diary

私の競馬日誌です。 予想を記載している事が多いのですが、ヘボ予想なので滅多にしか当たりません。
私が予想の参考にしている「馬ちゃんの競馬予想」も、たまには見てやってください。

2019年5月19日(日)
【後記】
当日午後2時半過ぎです。 オークス(GT)の予想ですが、やはり人気馬は有力だと思います。 1番人気のLラヴズオンリーユー、2番人気のAクロノジェネシス、3番人気のBコントラチェック、4番人気のGダノンファンタジーで1,2着が決まる場合もあるかも知れません。
少なくとも、この中から1頭は連に絡むだろうと思っています。Bコントラチェックは逃げ馬だから、東京の2400mは厳しいと切る人は多いと思いますが、2011年には2着に残った場合がありますから、下手な解説には惑わされない方が良いと思います。 厳しいのは確かですが、今年は2着も無いとは言い切れません。

穴馬も探したのですが、私には8番人気のDエールヴォアと7番人気のFシャドウディーヴァ、9番人気のOビーチサンバぐらいしか考え付きませんでした。
福永祐一も4,5番人気だと、2着に絡んだりして、迷惑するのですが、今日は9番人気ですから、まぐれは無いと考えて良いと思います。(3着ならあるかも知れませんが)
軸馬を決めれば、穴馬を含めて6点買いでカバーできますので、Lラヴズオンリーユーを信頼するならLからABDFGOの6点買いになります。 これでも足が出る事はありませんが、いかにも素人ぽい買い方なので、一捻りしたい所です。

さて、オークス(GT)のパドックですが、Aクロノジェネシスは頭が少し高いのですが、いつもパドックはこんな感じのようなので、問題はないのでしょう。
Bコントラチェックも問題が無く、どこまで粘れるかに注目です。 Gダノンファンタジーも普通なのですが、特に買いたくなるような雰囲気ではありません。それよりも6番人気のKウィクトーリアの雰囲気が良くて、戸崎圭太の騎乗だけに穴を開けるのではないかとの不安を感じます。 1番人気のLラヴズオンリーユーですが、人気馬の中では最も落ち着いているのと、騎手がデムーロでミスが少ないので、この馬から流します。 軸が正解で外れるとしたら、Kウィクトーリアが連に絡んだ場合でしょう。 それだけが不安要素です。

オークス(GT)の結果は、1着が1番人気のLラヴズオンリーユー、2着が12番人気のIカレンブーケドール、3着が2番人気のAクロノジェネシスでした。
しかし、競馬は当たらないものですね。 Iカレンブーケドールは人気の通り、特に目立つデータもなく、私は最初から度外視しておりました。
私だけでなく、Lラヴズオンリーユーから総流しに近い買い方でもしなければ、このレースは的中出来なかったでしょう。 いくら3歳牝馬のレースだとは言え、荒れ過ぎですよね。
ちなみに、私は2着になるのではないかと恐れていたKウィクトーリアは4着でしたから、今後はパドックで気合乗りの良い馬も押さえた方が無難ですね。
(後記ここまで)-------------------------------------------------------------------------------------------
当日9時に記載しています。 本日のオークス(GT)の単勝オッズですが、1番人気は3戦3勝のLラヴズオンリーユーで4.2倍、2番人気は5戦3勝のAクロノジェネシスで4.5倍、3番人気は5戦3勝のBコントラチェックで5.3倍、4番人気は6戦4勝のGダノンファンタジーで6.3倍、5番人気は4戦1勝のJシゲルピンクダイヤで11.5倍です。
相変わらずデムーロの人気は絶大で、ルメールもそうですが、この騎手には技量だけではなくて技能(騎乗する作戦面)に於いても才能を感じます。 現在の騎手のリーディングは川田将雅の61勝で、デムーロの43勝を大きく引き離してはいるのですが、(私から見て)彼の騎乗は技量を向上したい意欲は感じる(直線での尻っぱね走法の多用等)のですが、レース展開の読みやペース判断が甘く、ミス騎乗が多いと感じます。

これは、結局はおつむの出来にも関係しておりますので、努力すれば解決するような内容では無いような気がします。 三浦皇成なども努力はしているようですが、同様な欠点があるように(私には)思えます。これでは外人騎手に追いつくのは難しいと思っています。 まぁ、他の騎手はと言うと、安定した生活に満足しているのか(技術向上の)努力さえしませんので、そんな連中よりは増しなのですが。  地方から来た騎手(戸崎圭太や岩田康誠等)は、勝負の厳しさを理解して努力はしているようですが、中央の騎手と比較すれば孤立無援な存在ですので、なかなか良い馬には巡り合えず、苦労しているようです。 3歳牝馬のレースですから、勝負はどう転ぶか分からないと思いますが、武豊や福永祐一は完全に蚊帳の外の存在になっております。  ただ、「馬ちゃんの競馬予想」でもそうですが、データから判断すれば、人気上位馬が有力なのは明白で、穴馬には手を出し難い状況です。

2019年5月18日(土)
【後記】
当日午後2時50分になります。 平安ステークス(GV)の馬体重が発表になりましたが、3番人気の@オメガパフュームが+10K、馬ちゃんがお薦めのJクイーンマンボが+14Kですので、両馬共に評価は下げるべきでしょう。
私も主な馬のレース映像を見ましたが、5番人気のNサトノティターンの追い込みには眼を惹かれました。 騎手が石橋脩な点で信頼性には欠けますが、とんでもないヘマをやらなければ、3着以内なら堅いだろうと思いました。 ワイドでも採算が取れるようなら、馬券購入を検討したいと思います。

京都10RのJ-Kのワイド馬券でも買おうかと思いましたが、ダート戦ですので赤っ恥の恐れもあって断念しました。 いくらなんでも武豊は堅いだろうと思っておりましたが、Jレレマーマが取り消しになりましたね。 さて、平安ステークス(GV)のパドックですが、注目のNサトノティターンは落ち着いてます。 これなら1着もあるかななどと言うと赤っ恥でしょうか。 @オメガパフュームもJクイーンマンボも太目感はありませんので、+10Kや+14Kは影響が無いかも知れません。
Hアスタースウィングが2人引きで鶴首で気合乗りが良いのが目立ちます。 穴を開ける馬が居るとしたら、こんな馬なのかも知れません。
@FGHNから安めの配当を除いて馬連とワイド馬券を9点買いました。 まさか、1、2番人気では決まらないでしょう。

平安ステークス(GV)の結果は、1着が1番人気のFチュウワウィザード、2着が12番人気のEモズアトラクション、3着が3番人気の@オメガパフュームでした。
さすがに、2着に入った12番人気(147.6倍)のEモズアトラクションは度外視しておりますので(的中は)ワイドでも無理です。
この馬がこれから活躍するとも思えませんので、単なるフロック(flukeの意味)でしょう。 仮に@-Fで決まったとしても、馬連で920円でしたから、特に悔しくはありませんが、平安ステークス(GV)が荒れるレースなのは再確認できました。(判ってはおりましたが、無駄な散財をしてしまいました)
競馬資金が後100円だけ残っておりますので、東京12Rを堅いと見てE-Oを買おうと思いましたが、馬連で650円、馬単でも950円(O→Eなら1580円ですが)ですから、あきらめました。 馬券は買いませんが、予想は当たって欲しいです。
(後記ここまで)-------------------------------------------------------------------------------------------
当日9時半に記載しておりますが、今日の平安ステークス(GV)の単勝オッズは、1番人気がFチュウワウィザードで3.0倍、2番人気がGサンライズソアで5.0倍、3番人気が@オメガパフュームで6.0倍、4番人気がDアナザートゥルースで8.5倍、5番人気がNサトノティターンで9.5倍です。
Fチュウワウィザードは過去の成績から、Gサンライズソアは先行力から、@オメガパフュームは騎手のレベルから選ばれていると思いますが、このレースは中途半場な距離のダート戦で、しかも平坦な京都競馬場ですから、荒れる事が非常に多いレースです。

普通の騎手のレベルなら、1、2番手を走った馬の1頭程度は逃げ残るのですが、レベルの低い騎手だとペース感覚が鈍く馬を潰してしまいます。
かと言って馬群の中では、砂を被っただけで行く気をなくしてしまう馬も居りますので、なかなか馬のレベルと結果が伴いません。
ダート戦なので瞬発力と共に耐久力も要求され、過去のデータだけで予想をしている人は、7〜8割は的中出来ません。
私のようにハナ差で2着を逃してしまう事が多い勝負勘の鈍い人は、手を出すべきレースではありません。
長年競馬をやってまいりましたので、やっと、それ(そんな単純なことが)が分かるようになりました。

2019年5月17日(金)
毎週続いていたGTレースも、残りは明後日の日曜日のオークスと、5月26日(日)のダービー、6月2日の安田記念だけになってしまいました。
私としては先週にヴィクトリアマイル(GT)のワイド馬券が的中しましたので、取り敢えずは一息つく事が出来ました。
残りも予想が難しいレースばかりですが、後一つぐらいは的中させたいものです。

それは兎も角として、今週は明日の土曜日には京都で平安ステークス(GV)、明後日の日曜日は東京でオークス(GT)が開催されます。
このレースは著名なGTレースですので、木曜日には枠順が発表されており、現在(前日21時)、「馬ちゃんの競馬予想」に予想を掲載しております。
馬ちゃんはGダノンファンタジーを本命、Aクロノジェネシスを対抗、Lラヴズオンリーユーを単穴にしておりますが、3歳牝馬のレースですから人気は割れると思います。

平安ステークス(GV)も荒れる事が多いレースで、2014年は馬連で5万430円の配当、2003年には馬連で13万3810円の配当になった事がありました。
近年は外人騎手が活躍しておりますので、人気騎手のデムーロが騎乗する@オメガパフュームが連に絡むようだと、万馬券にはならないでしょう。
だいたいに於いて、このレースは16頭の出走馬ですが、(恐らくなのですが)7歳馬以上の馬は参加しているだけだろうと思っております。

2019年5月12日(日)
【後記】
ヴィクトリアマイル(GT)は運の要素が大きいでしょうから、当てようと思っても当たらないと思います。
私は朝に書いたように、「馬ちゃんの競馬予想」の付き合い買いをしようと考えておりますが、独自の予想でも3,4点を買うか買うまいか迷っている所です。
全部外れたら、赤っ恥どころではない大恥ですから、外れた場合は別のレースの馬券を買う事にしようかと迷っている訳です。
さて、ヴィクトリアマイル(GT)のパドックですが、1番人気のEラッキーライラックは少しせかせかして歩いています。 気合乗りが良いのは12番人気の@アマルフィコーストですが、東京では走った事が無く、距離も1400m中心の馬なので、連に絡むのはまさか(常識的にはあり得ない)と思いますね。

Cノームコアは芦毛なので毛艶は目立ちませんが、状態は良さそうです。 これはJアエロリットにも言えます。
Fミッキーチャームは可もなく不可もなくですが、それだけここでは目立ちません。 2番人気のAレッドオルガは独特の体型なので、私には判定が出来ません。 多分悪くはないと思います。 パドックでは、Jアエロリットから流したいと感じましたが、予定どおり馬ちゃんの付き合いでBCFJの馬連ボックスとBを軸にCFJにワイドで流しました。 1番人気のEラッキーライラックと2番人気のAレッドオルガに絡まれると痛いです。 4番人気のHプリモシーンも悪くはありませんでしたが、福永祐一なのでミスって呉れるでしょう。

ヴィクトリアマイル(GT)の結果ですが、1着は5番人気のCノームコア、2着が4番人気のHプリモシーン、3着が13番人気のBクロコスミアでした。
又しても福永祐一に邪魔されたと思ったのですが、3着にBクロコスミアが入ってくれましたので、ワイドが的中しました。
福永祐一がいつものように手を抜いて呉れれば、BーCの馬連が的中して13740円を手にする事が出来たのですが、そこまで望むのは欲張り過ぎでしょう。

ヴィクトリアマイル ヴィクトリアマイル(GT)の的中馬券です。
ワイドなら、もしかしてと思って買った馬券が見事に的中しました。
馬連よりも配当が良かったです。

(後記ここまで)-------------------------------------------------------------------------------------------
当日9時です。 昨日は背水の陣で臨んだ京王杯スプリングカップ(GU)を外してしまいました。
最近は2着馬が想定外の馬になる場合が多く、買った馬券の馬がハナ差で3着になるレースが多いです。
昨日の場合はハナ差で負けた3着馬は2番人気のEロジクライでしたから、この馬が2着だったとしてもトリガミでした。
少しは荒れるだろうと思っていましたが、穴馬として買った5番人気のKロードクエストが12着、9番人気のAドーヴァーが8着でしたから、ぐうの音も出ません。

今日のヴィクトリアマイル(GT)は、抜けた馬もおりませんし、しかも牝馬のレースですから、堅く決まる事など無いのが普通です。
単勝1番人気は、Eラッキーライラックで4.8倍、2番人気はHプリモシーンで6.1倍、3番人気はJアエロリットで6.6倍、4番人気はAレッドオルガで8.3倍、5番人気はCノームコアで9.9倍のようです。 下手の代表みたいな日本人騎手が1〜3番人気ですから、人気通りに決着したら、私の臍は茶を沸かすかも知れませんね。
せいぜい一人が連に絡めば良い方でしょう。

「馬ちゃんの競馬予想」も、13番人気のBクロコスミア、5番人気のCノームコア、6番人気のFミッキーチャーム、3番人気のJアエロリットと、鬼の錯乱のような予想をしております。 Bクロコスミアが連に絡もうものなら、確実に万馬券になりますので、例え可能性が1%でも、馬ちゃんの付き合い買いをしようかなと思っています。
万一、馬ちゃんが万馬券を的中をしたのに、私が馬券を買っていなかったでは済まされませんから。

2019年5月11日(土)
【後記】
京王杯スプリングカップ(GU)の馬体重も発表になりましたが、取り立てて目立つ増減のある馬はおりません。
このレースの展開予想ですが、逃げ馬が少ないので(普通なら)平均ペースになると思われます。 ミルファームが2頭出しをしておりますので、連携プレーをするならMブロワがCトゥザクラウンに競りかけて潰しながら、Dストーミーシーを補助する事も考えられますが、馬のレベルが低いのと、どちらの騎手も下手なので、やろうとしても無理でしょう。
余り捻った考えは止め、素直に予想をしたいと思います。このレースの前に緑風ステークスと言う1600万以下のレースがありますが、パドックをみてもさっぱり判断が出来ませんでした。 9頭立てと少頭数なのですが、単勝人気が最低(ほぼ100倍)の藤田 菜七子が騎乗のAウインブルーローズでさえ見劣りが(私は)しません。 雰囲気はDヴァントシルムが良いと思いましたが、混戦レースかも知れません。 と思ったら、馬のレベル差がはっきりしているレースで、直線では超縦長の決着でした。

さて、京王杯スプリングカップ(GU)のパドックですが、人気馬3頭は悪くないと思います。1番人気のHタワーオブロンドンが首の上下動が多いのが多少きになるぐらいです。
雰囲気は2人引きの6番人気のKロードクエストが良いのですが、過去5走に5着以内が無い馬です。Oスマートオーディンは3番人気になるだけあって、パドックの外目をさっそうと歩いていますが、個人的には池添謙一を信用しておりません。 さっぱり分からないので、ACEHKの馬連ボックスを買います。
当たれば足は出ませんが、5番人気のBサトノアレスや3番人気のOスマートオーディンを切ったのが裏目に出る可能性はあります。
結果は、1着が1番人気のHタワーオブロンドン、2着が6番人気のFリナーテ、3着が2番人気のEロジクライでした。
これだけ買えば当たるだろうと思って買ったのですが、またしても外してしまいました。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日9時です。 京王杯スプリングカップ(GU)の単勝オッズですが、1番人気はCトゥザクラウンで4.9倍、2番人気はHタワーオブロンドンで5.4倍、3番人気はOスマートオーディンで6.5倍、4番人気はEロジクライで7.0倍、5番人気はBサトノアレスで8.1倍です。
1,2番人気の馬連配当でも1000円以上で、この状態はレース前まで続くと思われます。 それだけ紛れの多そうなレースなのでしょう。
私なんぞは、福永祐一や池添謙一が騎乗しているだけで、どうせ駄目だろうと思ってしまいます。 彼等に偏見を持っているのは確かでしょうが、それだけ彼等に泣かされてきたのも確かです。 いずれにしても、このレースには穴馬が多く存在しているのも確かで、儲けるチャンスのあるレースと言えます。

2019年5月10日(金)
競馬シーズンの真っ最中ですね。 今週は明日の土曜日には京都で京都ハイジャンプ(GU)と東京で京王杯スプリングカップ(GU)、明後日の日曜日には東京でヴィクトリアマイル(GT)が開催されます。 障害競走は、私は馬券を買いませんので分からないのですが、CタマモプラネットとAメイショウタンヅツが人気になるのでしょうか。 いずれにしても、障害競走は堅く決まるか大荒れかの極端な決着が多いですから、(私のように)馬券を買わない人が多いと思います。
京王杯スプリングカップ(GU)は、「馬ちゃんの競馬予想」だと評価が割れていて、Aドーヴァー、Cトゥザクラウン、Eロジクライ、Hタワーオブロンドン、Jエントシャイデン、Kロードクエスト、Mスターオブペルシャなどをピックアップしているようです。

ネット競馬を見たら、1番人気がHタワーオブロンドン、2番人気がBサトノアレス、3番人気がCトゥザクラウン、4番人気がOスマートオーディン、5番人気がEロジクライと、かなり異なった予想をしておりました。 あのサイトもいい加減な予想をする場合が多いので、「馬ちゃんの競馬予想」と良い勝負ではないでしょうか。
ヴィクトリアマイル(GT)は、馬ちゃんはBクロコスミア、Cノームコア、Fミッキーチャーム 、Jアエロリット、Pサウンドキアラ、Mレッツゴードンキでしたが、こちらにはデムーロとレーンが騎乗するNカンタービレとCノームコアが出走しておりますので、彼等がどの程度の人気を集めるのかにも依ると思います。 日本人には外人騎手が騎乗するだけで馬券を買う人が存在しておりますので、糞馬(駄馬)の場合でもそこそこ人気になったりします。(そんなに酷い馬には騎乗しませんし、実績もありますので気持ちは分かりますが)
まぁ、ネット競馬と事前予想を競っても全く無意味ですから、今週こそは予想を的中させたいものです。

2019年5月5日(日)
【後記】
最近は立て続けて予想を外しておりますので、平場のレースにも手を出してみようと思います。
東京競馬場にはルメールとデムーロがおりますので、彼等が出ているレースなら、そこそこ連に絡みますので、多点買いをしなくても済みます。
堅そうなレースを探したのですが、東京7RのBレッドオールデンとHサンチェサピーク、東京8RのGカヴァル、東京10RのDアングライフェンの中の1Rぐらいは連に絡むだろと見ました。 当然ながら1、2番人気になっておりますので、単勝で買うとか馬単で買うとかしなければなりませんが、競馬にリスクは付きものです。
パドックに集中したいので、買い目は掲載しませんのでお許しください。 予想が的中したら(購入の証拠として)的中馬券は掲載致します。

東京7R、東京9Rの馬券を買ったのですが、当たりませんでした。背水の陣で東京10Rを1番人気(3.9倍)のDアングライフェンから馬単でAEKLで買ってみます。
馬連ならDアングライフェンの軸は確実と思っておりますが、配当的な観点から馬単で買います。もしかしてのDーMのワイドも買いました。 これも外れたら、博才が無いですね。
結果はD→F→Aでまたまた外してしまいました。 川田将雅のレベルがもう少し高ければ、岩田康誠には負けないと思うのですが、もう33歳ですから成長はしないでしょう。
このレースは馬のレベル差ではなく、騎手のレベル差順で決まりましたね。

馬券を買うつもりはありませんが、NHKマイルカップ(GT)のパドックを見ます。 人気馬2頭は問題ありません。 ヘボ相馬眼では2番人気のPアドマイヤマーズが良く見えます。
気合乗りの良さならCイベリスで、Hミッキーブラックも17番人気なる馬には見えません。人気馬を外して、穴馬のワイドでも買ってみましょうか。
NHKマイルカップ(GT)の結果は、1着が2番人気のPアドマイヤマーズ、2着が13番人気のQケイデンスコール、3着が7番人気のIカテドラルでした。
CHNPのワイドボックスを買っておりましたので、一瞬やったかと思ったのですが、勘違いのぬか喜びでした。  馬のレベルならNヴィッテルスバッハよりは、Qケイデンスコールが上かも知れませんが、5番人気と13番人気ですし、騎乗するのが戸崎圭太と石橋脩ではNヴィッテルスバッハの方を選びますよね。
ちなみにNーPのワイドはたったの860円です。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
今日のNHKマイルカップ(GT)ですが、やはり1番人気、2番人気が被り過ぎていて、現在(前日19時半)の単勝オッズは1番人気のFグランアレグリアで1.4倍、2番人気のPアドマイヤマーズが7.4倍です。 F-Pの馬連配当が4.3倍では、1点買いでもしない限り、とても馬券は買えませんね。
かと言って、ルメールやデムーロでもミス騎乗をする事はありますから、大金を賭けて1点買いをするには(貧乏人には)勇気が必要です。
100円での購入は論外だとして、仮に1000円が4300円になったとしても、(貧乏人が)ハラハラする割には、的中した時の喜びはしれております。
かと言って、このレースが100円が4300円になる(ほど荒れる)とも思えず、見るだけにする人が多いと思います。 (貧乏人の)私もその口です。

当日9時ですが、現在の単勝オッズは、1番人気のFグランアレグリアで1.7倍、2番人気のPアドマイヤマーズが5.7、3番人気のBダノンチェイサーが8.4倍です。
他に単勝オッズが10倍以下の馬は居ない状態で、馬連FーPは4.2倍ませ下がりました。
3歳馬のレースなので、人気程は堅いレースとは思えませんが、手広く馬券を買って1、2番人気で決まったりすると、馬鹿を見ます。

2019年5月4日(土)
【後記】
当日の午後2時半過ぎです。 予想の難しい京都新聞杯(GU)を運も味方につけて当てたいと思います。
馬体重も発表されましたが、プラス10K以上の体重なのはIヤマカツシシマルのみですが、14番人気の馬で、最初から勝つ気がないのでしょうから、どうでも良いです。
Eサトノソロモンも絞り切れませんでしたから、2着以内は苦しいと見て切ります。 Iトーセンスカイは10K絞ってきましたので、面白くはなったと思いますが、武豊がどのぐらいやる気があるかですね。 4番人気(7.2倍)のCブレイキングドーンも切りたくてうずうずしているのですが、福永祐一は人気になると勝てないくせに、4,5番人気だとたまに勝つので、押さえるべきか迷っています。

