは思いませんか。 私はやたら眼が疲れるのですが。

Windows10 にOffice2013 64bit版を搭載

お金持ちの人の話の続きで、お金持ちの人と言うのは得てしてプログラムに関しては能力の低い人が多いようです。
一昔前の話ですが、マイコンと言うものが世の中に出始めた頃、NECからTK-80と言うマイコンキットが販売されました。それはそれは高額な商品で256Kのメモリーを増設するのも2万円以上しました。 私もマイコンを覚えたくて(物好きで)買いましたが、NECの製品ではなくてサードパーティの製品を買ったと記憶しております。
で、金持ちの人はどうしたかと言うと、マイコンキットは使いこなせないので、床の間に飾っていたそうです。あり得る話ですよね。

つまらない話は兎も角、プログラムを開発している身としては、Office2013 64bit での動作確認もしたい所です。(本来はするべきでしょう)
手に入れた商品がVL版だったらしく、しばらく使いこんでいたら、以下のような画面が出てくるようになりました。
Office2013 64bit画像
(表示範囲の調整のために、実際の画面表示を縮小加工しております)

昔はVL版の場合は認証を求められ事は無かったのですが、不正流通が多いのでマイクロソフトはVL版でも半年に1回ぐらいの割合だったと思いますが、認証を必要とするように変更しました。 認証の抜け道はあるようですが、タイトルバーに嫌らしく赤い警告表示が出るだけで、長期間動作をしておりますから、そのままにしております。
私のソフトも Office2013 の 64bit でも動作をしているようですが、JRA-VAN 側が未対応で、64bit 版では、データの取り込みが出来ませんでした。
Data-Lab は、Linux でも動作をしませんし、技術レベルが低い会社です。 ただ、使う人も 64bit版のOffice は使用しておりませんから釣りあっております。
まぁ、誰も使いもしない Officeの 64bit版で動作テストをしている私が馬鹿なのでしょう。 しかも、私の環境では、動作がとろくて使い物になりません。

尚、不正流通品を掴まされた(私のような)人は泣き寝入りするしかありません。 つまりは動作しなくなった時点で終わり(THE END)になります。
私も電話で(認証できない理由を)問い合わせた事がありますが、不正流通品である事を告げられるだけで、可哀そうだからと認証して貰えたりはしません。
日本人の中には、不正流通品の使用は法律違反だから、即刻使用を止めるべきだと言う「法律の番人」のような方がおりますが、他人にそこまで要求するのはどうでしょうか。
裁判にも「情状酌量」と言う判断があるように、法律を絶対視する必要はありません。(マイクロソフトも個人の使用などは、屁みたいな存在だと思っているでしょう)
あんまり言うと、「法律の番人」だと思っている人から、「お前は裁判所か(何様のつもりだ)」と言われる(恫喝される)でしょうから、このぐらいにします。
自称「正義の味方」は、自分だけが正しくて、自分に逆らう人を一切受け付けませんので、手が付けられません。(頭が固すぎるのもどうかと思いますが、本人は気付きません)


無料のWindows10 に飛びつく方に言いたい

Windows 10 無償アップグレード方法【無料】2018年2月現在もOKと言う記事が出ております。確認はしておりませんが、2018年8月現在でも状況は変わらないでしょう。このサイトに限らず、同様の解説をしているサイトは多いですが、私は「ちょっと待ったぁ」と言いたいです。ケチを付ける前に、この記事を読んだ方からの感想を載せてみます。

管理者さま
こんにちは。はじめまして。
運よくこちらのサイトにたどり着き、本日、無事Windows10へのアップグレードができました!
とても貴重な情報をありがとうございました。助かりました。

管理者 様
2018/04/06 windows7 home 32bit からwindows7 professional 64bitにクリーンインストール。
その後、USBメモリーを使ってwindows10にアップグレードしました。ライセンス認証もOKです。情報ありがとうございました。

管理者様情報有難うございました。
御蔭様で4月30日にwin7homeのままで使用していたサブノートをwin10にアップグレード出来ました。
win3.1時代を知る世代は苦労が多かったので、隔世の観がありますがそれだけに別ルートから思考でき、PCを扱える能力を鍛えられているとつくづく思います。
管理者様もその様な方ではと、拝察いたします。素晴らしい情報を誠に有難うございました。とりあえず成功の報告とお礼まで・・・・。

まだまだ、いくらでも感謝感激の御礼の言葉が、このサイトの管理人に対して掲示板に記載されております。お金をださないと買えない物が、無料提供期間が終わった現在でも、無料で手に入れる事が出来たので喜んでいるのでしょう。 このような方達は、お金を出して windows10 を購入している人が馬鹿に見えるのでしょうね。
しかし、ちょっと待ってください。 マイクロソフトが無料期間中に強引に Windows7 や Windows8 を Windows10 に移行させようとして、社会問題にまで成った事を思いだしてください。 なぜ、そこまでして、マイクロソフトは Windows10 に移行させたかったのでしょうか。 OSの管理がやり易いようにだとか、もっともらしい理由を想定していたマスコミも居りましたが、これは完全にノーでしょう。