京都新聞杯(GU)のパドックですが、@オールイズウェルは毛艶が良く、状態は良さそうです。Bロジャーバローズはちょっといらいらしています。Cブレイキングドーンは普通なので(福永祐一では無理と見て)切ります。 Eサトノソロモンはやや太目感があります。 俗っぽい買い方ですが、@BFJの馬連ボックスに@HJのワイドボックスを買いました。
京都新聞杯(GU)の結果は、1着が11番人気のKレッドジェニアル、2着が2番人気のBロジャーバローズ、3着が7番人気のEサトノソロモンでした。
さすがに、私のレベルでは11番人気のKレッドジェニアルは買えませんでした。 改めてパドックを見ましたが、(特に見栄えもなく))2人引きでちょっといらついておりました。
パドックも10番人気以降の馬は、度外視して見ておりますので、的中は無理です。 見落としたと言うよりも、3歳馬のレースは、不安定なのは当たり前で、これが普通でしょう。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日9時に記載しています。 今日の京都新聞杯(GU)の単勝オッズですが、1番人気はFタガノディアマンテで4.9倍、2番人気はBロジャーバローズで5.6倍、3番人気は@オールイズウェルで5.9倍、4番人気はCブレイキングドーンで7.2倍、5番人気はLヒーリングマインドで8.1倍、6番人気はHフランクリンで9.0倍、7番人気はEサトノソロモンで12.6倍、8番人気はJトーセンスカイで12.9倍のようです。 3歳牡馬のレースなので不安定で、2000〜2003年頃は連続して馬連が万馬券でした。 近年はさほど荒れなくなりましたが、それでも去年は7番人気、11番人気が1,2着で、馬連が15710円でした。 距離が2200mと長いので、後方からの追い込んで勝つ馬が多いのですが、それを逆手に取って、2番手を走りながら逃げ切って勝つパターンも存在します。 さすがに先頭を走る馬で勝った馬はおらず、良くて3着に残るのがやっとで、通常は惨敗します。

人気の傾向ですが、過去2戦しかしていない馬は評価が低めのようです。 2戦だけでは経験が浅いのと、未勝利を勝ったばかりの馬がほとんどですので、評価が低いのだと思いますが、荒れる場合は、このような馬が連に絡む場合です。
本気で当てようと思ったら8点ボックス以上を買わないと無理でしょうから、6、7点買って外れたらあきらめるのが常識的な買い方になると思います。
私は軸馬を決めて流そうと思っておりますが、現時点での軸馬候補は@オールイズウェル、Fタガノディアマンテ、Hフランクリン、Jトーセンスカイの4頭です。

1番人気のFタガノディアマンテを軸馬にするのは俗っぽいので、できるだけ避けたいと思います。 @オールイズウェルは前走で幸英明がモタモタしながら強烈な追い込みで3着に食い込んでおりますから、期待できるのですが、今回は藤岡佑介に乗り替わっておりますから、2,3番手を走る事も考えられ、前残りの展開にならなければ惨敗もあり得ます。
この馬に武豊が騎乗していたら、文句なく軸馬にしますが、藤岡佑介では惨敗と紙一重です。 逃げ馬が居ないのでEサトノソロモンの前残りも期待できるのですが、何しろ540Kの巨体の馬ですから、一瞬の足が使えるとは考えられず、巨体を活かしてどこまで粘れるかがポイントになるでしょう。
当たれば損する事はないでしょうから、配当的には期待できますが、運も味方にしないと的中は出来ません。

2019年5月3日(金)
10連休も半ばを過ぎ、そろそろ終わりが近くなってきました。
今週の競馬は、明日の土曜日には京都で京都新聞杯(GU)があり、明後日の日曜日には東京でNHKマイルカップ(GT)があります。
京都新聞杯(GU)は、日本人の騎手がほとんどなので、いつものように荒れるかも分かりませんが、人気になる馬はだいたい決まっていて、Jトーセンスカイ、Cブレイキングドーン、Bロジャーバローズが人気の3頭になるのではないでしょうか。  ただ、武豊にしろ、福永祐一にしろ、浜中俊にしろ、人気を裏切るのは日常茶飯事で、EサトノソロモンやFタガノディアマンテにあっさり負けたりする事もありそうです。

NHKマイルカップ(GT)も人気になる馬は決まっていて、PアドマイヤマーズとFグランアレグリアが1,2番人気になるのは間違いないと思います。
恐らくは、藤沢和雄とルメールの組み合わせが評価されて、Fグランアレグリアが1番人気、Pアドマイヤマーズが2番人気になると推定されます。
この2人の外人騎手は抜けたレベルですから、2人共に3着以降になるとは考え難く、この2人で1,2着に成る場合もあるかも知れません。
折角のGTレースではありますが、配当的には期待できないと思います。 1,2番人気の馬連配当が600円前後だと、(馬ちゃん予想の)6点買いは出来ないですね。

2019年4月29日(月)
【後記】
久しぶりに、午前中に新潟大賞典(GV)を予想しました。
3番人気(7.4倍)@ミッキースワローは、斤量と枠順が不利だろうと勝手に決め込んで切り、馬連と馬単の10点買いに絞りました。
まず、BランガディアからEGN、EロシュフォールからDGNと馬単でE→O、GブラックスピネルからNO、後はNメールドグラースとOルックトゥワイスです。
基本的にBDEGNOの馬連ボックスから、可能性の高そうな組み合わせ10点に絞ったものです。 1,2番人気を馬単にしたのは、馬連では足が出るからです。
万馬券の組み合わせはワイドにすべきかも知れませんが、取り敢えずはこの組み合わせで投票できる状態にしております。
自分なりに考えたつもりですが、これでもカスリもしない場合があって、新潟競馬場は恐ろしいです。

当日の午後2時半過ぎになりました。3番人気と2番人気が入れ替わって@ミッキースワローは2番人気(6.8倍)になりました。 理由は(私には)分かりません。
それと新潟競馬場は上がり勝負になっていて、上がりタイムなら断トツの1番人気(2.3倍)のEロシュフォールから素直に流せば当たるのではないかとの思いが強くなりました。
昨日の天皇賞(GT)の結果を見て、過剰な思考をしているような気がします。 ひょっとしたら縦長のレース展開になるのではと思っていましたが、考え過ぎかも知れません。
新潟大賞典(GV)のパドックですが、1番人気のEロシュフォールは、馬体も仕上げも気合乗りも文句のつけようがありません。 これで負けるなら超スローペースになるか、ミス騎乗以外には考えられません。

私がピックアップしなかった馬ではLクリノヤマトノオーが馬体の良さと気合乗りが良いのが気になります。和田竜二だから軽視したのですが、常にミスするとは限りませんので。
Dメートルダールも勝負できる馬体と思いますが、福永祐一はミスが多いですからね〜。特殊な競馬場ですから、まさかのEロシュフォールの3着以下を期待して予定通り10点を購入します。 Eロシュフォールの大楽勝だったら、赤っ恥では済まないですね。
新潟大賞典(GV)の結果は、1着が7番人気のNメールドグラース、2着が3番人気の@ミッキースワロー、3着が1番人気のEロシュフォールでした。

もう少し縦長になればGブラックスピネルはコーナーを曲がってから外へ向かって針路を取れたのですが、Mドレッドノータスが来ておりましたので無理でした。
三浦皇成はベストを尽くしたと思います。 @ミッキースワローは馬群を抜け出すにもモタモタしていたのですが、珍しく必死に騎乗する横山おじさんに頑張られてしまいました。
私の馬券の買い方がまずいだろうと指摘されそうですが、(@ミッキースワローを切ったミスは認めますが)重度のミスではなかっただろうと自己弁護をさせていただきます。
実際のところ、馬券こそ取れませんでしたが、久しぶりにわくわくしながら競馬を見る事が出来ました。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
新潟競馬場は、直線で全馬が外へ外へと向かって走る恐ろしい競馬場です。 何しろ柵沿いを走ると全く馬が伸びませんので無理もありません。
なぜこのようになっているのかと言うと、察するに、どこの競馬場の直線も外側は伸びるように造られているのだと思います。そうしないと外に廻すロスのために、、外側を走る馬は直線で豪快な追い込みが出来ないからでしょう。 この調整は芝の刈り方程度では駄目なようで、(恐らくは)土台の構造からそのような調整を行っていると考えられます。
外側を走るのが有利なのは全騎手が周知しておりますので、直線では外へ外へと斜めに走る訳です。 斜めに走るロスを差し引いても、新潟は直線が長いので有利になります。
ですから、団子状態だと内側を走る馬(概ね1,2枠の馬)は外へ向かうのが大変で、通常は外側を走っている馬がゴール手前で交わす場合が多いようです。

新潟大賞典(GV)の予想が困難なのは、このようなとんでもない構造の直線が有る点と、しかもハンデ戦ですから、4コーナーを回った時点で、どの馬がどの位置にいるのか全く分からず、普段は全く勝てないようなレベルの騎手や馬でも、時折勝つ場合があるからです。 普通の競馬場のように、外側に馬を廻して追い込むと言う感覚ではなく、被せられないように斜め右方向を走らせる馬が有利なのですから、偶然の要素が非常に多くなると言えます。 6点程度の馬券購入では、全く予想が当たりませんので、近年このレースの馬券は購入しておりません。 今日もそうするつもりでおりましたが、当サイトを見てくださる方も多いので、お金を捨てようと思っております。 100回に1回程度しか当たりませんので、くれぐれも参考にはしないでください。 データ通りだと1番人気(2.8倍)のEロシュフォールが楽勝する筈ですが、それが通用しない場合もある、恐ろしい競馬場です。

2019年4月28日(日)
【後記】
最近は土曜日に馬券を買うの止めると、日曜日は予想が的中するので、ゲンを担いで同じパターンにしています。 今日も当たると良いのですが、1点買いでは、さすがに無理っぽい予感はします。 2番人気(3.3倍)のAエタリオウと1番人気(2.8倍)のIフィエールマンのA-Iの馬連でも4.7倍の配当ですから、1点買いでも300円も買えば、そこそこの儲けにはなるのですが、そこまで堅いレースなのかですよね。 距離適性がはっきりしない馬が多い点が不安材料にはなります。
天皇賞(GT)のパドックですが、Aエタリオウは悪くないと思います。Dメイショウテッコンは福永祐一の腕次第でしょう。ゴール直前(100m程度)まで先頭を走ると思います。
Fグローリーヴェイズは2人引きのせいか気合が入っています。 Gパフォーマプロミスは某ユーチューバーが馬券を買っているらしいですが、雰囲気はとても良いです。
Iフィエールマンは普通としか感じませんが、データ的に良いので有力馬です。Hユーキャンスマイルも普通としか言いようがありませんが、岩田康誠は丁寧に乗るでしょうから切れませんね。 AFGHIの3連単の組み合わせを10点に絞って投票したら、締め切られてしまいました。 もしかして、的中していたら悔しいですね。
天皇賞(GT)の結果は、1着が1番人気のIフィエールマン、2着が6番人気のFグローリーヴェイズ、3着が8番人気のGパフォーマプロミスでした。
私の(投票に間に合わなかった)10点の3連単は的中しておりませんでしたので良かったです。 もし的中していたら、今日は寝付けない所でした。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
今日の天皇賞(GT)ですが、やはり人気が偏って馬連ではとても買えない低配当になっています。 現在(前日22時)の単勝オッズですが、1番人気はIフィエールマンで3.1倍、2番人気はAエタリオウで3.8倍、3番人気はHユーキャンスマイルで6.4倍、4番人気はKクリンチャーで7.2倍です。
穴馬としてはDメイショウテッコンやFグローリーヴェイズ、Gパフォーマプロミスを挙げている人も居りますが、常識的に考えれば3番人気までの馬で1,2着は決まるでしょう。

Dメイショウテッコンに騎乗するのが武豊なら、ひょっとして逃げ切るのではないかと考えたくなりますが、福永祐一では下手過ぎて(恐らく)無理です。
Fグローリーヴェイズも戸崎圭太ならと考える人は多いと思いますが、私には長距離が得意な騎手だとのイメージが湧いてきません。Gパフォーマプロミスも騎乗するのが北村友一ですから、レベル的に10年早いだろうとのイメージしかしません。 4番人気のKクリンチャーも、三浦皇成ですから、私には連に絡むイメージが全くしません。 Hユーキャンスマイルも、騎乗するのが岩田康誠ですから、勝つよりは3着以内に成る事を最優先してせこい走り(無理をせず、最短コースの内側を突くような走り方)をすると思っています。

これでは、3着がやっとだと思いますので、IフィエールマンかAエタリオウが1,2着になる可能性が高いでしょう。
騎手の勢いとしては、最近はルメールがやや抜けておりますので、(誰でも考える通り)人気通りの順位で決まる可能性が高いと思っております。
競馬は思ったようには決まらないものですが、今回は「馬ちゃんの競馬予想」の通り、I→A→Hの3連単1点勝負で買うしかないかと思っています。
人気通りですから、3連単でも2000円ちょっとの配当しかありません。 外れたら、明日の(禁断の)新潟大賞典(GV)にでも手を出しましょうか。

当日10時です。天皇賞(GT)が行われる京都は晴れのようです。残念ながら天皇賞(GT)は特定に馬に人気が集中して馬券的な妙味がありません。
本来なら馬券を買うのは見送るレースですが、著名なGTレースですから、(的中すれば採算が合う)3連単を1点だけ買おうと思っています。
穴馬の複勝ならもう少し当たり易いのですが、福永祐一や三浦皇成では技術レベルが不足しておりますので、3着以内に成れる可能性が低いです。
それよりは、外れたら潔くあきらめる事にしました。 多くの競馬ファンの方も似たような心境だろうと思います。 競馬は明日もありますので、それで良いでしょう。

2019年4月27日(土)
【後記】
青葉賞(GU)が行われる東京競馬場は小雨模様で、パドックでは傘を差している人も結構居ります。 やや力のいる馬場状態なのでしょうか。
雨が土砂降りになるようだと、馬場の内側には大量の雨水が流れ込みますから、大波乱も考えられますが、現在はそこまでは降っていないようです。
その青葉賞(GU)のパドックですが、さすがに、この馬は問題外だと思うような馬はおりません。 多分内枠が有利でしょうから、@アドマイヤスコール、Aリオンリオン、Bランフォザローゼス、Dピースワンパラディ、Eウーリリと外枠では有力馬と思えるJカウディーリョから1,2着は出ると思うのですが、赤っ恥でしょうか。
気合乗りは11番人気のKアルママも良いのですが、人気が無いのと、馬が小さく、柴田大知の騎乗ですから、掲示板に載れば御の字でしょう。

何度も書いているように、1番人気のBランフォザローゼスから流すのが自然な買い方でしょうし、この馬が惨敗したらあきらめるレースだと思います。
Bを軸にした馬連配当をみると、BーEの場合は830円ですので、馬券購入は控えます。@ーBかB-Dで決まりそうに思えるので、(購入しようかと)多少迷いました。
青葉賞(GU)の結果は、1着が5番人気のAリオンリオン、2着が1番人気のBランフォザローゼス、3着が3番人気のDピースワンパラディでした。
Aリオンリオンが連に絡むと分かっておれば馬券は買えるのですが、そんな予想は占い師でも無理でしょう。 それにしても、福永祐一は(相変わらず)競馬が下手ですね。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日9時半です。 今日の青葉賞(GU)の単勝オッズですが、1番人気はBランフォザローゼスで4.1倍、2番人気がEウーリリで4.2倍、3番人気がDピースワンパラディで6.1倍、4番人気が@アドマイヤスコールで8.3倍、5番人気がAリオンリオンで9.5倍のようです。 3歳牡馬のレースですから、俗に言う視るレースで、どの馬が勝っても不思議ではありません。 ただ、今までのデータから推定すると人気馬が有力馬であるのは間違いありません。 特にBランフォザローゼスは、毎年好成績を残す藤沢和雄調教師が勝ちに行く場合は、(騎手レベルがトップと言われている)ルメールを常に起用しており、馬のレベルも高そうですから、連に絡む可能性は4割程度なら十分にあると思われます。
この馬から4,5点も流せば、普通は的中するのですが、(安定性の無いレースだけに、私のような)勝負運の無い人は、視るレースにすべきだと思っています。
もし、馬券を購入して負けた場合は、明日の天皇賞(GT)にも悪影響を与えそうです。

2019年4月26日(金)
今週からGTレースが毎週開催されます。 明後日の「天皇賞」に始まって、5月5日の「NHKマイルC」、5月12日の「ヴィクトリアマイル」、5月19日の「オークス」、5月26日の「ダービー」、6月2日の「安田記念」の6レースです。 これだけ連続してGTレースがあると、私のような貧乏人は、その他のレースには競馬資金が不足して手を出せなくなります。 万馬券を的中させれば可能ではないかと言われそうですが、近年はデムーロやルメールのような外人騎手が安定して勝利しておりますので、高配当が出難くなりました。
下手すると、馬連200円前後の配当のレースもあり、予想が的中しても損をするレースも少なからずあります。 これが悪いと言っているのではなくて、過去の日本人の騎手がいかに下手だったかを言いたいのです。 中央競馬の環境の中では、日本人騎手は努力をしなくても安定して高収入を得られる弊害が出ていた事が、外人騎手によって露呈されました。
これからは(過剰人員を抱えるJRAが、構造改革をして)控除率を現在の25%から15%程度にして、配当を増やす必要があると思うのですが、JRAは危機感は感じていないようですから、(競馬が廃れでもしなければ)改善(控除率の見直し)はされないでしょう。

無意味な話は兎も角、今週は明日の土曜日は東京で青葉賞(GU)、明後日の日曜日には京都で春の天皇賞(GT)、月曜日は新潟で新潟大賞典(GV)が開催されます。
青葉賞(GU)は3歳牡馬のレース(ダービーのトライアルレース)ですが、馬のレベルがはっきりしませんので、予想が外れる可能性の高いレースです。
従って、私は手を出すつもりはありません。 春の天皇賞(GT)は著名なレースですので、(人気が集中して、極端に低配当のレースにならない限り)馬券は買うつもりです。
新潟大賞典(GV)は、いつも言っておりますように、直線が極端に不公平な造りになっていて、馬の実力通りに決まらない場合が多いのと、更にハンデ戦ですから、(私は)毎年馬券の購入は控えております。 このコースは、(以前に私に競馬のアドバイスをしていただいた)福島さんと言う方が、JRAに改善の要望書を提出しておりましたが、それから20年近く経過しておりますので、JRAは(不公平の是正は)やる気が無いようです。 辺鄙(へんぴ)な田舎競馬場に資金を投入するのは無駄だ(もったいない)と考えているのでしょう。

2019年4月25日(木)
今日は木曜日ですが、今週は4月28日(日)に春の天皇賞(GT)がありますので、枠番がJRAより発表になっております。
これから毎週GTレースがあります。特にダービー(GT)は、普段競馬をやらない人でも馬券を買いますので、ちょっとでも荒れようものなら、馬連でも数千円の配当が期待できます。安田記念(GT)まで含めるとGTレースは6レースありますので、頑張って3レースぐらいは的中させたいと思っています。
最初の天皇賞(GT)ですが、「馬ちゃんの競馬予想」で見ても分かるように、人気になる馬は3頭に絞られます。Aエタリオウ、Hユーキャンスマイル、Iフィエールマンの3頭です。
この3頭が人気を被るようだと、先週のマイラーズカップ(GU)のように、とても馬券は買えない配当になるのですが、果たしてどうでしょうか。

2019年4月21日(日)
【後記】
マイラーズカップ(GU)で、単勝1番人気(1.5倍)のEダノンプレミアムが2着以降になる場合を考えましたが、多少の川田将雅のミス騎乗が必要になると思います。
川田将雅は(我々が考えているよりも)この馬を信頼していないようで、いつも柵沿いの2,3番手を走らせ、直線でやや外目を走らせながら差すパターンを採用しております。
ディープインパクト産駒ですが、一瞬の足が使えないじり足の馬だと認識しているのでしょう。 そして、それは(多分ですが)当たっていると思います。
今回も2、3番手の位置で、出来るだけ節約コースを走らせるものと思います。 それでは、このメンバーで一瞬の足が使える馬が居るのかになりますが見当たりません。
Bインディチャンプは1600mしか走った事がなく、音無秀孝の見立てが正しければ、東京の2000mは通用しませんし、騎手も福永祐一では川田将雅よりもレベルが劣ります。
3番人気(6.3倍)のCモズアスコットも可能性ならありますが、距離の長い2000mでどうなのかは未知数です。 他には上がりの良さそうなAパクスアメリカーナが居りますが、藤岡佑介ですから、やたら先行して馬を潰してしまう可能性もあります。 ABCを1着固定、2着をEにして、馬単を買う買い方も考えましたが、そんなトリッキーな買い方は、笑われるだけでしょう。 こんな買い方をしてEダノンプレミアムに大楽勝でもされようものなら、自分に腹が立ちます。

それならばと、東京のフローラステークス(GU)のワイド馬券でも買おうかと必死で有力馬を探しましたが、絞っても有力馬が7、8頭はいて、相当に運が良くないとワイド馬券でも的中しないと思いました。 馬券を買いたい衝動を押さえ切れない自分が情けないです。
マイラーズカップ(GU)は馬体重を見ると、Cモズアスコットが連に絡む可能性が低くなりました。 ABEで決まる可能性が高くB-Eだと馬連が260円ですから、このレースの馬券を買うのは完全に中止します。 フローラステークス(GU)のパドックですが、人気馬は問題が無いです。外れ覚悟でACIの馬連ボックスとBを軸にACIのワイドを買います。
マイラーズカップ(GU)の結果は、1着が1番人気のEダノンプレミアム、2着が5番人気のGグァンチャーレ、3着が4番人気のAパクスアメリカーナでした。
2着のGグァンチャーレは7歳馬の休養明けですので5番人気だったのですが、そんな馬にも負けるようでは福永祐一も藤岡佑介も笑い者になるでしょう。
フローラステークス(GU)の結果は、1着が3番人気のCウィクトーリア、2着が2番人気のAシャドウディーヴァ、3着が9番人気のHジョディーでした。

皐月賞 フローラステークス(GU)の的中馬券です。
3歳牝馬のレースで、無謀な購入だと思いましたが、ついつい買ってしまいました。
ラッキーだったの一言です。

(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
今週は馬券を買うならマイラーズカップ(GU)だけだろうと思っておりましたが、「馬ちゃんの競馬予想」の予想と、現在(前日18時半)の1〜4番人気が完全に被っております。
それだけ誰が考えても同じ結果に成ると言う事で、1,2番人気のB-Eの馬連だと、なんと2.3倍です。AーEが6.0倍、CーEが6.4倍ですから、これでは(4頭ボックスでは)馬券は到底購入出来ません。 Eダノンプレミアムを無視出来るなら馬券は買えますが、私には無理です。
そうなると、フローラステークス(GU)では馬券が買えるのかとなりますが、3歳牝馬のレースなどは競馬関係者でも運任せのレースでしょう。
今週は競馬は無かった事にするしかありませんね。

当日9時半過ぎです。 マイラーズカップ(GU)の単勝オッズですが、Eダノンプレミアムが1番人気で1.5倍、2番人気はCモズアスコットで4.4倍、3番人気はBインディチャンプで4.9倍、4番人気はAパクスアメリカーナで4.9倍です。
常識的に考えて、この4頭の馬の中から1,2着の馬が出ると思います。 但し、4頭ボックスの馬連を購入すると、赤字、もしくはトントンになる可能性が高いです。
フローラステークス(GU)の単勝オッズは、1番人気がIセラピアで4.2倍、2番人気がAシャドウディーヴァで6.9倍、3番人気がQフェアリーポルカで7.5倍、4番人気がKエアジーンで8.2倍、5番人気がCウィクトーリアで8.6倍です。
18頭の出走ですが、過去3戦以内の馬が8頭もおり、普通の人(私のような人)は馬の能力が判断出来ません。普通の人は手を出すべきレースでは無いと思います。

2019年4月20日(土)
【後記】
当日午後2時過ぎです。 福島牝馬ステークス(GV)のパドックを視る予定ですが、パドックを見ると馬券を買いたくなりますので、自分を抑制できるのか心配になります。
宝くじ売り場の前を通ると、ひょっとしたら、ここで宝くじを買うと、自分に1億円が当たるのではないかと思う心理と似ているかも知れません。
99.99%以上がそれは単なる夢物語に過ぎないのですが、そんな(自分に都合の良い解釈ばかりして)願望を抱くようになります。
宝くじは外れてばかりですから、やがては、そんな妄想は抱かなくなりますが、馬券は時折的中しますので、始末が悪いです。
競馬をやる人は、自制心がないと、人生の墓穴を掘る(ギャンブル依存症になる)場合もありますので、注意してください。

それは兎も角、福島牝馬ステークス(GV)の人気ですが、1番人気が朝は2番人気だったEフローレスマジックになりました。 微差ですので、レース前には変わる場合もありますが、単勝や馬単(3連単)を買う人でなければ、関係は無いでしょう。
福島のレース傾向は文句なく前残りですから、騎手は先行したがると思います。ただ、このレースは逃げ馬が多く、3番人気のBランドネも2,3番手を走るでしょうから、2000mではバテてしまう可能性も高いです。 もし、先行馬がバテて失速するようなら、4番人気のDデンコウアンジュが俄然有力になるのですが、柴田善臣ですから体力的な不安は残ります。穴狙いならこの馬からでしょうが、リスクも相当あります。 騎手で選ぶならBランドネでしょうし、馬のレベルで選ぶならEフローレスマジックでしょう。
Iダノングレースは究極の仕上げをしたのか422Kですから、惨敗と紙一重になったと私は見ました。それで惨敗するだろうと思いますので、BDEの馬連ボックスの購入が適当と思っておりますが、リスクが多い割には馬券的な妙味が無く、馬券は買いません。 結果はD→E→Iで堅く決まりました。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日9時半です。 今日の福島牝馬ステークス(GV)の単勝オッズですが、1番人気はIダノングレースで3.4倍、2番人気はEフローレスマジックで4.4倍、3番人気はBランドネで4.6倍、4番人気はDデンコウアンジュで5.9倍、5番人気はCカワキタエンカで9.7倍です。
Eフローレスマジックが1番人気かなと思っておりましたが、1番人気はIダノングレースでした。 有力馬の1頭と思っておりましたので違和感はありません。
違和感と言えば、5番人気のCカワキタエンカで、データ的に違和感を感じますが、競馬ファンの眼は肥えておりますので、何か理由があるのでしょう。

人気を見ると、人気馬の中から3,4頭を選択すれば的中出来ると思われる方は多いと思いますが、私は過去の経験から、このレースの馬券を買おうとは思いません。
狭い田舎競馬場で、馬場の管理も悪くて馬場が(特にコーナー)荒れている事が多く、不安定な牝馬のレースで、B級騎手がひしめいているレースなどは、荒れるのが当然だから(堅く決まり難いと言う意味)です。 競馬資金が豊富にある人は、運試しをするのも良いと思いますが、私のような競馬資金が無いに等しい人は手を出してはいけません。
堅く決まれば儲からず、荒れた場合には運だけが頼りになります。  つまりは、お金を無駄にする可能性が非常に高いレースであると(私は)認識しております。

2019年4月19日(金)
今週は土曜日に福島牝馬ステークス(GV)があって、日曜日は京都でマイラーズカップ(GU)と東京でフローラステークス(GU)があります。
競馬シーズンの中だるみの週で、フローラステークス(GU)を除いて出走頭数は少ないですが、荒れて当然のようなレースです。 ただ、福島牝馬ステークス(GV)は、重賞を走った事もないような格下馬が多くて、馬のレベルは低いです。  騎手で選べば戸崎圭太が騎乗するBランドネが1番ですが、石橋脩が騎乗の(ハンデ重賞5着の)Eフローレスマジックが1番人気になるでしょう。他は前走で騎乗した蛯名正義が騎乗のIダノングレースだとか、前々走で騎乗した柴田善臣が騎乗のDデンコウアンジュもおりますが、どちらの騎手ももう歳ですから、どこまで気力に体が付いてくるのかになりそうです。 他はその他大勢の馬のレベルなのと、騎手レベルもB級ですから、人気は偏るかも知れませんね。

フローラステークス(GU)は、荒れ易い3歳牝馬のレースで、しかも18頭も出走しておりますから予想不能です。 「馬ちゃんの競馬予想」では、Dペレ、Cウィクトーリア、Iセラピア、Lフォークテイル、Bエトワールをピックアップしているようですが、騎乗する騎手のレベルも低くてどうなるか分かりません。 手を出すべきレースではないでしょう。
マイラーズカップ(GU)は、例によって外人騎手のルメールが騎乗するCモズアスコットが1番人気になりそうですが、6戦5勝のEダノンプレミアムが1番人気なる可能性もあります。 Bインディチャンプも有力馬ですが、福永祐一では勝てる馬でも落とす事が多いので、良くて3番人気ではないかと(私は)思っております。
藤岡佑介もまぐれで勝つことも多いのですが、嵌ればの条件が付きますね。 武豊は(失礼ながら)最初からやる気が無いのではないかと思っているのですが、どうでしょうか。
馬券を買うとしたら、マイラーズカップ(GU)になりますが、出走頭数も10頭では馬券的な妙味が無く、(残念ながら)やる気は失せております。

2019年4月14日(日)
【後記】
私は重賞競走の馬券を主に買っておりますが、最近は、さっぱり予想が的中しません。今日の皐月賞(GT)も、恐らく的中はしないでしょうが、最善を尽くしたいと思います。
1、2番人気で決まると、馬連配当が6倍弱ですから、堅い決着になると思う人は馬連なら3点買いまでの購入になるでしょう。 これは当てるためには厳しいです。
レースは中山で9Rの発走がもうじきなのですが、Kルヴォワールがやや抜けた1番人気(2.8倍)になっています。532Kの巨体なのですが、この馬が勝つようなら力の要る馬場だと考えても良いと思います。(548KのAロジティナは、いくらなんでもでか過ぎでしょう) ハンデ戦なので馬場の内と外の差ぐらいしか、参考にはなりません。

皐月賞(GT)のパドックですが、人気馬はどれも良く見えます。 はっきり分かりませんので、今回も「馬ちゃんの競馬予想」が本命の@アドマイヤマーズを中心に馬券を買います。
@FKの馬連ボックスと@-C、@-Eのワイドを買いました。馬連とワイドが的中しないと儲かりませんね。
阪神のアンタレスステークス(GV)は、「馬ちゃんの競馬予想」が久々に予想が的中しました。(私は購入しておりません)
皐月賞(GT)の結果は、1着が1番人気のKサートゥルナーリア、2着が4番人気のFヴェロックス、3着が2番人気のCダノンキングリーでした。
際どいレースでしたが、馬ちゃん共々、的中する事ができました。(ワイドは外れましたが、トリガミにならなくて良かったです)

皐月賞 皐月賞の的中馬券です。
久しぶりに重賞競走(GT)の馬券が当たりました。
3歳馬のお祭りレースで、儲けは参加賞+α 程度ですが、外れなくて良かったです。

(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
今日の阪神で行われるアンタレスステークス(GV)は、中山の皐月賞(GT)で声が掛からなかった騎手でしょうから、レベル的にはB級騎手と言えると思います。
馬のレベルとしては、5,6番人気馬までが有力馬になるでしょうが、下手な騎手ばかりですから、有力馬以外にも連に絡む馬が出る可能性があります。
ですから、(私は)そんな不確定要素が多いレースの馬券は買いません。 多くの競馬ファンも同様ではないかと思っております。

皐月賞(GT)は馬のレベルははっきりしませんが、騎手のレベルははっきりしている点と、GTレースで著名なレースですから、多くの方が馬券を買う点でこちらのレースに専念したいと思います。 このレースは馬のレベルがはっきりしないとは言っても、だいたいでよいなら、@アドマイヤマーズ、Cダノンキングリー、Fヴェロックス、Kサートゥルナーリアの4頭が有力馬になります。 1番人気のKサートゥルナーリアが前走、前々走で追わないで勝っている点で圧倒的な人気になっておりますが、3戦のみなので紛れる余地はあります。

それは2番人気のCダノンキングリーでも同様です。 人気通りに決まらなかった場合は、距離的な対応性や、レース展開のせいと言われるでしょうが、競馬はその程度の不確実性は常に存在しますので、人気通りに決まらなくても気にしなくて良いでしょう。
問題は、どこまで手を広げる必要性があるかでしょう。 その他大勢の騎手の池添謙一、武豊、横山典弘などを人気を信じて切って良いのかどうかです。

Eクラージュゲリエは単勝人気が122倍ですから、切れると思いますが、AサトノルークスやBファンタジストは、はっきりと底を見せておりませんので、不気味な存在になります。
その他の馬も底を見せていない馬はいくらでもおりますが、例えばHメイショウテンゲンまで押さえるとなると、このレースの馬券はとても買えません。
まぁ、基本的には馬券を買うべきレースではありませんので、3点を買って外れたら、潔くあきらめる買い方も(当然ながら)あります。

当日9時半過ぎです。私は騎手のレベル云々と言うのをいつも述べておりますが、騎手のレベル差は明らかに存在します。ただ、騎手のレベルを調べるのに勝ち数だけで判断するのは危険です。勿論、騎乗数との関係もあるのは当然ですが、それよりも騎乗する馬のレベルがどうであるのかがより重要になるでしょう。
それは、その騎手のエージェントも関係しております。 まぁ、騎手のレベルは5〜10年も競馬をやっていれば、誰にでも判断できるようになります。
現在は、川田将雅→ルメール→武豊→デムーロの順ですが、しばらくするとルメール→デムーロ→その他の日本人騎手になるのではないでしょうか。ですから、川田将雅が騎乗する4番人気(9.8倍)Fヴェロックスも有力馬の1頭ではありますが、(私は)苦しいと思っております。 まして、武豊や池添謙一などは更に勝てる可能性は低いです。

2019年4月13日(土)
【後記】
当日の午後3時前です。最近は競馬の予想が外れてばかりで、馬券を買う意欲も競馬そのものに対しても興味が薄れかけております。
昔は競馬を極める事が出来れば、予想は半分ぐらいは確実で的中できるだろうと思っておりましたが、最近は3、4割が精一杯だろうと思っています。
「大根おろし」とか言う、少し頭の弱そうな、YOUTUBEの動画を見ていると強くそれを感じます。 10〜20万もお金を賭けて、馬券を買う動画を掲載しておりましたが、さっぱり儲からないものだから、(予想を売る人を散々馬鹿にしてたのに)予想を売っております。  自分で儲からないのに、予想を売る行為がいかに矛盾しているのか理解出来ないようです。 こんな人間が増えているのを見ると、(私が)競馬に対する意欲が萎えてくるのは、多少は理解していただけると思います。

くだらない話は兎も角、今日の重賞競走のパドックぐらいは見たいと思います。
先に行われるアーリントンカップ(GV)のパドックですが、2番人気(4.2倍)のBヴァルディゼールは、人気になるだけあって仕上がっております。
Kヴァンドギャルドも好気配だと思います。 1番人気のMフォッサマグナはころっとした体型で絞り切れていないと思ったのですが、-14Kの460Kですから、絞りきった状態なのでしょう。迫力はありませんが、走れる状態なのだろうと思います。  10番人気のJトオヤリトセイトも悪くないと(ヘボ相馬眼)では思えるのですが、福永祐一の騎乗では赤っ恥を掻く場合が多いので、お薦めは致しません。  データ的には人気通りだと思いますが、私は3番人気のKヴァンドギャルドが体型的には好きです。(荒れそうなので馬券は買いません)

中山グランドジャンプ(GT)は障害競走なのでパドックで馬体をみても(私は)判断できません。 ただ、Dオジュウチョウサンは落ち着いて歩いておりますので、軸としては問題ないと思います。 2着がどの馬なのか判断できれば馬単で馬券は買えるのですが、私のレベルでは到底無理です。
西谷誠に期待してAミヤジタイガが2着か3着に入ってくれるなら、馬連かワイドで馬券は買えるのですが、調教師も武幸四郎ですから、当分無理と考えるべきでしょう。
アーリントンカップ(GV)の結果は、1着が12番人気のHイベリス、2着が8番人気のIカテドラル、3着が10番人気のJトオヤリトセイトでした。
人気馬3頭は掲示板にも載りませんでしたが、それだけ馬のレベルが拮抗していたのでしょう。 改めて、3歳馬のレースには手を出すべきでは無いと感じました。
中山グランドジャンプ(GT)の結果は、D→B→Cでしたが、4番人気まで押さえても的中しませんでしたね。競馬の素人が1番人気を軸にして5、6点流してやっとのレースでした。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日11時近くに書いております。中山グランドジャンプ(GT)はDオジュウチョウサンが単勝人気1.1倍の超圧倒的な人気になっています。
Dオジュウチョウサンは昨年、一昨年、その前の年と3年連続で勝利しておりますので、さもありなんでしょう。
平地の競走なら8歳にもなれば体力の低下も出てくるので、勝てなくなる馬も多いのですが、障害競走ですから8歳馬でも(瞬発力は落ちるでしょうが)、耐久力はさほど低下しないと考えられます。  ローテーションもしっかり守っておりますので、実質の体力は6、7歳と考えられますので、軸としては最適です。むしろ2着馬を探すのが難しいぐらいで、2〜4番人気ぐらいの馬を買わないと、(私は)不安になります。(馬券は買いませんが)

アーリントンカップ(GV)は、土つかずの馬がBヴァルディゼールだけなので、この馬が1番人気(3.3倍)になっておりますが、データが少ないのと騎手が北村友一なのが、不安要素としては挙げられるでしょう。
基本的に3歳馬のレースは、不安定ですから手を出すべきでは無いと(私は)考えております。 私も基本的には手を出しません。
それよりは、明日の皐月賞(GT)を1,2点買いで確実に的中させる事を考えるのが、増しではないでしょうか。(それ程堅いレースかどうかは別として)

2019年4月12日(金)
今週は明日は中山グランドジャンプ(GT)と阪神でアーリントンカップ(GV)、明後日の日曜日には阪神でアンタレスステークス(GV)、中山で皐月賞(GT)が開催されます。
土曜日は障害と3歳馬のレースですから、馬券を買う人は居ない(少ない)でしょう。中山グランドジャンプ(GT)はDオジュウチョウサンを軸に3点も買えば、余程の事が無ければ当たりそうですし、アーリントンカップ(GV)は運試しのレースでしょうが、相変わらずルメールやデムーロが人気に成るような気がします。
私も含めて、多くの方は日曜日の皐月賞(GT)の馬券ぐらいは買おうかと思っていると思います。このレースも3歳馬のレースなので、見るレースにすべきでしょうが、GTのお祭りレースですから、遊び買いをしても良いかなと思う人は多い筈です。
ただ、人気になる馬は決まっていて、1番人気はKサートゥルナーリアで、2番人気はCダノンキングリーでしょうから、堅く決まれば1点買いでも参加賞程度の儲けになります。
馬券的には妙味が無くて馬鹿馬鹿しいレースなのですが、1,2番人気では決まらない事を願って、多くの人は3〜6点程度の馬券を買うのではないでしょうか。
私はどうするか(まだ)決めておりませんが、損はしたくありませんので、堅い決着の2点買いか、穴馬を軸にしたワイドでも買おうかと思っております。

2019年4月7日(日)
【後記】
桜花賞(GT)の予想ですが、巷(YOU TUBE)の予想も一通りは見ましたが、多いのはチューリップ賞組の活躍が抜きんでていると言うのが多いです。
今日も1番人気(3.0倍)のNダノンファンタジーが1、2着を確保出来れば、「競馬は過去の結果の通りに決まるんだなあ〜」、と感じる方が多くなるでしょうが、そんなに単純では無いと思っています。  まぁ、チューリップ賞組はNダノンファンタジーだけでは無くて、6番人気(15.2倍)の@シェーングランツ、10番人気(42.1倍)のBエールヴォア、7番人気(18.6倍)のOシゲルピンクダイヤもおりますから、この中の1頭ぐらいは連に絡んでもおかしくはありませんが。
外枠が有利であると解説している人もおりますが、競馬は基本的に(包まれたり、馬場が荒れてなければ)内側が有利ですから、先行馬がどれだけ足を貯め残せるかで勝負が決まるものです。  で、先頭を走る馬ですが、自然にAエールヴォアが押し出されるのか、Bノーブルスコアが思い切って行くのか、DルガールカルムやFアウィルアウェイが自滅逃げをするのか、誰も行かなければ2番人気でもGグランアレグリアは行くでしょうし、Lジュランビルも負けると分かっていても行くでしょう。

ポイントになる馬は、1番人気のNダノンファンタジーが積極的に前に行くのか、ある程度は流れに乗って行くのかでしょうね。馬に自信があれば前に行くでしょうし、無ければ追い込みに賭けそうな枠番です。  久しぶりにヘボ競馬評論家の本命を見たら、2番人気のGグランアレグリアを推しておりましたので、この馬は(連に絡む事が)無いのかとか考えておりました。 お祭りレースですから、自分の好きな馬を買えば良いと思います。 私も6点程度で的中出来るとは思っておりません。
桜花賞(GT)のパドックですが、その前にHアクアミラビリスとPレッドアステルの馬体重が408Kは、いくらなんでも体が小さ過ぎると感じるのは私だけではないでしょう。
両馬共にパドックは元気に歩いておりますが、常識的には1600mの距離で体力が持つのか不安です。

ちょっと興奮気味ですが、Cクロノジェネシスは人気になるだけあって良い馬体をしております。 今日走らなくても、いつかは走る馬になりそうな予感がします。
1番人気のNダノンファンタジーは、雰囲気は普通なのですが、体が筋肉質で走りそうな馬とは感じます。データ的には軸でしょうが、絶対に連に絡むかどうかまでは分かりません。
Bノーブルスコアが体重を戻してきたので不気味な存在ですが、そこまでは押さえ切れません。@シェーングランツも武豊の騎乗でも勝てる状態に仕上がっております。
全然判断出来ませんので、「馬ちゃんの競馬予想」の付き合い買いをします。 CGHNの馬連ボックスに@-Cを追加買いしました。 そろそろ当たって欲しい思いも込めてです。 Hアクアミラビリスも一応買いましたが、これはワイドでも無理でしょう。

桜花賞(GT)の結果は、1着が2番人気のGグランアレグリア、2着が7番人気のOシゲルピンクダイヤ、3着が1番人気のNダノンファンタジーでした。
Gグランアレグリアの楽勝でしたが、相変わらず川田将雅の下手さ振りを確認できました。Oシゲルピンクダイヤが2着でなければ、誰でも(私でも)楽勝できるレースなのですが、なぜかそうにはなりません。  北村友一ももう少しレベルが上がれば2着ぐらいには成れると思うのですが、もう32歳ですから厳しいですね。
競馬資金が300円残っておりますので、阪神12RをABLで決まると見て、1、2番人気の組み合わせは避けてA-LとB-Lの馬連を買います。
ついでにB→L→Aの3連単も買いましたが、どれも当たる気はしません。 結果は、B→L→Eでした。

阪神12R 阪神12Rの的中馬券です。
桜花賞(GT)は変な馬が2着に絡んで外しましたので、ヤケクソで買った馬券です。
3点買いで、当たる気はしなかったのですが、運よく当たりました。

(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
今日の桜花賞(GT)ですが、予想が当たる気はしませんね。 例えGTレースでも、訳の分からない馬が絡んで万馬券になるのは日常茶飯事です。
必ず的中させなければならないようなレースでもありませんので、3〜6点ぐらい買って、外れたらあきらめる姿勢が必要でしょう。
巷の予想手段を見ていると、過去のレース傾向とかで予想している人がほぼ99%ですが、当人達はそんなやり方で良いと思っているのでしょうか。
まともな競馬予想をしている人は、レース傾向は無視はしませんが、あくまで予想の中の参考程度に位置付けしているだけです。
もう少し大川慶次郎が提唱した、レース展開を大事にすべきだろうと思うのですが、誰も賛同はしてくれないでしょうね。
私もレース展開で決まるとは言いませんが、先行馬が残りのか追い込み馬で決まるのか、折衷なのかぐらいは考えて欲しいと思います。
それが予想した通りにぴったり嵌っても、予想が的中しなかったのであれば、私なら(運が悪かったと)あきらめます。

桜花賞(GT)で言えば、誰が先頭を走るのかで、(単騎逃げでも無い限り)前残りに成るのか成らないのかが大体わかるでしょう。
騎手の多くも、レース展開を中心に考える筈で、過去10年のレース傾向を調べて作戦を練る人は居ないと(私は)思います。

2019年4月6日(土)
【後記】
馬券を買うとしたらデータの多い阪神牝馬ステークス(GU)でしょうが、牝馬のレースですから、気分屋の馬も多くて荒れ易いのも確かです。
そのパドックですが、1番人気のCラッキーライラックは外目をきびきびと歩いておりますので、問題は無さそうです。
調教師の影響で、Gミッキーチャームもひいき目に見えてしまうのですが、惨敗は無いと思います。
2番人気のEカンタービレも悪くは無く、436Kでも勝負になると思います。有力馬の状態が悪くありませんので、大荒れは期待薄で、パスするしか無いでしょう。
3番人気のIレッドオルガが連に絡めるなら、北村友一の先週の大阪杯(GT)の勝利はまぐれでは無かったと言えるでしょうが、多分あれはまぐれでしょう。
Jダイアナヘイローは武豊とは相性が悪そうな馬で、コントロールが難しそうな馬に見えます。