それなら、Windows7 の延長線でも可能でしたし、Windows8.1の延長線でも可能でした。わざわざ古いOSはサポート期間を短くしたり、ブラウザの機能を制限したり、DirectX のバージョンアップの機能を Windows10 でしか出来ないようにしているのは、全ての使用者が Windows10 に移行するしか無いようするためでしょう。
つまりは、古いOSはマイクロソフトに不都合な欠陥あって、マイクロソフトはそれに対処出来ないために、欠陥を覆い隠せる Windows10 に移行させようとしているのです。
その欠陥とは、(想定ですが)OSやオフィスプログラムのコピープロテクト機能と情報収集機能です。
Windows10 はスパイウェアだと言う話を聞いている方は多いと思います。個人の所在地などの情報は勿論、思考や、趣味等も収集しておりますので、アカウントと照合すれば個人を特定する事も可能です。個人の居場所などは携帯電話などでも可能で、警察がそれを利用しているのは良く知られております。 高速道路では車のナンバーから個人の行動を監視できるのは勿論、法律違反なのですが、GPSを個人の車に取り付けて行動を監視していた事例もあります。

それは兎も角、無料の Windows10 には不透明な部分が非常に多いです。 よく言われているのは、無料でパージョンアップした Windows10 は、構成を大幅に変更した場合に認証をして貰えないのではないかと言う点です。Windows7やWindows8.1 であれば、構成を大幅に変更した場合でもマイクロソフトのサポートに電話すれば、必ず認証をして貰えますが、無料の Windows10 の場合は、それが非常にあいまいなのです。それでも、 Windows10 で認証が出来なくとも、バージョンアップした元のOS(Windows7 や Windows8.1)に戻せるなら救われますが、この点もあいまいな表現が多く、現在は可能だとしても1年後はどうなっているか分からない有様です。私は過去のマイクロソフトのやり方から危ない(認証を拒否される)と思っております。その根拠の1つとして、無料の Windows10 のプロダクトキーが全て同じである点です。
有料の Windows10 のプロダクトキーが全て同じと言う事はないでしょうから、明らかにマイクロソフトは何かをやろうとしていると考えるべきでしょう。それを差し置いても Windows10 が優れた使い易いOSであるなら、我慢も出来ますが、私はそのように感じる事が出来ません。 (私がひねくれ者であるだけなら良いのですが)

無料の Windows10 のプロダクトキーは以下のキーになります。(解説サイトの転記です)
VK7JG-NPHTM-C97JM-9MPGT-3V66T 圧倒的大多数の方の共通プロダクトキーです。64ビットの Windows 10 Proの場合と言われておりますが、例外もあるようです。
YTMG3-N6DKC-DKB77-7M9GH-8HVX7 Windows 10 Homeの場合と言われております。(以下も同様ですが、確認をしておりませんので、正しいかどうかは不明です)
TY4CG-JDJH7-VJ2WF-DY4X9-HCFC6 
PT9YK-BC2J9-WWYF9-R9DCR-QB9CK FUJITSUパソコンで、かつWin7 Professionalインストール機なら、64ビット版でも32ビット版でも共通と言われております。
TX9XD-98N7V-6WMQ6-BX7FG-H8Q99 Windows 10 Home build 10240 の場合と言われております。
NPPR9-FWDCX-D2C8J-H872K-2YT43 Windows 10 Enterprise build と言われております。

上記のキーは共通ですが、無料の Windows10 では個々のハードウェア情報を認証情報としてマイクロソフトでは記憶しており、プロダクトキーの内容は(基本的には)無意味であると考えられております。従って、ここの記載は(認証のための情報としては)何の役にも立ちません。 私は、(有料の)自作ソフトを配布する場合に個々のパソコンを識別するためにプロダクトキーを使用するつもりでおりましたが、その考えは脆くも崩れてしまいました。

ウィルスを仕込まれたかな?

ここ1,2ヶ月前から、MSNの記事(あるいは特定のサイト)を見ていると、以下の画像が時折出るようになりました。一目見るだけで(日頃サイトを見ている方なら)偽物だと分かるのですが、そのサイトから抜けるのも簡単ではなく、CTR+F4キーを押してブラウザを閉じなければなりません。
グーグルなどで調べると、特定のサイトへ誘導するだけでウィルス供給サイトではないような事が書いてありましたが、絶対に誘導には乗らないようにするべきでしょう。

このような表示は、毎回出るのでは無くて、同じ記事を再度見てもでませんので、ある程度の周期(確率)によって表示させているようです。又、MSNではでますが、ヤフーでは出た経験がありません。どうやら、そのページを表示中に出る特定の会社の広告が関係しているようです。ただ、広告主も無関係な場合があるとの解説があります。
つまり、(セキュリティ対策の弱い)広告の変造(広告スクリプトの改造)を行ってウィルスを撒き散らしている場合もあるとの事です。

仕込み1画像

これなどは、相手を喜ばせて誘導するタイプですが、こんなのもあります。

仕込み2画像

相手の不安を煽って、誘導させようとしております。私の場合は、同じ組織がマイクロソフトの名を騙って誘導しているようです。
初めて見た時には、私は即座にパソコンのリセットスイッチを押しましたが、自動的に削除と言うのは嘘のようです。
サイトを抜けようとしても、次々にメッセージボックスが表示されますので非常にいらつきます。

全ての人のパソコンに出るのではないようですので、私のパソコンには、何らかのウィルスの種が仕込まれていると考えるべきでしょう。
ハードディスクのバックアップはしておりますが、そちらも感染しているでしょうから、(変えても無駄であると考えられ)困った事になったと嘆いております。
侵入されたきっかけは不明ですが、怪しげなサイト(特にエロ系のサイト)を閲覧している場合は、(徴候が無くても)ウィルスに感染していると考えるべきでしょう。

[戻る]