阪神牝馬ステークス(GU)の結果は、G→M→Kで馬連26760円の大荒れでしたが、パドックで良く見えたGミッキーチャームを軸にして馬券を買っていたとしても、私には的中は無理でしたね。 堅い可能性が高いと思ってパスしたのですが、ラッキーでした。
ニュージーランドトロフィー(GU)は、もうレースも終了しているのですが、レース結果を見ないでパドックを見た限りでは、このレースこそ、1,2番人気の1頭は連に絡むと思いました。結果は1着が4番人気の@ワイドファラオ、2着が3番人気のBメイショウショウブ、3着が2番人気のCメイショウショウブでした。
私の予想は外れましたが、それは3着のCメイショウショウブが出遅れたためです。断言出来ます。
明日は桜花賞(GT)がありますが、著名なレースですので馬券は買うつもりですが、この時期の3歳牝馬のレースなど、予想が出来ないのは常識で、当たらないでしょう。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日11時過ぎです。 今日は阪神牝馬ステークス(GU)とニュージーランドトロフィー(GU)がありますが、好んで馬券を買いたいと思う人は少ないでしょう。 私はその口です。
阪神牝馬ステークス(GU)は、「馬ちゃんの競馬予想」でも本命に推しているCラッキーライラックが抜けた1番人気(1.5倍)ですが、いくら専属で乗せて貰ってるとは言っても、石橋脩の騎乗ですから、せいぜい6〜7割程度の安定度でしょう。
ただ、2番人気以降は、どんぐりの背比べで、池添謙一や武豊のレベルでも2,3着ならあるかも知れません。 当たればラッキーのレースでしょうから、好んで馬券を買いたいと思う人は少ないでしょう。 ニュージーランドトロフィー(GU)は、3歳牡馬のレースですから典型的な見るレースで、通常は競馬関係者ぐらいしか馬券は買いません。
この2レースを各々3点(単・複買いでも)ぐらいで予想を的中出来るなら、明日の桜花賞(GT)も期待できますね。 私が到底無理なのは自覚しております。

2019年4月5日(金)
最近の ネット競馬 で不破由妃子が「太論」で、「最近、競馬人気が少しずつ回復してきたように思えるのですが、小牧さんは騎手としてその実感はありますか?」と尋ねた所、「前はへっちゃらで阪神電車に乗ってたのに、最近はアカン。この前、久しぶりに仁川から電車に乗ったら、(小牧や、小牧や)っていうヒソヒソ声がたくさん聞こえてきた。」と話しておりました。  「今までまったくそんなことなかったのに、最近は梅田を歩くときとかもマスク必須やで。」とか言っておりましたので、競馬人気の回復かどうかは兎も角、騎手の知名度は高くなっているのかも知れません。 それだけ日本には暇な人が多くなったのでしょうが、喜んで良いのか嘆くべきかは分かりません。(私は後者の考え方に近いですが)

今週は、明日の土曜日は阪神牝馬ステークス(GU)と中山でニュージーランドトロフィー(GU)が開催され、明後日の日曜日は阪神で桜花賞(GT)が開催されますが、どうせ私は馬券を買っても当たらないでしょう。 それだけ連戦連敗を喫しております。

2019年3月31日(日)
【後記】
大阪杯(GT)の馬券を買おうと思っておりますが、その前のレースの御堂筋ステークス(1600万以下)のパドックを見ております。
このレースは頭数も9頭と少なく、有力馬も@〜Dの5頭だけですから、馬券的な妙味は全くありませんが、血統を重視する人には参考になりそうなレースです。
1番人気のCシルヴァンシャーがディープインパクト産駒で、5番人気のAタガノグルナがルーラーシップ産駒ですので、Aタガノグルナがどのぐらい粘れるのかによって、大阪杯(GT)のEキセキをある程度占えるからです。
阪神競馬場は良馬場発表になりましたが、まだ重いと思いますので、ディープインパクト産駒の一瞬の足がどの程度通用するのかは、重要な判断材料になります。
馬体重も発表になりましたが、1番人気のFブラストワンピースも2番人気のEキセキも目一杯に仕上げましたね。3番人気のAワグネリアンは甘目の仕上げと言っても良いと思います。

私は上がり勝負になると思っておりますので、上がり最速のHエアウィンザーに期待をしているのですが、どうしても展開に注文は付きます。
御堂筋ステークス(1600万以下)の結果はほぼ上がり勝負になりましたので、良馬場判断で良いと思います。 従ってHエアウィンザーの軸に決めましたが、馬券はワイドにするか迷っております。
パドックですが、気合乗りはAワグネリアンが走る意欲を見せていて良いです。期待のHエアウィンザーはパドックに人が多いので物見をしていますが、悪くは無いでしょう。EキセキとFブラストワンピースは人が邪魔になって馬体が良く見えませんが、悪くは無さそうです。
落ち着きならLスティッフェリオですが、13番人気の馬ですから、押さえでも考えます。@マカヒキも悪いとは思えませんが、10番人気ですから悪材料があるのでしょう。
結局、Hエアウィンザーから馬連、馬単、ワイドを9点買いました。Hエアウィンザーが3着以内なら当たりそうな気がしますが、自信はありません。

大阪杯(GT)の結果ですが、1着は9番人気のBアルアイン、2着は2番人気のEキセキ、3着は4番人気のAワグネリアンでした。
私が軸にしたHエアウィンザーは直線伸びず5着でした。乗り方が悪いとは思いませんでしたので、馬の実力だと思います。 今週もヘボ振りを発揮してしまいました。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
馬鹿マスコミが、どうでも良い元号の話題を取り上げております。よいしょ型の菅義偉官房長官は安倍首相の「安」の文字を取り入れたいとかで、「永安」説が有力なようですが、そんな物はどうでも良い話です。 それこそ、元号を決めるのに「識者」は必要ありませんので、国民の総意で(国民の案を募集して)決めれば良いと思うのですが、なんだかんだと屁理屈をつけて、自分達で決めたいようです。 こんな事に労力を費やす日本は、世界中の笑い者になっている事に気が付かないのでしょう。
そう言う、私も暇な部類の人間なので、今日も競馬をやりたいと思います。 笑って見てやってください。

大阪杯(GT)の予想ですが、最近は全く予想が的中しませんので止めます。
せめて、この馬が連に絡む事は無いだろうと思う馬を下記に挙げさせていただきますが、それすら(最近のレース結果を見ると)自信はありません。
Bアルアインは北村友一の騎乗なので、池江泰寿は勝てる見込みが極めて少ないと考えていると思います。実際の人気(9番人気)が低いのもその影響があるでしょう。
Cエポカドーロは、戸崎圭太が専属のように騎乗しても、この程度の成績では、馬の資質が不足していると考えられます。
Dムイトオブリガードは最低人気の馬です。GTレースで最低人気の馬が1,2着に成ったのは(近年)記憶しておりません。
Iステイフーリッシュは、データ的には絶対に無いとまでは言えませんが、見所が少なく、人気に示す通り常識的には無理です。
Lスティッフェリオは、格下馬で重賞もハンデ戦を選んで出走させている様では、通常はGTレースで連に絡む事は極めて稀です。
Mダンビュライトは騎手が松若風馬では、1,2着に成るのは10年早いだろうとの思っている人が多いでしょう。 彼もいつかはGTでも勝てるでしょうが、今日だとは思えません。

2019年3月30日(土)
私は競馬予想プログラムを作成しておりますので、JRA-VAN以外の競馬予想に使えそうなデータがないかとは常に考えております。
まだ私の予想には取り入れておりませんが、競走馬を10頭持っている馬主と100頭持っている馬主ではどれだけの差があるのかとか、騎手のエージェントによる競走馬の影響だとかを検討しております。  騎手のエージェントに関しては、武豊は以前のエージェントが引退して、豊沢信夫に変更しましたが、このエージェントはデムーロのエージェントも兼ねておりますので、先約があるとか競馬場が異なる場合はおこぼれで、良い馬にありつけるようです。  規則では、エージェント一人に付き、騎手3人までは可能だそうで、見習い騎手なら更に一人を追加できるそうです。 他におこぼれで得をしている騎手には、井上政行と契約している川田将雅で、このエージェントはルメールとも契約をしているからです。

エージェント制度は騎手の騎乗馬が制限されるので悪癖なのですが、トップ騎手にとっては競馬に専念出来ますので、便利でしょうから無くなる事は無さそうです。
藤田菜七子がエージェントの中村剛士を切ったのは、中村剛士が藤田菜七子に付きまとい、根本康広差し置いて騎乗馬を決めたとか、中村剛士からの金銭面での要求が酷かったとか、藤田菜七子の芸能プロダクションの契約絡みだとか、単なる競馬記者の分際で藤田菜七子を指導するとかの中村剛士の態度がでか過ぎたからとか取沙汰されております。
恐らく、どれも本当でしょうが、藤田菜七子ほどの知名度があれば、エージェントなど付ける必要は無さそうです。
本人も(今の状況なら)時間も取れますので、余裕があり、騎乗数や成績が落ちたと言う話はありません。(斤量の特典もあって、逆に向上しているようです)

エージェントの話は兎も角、中山は10Rの千葉日報杯があと10分ぐらいで発走になります。
気合乗りだけで見れば1番人気のEカッパツハッチが断然抜けておりますが、レースでもこの馬が抜けているのかは不明です。
「馬ちゃんの競馬予想」によれば、@〜Eの馬で1〜3着は決まるようですが、私は馬券は買いません。

ダービー卿チャレンジトロフィー(GV)のパドックですが、これはと思うような馬はおりません。
恐らくは差し、追い込み馬の競馬になると思うのですが、Aフィアーノロマーノ、Cドーヴァー、Dギベオン、Gダイワキャグニー、Iロードクエスト、Kプリモシーン、Mダイアトニックから1,2着は出ると思うのですが、軸馬がACGKMのどの馬なのかが分かりません。
ハンデトップのDギベオンのレベルが高いのははっきりしておりますが、ハンデ戦はハンデトップは絡みにくいのと蛯名正義では苦しいと思います。
これだけ紛れが多いと私には予想は無理です。結果はA→K→Lでしたが、このレースを予想するのは、誰にとっても難しいでしょう。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
金曜日に書きましたように、今週は重賞競走も2レースと少な目で、GTレースもありますが、たいしたレースではありませんので、しゃかりきなって予想は行いません。
せいぜい、馬券を3〜6点程度買って終わらせようと思っております。

2019年3月29日(金)
今週の重賞は、ダービー卿チャレンジトロフィー(GV)と大阪杯(GT)がありますが、中だるみ感のする週であるのと、最近の重賞レースが全く的中しない不甲斐なさを反省する意味でも、視るレースにしようかと本気で考えております。 予想が当たらない時は、どんどんと勝負を掛けるタイプと控え目にするタイプに別れますが、私は控え目にして反省をするタイプです。 競馬は今週で終わる訳ではありませんので、それで良いのではないでしょうか。

2019年3月24日(日)
【後記】
今日のメインレースですが、高松宮記念(GT)はLダノンスマッシュとNモズスーパーフレアが、データ的に頭一つは確実に抜けておりますので、データ重視派はこの1点買いをするか、2頭軸で流せばだいたい的中出来ると思います。 枠順がどうのこうのと気になる方は、今日の馬場状態を確認してレース傾向を掴めば良いでしょう。他の有力馬もBミスターメロディ、Gレッツゴードンキ、Hナックビーナスぐらいで、更に穴馬となると、ルメールやデムーロがウルトラC(最近は使われませんが)でも発揮するとか、川田将雅や池添謙一が鬼の攪乱でも起こさないと難しいと(私は)思います。 ただ、競馬は堅いと思うレースでも1,2番人気で決まる事が意外に少ないですから、運の強い人は手広く買うのも有りかも知れません。私は迷っております。  マーチステークス(GV)はハンデ戦だけあって、有力馬が6、7頭は確実に存在しますので、当てようと思うなら、相当の点数を購入しなければならないでしょう。 トリガミ覚悟で買うかどうかだけですね。 それよりは、阪神メインの六甲ステークスの方が、予想はまだ楽なように思えます。

阪神メインの六甲ステークスのパドックを見ているのですが、体がずんぐりした馬が多くて私のレベルではさっぱり分かりません。馬券を買うのはあきらめました。
マーチステークス(GV)は、「馬ちゃんの競馬予想」でも本命にしている1番人気のGテーオーエナジーがパドックも良く見えます。
JRA-VANのデータマイニングでも対戦型は2番手評価(タイム型は4番手)ですし、大丈夫そうに見えるのですが、どうでしょうか。
Gを軸にBCELOで当たるのかどうかで、最近外れが多いだけに馬券を買うかどうか迷います。

高松宮記念(GT)のパドックですが、騎手のレベルさえ気にならなければ、3番人気のBミスターメロディは気合乗りが良くて好感が持てます。
Gレッツゴードンキは個人的には終わった馬だと思っておりますので、軽視しておりますが、岩田康誠ですから完璧に騎乗すれば3着ならあるかもぐらいには思っております。
騎手がポカをしない事を祈りながら、Bミスターメロディから馬連とワイドを5点買います。
マーチステークス(GV)の結果ですが、I→K→Jの馬連24990円の大荒れでした。
軸にしたGテーオーエナジーは途中で騎手が手を動かさなければ走らない状態で、位置も囲まれて悪く、見所無いの惨敗でした。

最後の期待の高松宮記念(GT)の結果ですが、1着は3番人気のBミスターメロディ、2着は13番人気のCセイウンコウセイ、3着が17番人気のFショウナンアンセムでした。
Bミスターメロディの1着を確認した時は、馬連かワイドは的中していただろうと思っていたのですが、13番人気や17番人気はワイドも含めて5点では買えません。
今日も悪夢のような一日が過ぎてしまいました。 一応CセイウンコウセイとFショウナンアンセムのパドックも再確認しましたが、どちらの馬も普通の状態でした。
普通の人であれば、1番人気のLダノンスマッシュか2番人気のNモズスーパーフレア、4番人気のKロジクライのどれかの馬が絡むと思いますよね。
ちなみに、私が馬連で相手にしていた馬はLNQで、ワイドで相手にしていた馬は、KQでした。 今でもこの買い方が間違っていたとは思いません。
最近の競馬には(的中してもしなくても)虚しさ(意義を感じない状態)を感じるようになりましたので、足を洗う時期に来ているかも知れません。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
昨日の日経賞(GU)の馬券の買い方は最悪でした。 しかも外してしまったのですから後悔しきりです。
1番人気の軸が堅いので配当が低く、3連複を購入したのですが、買うにしてもFエタリオウの1頭軸流しにしなければいけないのが大きなミスなのと、騎手のレベルが低い池添謙一や坂井瑠星に期待したのも大きなミスです。
素直に1番人気のFエタリオウの軸で、2〜5番人気を3連複で流せば、(参加賞程度の儲けですが)6点で的中出来ておりました。 これは結果論ではなくて、当然の買い方です。いつもギリギリで馬券を買っているので、このようなミスは多いのですが、今回はボケを感じてしまいました。
これ以上ボケると引退を考えなければいけませんので、今日は真面目に取り組みます。

2019年3月23日(土)
【後記】
当日午後2時半です。日経賞(GU)の単勝オッズですが、1番人気は変化がありませんが、2番人気(4.7倍)がEルックトゥワイスに変わりましたね。そんな気がしておりました。
1番人気のFエタリオウを軸にすると、馬連でE-Fが4.4倍、@-Fが6.7倍ですから、(堅い決着だと思うなら)馬券を買えるようなレースではありません。かと言って敢えて1番人気を蹴るような材料はないでしょう。困ったものです。5番人気までの3連複でも買えば(1,2,3番人気以外で当たれば)足は出ないでしょうが、そこまでして馬券を買うレースでも無いでしょうし、見送りたくなりました。  阪神の10Rを見ていたら、1番人気のDエアアルマスが大楽勝でした。あんなのを見せつけられると毎日杯(GV)もルメールが騎乗のLヴァンドギャルドだろうと思っちゃいます。騎乗停止で久々なのですが、それほど危な気が無い騎乗をします。リーディングトップも時間の問題でしょう。
その毎日杯(GV)のパドックですが、Lヴァンドギャルドは2人引きで気合乗りがすごいです。大楽勝か大惨敗かでしょうが、私は大楽勝の方に一票です。(馬券は買いません)

日経賞(GU)のパドックですが、私のヘボ相馬眼ではFエタリオウの軸で、まず間違いないと思いました @メイショウテッコンも武豊では厳しいと思われる程に興奮してますし、Eルックトゥワイスも落ち着いているとはとても言えませんから、戸崎圭太は気をつかうでしょう。  私の嫌いな武豊は避けて、DEFJKの3連複ボックスを買ってみます。万馬券が満載の組み合わせですが、当たるかとなると運を期待するしかありません。  毎日杯(GV)の結果は@→A→Lで3番人気、2番人気、1番人気の決着でした。Lヴァンドギャルドは前残りの馬場をやや軽視していたような気がしますが、順当な結果と言えます。  日経賞(GU)の結果ですが、1着は3番人気の@メイショウテッコン、2着が1番人気のFエタリオウ、3着が4番人気のCサクラアンプルールでした。 スローペースなのに、それに気付いたのはデムーロぐらいで、他の騎手は全く追いません。三浦皇成なら武豊に競り掛けて呉れると思ったのですが、なぜ全員がこんな走りをするのか理解出来ません。  馬券は、やはり買うべきでは無かったようです。大金(1000円ですが)を損してしまいました。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日9時です。 毎日杯(GV)の単勝オッズですが、1番人気はLヴァンドギャルドで3.6倍、2番人気はAウーリリで5.2倍、3番人気はJマイネルフラップで5.9倍のようです。
3歳馬のレースですので、データが少なくて断言は出来ませんが、近走の成績から見ればLヴァンドギャルドが抜けた馬だとは到底思えません。
ただ、生産者が社台ファームで、馬主が社台レースホースで、調教師が藤原英昭で、騎手がルメールとなれば、安定度はピカイチなのは間違いありません。
福永祐一は平然と人気を裏切る事が多い騎手ですし、吉田隼人は騎手レベルが劣りますし、松山弘平にしても、川田将雅にしても、北村友一にしても、田辺裕信にしても、騎手レベルは似たような物です。  Lヴァンドギャルドが惨敗すれば大荒れになると思いますが、それを期待して馬券を買う訳にはいかないでしょう。
普通の人は馬券購入を回避するレースにすると思います。 私も(余程の事がない限り)回避するつもりです。

日経賞(GU)の単勝オッズですが、1番人気はFエタリオウで2.0倍、2番人気は@メイショウテッコンで5.1倍、3番人気はEルックトゥワイスで5.3倍のようです。
このレースも騎手がデムーロだから人気になっている部分が多く、通常なら2着が多い馬は嫌われる傾向があるのですが、武豊では当てになりませんので抜けた1番人気になっております。今回も2着かも知れませんが、2着は外さないだろうと思っている人は多いでしょう。
「馬ちゃんの競馬予想」では、3番人気のEルックトゥワイスの方が評価が高いようですから、レース前にはEルックトゥワイスが2番人気になる可能性もあります。
穴馬は三浦皇成が騎乗するKクリンチャーではないかと思っているのですが、人気馬が多少は騎乗ミスをして呉れないと、きついかも知れません。

2019年3月22日(金)
最近は競馬予想が当たらなくて嘆いております。 恐らくですが、先週の阪神大賞典(GU)やスプリングステークス(GU)も、馬券を買った大部分の方が予想は的中しなかっただろうと思います。  阪神大賞典(GU)は出走頭数が少ないので、AHIJの4頭ボックスで馬券を買った人が多かったでしょうし、スプリングステークス(GU)は10番人気のHエメラルファイトを押さえに出来た方はほとんど居なかったのではないかと思います。   私はスプリングステークス(GU)だけ馬券を購入したのですが、軸馬を2番人気のGヒシイグアスにした時点で外れでしたが、仮に1番人気の@ファンタジストを軸にしていたとしても外れでした。
外れる原因は予想が下手であるからなのは当然としても、最近の競馬は出走頭数が少ないために配当が低く、購入馬券を手広く買えないのも一因になっていると思います。
これでは情報が多く得られる馬主などの競馬関係者が圧倒的に有利で、(私のような)一般の競馬ファンは蚊帳の外に置かれます。

今週は、明日の土曜日は阪神で毎日杯(GV)、中山で日経賞(GU)、明後日の日曜日は中山でマーチステークス(GV)、中京で高松宮記念(GT)が開催されます。高松宮記念(GT)はGTレースですから格調は高いのですが、中身を見ると出走馬は18頭と多いのですが、7歳以上の馬が6頭もおりますから、(競馬の常識から言えば)実質は12頭の出走馬でその中でも連に絡めそうな馬は数頭(LダノンスマッシュやNモズスーパーフレアが筆頭)ですから、配当的には妙味のないレースになりそうです。
正直、@スノードラゴンは去年に引退させてやるべき馬でした。 引退の時期も間違えましたし、(安全に走らせるだけの)引退の花道のレースだけに大野拓弥に騎乗して貰いたかったとの声が多いようです。 そんな馬に騎乗しなければならない藤田菜七子が気の毒でなりません。 岡田牧雄と言えばそこそこ名を知られている人ですが、馬から見れば鬼のような馬主に映るでしょう。 つまらない話はこのぐらいにして、今週も配当をみながら馬券を買うかどうか決めたいと思います。(3歳馬戦には基本的に手は出しません)

2019年3月17日(日)
【後記】
中山競馬場も8日目を迎えて、芝コースも荒れてきております。 4コーナーの角はダートコースのようで、砂煙さながらの土煙が舞い上がっております。
それでも前残りのレースが多いので先行馬は有利の状況ですが、過剰なペースで走った場合は追い込み馬も届くようになりました。
スプリングステークス(GU)では、自滅的な逃げを打ちそうな騎手としては、丹内祐次や黛弘人、野中悠太郎が挙げられると思いますが、そこまで彼等が馬鹿逃げをするのかどうかは分かりません。 1番人気の@ファンタジストも良い枠番では無くなったように思えます。囲まれるのを嫌がって、外へ持ち出そうなどと考えていたりすると、3着も危ない事になるでしょう。 Gヒシイグアスは何がなんでも先頭を走らせようとするでしょうから、普通の展開なら先頭を走ると思います。 それでどこまで持ち堪えられるのかが、ポイントになりそうです。 Nロジャーバローズも控える競馬などはしないでしょうから、外側の3番手をキープする(つもり)だろうと私は見ております。
但し、それでは足が持たないでしょうから、逃げた2番人気のGヒシイグアスが持ちこたえられないようなら、人気馬3頭が消える可能性もあるのではないでしょうか。

そうは言っても、追い込み馬となると、AクリノガウディーやKタガノディアマンテ、Lシークレットランぐらいしか(私には)見えませんので、先行している有力馬に届くのかどうかは展開次第になりそうです。 先に発走する阪神大賞典(GU)のパドックですが、人気の4頭の中ではIシャケトラとJコルコバードが雰囲気は良いです。
さて、スプリングステークス(GU)のパドックですが、1番人気の@ファンタジストは馬体重が+10Kだったので、調整レースだろうと思っていましたが、気持ち太目ぐらいですから無視は危ないかも知れません。
気合乗りが良いのは2番人気のGヒシイグアスで、逃げ馬だけに危ない感じはしますが、応援したくなります。3番人気のNロジャーバローズは少しちゃかついてはおりますが、駄目と言える程ではなく(私のレベルでは)判断出来ません。 期待している追い込み馬ですが、Cニシノカツナリはさっそうと追い込む姿は(私には)想像できませんし、Kタガノディアマンテも今一つのイメージです。Lシークレットランがやや興奮気味ですが、2,3着なら可能性としてはありそうです。
あっと驚く逃げ馬ならEコスモカレンドゥラですが、休養明けですし、騎手も調教師もレベルが低いので、ワイドでも買うのはためらいます。
危ない芽も多いですが、目一杯に仕上げたGヒシイグアスを軸にしましょうか。

阪神大賞典(GU)の結果ですが、I→F→@と1番人気のIシャケトラは順当でしたが、2〜4番人気が惨敗して6番人気のFカフジプリンスが2着でした。 それでも馬連が2700円ですから、競馬ファンの眼はたいした物です。
馬券を買ったスプリングステークス(GU)の結果ですが、1着は10番人気のHエメラルファイト、2着が1番人気の@ファンタジスト、3着が7番人気のIディキシーナイトでした。
私はGヒシイグアスを軸にしておりましたので外してしまいましたが、1番人気の@ファンタジストを軸にしていてもHエメラルファイトは買えませんでした。
予想ミスをしたと言うよりは、3歳馬戦はこれが普通でしょう。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
今日は阪神大賞典(GU)と中山でスプリングステークス(GU)が開催されますが、馬券を買う人は少な目だと思います。
理由としては、阪神大賞典(GU)は誰でも有力馬が予想が出来るからです。Aリッジマン、Hアドマイヤエイカン、Iシャケトラ、Jコルコバードの4頭ボックスを買えば、ほぼ的中出来そうです。  ただ、6点買いでも足が出る組み合わせがありますので、そんなレースの(外れるリスクもあって、的中しても儲けが少なく、組み合わせによっては足が出る)馬券を買おうと思う人はおりません。  スプリングステークス(GU)は、馬のレベルがはっきりせず、どの馬が勝ってもおかしくないので、馬連でもなかなか予想が的中しないからです。
確かに、人気になっている@ファンタジストやGヒシイグアス、Nロジャーバローズは気持ち抜けているような気はしますが、騎乗する騎手のレベルから考えると、当てには出来ないでしょう。  これでは、馬券を買う人は少な目になると考えるのは自然でしょう。

当日9時半です。阪神大賞典(GU)は人気の通り、AHIJの中から1,2着が出る可能性が高く、配当的につまらないので馬券は買いません。
スプリングステークス(GU)は抜けた馬が存在せず、しかも3歳馬戦なのでデータが少なく、どの馬が勝ってもおかしくありません。
このようなレースは、馬券を買うのは避けるのが常識ですが、敢えて挑戦したいと考えております。最大に馬券を買っても10点買いにしますが、現次点では有力馬を@ACGKLNの7点に絞っております。 最終的にはパドックの状態を加味して(追加や削除を)決めます。
レース展開は先行馬が多いので先行馬は危ないとは思っておりますが、騎手もレース展開を考えますので、逆に有利になる場合もあり、レース展開すら読めません。
こんなレースに手を出すのは、阿呆と言われるのは確実でしょう。 (私もWEBを公開していなければ、絶対に馬券は買いません)

2019年3月16日(土)
【後記】
当日午後2時40分です。 今日は馬券には手は出さない方が良いのですが、いくらほぼ外れると分かっていても、競馬予想のプログラムを公開している関係で、馬券は出来る限り買うようにはしております。 買うと言ってもたかだかバラ券ですし、例え外れたとしても、生活に影響が出る訳ではない(多少は出ますが)ので良しとしております。
こんな買い方ばかりやっていると馬券生活者には絶対に成れないでしょう。 いつも、こんな中途半端なやり方では駄目だろうなとは思っています。
まぁ、競馬で生計を立てているなら、偉大な予想家として(PR目的で)JRAから表彰されても良さそうですが、実際は(JRAが国税当局に情報を提供して)逮捕されるのですから、誰も表立って馬券生活者の看板は掲げません。実に不幸な国家であり、国民だと思います。 馬券を買うかどうかは兎も角として、パドックぐらいは見る事にしましょう。

ファルコンステークス(GV)のパドックですが、恐らく馬のレベルの差は微々なる物でしょうが、人気馬の雰囲気なら2番人気のLグルーヴィットが落ち着いており、良く見えます。
複勝なら当たりそうな気はしますが、物見をしているのと、口を開けているのが多少気になる上に、田舎競馬場ですから(念のために)止めておきます。
フラワーカップ(GV)のパドックですが、こちらも穴馬が多くて難しいです。馬ちゃんもピックアップしているBエフティイーリスやHレオンドーロ、Iランブリングアレーは確かに悪くはないですが、人気馬も悪いとは言えずC-Fの馬連配当が380円では引いてしまいますね。
軸馬を選べと言われれば、どうしても1番人気のFエールヴォアにしてしまいます。デムーロは多少のレベル差なら技量でカバーしてしまいますからね。

ファルコンステークス(GV)の結果ですが、N→L→Cでした。馬券を買っていればLグルーヴィットの複勝なら確実に的中できましたが、L-Nの馬連を買えたかどうかは自信がありません。 数万円で複勝を買える人でないと、このレースは勝負する事が出来ません。(YOUTUBEを見ると、そんな人は結構おります)
フラワーカップ(GV)の結果ですが、1着は2番人気のCコントラチェック、2着が1番人気のFエールヴォア、3着が5番人気のIランブリングアレーでした。
2、3着はハナ差でしたが、やっぱり1、2番人気で決まりましたね。BCFIの馬連ボックス買いをしていたら的中はしましたがトリガミでした。デムーロ恐るべしです。
今日は一レースぐらいは手を出そうと思っておりましたが、決断出来ませんでした。 残念な気持ちはしましたが、それは正解だったようです。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日9時半です。 今日はファルコンステークス(GV)とフラワーカップ(GV)がありますが、3歳馬のレースですから、競馬関係者でも無ければ手は出さない方が良いと思います。
抜けた人気馬が居ない(Iヴァッシュモン4.4倍、Lグルーヴィット4.6倍、Cローゼンクリーガー6.4倍)事でも分かるように、単勝でも当たればそこそこ儲かりますが、田辺裕信や北村友一、福永祐一ではミス騎乗も多くて当てになりません。
フラワーカップ(GV)は、Fエールヴォアが単勝人気2.7倍とやや抜けておりますが、騎手がデムーロだから大丈夫だろうと思う人が多いだけです。 調教師は橋口慎介ですから、まだまだ新米で、仕上げに失敗する場合も多いでしょう。 このレースを騎手レベルで選べば次に続くのは3番人気のBシャドウディーヴァに騎乗する岩田康誠ですが、まだ海の物とも山の物ともつかない馬ですから、こちらも当てにはならないです。 繰り返しますが、今日の重賞レースは競馬関係者でも無ければ手は出さない方が良いと思います。

2019年3月15日(金)
今週は土曜日には中山でフラワーカップ(GV)、中京でファルコンステークス(GV)が開催され、日曜日は阪神大賞典(GU)と中山でスプリングステークス(GU)が開催されます。
いつもなら人気傾向を見れば馬のレベルも分かるのですが、今週の重賞は3歳馬のレースが多いので、人気は馬のレベルを見る指標としては、当てにならないと思います。
阪神大賞典(GU)だけが3歳馬のレースでは無いのですが、元々出走頭数が11頭と少ないのに加え、その中で参加しているだけの高齢馬を除くと実質6、7頭のレースでしょう。
これでは(さっぱり儲かりませんので)馬券を買う意味が無いですね。 今週も馬券的にはつまらないレースばかりと言えそうです。

2019年3月10日(日)
【後記】
当日午後2時半過ぎです。中京は雨が降っていて馬場は悪くなるばかりです。ただでさえ予想が難しいのに、馬場まで悪くなると、訳のわからない馬が絡む事もあって、予想は無理になりました。 金鯱賞(GU)はパドックを見て、眼に付いた馬を軸に3〜4点を遊びで買おうと思います。 阪神も雨ですので、どちらかと言えば金鯱賞(GU)の方が、まだ当たり易いでしょう。 金鯱賞(GU)のパドックですが、私のレベルでは判断が難しいです。 Gエアウィンザーよりは@ダノンプレミアムの方がパドックの状態は上だろうと思うのですが、ちゃかついているだけのようにも思えて自信はありません。 軸にしたいと思っていたJリスグラシューも興奮気味で、これもかなり危ないですね。Lメートルダールも思った程では無くて、福永祐一の騎乗を考えると危ないです。 自信が無いので、ワイドで@EJのボックスを買います。Dタニノフランケルも気になるのですが、8番人気では馬券は買えません。

金鯱賞(GU)の結果は、1着が2番人気の@ダノンプレミアム、2着が5番人気のJリスグラシュー、3着が1番人気のGエアウィンザーでした。 1番人気のGエアウィンザーが連に絡んでも当てたいと思ってワイドにしましたが、ちょっと弱気だったかも知れません。(これではギャンブラーには成れませんね)
フィリーズレビュー(GU)の結果は、1着が12番人気の@ノーワン、2着が3番人気のEプールヴィル、3着が6番人気のNジュランビルでした。
競馬資金に100円が残っておりましたので8番人気のPレッドアネモスの複勝を買っていたのですが、ヘボ相馬眼では到底無理でした。(何と15着でした)
まぁ、金曜日に今週万馬券が出なかったら天変地異が起こる方に賭けたいなどと言っておりましたから、気にしておりましたが、万馬券が出てほっとしております。

金鯱賞 金鯱賞(GU)の的中馬券です。
今週も気乗りのしないレースばかりでしたが、昨日の中山牝馬ステークス(GV)の損を取り返そうと思って買いました。
自信がありませんので、ワイドにしてしまいましたが、結果的には馬連でも良かったです。

(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日10時です。 今日は金鯱賞(GU)と阪神でフィリーズレビュー(GU)がありますが、田舎競馬場のレースと3歳牝馬のレースですから、予想しても無意味でしょう。
一応、昨日の池添謙一のように糞騎乗(勝つ意志のない騎乗)をする騎手は居ないだろうと思われる金鯱賞(GU)の馬券を買ってみようと思っているのですが、武豊や川田将雅がいつものように人気を裏切ってくれるかどうかがポイントになります。 つまりは、1,2番人気の組み合わせの馬券は、意地でも買いません。

2019年3月9日(土)
【後記】
当日午後1時半過ぎです。阪神スプリングジャンプ(GU)の発送が20分後ですが、パドック映像を見ております。 1番人気のJオジュウチョウサンの状態ですが、静かにのっそりのっそりと歩いております。 素人眼ながらも有馬記念の時よりは状態は良いのではないかと思いますので、軸は堅いでしょう。 「馬ちゃんの競馬予想」でも、@DFJの馬連ボックス買いですから、現在の1〜4番人気の通りです。1番人気のJオジュウチョウサンの軸だと、Jから@DFですが、@-Jで決まると馬連190円ですから、とても買えません。
結果は鉄板レースでした。

さて中山牝馬ステークス(GV)ですが、全く検討をしておりません。 なぜかと言うと、馬の力が拮抗していて判断が難しいのと、レベルの低い騎手が多くて、当てにならないからです。 しかも牝馬のハンデ戦ですから、まともに決まる可能性が極めて低いです。 予想を考えるだけ無駄でしょうね。
中山牝馬ステークス(GV)のパドックですが、1番人気のLミッキーチャームが興奮気味でパドックの最後方を歩いています。 川田将雅ではやや扱いが苦しいのではないかと思う程に興奮しておりますが、興奮は返し馬までに収まるのでしょうか。 この馬が暴走すると、折角の先行馬有利の馬場状態が台無しになります。
2、3番人気の@Aも悪くはありませんが、それほど良くも見えないので、4番人気のHウラヌスチャームがどうかと思い始めております。

ミナリクに期待してHウラヌスチャームから@ADEJLに馬連で6点流します。 結果は1着が5番人気のFフロンテアクイーン、2着が3番人気になったHウラヌスチャーム、3着が11番人気のCアッフィラートでした。 Bカワキタエンカがとんでもないペースで馬鹿逃げをしたためにレースをぶち壊してしまいました。 どうせ勝てないなら馬鹿逃げしようと考えたのかもしれませんが、どれだけ他の馬の迷惑になるのか、糞騎手の池添謙一には理解出来なかったようです。 先行有利の馬場が、追い込み馬の競馬になってしまいました。
競馬が馬鹿馬鹿しいと感じるのは、こんなレースを見た時です。 1番人気を潰すだけの騎乗など、競馬ファンを怒らせ、やる気を失わせます。(誰かに頼まれたのかな)
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日8時半です。 今日の阪神スプリングジャンプ(GU)はJオジュウチョウサンが出ておりますので、この馬を蹴る勇気が無ければ馬券を買えるレースではありませんね。
ただ、この馬が連を外すような事は滅多に無いでしょうから、この馬を蹴ったら競馬初心者と言われそうです。
中山牝馬ステークス(GV)は単勝1番人気がLミッキーチャームで4.0倍、2番人気がAノームコアで4.4倍、3番人気がHウラヌスチャームで8.1倍、4番人気が@アドマイヤリードで9.0倍、5番人気がFフロンテアクイーンで10.9倍のようです。 このレースは牝馬のハンデ戦ですから、JRAが競馬ファンが荒れると喜ぶと思って設定しているレースでしょうが、中内田充正は調教に定評がありますし、川田将雅はこの調教師を気に入っているようですから、他の馬よりは真剣に騎乗するでしょう。 2着馬にも依りますが、堅く決まる事も無いとは言えません。 今日荒れなくても、明日の金鯱賞(GU)や阪神でフィリーズレビュー(GU)も荒れるのが普通ですから、今週も順当には決まらないと思います。

2019年3月8日(金)
先週の弥生賞(GU)は酷(ひど)かったですね。1番人気のAニシノデイジーが4着で、2番人気の@ラストドラフトが7着、3番人気のBカントルが5着、4番人気のGブレイキングドーンが3着でしたから、馬連が32600円で、WIN5も珍しくキャリーオーバーになりました。 こんなレースはサイコロを振って馬券を買っている人でも当たらないでしょうね。
下手の代表みたいな騎手が1〜3着ですから、そうなります。 今週も荒れて当然のようなレースばかりですが、意外に堅く決まったりしないでしょうね。
明日の土曜日は、阪神スプリングジャンプ(GU)と中山牝馬ステークス(GV)、明後日の日曜日は中京で金鯱(きんこ)賞(GU)と阪神でフィリーズレビュー(GU)があります。
今週のレースが全て堅く決まった(どのレースも単勝3番人気以内)ら、天変地異が起こっても不思議ではありませんが、 そんな事にはならないでしょう。
私は万馬券が出なかったら、天変地異が起こる方に賭けたいのですが、そこまでは荒れないかな。

2019年3月3日(日)
【後記】
昨日の落馬の影響で、ルメールが全レースを欠場しました。弥生賞(GU)も1番人気が@ラストドラフトの軸は堅かったのですが、田辺裕信に乗り替わっておりますので、騎乗経験が無い点や、騎手レベルから判断すると、やや有利ぐらいにまで評価を落とす必要があるでしょう。 それでも2着まで外すような事は少ないと思いますので、軸馬としてなら最有力であるのは間違いありません。 人気がどの程度低下するのか見たいと思います。 勝浦正樹や武豊は小躍りしているでしょうね。

午後2時半になりました。 中山は9Rがもうちょっとで発走しますが、パドックの見立てはBEGに注目しております。 ルメールが騎乗予定だった2番人気のFティソーナに騎乗するのは池添謙一ですが、どの程度下手なのか(2着以内に成れるのか)を観察したいと思います。
Fティソーナは2着に成れましたね。戸崎圭太や武豊や1番人気馬に騎乗していた石橋脩がおりましたので、3着以降だろうと思っていたのですが、逃げ粘りました。 中山は雨が降っているので重になりましたから、先行馬が残れるのかも知れません。

弥生賞(GU)のパドックですが、雨のせいか落ち着いている馬が少ないです。 まともに歩いているのは@ラストドラフトとHナイママぐらいです。3歳馬のレースですから、こんな物なのかも知れません。 こんな状態を見ると、4番人気のCサトノラディウスや6番人気のDシュヴァルツリーゼも連に絡むのは難しいでしょう。
@ーBで決まるかなとも思いますが、あっと驚くHナイママの3着なんて事はないでしょうね。 馬場も悪いので、もう少しパドックを見てから、馬券を買うかどうか決めます。
色々と考えましたが、(的中しても参加賞程度の儲けなのに対して)不安定要素が余りにも多いので、見るレースにしました。 結果はI→D→Gで馬連32600円でした。
これではWIN5もキャリーオーバーになりますよ。 (WIN4まで的中した7人は、今日は寝付けないでしょう)
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
今日の弥生賞(GU)ですが、見るレースすべきだと思います。 通常は3歳馬のレースはデータ不足なので見るレースにするのですが、このレースに関しては余りにも有力馬がはっきりしているので見るレースにすべきだと思っています。 まず、10頭の出走馬と少ないのに加え、冗談で出走していると思われる馬が2頭も居ります。 1頭はFラバストーンで、滅茶苦茶なローテーションで動物愛護協会から訴えられそうな使われ方をしております。調教師のせいなのか馬主のせいなのかは知りませんが、これでは6歳まで持たないでしょう。
もう1頭はHナイママで馬主が岡田繁幸にしてはレベルが低過ぎる馬だと(私には)見えるのですが、今後一変する可能性があるのでしょうか。

EヴァンケドミンゴとIメイショウテンゲンも3着以内に入るのは苦しいと思います。Iメイショウテンゲンは愛する息子のために池添兼雄調教師が必死になって仕上げたと思いますが、前走のきさらぎ賞(GV)のレース内容を見ると、池添謙一はやる気があるのかどうか疑わしい騎乗をしております。 あれが馬の実力ならこのレースも惨敗間違い無しです。
Gブレイキングドーンも5番人気に推されてはおりますが、福永祐一の騎乗ですから、馬のレベルはそこそこありますが、騎手のレベルから3着に成るのも苦しいでしょう。
武豊が騎乗するCサトノラディウスも、4番人気に成っている通り馬のレベルは見劣りしませんが、騎手のレベルで比較すると、危ないと思っています。

結局、人気通りに1番人気の@ラストドラフトが1,2着を確保して、AニシノデイジーかBカントルのどちらかが1,2着を確保するように思えます。
これでは、1点買いでも1,2番人気で決着すると参加賞程度しか儲けがありませんので、とても手を出せません。 つまりは見るレースすべきだと思います。
当日8時半です。弥生賞(GU)の人気傾向は昨日と変わらず、1番人気が@ラストドラフトで2.4倍、2番人気がAニシノデイジーで3.4倍、3番人気がBカントルで5.0倍です。
「馬ちゃんの競馬予想」でも同様なように、競馬の常識で考えればこの3頭が最も有力です。 ただ、3歳馬ですのでデータが少なく、隠れた逸材が居るなら紛れる場合はあります。

2019年3月2日(土)
【後記】
当日午後2時半です。 チューリップ賞(GU)は馬券的に妙味がありませんので、パスしたいと思います。
オーシャンステークス(GV)は、1着馬を特定できれば、6点買いでも馬券の買い方によっては何とかなりそうです。
チューリップ賞(GU)のパドックですが、1番人気の@ダノンファンタジーは悪くないですから1着も十分ありだと思います。
2番人気のCシェーングランツは武豊向きの馬では無いような馬体ですが、池添 謙一や福永祐一との比較なら問題ないでしょう。 馬券は買いません。
オーシャンステークス(GV)のパドックですが、短距離馬のせいか、特に見栄えのする馬はおりません。それになぜか3番人気のDダイメイプリンセスがパドックに居りませんので、この中ではK-Mの1,2番人気で決まるように思えます。 騎手レベルではMモズスーパーフレアが優位でしょうが、Kナックビーナスは筋肉質でスタミナがありそうです。
阿呆と言われそうですが、DKMの馬連ボックスを買ってみます。

チューリップ賞(GU)の結果は、@→L→Fでした。 抜けた2番人気のCシェーングランツが5着に惨敗しましたが、武豊の騎乗ですから、よくある事です。
オーシャンステークス(GV)の結果は、1着が1番人気のMナックビーナス、2着が2番人気のKナックビーナス、3着が7番人気のEダイメイフジでした。

オーシャンステークス オーシャンステークス(GV)の的中馬券です。
チューリップ賞(GU)は1番人気の軸が堅過ぎて配当が低いと思って馬券を買いませんでした。
オーシャンステークス(GV)も同様に回避するつもりでしたが、ついつい買ってしまいました。
外したら赤っ恥でしたが、運よく参加賞程度の儲けはありましたので喜んでおります。

(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日9時です。チューリップ賞(GU)の単勝オッズですが、1番人気は@ダノンファンタジーで1.4倍、2番人気がCシェーングランツで5.5倍、3番人気がDメイショウショウブで14.0倍です。 データ的にも、実際の人気も鉄板レースのようです。 馬連@−Eで現在でも2.6倍ですから、2倍前後も考えられますので、貧乏人が手を出せるレースではありません。
オーシャンステークス(GV)のオッズは、1番人気がMモズスーパーフレアで3.4倍、2番人気がKナックビーナスで4.2倍、3番人気がDダイメイプリンセスで6.7倍、4番人気がFカイザーメランジェで9.2倍、5番人気がJラブカンプーで11.1倍です。  このレースも、人気の馬連5頭ボックスを買えば、ほぼ的中できそうです。 配当は堅く決まると6倍前後ですから、6点に絞ってもトリガミ覚悟で買わなければなりません。 配当的な妙味はゼロですので、普通の人は馬券を買いませんね。
普通の人とはやや異なっている私でも、買いたい気持ちはさっぱり湧き上がってきません。

2019年3月1日(金)
3月になりました。2ヶ月間が終わりましたが、現在の個人的な収支も「馬ちゃんの競馬予想」もかなり悪いです。
原因は分かっていて、予想が的中しても配当が低くて外れた時の補填が利かない事と先週の阪急杯(GV)のように、日本人(先週は福永祐一)の騎手が騎乗が下手で(先週は直線での斜行)、勝てる馬に騎乗しても勝てないからです。 これでは、どう頑張ってもプラス収支にはなりません。

今週は明日の土曜日は阪神でチューリップ賞(GU)、中山でオーシャンステークス(GV)、明後日の日曜日には中山で弥生賞(GU)が開催されます。
ちらっと見ただけですが、チューリップ賞(GU)は3連勝中の@ダノンファンタジーが圧倒的な1番人気でしょう。
オーシャンステークス(GV)は、いつものように外人騎手のデムーロが騎乗するDダイメイプリンセスか、ルメールが騎乗するMモズスーパーフレアを軸にしていれば、ほぼ当たるでしょう。 人気もこの2人が1,2番人気かも知れません。 と言う事は、今週も当たっても儲からず、外れればそのまま損ですから、さっぱり儲からないのではないでしょうか。

2019年2月24日(日)
【後記】
当日午後2時半です。 中山記念(GU)は配当次第で馬券を買うか決めますが、阪急杯(GV)は頑張って当てたいと思います。
その阪急杯(GV)のパドックですが、気合乗りが良いのは6番人気のEロードクエストなんですが、血統と阪神を走った事がありませんので、私は軽視しております。まさかでしょうかね。 逆なのは@レッツゴードンキで、歩様が柔らかくて好印象なのですが、見方によってはやる気が低いとも取れます。
Bロジクライも態度に出なくて、どうなのかが良く分かりません。Oミスターメロディは仕上がっておりますので、福永祐一に不安はありますが、この馬を軸にします。
これで3着以降なら、相当に問題があります。 自信が無くなりましたので、ワイドもBとOを軸に各3点穴馬に流しました。

中山記念(GU)のパドックですが、BDFHIのボックスで堅いと思いますが、そんなには買えませんので、BFIの穴っぽい馬券を買います。
阪急杯(GV)は軸にしたOミスターメロディが惨敗して無駄なお金を使ってしまいました。 やはり福永祐一は糞騎手です。(直線で斜行し制裁を受けた模様)
いらついたので、どこかの12Rを検討しましたが、傷口を深くしそうなレースばかりでしたので、今日は手を引きます。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日8時です。 中山記念(GU)の単勝オッズですが、1番人気はDディアドラで2.8倍、2番人気はFステルヴィオで5.0倍、3番人気はHエポカドーロとIスワーヴリチャードで5.3倍、5番人気は@ウインブライトで6.0倍、6番人気はBラッキーライラック で6.3倍のようです。
Dディアドラがやや抜けた人気になっておりますが、ルメールが騎乗しておりますから、騎手人気の部分も多く、馬のレベルはこの6頭は大差が無いと私は考えております。
この6頭の馬連ボックスを買えば、的中できると思いますが、堅く決まった場合は6倍前後のようですから、4頭ボックスで買うか、1頭軸の5点流しが限界でしょう。(買わない選択枝もあります) 1番人気に騎乗するルメールや2番人気に騎乗する丸山元気も勝ちきるのは大変でしょうから、最初から1,2番人気の組み合わせは避けて馬券を買っても3,4割なら十分に可能性があると(私は)思っています。 穴馬は53Kの斤量のBラッキーライラックですが、この馬が連に絡んでもせいぜい2000円台ですから、しゃかりきになって当てに行くレースではありません。

阪急杯(GV)の単勝1番人気はOミスターメロディで4.7倍、2番人気は@レッツゴードンキで5.6倍、3番人気はMダイアナヘイローで5.9倍、4番人気はBロジクライで6.0倍、5番人気はEスターオブペルシャで11.7倍です。 このレースはデータ的にOミスターメロディを軸にすれば連は外さないのですが、福永祐一が騎乗しておりますので、彼に不信感を持っている(私のような)人は多点買いをしたくなる筈です。 ただ、福永祐一でも先週のフェブラリーステークス(GT)では3着に成れたように、真面目にレースに向き合う事も多くなりましたので、連に絡む可能性も以前よりは増していると思います。 2番人気の@レッツゴードンキも私の中では終わった馬なのですが、岩田康誠は勝負に賭ける執念は人一倍ありますので、絶対に3着以内には入らないとは言い切れません。 恐らく、いつものように1着はあきらめて、5着以内には必ず入る事を最優先した騎乗をするでしょう。
3番人気のMダイアナヘイローも逃げるしか能のない馬ですので、武豊は1,2番手を走るでしょうが、先週のEインティように上手く行くかとなると(私は)疑問に思っています。
Bロジクライも先行策を取る場合もありますし、Dラインスピリットは潰れ覚悟で逃げるでしょうし、古川吉洋も本心は逃げたいでしょう。
まさか、やらないとは思いますが、福永祐一が武豊をマークしながら騎乗すると一歩間違えば両馬とも消えてしまいます。
まぁ、妄想ならいくらでも可能なのが競馬の面白い所でしょう。

2019年2月23日(土)
【後記】
当日午後3時です。重賞競走はありませんが、どこかのメインレースのパドックを見たいと思います。
朝の1Rからやろうと思いましたが、馬券を買わないと見ているのが辛くなりましたので、早々に止めました。競馬は性に合わないのかも知れませんね。
一応、馬券は買えるようにIPATには振り込んで置きました。 小倉の周防灘特別(1000万下)のパドックですが、私は基本的に厩務員が手綱を長く持っている馬を選びます。気性の激しい馬は手綱を短く持っている場合が多いからです。私は太って腹の出ている厩務員が扱う馬も軽視する傾向があります。 本気で馬を扱っている厩務員なら太る余裕はないだろうと勝手に決めております。 例外もあるのでしょうが、これは私のポリシーです。
その観点かで判断すると2番人気のBメジャーレートは厩務員の自信の無さが見えており駄目です。1番人気のCメジャーレートは合格なのですが、馬がよだれを垂らしているのが気になりますね。喉が渇いているのでしょうか。
気合乗りが良さそうなのは、Fタイセイソニックですが、最近の成績が悪くて7番人気です。1000万では通用しない馬なのでしょう。 などと見ていたら発走時刻が過ぎてしまいました。 Cメジャーレートを軸にするのが普通でしょうね。

阪神の仁川ステークスは、あと3分で発走しますので馬券を買う余裕がありませんが、人目みた限りでは1番人気の@アングライフェンの軸で大丈夫でしょう。 馬が他と違いますね。 中山のアクアマリンステークスですが、古馬が多いです。
データ的に1番人気のEアッラサルーテを勝たせるためのレースに見えてしょうがないのですが、この馬が連に絡まなかったら「ごめんなさい」としか言いようがありません。
結局は、パドックを見るだけで時間を費やしてしまい、データの検討が出来ませんので、馬券を買うだけの余裕がありませんでした。 「ごめんなさい」です。
結果ですが、小倉メインは@→B→Gで外れ、阪神メインはI→K→@でこれも外れましたね。@アングライフェンの位置取りが悪くて抜け出せず負けたと思います。
中山の結果はF→@→Eで、これも外れました。1、2着が7歳馬でした。パドックだけで判断するのは(私には)無理のようです。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日9時です。今日は重賞競走がありませんので予想はやりません。 私もいつまでも重賞競走だけの馬券を買っているのでは趣味の範囲から抜け出せませんので、条件戦にも挑戦しているのですが、全然当たりません。 重賞競走は、馬のレベルも高いですし、馬もしっかり仕上げてありますし、下手な騎手の騎乗も少ないですから、そこそこは予想が当たりますが、条件戦はその点滅茶苦茶ですから、結果も安定しません。 競馬のプロ向きのレースになりますので、私では能力が不足しています。 いつまでもこんな状態で居たくはありませんので、最近は血統の研究やパドックの見方、各競馬場の枠順や距離による特徴や展開による差異などを勉強しているのですが、歳を取り過ぎて頭に入りません。
どうやら、一生、このままで終わりそうです。 残念ですね。

2019年2月22日(金)
日増しに暖かくなって、春が近づいているのを感じられようになりました。今週は明日の土曜日は重賞競走が無くて、明後日の日曜日に阪神で阪急杯(GV)、中山で中山記念(GU)が開催されます。小倉でも競馬は開催しているのですが、当然ながら蚊帳の外です。
阪神での開催は今年初なのですが、だからと言って馬場状態が良いとは限りません。土曜日のメインレースを見ても、中山、阪神、小倉共に短距離(1200m)のレースが多く、どの馬が勝つのか分からないようなレースやハンデ戦で、荒れて当然のようなレースばかりです。
反面、重賞競走は先週のフェブラリーステークス(GT)のように、1,2番人気で決まるレースが多く、競馬はつまらなくなりました。 何と言っても、配当が低過ぎます。
まず、JRAはピンハネ(控除率)を25%から15%に下げるべきでしょう。 傍から見ていても無駄な要員が多過ぎるのを感じます。
スターターも、(形式的なセレモニーですから)人間がやる必要は全くありません。 早くロボッット化すれば良いと思うのですが、JRAのやる事ですから10年ぐらい先になるでしょう。

2019年2月17日(日)
【後記】
当日午後2時です。フェブラリーステークス(GT)の展開予想ですが、逃げ馬は11番人気のDサクセスエナジーと1番人気のEインティだけでしょう。
8番人気のAユラノトも逃げることも可能ですが、福永祐一ですから、そんな度胸は無いと思います。Dサクセスエナジーがあっさりと逃げて、Eインティが直後を追走する形になると思っています。
その後はやや間を置いて、馬群がやや固まった状態で追走し、後方は追い込み馬が縦長の状態から4コーナーで分散して追い込むだろうと思います。
Dサクセスエナジーは1600mを走るのは初めてな上に馬のレベルも低いので、坂を上りきった辺りでEインティに交わされるでしょうが、そのEインティもどこまで持ち堪えられるかがポイントになるでしょう。 朝に書いたように、BEFIJMの馬連ボックスを買えば、ほぼ的中出来ると思いますが、それでは予想になりませんので、2着以内になりそうな馬を1頭選んで5点買いをするのが常識的な買い方でしょう。 個人的には、馬券的な妙味の点からと武豊が嫌いな点から、Eインティは軸にしないつもりです。
現時点での評価は、金曜日に書いた通り、Bゴールドドリームを頭にEインティ、Iサンライズソアが次点で、Mオメガパフューム、Fサンライズノヴァと続きます。藤田菜七子は応援はしておりますが、まだ勉強中の身ですから連に絡むのは無理でしょう。

小倉大賞典(GV)のパドックですが、競走馬のレベルが拮抗していて、私のレベルでは良し悪しの判断は無理でした。
フェブラリーステークス(GT)のパドックですが、さすがGT馬揃いでこの馬は無理だろうと思う馬は2,3頭しかおりません。1番人気のEインティも気合乗りも良く文句のつけようがありません。 Dサクセスエナジーでも、逃げて必ず潰れるとは言い切れないような体をしております。
結局、BEFMの馬連ボックスに、穴狙いでFを軸にBDIのワイドを買いました。 当然ながらトリガミになる可能性も高いです。
小倉大賞典(GV)の結果はK→B→@で3番人気、1番人気で決まりましたが、逃げた@が残って、@ーKで決まっていたら、馬連が68200円でした。
フェブラリーステークス(GT)の結果ですが、1着が1番人気のEインティ、2着が2番人気のBゴールドドリーム、3着が8番人気のAユラノトでした。
Eインティの状態が良かったのでこうなるのではないかと危惧していましたが、やはりでした。でも、1点買いは出来ませんよね。トリガミなので、どこかの12Rに手を出します。
小倉は田舎過ぎますし、京都は牝馬のレースなので、東京の12をこれから検討して馬券を買って今日は散ります。(集中したいので、購入馬券も結果の報告もしません)
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日10時です。フェブラリーステークス(GT)の1番人気は騎手レベルの差でBゴールドドリームだろうと金曜日に書いたら、赤っ恥を掻いてしまいました。
競馬ファンは武豊が騎乗するEインティを単勝1番人気に推して2.7倍です。2番人気がBゴールドドリームで3.6倍、3番人気がJコパノキッキングで6.4倍、4番人気がMオメガパフュームで6.7倍、5番人気がIサンライズソアで14.0倍、6番人気がFサンライズノヴァで14.2倍です。  GTレースですから、多少荒れてもこの中から1,2着が出ると私は考えております。
小倉大賞典(GV)は、田舎競馬場のハンデ戦でJRAが荒れれば競馬ファンは喜ぶだろう(弱小馬主対策も兼ねて)と考えたレースですから、人気も参考になりませんし、まともな人は馬券を買うレースではありません。  私も、余程連に絡む確証が持てる馬でも居なければ、手はだしません。 

2019年2月16日(土)
【後記】
当日14時50分です。 ダイヤモンドステークス(GV)は1,2番人気で決まると馬連HーIが260円ですから、馬券を買うのは止めます。
残るのが京都牝馬ステークス(GV)ですが、こっちは人気が割れており上位人気の5頭の馬連ボックスでも配当に大きな差がありません。
京都牝馬ステークス(GV)のパドックですが、1番人気のMミスパンテールは興奮気味で軸にするには怖いと感じます。
やはりディープインパクト産駒のJワントゥワンかKアルーシャを軸にするのが無難でしょう。
434kでもKアルーシャかなとは思いますが、2頭軸にするべきかも知れません。
分からないので、J-Kのワイドを買いました。ワイドでも480円ですから、あり得ない組み合わせかも知れませんね。
ダイヤモンドステークス(GV)はH-Iの240円で堅いかも知れませんね。パドックをみているとそう思います。
京都の結果はI→N→Lの2万馬券でした。武豊はもしかしたらとは思ったのですが、9番人気のIデアレガーロは消しだと思っていました。牝馬のレースは分からないです。
馬券は買いませんでしたが、ダイヤモンドステークス(GV)の結果は1番人気は順当でしたが、逃げ馬のGサンデームーティエが粘って2着に残りました。お金持ちが単勝を買うレースだったのでしょう。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日9時です。今日はダイヤモンドステークス(GV)と京都牝馬ステークス(GV)があります。
どちらのレースも全然検討はしておりませんが、人気を見れば馬のレベル判断は妥当である場合がほとんどです。(私の予想よりは増しです)
京都牝馬ステークス(GV)の単勝1番人気はKアルーシャとMミスパンテールで4.3倍、3番人気はJワントゥワンで6.6倍、4番人気はHエイシンティンクルで8.1倍、5番人気はCリバティハイツで8.8倍のようです。 いつものパターンだと、外人騎手を軸に4、5点流せば的中できるのですが、このレースは横山典弘が1番人気ですから、Kアルーシャを軸にする買い方もありそうです。横山典弘もこれだけ専属で騎乗させて貰っておりますから、後方待機のままのような、ふざけた騎乗(俗に言う横山のヤラズ)はできないでしょう。

ダイヤモンドステークス(GV)の1番人気はIユーキャンスマイルで1.7倍、2番人気はHグローブシアターで5.0倍、3番人気はEララエクラテールで8.6倍、4番人気はAカフェブリッツで8.7倍、5番人気はFソールインパクトで16.7倍のようです。 Iユーキャンスマイルが抜けているようですから、この馬を軸に4点も流せば、ほぼ的中できるのではないでしょうか。 但し、1,2番人気で決まると馬連配当が3倍を切るようですから、手を出せるレースではないと思います。

2019年2月15日(金)
2月も半ばになって、いよいよGTレースが始まります。 今週は明日の土曜日は東京でダイヤモンドステークス(GV)、京都で京都牝馬ステークス(GV)、明後日の日曜日は東京でフェブラリーステークス(GT)、小倉で小倉大賞典(GV)が開催されます。
今年になって馬券を買わないでいた方も、そろそろ始動するのではないでしょうか。 ただ、最近の競馬は考えなくても1番人気が分かり、その通りの結果になる事がほとんどになりました。  フェブラリーステークス(GT)で言えば、Bゴールドドリームが1番人気になり、そして勝つのではないかとは(初心者でないなら)誰でも考えるでしょう。
武豊が騎乗するEインティが6連勝中なので、この馬が1番人気でもおかしくは無いのですが、騎手のレベル差が大きいのは競馬ファンは百も承知しております。
先週のクイーンカップ(GV)のように、馬連配当が260円にはなって欲しくないですね。

2019年2月11日(月)
【後記】
午後3時25分です。来客があって記載が遅れました。
クイーンカップ(GV)のパドックですが、1番人気のHクロノジェネシスはデータ的にはトップでしょうが、頭は高いです。スラっとしたスタイルの良い馬です。(走りそうな馬です)
体型的にはGマジックリアリズムが好きなのですが、8番人気なのでレベルが低い馬なのでしょう。 Bミリオンドリームズはまだ仕上げ途上のようで太目に見えます。
EFGHの馬連ボックスでも買おうかと思いましたが、EーHで決まると馬連が2.8倍ですから止めておきます。
結果は、1着が1番人気のHクロノジェネシス、2着が2番人気のEビーチサンバ、3着が7番人気のCジョディーでした。
鉄板レースでしたね。 戸崎圭太が騎乗のFカレンブーケドールが3着以内だろうと思っていたのですが4着でした。
注目していたGマジックリアリズムは、太らせただけのようで7着でした。 馬連の配当が260円でした。 こんなレースの馬券を買おうものなら、笑い者でしょう。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
今日は連休最後の日で、東京で代替競馬のクイーンカップ(GV)がありますが、荒れる可能性はあるのですが、堅く決まると足が出ますので馬券を買うのは避けた方が良さそうです。 最近の重賞レースはこんなのばっかりで、つまらないです。

2019年2月10日(日)
【後記】
京都記念(GU)の検討を一通り終えたのですが、基本として単勝人気が50倍を超える馬と7歳馬以上は除外する事にします。
最近は競馬ファンのレベルが高くて、単勝人気が50倍を越える馬が連に絡む事が極めて少ないからです。7歳馬以上が連に絡むのも10回に1回程度でしょうから、まず無視出来ます。 残った馬は、以下の通りです。
@ハートレー(8番人気)
Aノーブルマーズ(5番人気)
Gダンビュライト(6番人気)
Iステイフーリッシュ(1番人気)
Jタイムフライヤー(3番人気)
Kマカヒキ(2番人気)
上記の6頭は誰でも考え着く馬ではありますが、いくら予想が難しいとは言え、こうなるのは仕方がないと思います。
4番人気のFパフォーマプロミスも7歳馬ではありますが、(私は福永祐一を軽視しているだけで)生産者がノーザンファームで馬主がサンデーレーシングですから、連に絡む可能性はあるでしょう。 この中から1頭の軸馬を決めれば、5〜6点買い出来ますので、軸馬選びさえ間違えなければ、5〜6割程度なら的中できると思っています。
私は金曜日の時点から、Kマカヒキを軸にしたくてうずうずしているのですが、先入感が強すぎるのも判断を誤る元ですので、最終的にはパドックを見ながら判断したいと思います。

馬体重も発表されましたが、Kマカヒキの+10Kは決して褒められた増加ではないでしょう。この時期に6歳馬が成長するとは思えず、調整失敗の可能性があります。
京都記念のパドックですが、心配したKマカヒキは太いとは感じませんでした。全体的に馬のレベルが拮抗しており、騎手のレベル差も相当出るような気がします。
正直、さっぱり分かりません。人気が4番人気まで下がりましたが、Jタイムフライヤーはまだ太目残りには思えます。Fパフォーマプロミスは急務員を引っ張りながら歩いていて、やる気満々なので目立ちますが、だから勝つとも言えず難しいです。
予定通り、 @Kの2頭軸にAIへの馬連と@からワイドでFGへ流しました。特に根拠は無く、ちょっと欲張り過ぎた買い方かも知れません。
結果は、1着が6番人気のGダンビュライト、2着が1番人気のIステイフーリッシュ、3着が2番人気のKマカヒキでした。
軸にした@ハートレーは内枠で距離的に有利ではないかと思っていたのですが、レベルが低く、直線早々に潰れました。Kマカヒキならなんとかと思っていたのですが、こちらも3着がやっとでした。 @GIKの馬連ボックスを買うべきでしたか。(それがレース前に分かれば苦労はありませんが)
東京の共同通信杯(GV)は堅く決まって馬連配当が330円でした。こんなレースを100円で買おうものなら、笑い者に成ります。(私でさえ買いませんでしたが)
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日10時です。 今日は共同通信杯(GV)と京都記念(GU)がありますが、共同通信杯(GV)は出走頭数が7頭と少ないのにAマードレヴォイスとBナイママはややレベルが落ちますので、連に絡むのは困難と思われます。 従って、実質5頭のレースでしょうが、4番人気(6.6倍)のEクラージュゲリエに騎乗するのは武豊ですから、馬の能力は高くても、騎手は(追い込み時に)体力的に苦しいと思います。結局は人気馬の3頭ボックスで馬券を買う人が多くなるでしょうが、それでも儲かりません。下手すると1番人気(1.8倍)のCアドマイヤマーズが連に絡むと足が出る可能性もあり、馬券購入は避けるべきレースでしょう。
京都記念(GU)は、単勝人気が10倍以下の馬が6頭も居るのを見ても分かるように、予想が困難なレースです。しかも、騎乗する騎手が日本人だけですから、ミス騎乗が多く、荒れる可能性も高いです。
ただ、それを期待して何十点も馬券を購入するようなレースでは無いでしょうから、私は見送りたい気分で一杯です。

2019年2月9日(土)
【後記】
当日14時半です。小倉メインの壇之浦特別(1000万以下)を見たら、藤田菜七子が騎乗のPマルーンエンブレムが1番人気(3.7倍)になっています。 いつものパターンでレース直前に3,4番人気になるのでしょうが、パドックぐらいは見たいと思っています。
田舎競馬場なので、癖があるコースだとは思いますが、条件戦は滅多にしか馬券を買いませんので、私はコースに関しては素人です。(どこも素人なのですが、特にです)
10Rのあすなろ賞(500万以下)が同じ距離なので、何か掴めると良いのですが、あと10分ぐらいで発走になります。まぁ、この騎手メンバーなら武豊でも抜けてますので、軸はAアスクフラッシュで良いでしょう。 馬のレベルの比較ならBカセドラルベルですので、この2頭の位置取りと結果を見たいと思います。
地方馬の騎手は人気がありませんが、馬のレベル差はそこまで感じません。荒れても不思議は無いのですが、1,2番人気のどちらかは連に絡むと見ました。(武豊が負ければそこまで落ちぶれたかですし、藤岡康太が負ければそこまで下手だったかになります)

結果は、1着が4番人気のGハバナウインド、2着が1番人気のBカセドラルベル、3着が5番人気のHウレキサイトでした。武豊は直線で全く追いませんでしたから、馬が故障したか故意(調教師の指示)でしょう。 壇之浦特別のパドックですが、3番人気のDレオコックブルーは体が小さいのと、武豊が疲れたのかやる気が無いようなので軽視しても良いと私は見ました。 藤田菜七子は現在でも3番人気に下がりましたね。やはり382Kで2000mを走らせるのは、無理と思う人が多いのでしょう。3着でもやっとではないでしょうか。
全く自信が無いですが、B-Hの馬連とBHJPのワイドボックスを買いました。
結果は、1着が13番人気のJバイオレントブロー、2着が5番人気のFアンネリース、3着が1番人気のHエーティーサンダーでした。

壇之浦特別 クイーンカップ(GV)が中止になったので、小倉メインの壇之浦特別の馬券を買いました。
8Rで藤田菜七子が50勝を挙げたとかで、メインレースで人気になっていたので買いました。
このレースは大荒れでしたが、私が買っていたのはワイドでしたので的中する事が出来ました。

(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
今日の東京競馬は開催を中止したそうなので、クイーンカップ(GV)も中止(明後日【2月11日(祝日・月曜)】に出馬表の内容(出走馬、出走馬の馬番号など)を変更せずに実施)になりました。 たまには、おとなしく、寝ていなさい(動き回るな)と言う事なのでしょう。

2019年2月8日(金)
中京開催が終わって、今週からは小倉開催になるようです。今週は、明日の土曜日には東京でデイリー杯クイーンカップ(GV)、日曜日は京都で京都記念(GU)、東京で共同通信杯(GV)が開催されます。 クイーンカップ(GV)は3歳牝馬のレースですから、通常は予想が無理なのですが、たった9頭しか出走しておりませんので、的中させるだけなら容易です。 地方馬のDアークヴィグラスは、5連勝中の馬ですが、地方馬のレベルは低いのと騎手が中央には慣れておらず、しかもダート馬ですから、まず連に絡むのは無理でしょう。
Cジョディーも出走させてみただけの雰囲気がする馬で、どちらかと言うとダート向きの馬だろうと思います。
結局は、実質7頭立てのレースで、いつものように外人騎手の一人ぐらいは連に絡むとみれば、ほぼ当たるでしょう。

共同通信杯(GV)も典型的な見るレースですが、こちらは何と出走馬が7頭だけです。
常識的にBナイママとAマードレヴォイスが連に絡む事はないでしょうから、馬連5頭ボックスを買えば的中するでしょう。
このレースも外人騎手のデムーロが騎乗するCアドマイヤマーズは連に絡みそうに思えますので、4点買いでも的中できそうです。
ただ、最近のレースは馬連が3倍以下のレースが多くなりましたので、トリガミ覚悟でないと馬券は買えません。
多くの人は京都記念(GU)を選ぶのでしょうが、当てに成らない日本人の騎手ばかりですので、大荒れも無いとは言えません。
一般的には、やる気がありそうな騎手が騎乗する@ハートレーやKマカヒキが人気になりそうな気がしているのですが、やる気と結果が結びつくとは限りません。

2019年2月3日(日)
【後記】
当日午後1時半過ぎです。2月の最初ですので当てたいのですが、きさらぎ賞(GV)には手をだすのは止めたいと思います。荒れる可能性もあるのですが、堅く決まると配当が低くて足が出てしまうからです。 東京新聞杯(GV)も、1番人気のAインディチャンプか2番人気はDタワーオブロンドンのどちらかは連に絡みそうで、AーDで決まると馬連の配当は600円ですから、5点以内に絞るか1,2番人気では決まらないと仮定して馬券を買う必要があります。
普段なら、私は福永祐一は技術レベル的に軽視するのですが、ここまで安定して1番人気になるのは珍しくて、余程騎乗馬に恵まれているのだろうと考えています。

東京競馬場の馬場状態は、1800mでのレースですが、直線中ほどまでは先行馬が有利のようですが、ゴール手前では外からの追い込み馬が交わす場面が多いようです。
ディープインパクト産駒向きの馬場ですが、@サトノアレスは最初から大外を回す予定でないと、中途半端なレースで終わりそうです。柴山雄一にその技量があるかとなると?でしょう。 Aインディチャンプも先頭集団は走らないと見て、外に抜け出せる競馬が出来るかに掛かっていると思います。直線中央よりを走れたら楽勝でしょうが、抜け出すのにもたもたしていたら惨敗でしょう。 Dタワーオブロンドンは仕上がり如何だと思います。仕上がってさえいれば、直線は外へ廻して目一杯追うでしょうから、2,3着なら堅いと見ております。
Iロジクライはいちかぱちかの逃げを打つと思っています。まんまの逃げ切りのパターンもあると思いますが、そうしない場合は後方のままでしょう。
Nレイエンダは先行馬が総崩れのパターンになればの注文が付くと思います。そんなパターンにはなかなか成らないと思っています。

きさらぎ賞(GV)のパドックですが、DとGは無さそうだと思いましたが、はっきりしません。+12KでもFアガラスの軸で良さそうな気はするのですが。
東京新聞杯(GV)のパドックですが、もったいぶっているのか映像が出て来ません。3時20分からと決まっているようです。
パドックの雰囲気は@サトノアレスが最も良いですが、騎手は下手です。1番人気のAインディチャンプも掴まっていれば勝てるような雰囲気ではありません。
8番人気のBテトラドラクマや9番人気のGロードクエストも雰囲気は良いのですが馬のレベルが低くて無理だろうと思います。
3番人気のIロジクライですが、穴馬にしている人も多いのですが、パドックは頭が高くて気合乗りは悪いです。
先週は5点ボックス買いをしないで失敗しましたので、今日は@ABDGの馬連ボックスを買います。下手すると的中しても足が出ます。

きさらぎ賞(GV)は1、2番人気が消えて荒れました。荒れるかどうかも不明ですから、このレースの馬券は買えません。
東京新聞杯(GV)の結果ですが、1着が1番人気のAインディチャンプ、2着が6番人気のEレッドオルガ、3着が4番人気の@サトノアレスでした。
Eレッドオルガ取るかGロードクエストを取るか最後まで迷ったのですが、結果的には失敗しました。
私の期待していたのは@BGが連に絡む事でしたから、仕方がありません。1番人気が絡んでもA-Gなら8140円でしたが、ちょっと欲張り過ぎましたね。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
今日のきさらぎ賞(GV)のオッズですが、現在(前日19時)では、単勝1番人気がBヴァンドギャルドで2.2倍、2番人気がFアガラスで3.8倍、3番人気がAエングレーバーで5.0倍、4番人気がCダノンチェイサーで5.9倍、5番人気がGメイショウテンゲンで8.8倍のようです。
出走頭数も8頭と少なく、用心深い人は人気馬の5点ボックスで買う人も居るでしょうから、馬券的な妙味はゼロです。普通は3番人気までのボックス買い買いで5割程度なら決まるでしょうし、BーFの馬連でも3割程度なら的中出来るのではないでしょうか。つまらないレースです。

東京新聞杯(GV)のオッズですが、単勝1番人気はAインディチャンプで3.6倍、2番人気はDタワーオブロンドンで3.8倍、3番人気がIロジクライで5.2倍、4番人気がMレイエンダで8.1倍、5番人気がEレッドオルガで9.0倍のようです。
このレースのオッズは、まだまだ変わると思います。私もそうですが、福永祐一に不信感を持っている人は多いので、2番人気以降になる可能性も高いです。
Dタワーオブロンドンが連に絡めないようだと、配当的には妙味がありますが、ミス騎乗の少ないルメールだけに、果たしてどうでしょうか。
北村宏司が頑張って呉れると面白いのですが、藤沢和雄がどの程度に仕上げたかにも依ります。同じ藤沢和雄で6番人気の@サトノアレスが3着以内に入れば高配当は確実ですが、藤沢和雄はルメールを騎乗させた時は勝ちに来ているのは良く知られている通りです。

当日9時です。 きさらぎ賞(GV)の単勝オッズですが、単勝1番人気がBヴァンドギャルドで2.0倍、2番人気がFアガラスで4.0倍、3番人気がCダノンチェイサーで5.5倍、4番人気がAエングレーバーで5.9倍、5番人気がGメイショウテンゲンで10.9倍のようです。
3番人気が昨日から変わりましたが、騎手レベルの判断が多少加わったのだと思います。3〜5番人気は、馬の差は微々たる物だと思っています。
東京新聞杯(GV)のオッズですが、単勝1番人気はAインディチャンプで3.0倍、2番人気はDタワーオブロンドンで3.6倍、3番人気がIロジクライで5.7倍、4、5番人気が@サトノアレスとMレイエンダで9.1倍のようです。
Aインディチャンプは福永祐一の騎乗なので、2番人気に後退するのかと思っておりましたが、現在でも1番人気なのを見ると、このままの状態でレースを迎えそうです。
東京新聞杯(GV)は1番人気が勝てないジンクスがあるそうですが、今年はそれが破られるかも知れませんね。(蚤の心臓の福永祐一だけに、その可能性も高いですが)
このレースが堅く決まるレースだと思う人は少ないようで、6点買いでも足は出ないと思います。

2019年2月2日(土)
【後記】
東京競馬場を中心にパドックは見ておりましたが、堅いと思って10Rが大荒れだったので、ヘボ予想を掲載するのは止めました。
明日も、荒れるのでしょうか。
メインレースも堅くは決まりましたが、人気薄の逃げ馬が暴走気味に走って、多くの馬が巻き込まれております。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日9時半です。今日は重賞競走がありませんので、予想はしないで、おとなしくしていたいと思います。
最近は、条件戦の馬券も、できるだけ買うようにしているのですが、なかなか当たりません。
対策として、パドックの馬の見方の向上と血統関係の勉強をしております。

2019年2月1日(金)
まだ競馬シーズンには程遠いので、新馬戦や未勝利戦を除くと出走頭数が少ないのが目立ちます。
それで3開催ですから、田舎競馬場の中京は障害競走の消化開催場となっているようです。
見習い騎手にとっては開催が多いのは有難い話で、中京で騎乗する騎手はレベルが低い連中だけだと言っても間違いではないでしょう。
そんな状況ですから、土曜日は武豊が勝率を上げる絶好のチャンスと言えるでしょう。

つまらない話は兎も角、今週は土曜日は重賞競走が無くて、日曜日に京都で きさらぎ賞(GV)、東京で東京新聞杯(GV)が開催されます。
きさらぎ賞(GV)は3歳馬のレースで予想が難しい筈なのですが、出走頭数が8頭と少ないのに加え、デムーロや戸崎圭太が居りますから、結局は騎手のレベルで決まるのではないでしょうか。 藤岡佑介、川田将雅、池添謙一では、勝てる馬でも取りこぼしそうな気がするのは私だけでは無いでしょう。
東京新聞杯(GV)はこれからじっくりと出馬表を見て考えますが、 武豊は乗り慣れている馬でも惨敗でしょうし、福永祐一も乗り慣れている馬でも惨敗するのかしないのかに興味があります。 どっちの騎手も競馬ファンには惨敗するとして織り込まれるでしょうから、相変わらず外人騎手が人気なって、馬券的にはつまらないレースに成りそうです。

2019年1月27日(日)
【後記】
当日午後2時です。先にレースが始まるシルクロードステークス(GV)の馬券を買ってみようと思います。
JRA-VANのコース解説では逃げ・先行馬が圧倒的に有利と書いてありますが、内側が荒れていて、圧倒的に内側不利になっています。内側を先行する馬は潰れるようです。
そうなると、3番人気の@ナインテイルズや1番人気のAダノンスマッシュは位置取りによっては不利になりますが、どちらも関西の騎手ですから避けるかも知れません。
パドックですが、短距離戦のせいかダート馬のようなでっぷりとした体型の馬が多くて判断できません。短距離戦でも斤量の低い馬が有利だと思いますので11番人気のGエスティタートや4番人気のOアンヴァルは有利だと思いますが惨敗と紙一重でしょうね。
まともに考えれば1番人気のAダノンスマッシュや2番人気のIラブカンプーはレベルは上でしょう。 思い切って、荒れている内枠の1、3番人気馬を切ってGIMOの馬連ボックスでも買いますか。 あとは、Iを軸にワイドで穴馬を買ってみます。 当たりそうもないですかね。
根岸ステークス(GV)のパドックですが、ダート戦だけあって独特な体型の馬が多いですが、人気馬は落ち着いておりますから、堅く決まる可能性もありそうです。 一昔前のような万馬券は出難くなっていると思います。 はっきりしないレースですので、手を出すのは止めます。

シルクロードステークス(GV)の結果ですが、1着は1番人気のAダノンスマッシュ、2着が11番人気のGエスティタート、3着が12番人気のQティーハーフでした。 内枠は不利だろうと思って1番人気のAダノンスマッシュを切って2番人気のIラブカンプーを選んだのですが、足が持ちませんでしたね。AGIMOの馬連5点ボックス買いにすべきでした。(まぁ、結果論ですが)
根岸ステークス(GV)の結果は、J→A→@でした。 2、3番人気の堅い決着でしたが、人気馬が多いので馬連1250円でした。 但し、狙って取れる馬券ではありません。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
昨日の愛知杯(GV)は、伏兵の8番人気Dワンブレスアウェイが1着で、WIN5 なら、このレースでどっと的中票を減らしていたでしょうね。
今日のシルクロードステークス(GV)と根岸ステークス(GV)も、ハンデ戦と距離が短いダート戦ですから、私は当たる気がしません。
書いているのが前日の午後7時前なので、オッズはまだ出ておりませんが、自分の予想をやってみました。
シルクロードステークス(GV)は、JRAはMセイウンコウセイが最強の馬だと言っておりますが、まぁ、これは妥当かも知れませんね。
次が、Pアレスバローズになりますが、7歳馬で去年の11着馬が何でなのと思った人は私だけでは無いでしょう。
同様にQティーハーフはもう9歳ですし、こんな馬が人気になる訳が無いでしょう。JRAのハンデキャッパーは頭がおかしいのと違いますか?。
私は最軽量に属しているGエスティタートでも勝負になるのではと本気で思っています。
一応、騎手レベルからIラブカンプーや、先に挙げた去年2着のMセイウンコウセイが有力ではないかと思っておりますが、Mセイウンコウセイは池添謙一が騎乗しますから、見事惨敗のパターンもありそうです。 他は、Aダノンスマッシュ、Dビップライブリー、Lダイメイプリンセス、Oアンヴァルが眼に付いたのですが、赤っ恥かも知れません。
根岸ステークス(GV)は、巷でも上位人気のKサンライズノヴァを筆頭に、Jコパノキッキング、Aユラノト、Bサトノファンタシー、Oマテラスカイが有力ではないかと思いました。
こうやって書いている間に、JRAでもオッズの掲載を始めましたから、もう少しすれば人気傾向ははっきりしてくるでしょう。

当日9時過ぎです。 京都のシルクロードステークス(GV)も開催が決まったようで、オッズもでております。
単勝1番人気が Aダノンスマッシュで2.7倍、2番人気がIラブカンプーで、3.6倍、3番人気が@ナインテイルズで11.6倍です。
北村友一は、まだまだ騎乗ミスが多い(昨日の日記参照)ですが騎乗が積極的で、時々穴を出す騎手ですから私も注目している騎手ですが、多くの人にそれが認められてきたのではないでしょうか。 3番人気の@ナインテイルズに騎乗する福永祐一よりは確実に信頼されており、ポスト武豊の可能性も高いです。(リーディングは昨年6位、今年は現在4位)
現在でも、体力的にも技術レベル的にも武豊と差は無いでしょうが、多くの人は武豊を(過去の)偉大な天才騎手として認識しています。(私はただの女たらし騎手として認識しています) そう言えば、藤田菜七子が武豊の騎乗姿勢が美しいと言って(身長差があって無理と思うが)真似したいと言っておりましたので、次の犠牲者に成らなければ良いのですが。

話がそれましたが、シルクロードステークス(GV)は芝1200のハンデ戦ですから、騎手のレベルは関係ありません。やたら追って潰れなかった馬が勝つだけでしょう。
従って予想はしません。パドックを見て目立つ馬でも居たら馬券を買うぐらいの気持ちでおります。
根岸ステークス(GV)もダートの1400mですから、騎手のレベルは関係ありません。やたら追って潰れなかった馬が勝つだけでしょう。従って予想はしません。
パドックを見て目立つ馬でも居たら馬券を買うぐらいの気持ちでおります。
どちらも馬券は買いたくないレースですが、私の日記を見に来てくださる方が多いので、(いつものように)赤っ恥を晒すのも悪くは無いかも知れません。

2019年1月26日(土)
【後記】
当日午後2時です。愛知杯(GV)を当てたいのですが、荒れる要素が多いので、難しいと思います。1番人気、2番人気で決まっても馬連が5.9倍なのは、そのせいだと思います。
多点買いをすれば当たるでしょうが、5.9倍で決着する場合もあるので、4点買いが足が出ない限度でしょう。 数万円で馬券を購入する人なら、資金を分割して購入する事も可能ですが、田舎競馬場の牝馬のハンデ戦などに数万円を投入するようでは、仮に今日は的中出来たとしても、いずれ墓穴を掘る事になるでしょう。
中京は9Rが発走して間もなくレース映像が出ますが、3番人気の藤田菜七子が3着以内に入るのは、まだまだ先ではないでしょうか。
と、失礼な事を言ったら、きっちりと3着に成りました。 抜け出すのにもたもたしておりましたが、あの位置取りではどんなに理想的な騎乗をしても3着まででしょう。
10Rは、はこべら賞(500万以下)ですが、Fレッドルゼルが単勝1.7倍の圧倒的な人気です。 北村友一の騎乗でこれだけ人気を被るのは珍しいので、何か裏情報でもあって、会員が買っているのでしょう。 私は(不安を感じますので)便乗しないで見るだけにします。 結果はK→F→Gでした。

さて、愛知杯(GV)のパドックですが、Hウラヌスチャームに期待をしていたのですが、馬体はダート馬のようで切れ味のある体には見えません。そんなに力の要る馬場には見えませんので、軸はどうでしょうか。これなら素直に1番人気を争っているJノームコアか@レッドジェノヴァを軸にしたくなります。
穴馬もゾロゾロ居て、6番人気のCコルコバード、5番人気のEレイズアベール、4番人気のGランドネです。 6番人気までの馬連ボックスを買えば、6〜7割は的中できると思いますが、1,2番人気の馬連配当が6倍を切っておりますので、とても手を出せるレースではありません。 ワイドで馬券を買うとしても、Gランドネの軸が可能性と配当的には面白いと思いますが、人気馬が3頭共に消える事はないでしょうから、厳しいと思います。 馬券を買うのは止めます。
結果は1着が8番人気のDワンブレスアウェイ、2着が2番人気のJノームコア、3着が4番人気のGランドネでした。
Dワンブレスアウェイは馬体重が+10Kで調教不足ではないかと思っておりました。 騎手が乗り慣れていたのも良かったのでしょうが、押さえでも買いにくい馬です。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日9時です。今日の愛知杯(GV)ですが、単勝1番人気は@レッドジェノヴァで3.8倍、2番人気がJノームコアで3.9倍、3番人気がHウラヌスチャームで6.2倍、4番人気がEレイズアベールで7.5倍、5番人気がGランドネで8.9倍のようです。
この人気は、昨今の外人騎手を軸にしておれば、だいたい的中する傾向から選ばれている感が強く、馬のレベルはさほど考慮されていないと思います。
私の認識では、Hウラヌスチャームが馬のレベルが最も高いと思っているのですが、北村友一ではなかなか勝ちきれないと思います。
むしろ、戸崎圭太の方が53Kのハンデを活かして、2,3着なら食い込めるかも知れません。ハンデ戦なので穴馬はゾロゾロ居て、49k、50k、51Kは空馬のようなものですが、松若風馬、木幡育也、鮫島克駿では斤量を活かした騎乗などは出来ないでしょう。 彼等には、まぐれが数年で1回あるかどうかだろうと思います。
ハンデ戦でなければ、堅いレースでしょうが、これだけハンデ差があると結構紛れそうです。

2019年1月25日(金)
最近の競馬は、予想を当てるのは簡単になりましたが、先週のように馬連で310円とかのレースが多くて、馬券が買い辛くなりました。
AJCC(GU)杯は馬連が2820円でしたが、このレースも田辺裕信がブーイングを受けていたように、騎乗ミスと思われ1,2番人気で決まっておれば、馬連390円のレースでした。
私はたまたま外人騎手の方がレベルが高いだろうと思ってIメートルダールを軸にワイドも買っておりましたので損はしませんでしたが、運が良かっただけです。
競馬は投入金額の3倍以上の配当が得られなければ手をだすべきでは無いと言われております。 毎回的中出来る訳がありませんので、概ねそんな目安になるのでしょう。

今週は、土曜日に中京で愛知杯(GV)、日曜日に東京で根岸ステークス(GV)、京都でシルクロードステークス(GV)がありますが、弱小馬主救済レースのような感じがしております。  愛知杯(GV)は、例によって外人騎手のルメールが騎乗のJノームコアが1番人気になるのでしょうが、いくらルメールでも、これだけハンデ差があると勝つのは大変でしょう。  日本人騎手なら安心して切れるのですが、ルメールの場合は安心しては切れないのが今の競馬の現状です。 予想が難しく、馬券は買いたくないレースです。
根岸ステークス(GV)はハンデ戦ではありませんが、かなり昔ですが高額配当が出たレースとして有名です。
今なら、ルメールや戸崎圭太を軸に買っておれば、だいたい当たりそうな気がします。 そんなことは競馬ファンも知っておりますから、人気になると思います。
シルクロードステークス(GV)も荒れて当然のようなレースで、今週儲かったらラッキー以外の何者でもないでしょう。 つまらないですね。

2019年1月20日(日)
【後記】
当日午後2時過ぎです。 東海ステークス(GU)かAJCC(GU)の馬券を買おうと思っています。
何度も書いているように、予想が的中しても参加賞程度の儲けで、下手すると足が出ます。
馬券を買うようなレースでは無いのですが、このサイトを見に来てくださる方も多いので、そんな事は言っておられません。 私の競馬予想ソフトの宣伝になれば良いのです。
中山のパドックは菜の花賞に出走する馬が周回をしている映像が出ておりますが、一目1番人気のCコントラチェックが1着で、2着探しなのが分かります。
理由は、藤沢和雄がルメールに騎乗依頼をしている事で、勝ちにきているのがほぼ明白だからです。 調整レースだったら、杉原誠人や北村宏司に依頼します。
ルメールは当然マークされますが、それでも惨敗が少ないのが外人騎手の上手さです。(もし、惨敗したらごめんなさいですが)

パドックは特に目立つ馬はおりませんが、問題がありそうな馬もおりませんので、人気通り外人騎手のワンツーもありそうです。 それだと、CーD1点買いで馬連410円ですから、10万円で外れるリスクを背負える人でないと手は出せません。 私のように100円で勝負するような人間など、お呼びでは無いレースです。
東海ステークス(GU)が先に発走しますので、武豊が惨敗するなら「ざまみろ馬券」を買っても良いのですが、外したのに連に絡まれたりすると苛立ちが倍増しますので、このレースは回避しようと思っています。 横山典弘が昨日のような活躍をしてくれるなら期待できますが、気分屋なのと、もう歳ですからね。
中山10Rはダート戦なのでパドックを見てもさっぱり分かりませんが、人気は妥当な場合が多いですから、又してもルメールなんでしょうか。
大野拓弥のレベルがもう少し高ければ勝負になりそうな気がするのですが、32歳ではもう無理でしょうね。

どうでも良い話はこのぐらいにして、東海ステークス(GU)のパドックですが、Cインティが興奮していたら切ろうかと思いましたが、大柄な馬で落ち着いた歩様ですから、武豊でも何とかなりそうな気がして来ました。 有力馬は5枠以内におりますので、BCDFで決まりそうですね。 @クリノライメイが外人騎手なのと枠順を活かして走れば、もしかしてがあるかぐらいでしょう。 AJCC(GU)のパドックですが、気合乗りなら2番人気の@ジェネラーレウーノが良いですが、それだけで勝てるかどうかは分かりません。
@ーCの馬連が3.0倍なので、ここだけは馬単にするしかありませんね。@→Cの馬単と、Iを軸にしてワイドで@CDへ流しました。 配当が低過ぎて買い方が難しいです。
先に発走した東海ステークス(GU)の結果は、C→B→Dでした。 馬連310円のレースでしたから、小銭で買ったら阿呆かと笑われます。 買わなくてよかったです。
AJCC(GU)の結果ですが、1着が7番人気のGシャケトラ、2着が1番人気のCフィエールマン、3着が5番人気のIメートルダールでした。
Iメートルダールから3点ワイドを買っておりましたので、今週もなんとか的中出来ました。(昨日の損も取り戻す事が出来ました。)

AJC杯 AJC杯(GU)の的中馬券です。
東海ステークス(GU)は、余りにも配当が低くて、購入するのはあきらめました。
今日も的中しても参加賞になるのは明白でしたが、外れなくて良かったと思っております。

(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
昨日は、私としては珍しく中山の1R、5R、12Rの馬券を買ったのですが、結果的には負けてしまいました。 馬券を買うレースの選び方が下手なような気がしております。
私だけでなく、9割以上の人は、どのレースが堅くて、どのレースが荒れるかなどは判断できないと思います。 競馬とはそんな物でしょう。
今日の東海ステークス(GU)ではCインティが抜けた1番人気(1.5倍)ですが、この馬だって3着以降になる可能性はあります。アメリカジョッキークラブカップ(GU)は、Cフィエールマンが抜けた1番人気(1.8倍)ですが、この馬も3着以降になる可能性はあります。 それを運と勘を頼りに、どっちになるのかを決めるのが競馬だと考えています。
どちらでも良いようになどと考えて馬券を買うやり方もありますが、そんなやり方ばかりだとJRAに貢だけになってしまいます。

経験的に言うと、武豊がミスをして惨敗、ルメールが上手く乗って快勝なのですが、どちらも惨敗したり、どちらも快勝する事もあるでしょうから、逆のパターンも含めて断定は出来ませんね。 東海ステークス(GU)は、@BCDFで1,2着は決まると思いますが、B-Cで決まると馬連の配当は4倍を切っておりますから、1、2番人気1点買いをするか、どちらかを切らないと馬券は買えません。
アメリカジョッキークラブカップ(GU)は、データ的には3番人気までの馬連ボックス買いでほぼ的中出来ると思っておりますが、それも@-Cで決まると馬連で3倍を切りますから、Cフィエールマンを軸にするのかしないのかの判断になるでしょう。 つまりは、どちらのレースも馬券的な妙味の無いレースに、私には映ります。

当日9時半です。 東海ステークス(GU)とAJCC(GU)の人気傾向は変わりがありません。普通は東海ステークス(GU)は、人気通り1番人気のCインティが1着で、2番人気のBチュウワウィザードが2着になる筈ですが、武豊ですから稀に出遅れる時があります。 後は昨日に久々に本気を出した横山典弘が騎乗の3番人気のFアンジュデジールがどうかぐらいでしょう。 個人的には馬券的な妙味は無いと思っておりますが、この時期は馬の体調管理が難しいので、全く荒れないとまでは言い切れません。
AJCC(GU)も、普通は1番人気のCフィエールマン、2番人気の@ジェネラーレウーノ、3番人気のDダンビュライトが共に連を外すとは考えられず、この3頭で1,2着が決まる可能性も高いです。 馬連では、3点買いでもトントンがやっとでしょう。 個人的には馬券的な妙味が全く無いと思っております。

2019年1月19日(土)
【後記】
「戸崎圭太乗り替わり馬券テスト買い」をやってみましょう。まず中山1Rは前回1番人気で惨敗したDスパイラルチャージですので、レベルが低い馬である場合もありますので、複勝買いが精一杯ですね。ついでに連に絡みそうなIメールデゾレの複勝も買いました。
Dスパイラルチャージは能力が低い馬だったらしく、惨敗しておりました。Iメールデゾレは余裕の1着でした。 まずトリガミを食らいましたね。
中山3RはMエスコーバタハトが対象馬ですが、レベル差の無い馬ばかりな上に、2番人気になっておりますので、危なくて手を出せません。
人気馬は当然ながら有力ですが、穴馬としてEFに注目していますが、ただ、紛れる事も多いので馬券は買いません。 結果はI→L→Mで馬連630円でした。

中山5Rは、Dスコッチフラワーは8番人気ですが、穴馬として圏内だと思います。 勝ちそうなのはCガロシェですが、ローテーションがきついので惨敗もあるのを期待します。 BCIの馬連ボックスと穴馬を含んだワイドを2点買いました。 C-Iで決まっても足は出ないでしょう。
結果はI→C→Lでした。 1番人気、2番人気で決着しましたが、足を出さないで済みました。 ラッキーです。
中山6Rは、Fオリオンパッチが単勝1.9倍で抜けており、戸崎圭太の乗り替わりが9番人気のLアシャカドではワイドでも無理と見て回避します。
中山7RはMサトノシャークですが、馬体重が+10kで調教師が田中博康では、まともな調教をやっていないと見て回避します。

中山10Rの初茜賞は、乗り替わりがデムーロなのは歓迎ですが、3番人気になっているのと、ハンデ戦なので軽ハンデの馬にもチャンスがありそうで、江田照男にまんまと逃げられた日には寝つけなくなりそうで、参加は考え物です。 現在なら参加賞程度なら浮いておりますので、手を引きたくなりました。
メインレースの初富士ステークスも外人騎手の2人で決まる可能性が高く、馬券を買うなら12Rのみです。 3番人気のFエイシンスレイマンに騎乗する三浦皇成がどこまで頑張れるかだけです。 現時点でならワイドのパーフェクト狙いが面白いのですが、午後4時20分では変わっているでしょう。
中山11Rのパドックを見ているのですが、勝つのはやはりDアシュリンなのでしょうか。 4番人気のCカフジバンガードの歩様が柔らかくて良さそうですが、蛯名正義では外人騎手に太刀打ちできないでしょう。 DGIの3点買いでも下手すると参加賞です。 G→C→Mでしたが、乗り替わった北村宏司が頑張りました。

さて、馬券を買うかどうかの中山12Rです。 1番人気のJアバルラータは、位置取りさえ悪くなければ連に絡むでしょうが、対抗馬が分かりません。
BFGJのワイドパーフェクトを狙おうかと思いましたが、荒れるような気もしてきましたので、データ的に抜けているFGJの馬連ボックスを買います。
3番人気のBトータルソッカーに頑張られたらあきらめます。 結果は大混戦のレースで、順位がゴール手前で極端に変わりました。
1着が9番人気のNボーダーオブライフ、2着が11番人気のEクインズサン、3着が4番人気のBトータルソッカーでした。 悠太郎が2着になるようでは6万馬券にもなりますよ。
菜七子に負けなかったので男の面目は保てましたね。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日9時です。 今日は重賞競走がありませんので、見るだけにしようと思っていたのですが、戸崎圭太が風邪でも引いたのか騎乗する全レースが乗り替わりになっています。
戸崎圭太が騎乗するだけあって、多くのレースが連に絡めそうな馬だけあって、乗り替わりの騎手もそうそうたるメンバーです。 特にデムーロに乗り替わっているレースは、連に絡む可能性が高く馬連1点買いでも3割程度なら的中するのではないでしょうか。 ちょっと試してみようかと思う気持ちが湧いてきましたね。

2019年1月18日(金)
先週が連休で3開催あったせいか、今週は中だるみ的な感じがする週で、明日の土曜日は重賞競走がありません、 日曜日は中京で東海ステークス(GU)、中山でアメリカジョッキークラブカップ(GU)がありますが、どちらのレースも人気になる馬がはっきりしており、つまらないレースです。
ちらっと見ただけの判断ですが、東海ステークス(GU)は5連勝中のCインティが抜けた1番人気になるでしょうし、アメリカジョッキークラブカップ(GU)は、Cフィエールマンが抜けた1番人気になるでしょう。 東海ステークス(GU)はCインティに騎乗するのが武豊ですから、先週のように出遅れて、大マクリして惨敗するかも知れませんが、競馬ファンはそんな事は百も承知しておりますので、1頭軸流しなどはやりません。 Bチュウワウィザード、Dスマハマ、Fアンジュデジールの有力馬を組み合わせて買うか、ボックス買いにするでしょう。 常識的な競馬予想をした買い方では儲からないと思います。アメリカジョッキークラブカップ(GU)も、まともに仕上げてあれば、Cフィエールマンが軸を外す事は無いでしょうが、馬主がサンデーレーシングですから、調整レースの指示などを出していると3着以降になる場合もあるでしょう。 このレースは11頭の出走馬ですが、8,9歳馬はJRAがどこからか掻き集めたような馬ですからレベルが低く、実質6頭のレースです。1番人気が消えたぐらいでは、大勢に影響はありません。

2019年1月14日(月)
【後記】
当日午後2時過ぎです。 朝にも記載したように京成杯(GV)は予想が困難で、馬券を買っても当たらないと思いますので、買う予定はありませんが、パドックぐらいは見たいと思います。 本当は条件戦のレースの馬券を買って、そこそこ的中出来るレベルまで到達したいのですが、まだまだ無理です。 一生無理かも知れません。
愚痴を言っても仕方ありませんので、全力で取り組みたいと思います。 中山は9Rの初凪賞(1000万以下)のパドック映像が出ておりますが、抜けた馬もおらず、頭数は14頭ですが荒れ模様のレースになりそうです。 1頭だけ単勝人気が100倍を超えている藤田菜七子が騎乗のLスクラッタでも、ビリには成らないでしょう。
結果は、横山典弘みたいな騎乗で、馬も騎手もやる気なしで終始最後方の状態で終わりました。 映像には映りませんでしたが、それでもブービーには成れたのかな?。

さて、藤田菜七子は兎も角として、京成杯(GV)のパドックですが、1番人気のHシークレットランも+12kでは、乗り込み不足ではないかと気になります。 確かに気持ち太目には感じますが、成長かも知れません。 「馬ちゃんの競馬予想」に万馬券の組み合わせがありますので、念のために付き合い買いをしておきます。 DFGKの馬連ボックスで、FーGとG-Kが万馬券(120倍前後)になります。 結果は、1着が4番人気のFラストドラフト、2着が2番人気のDランフォザローゼス、3着が7番人気のAヒンドゥタイムズでした。
万馬券はゲット出来ませんでしたが、的中しましたので満足しております。 何度も言いますが、最近の競馬は外人騎手を軸にしておれば的中しますね。
これも何度も言っておりますが、3歳馬のレースは馬の強さを確認するレースですから、見るレースに徹するべきです。

京成杯 京成杯(GV)の的中馬券です。 馬ちゃんが万馬券の予想を含んでおりましたので、
もし、それが的中した場合に買っていないでは済まされないので、付き合い買いをしました。
万馬券の配当にはなりませんでしたが、的中しましたので満足しております。

(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日9時です。 今日は月曜日ですが、「成人の日」で祭日です。競馬も中山で京成杯(GV)がありますので、競馬に手を染める成人の方もおられるでしょうが、止めた方が良いです。 明け3歳の競走馬のレースなどは、不安定で人気通りに決まる事が非常に少ないです。 去年は1,2番人気で決まりましたが、こんな事は稀です。
私は競馬歴30年以上ですが、強くそれを感じますし、実際に馬券を買う気も無いです。 成人の方が馬券を買うのが今日だけなら、それでも良いでしょうが、勝っても負けても今日だけで止められる訳がありません。 勝負運の無い、愚かな人間の言う事など聞く耳は持っていないでしょうが、今日を競馬のメイクデビューにするのだけは止めて欲しいです。

2019年1月13日(日)
【後記】
当日午後2時半です。 京都は9Rの発走直前です。 Lジョーダンキングが単勝人気1.8倍で抜けておりますが、先入感もあって、この馬の軸は堅いような気がしました。
日経新春杯(GV)もかなり検討をしましたが、人気馬や穴馬の選択は妥当だと思います。 あとはデータ通りの結果になるかどうかだけだと思っております。
9RのLジョーダンキングは、やっとの事で1着を確保しましたが、あの人気は単勝を大量に買っていた人が居たからでしょうね。
10Rは相変わらずデムーロが騎乗の@サンラモンバレーが1番人気(2.8倍)ですが、馬のレベルに大きな差は無いでしょう。 このレースはデムーロよりも、2番人気(6.2倍)に騎乗する武豊が何着に成るのかを注目しております。 その結果如何で日経新春杯(GV)のKメイショウテッコンの取捨を決めたいと思います。Kメイショウテッコンは朝の時点では3番人気でしたが、今は5番人気まで低下しており、競馬ファンはほぼ見捨てておりますが、確実に切れるなら切りたいと思います。 逆に穴馬だと思っていたBアフリカンゴールドが3番人気(5.7倍)になり当惑しております。 この馬はJRAのハンデキャッパーには、レベルが低いとして見捨てられた馬ですから。

日経新春杯(GV)のパドックですが、軸馬にしようと思っていたIルックトゥワイスの入れ込みが酷くて危険信号だと思います。返し馬もこんな状態だと軸には出来ませんが、返し馬は見えません。 2番人気のOムイトオブリガードも癖のある馬体で、とても走る馬には見えないのですが、データ的には抜けてますね。
パドックでは全然判断が出来ませんでしたので、ACDEIの馬連ボックスを買いました。Gウインテンダネスが気になったのと2番人気のOムイトオブリガードが残るかどうかが気になります。 結果は、1着が1番人気のAグローリーヴェイズ、2着が6番人気のIルックトゥワイス、3着が3番人気のDシュペルミエールでした。
かろうじて(10点買いをして)今日も予想は的中しましたが、儲けは参加賞程度でした。

日経新春杯 日経新春杯(GV)の的中馬券です。
購入した馬券には、万馬券の組み合わせもあったのですが、堅く決まりました。
デムーロ騎手が1番人気になると、人気を裏切る事が極めて少ないのには驚きます。

(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
連休2日目ですが、寒いので家で競馬をやっておられる方も多いと思います。 懐が寒くならないように頑張ってください。
昨日のフェアリーステークス(GV)は、中穴(馬連2890円)の配当でしたが、外枠を外して@BGJの馬連ボックスを買わないと的中できませんでしたね。
@→G→Lで決まりましたが、私はBエフティイーリスから流そうと直前まで考えていたのですが、今一つふんぎりがつかなくて手を引きました。
私の場合は正解になりましたが、的中出来た方は博才があるでしょう。 常識的には見るレースにするべきレースでした。

今日は、京都で日経新春杯(GV)がありますが、このレースもハンデ戦なので荒れる事が結構あったのですが、今年は1番人気のAグローリーヴェイズにはデムーロが騎乗しておりますし、2番人気のOムイトオブリガードは川田将雅の騎乗ですから、どちらも惨敗するとは思えない雰囲気は感じます。
3番人気の武豊が騎乗のKメイショウテッコンは、武豊の惨敗は日常的ですから、この馬が消えても配当に大きな影響はないでしょう。
軽ハンデの馬で騎手がそこそこのレベルにありそうなのは、CアフリカンゴールドとEサラスですが、松若風馬は期待された時期もありましたが、何かが不足しているようで、B級で終わる可能性もありますね。 後は格下馬ですが、岩田康誠が騎乗のIルックトゥワイスがどこまで頑張れるかぐらいでしょう。
追い込みの展開になれば面白いのですが、どうせ武豊は逃げない(スタートが下手になって先頭に立てない場合が多い)でしょうから、横山典弘がやる気を出すかどうかですね。
ただ、この騎手は後方待機のままヤラズをする事があるので、走らせてみないと分かりません。

当日9時です。 日経新春杯(GV)の人気傾向に変化は無くて、Aグローリーヴェイズが3.1倍、Oムイトオブリガードが4.8倍、Kメイショウテッコン7.4倍です。
この3頭が気持ち抜けている程度で、馬のレベルは同等ですが、騎手のレベル差が人気に表れております。 私は、この3頭で決まるとは思えませんが、どうなるかは神のみぞ知るですね。 ただ、荒れるとしても穴馬は限定されていて、低斤量の5番人気(7.8倍)のCアフリカンゴールド、、血統的に有力な4番人気(7.7倍)のDシュペルミエール、調教師のレベルが高い6番人気(8.3倍)のIルックトゥワイスぐらいでしょう。
超大穴なら、最低斤量の松若風馬や大胆な先行策でも取った場合の横山典弘なども居りますが、そこまで荒れたら他の騎手は何してたの?になります。川田将雅は時々ミス騎乗をしますが、デムーロはミス騎乗が少ないので、どっちかは残りそうな気がします。 武豊はミス騎乗のオンパレードですが、本人はその場合は馬が悪いと思っておりますので、話になりません。 個人的には、CアフリカンゴールドかIルックトゥワイスを軸にしたいと思っておりますが、ちょっと欲張り過ぎている気がしますので、パドックを見て決めます。

2019年1月12日(土)
【後記】
当日午後2時半です。 フェアリーステークス(GV)は予想は困難ですが、中山芝1600mでCコースとなれば、先行馬が圧倒的に有利なので、馬の能力の差はさほど影響がないかも知れません。 6レースの新馬戦を見て強く感じました。 そうだとすると、先行しそうなBエフティイーリスは軸として有望です。 Eレーヴドカナロアも走る気になれば、穴を開ける可能性もあります。 リスクが多くてお薦めはしませんが、B-Jの1点買いでも馬連1200円前後ですから、運が良ければ当たるでしょう。
このレースで特徴的なのは、小柄な馬が多い点です。Iセントセシリアなどは382Kで、しかも前走より馬体重が-8K減っております。矢作芳人ですから、無理してでも走らせているのでしょうが、こんな使い方では5歳で終わりでしょうね。
馬体重が440K以下の馬を切ると、残るのはBGLNOの5頭で外枠のNOは不利ですから、BGLの3点買いで的中できる事になりますが、まさか1番人気がそう簡単に切れるとは思えませんし、やはり予想は難しいですね。
その前に10Rが間もなく発走しますが、勝つのはいつもの外人騎手なのでしょうか。ダート戦なので、パドックを見ても私は分かりませんでした。(馬連34840円の大荒れでした)
フェアリーステークス(GV)のパドックですが、今日は馬の状態よりもコースの影響の方が強そうで評価は止めます。 @BEGJLOから1,2着が出ないようだとショックです。
やはり、このレースは私向きでは無く、馬券を買うのは止めます。 (結果は、@→G→Lでした)
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日9時です。 今日は中山でフェアリーステークス(GV)がありますが、3歳牝馬のレースですので、私のレベルでは予想は無理です。
単勝人気は、1番人気がJアクアミラビリスで2.5倍、2番人気が@フィリアプーラで6.7倍、3番人気がBエフティイーリスで7.7倍、4番人気がLグレイスアンで8.6倍、5番人気がGホウオウカトリーヌで10.1倍です。
相変わらず外人騎手人気で、デムーロが人気になっておりますが、正月は休暇を取って楽しんでおりましたので、調子が出るのはまだ先でしょう。(それでも勝つかも知れませんが)
私は馬券を買う気はさっぱり起きないのですが、正月明けは天栄で仕上げた馬が連に絡む事が多いので、Bエフティイーリスが有力ではないかと YOUTube で調べている人も居りました。 ただ、蛯名正義も年齢的には限界でしょうから、どこまで頑張れるかですね。 やる気満々な騎手ですから個人的には好きなタイプなので応援しておりますが、体が付いていかない事も儘あるでしょう。 馬の能力が不明で、単勝人気が100倍を超えている3頭を除けば、どの馬が絡んでも不思議ではありません。

2019年1月11日(金)
今週は3連休で、競馬も3開催あります。 明日の土曜日は、中山で フェアリーステークス(GV)、明後日の日曜日は京都で日経新春杯(GV)、月曜日の祭日は中山で京成杯(GV)が行われます。 フェアリーステークス(GV)は、3歳牝馬のレースですので、データも少なく、牝馬は不安定ですので、まともな人は馬券は買わないと思います。 日経新春杯(GV)はハンデ戦なので、穴狙いで馬券を買う人は多いと思いますが、今週からデムーロが騎乗しておりますので、相変わらず騎手人気でAグローリーヴェイズが人気になると思います。 通常なら格下で無視できるCアフリカンゴールドも、外人騎手のミナリクが騎乗しますので、ハンデを活かして見せ場を作るかも知れません。
武豊もKメイショウテッコンと言う、かなり有力な馬に騎乗しておりますので、人気になりそうですが、もう終わり掛けている騎手ですから、惨敗も頻繁にあって私は嫌いな騎手です。
福永祐一に至っては、やる気があるのかどうかも疑わしいと思っているのですが失礼でしょうか。 日本人騎手をピックアップするとしたら、川田将雅が騎乗のOムイトオブリガードですが、馬のレベルは高くても、騎手のレベルはまだまだ低い(武豊よりは増し)ですから、人気にはなるでしょうが不安だらけです。 基本的には、荒れて当然のレースと言えます。

2019年1月6日(日)
【後記】
当日午後2時半です。 シンザン記念(GV)は3歳馬のレースで、単勝オッズが10倍以下の馬が6頭も居るのを見ても分かるように、予想は困難なレースです。
オッズが100倍を超えている馬も同じ馬主、同じ調教師から2頭出走しておりますが、当人達は真面目なつもりでしょう。(成績が悪過ぎますが)
「馬ちゃんの競馬予想」で100倍を超えている組み合わせがあれば、昨日のように付き合い買いをしても良いのですが、馬連で10〜34倍ですから、買い逃しても悔しくなるような配当ではありません。 パドックは見ますが、朝に書いた通り、ヘボ騎手ばかりですから、馬の実力通りには決まらないでしょう。
武豊は、YouTube でも叩かれておりましたが、そのせいか今日は人気がありませんね。 血統的にはロードカナロア産駒が3頭、ディープインパクトが1頭、ルーラーシップが2頭と豪華メンバーです。 典型的な見るレースですね。

京都10Rが10分後ぐらいに発走するのですが、武豊が騎乗のEユーキャンスマイルが単勝オッズ1.5倍で、絶対連は外せないですが、大丈夫なんでしょうね。
昨日の騎乗を見ているとあり得ない事とは思えませんが、まさかそんな事は無いでしょう。 相手が2番人気の福永祐一ぐらいですから、いくら何でも勝てるでしょう。
結果ですが、福永祐一はいつものように人気を背負って惨敗してましたね、昨年のリーディング4位の騎乗では無く、あれが八百長ならお見事ですが、実際はどうなんでしょうか。
どうでも良いレースはさておいて、シンザン記念(GV)のパドックですが、さっぱり分かりません。人気の4頭では一番良く見えたAヴァルディゼールの単勝でも買いましょう。
シンザン記念(GV)の結果は、1着が4番人気のAヴァルディゼール、2着が10番人気の@マイネルフラップ、3着が2番人気のIミッキーブリランテでした。
当たりました!!。 しかも普段はほどんど買わない単勝1点買いで、今年最初に的中出来たのは嬉しいです。

シンザン記念GV シンザン記念(GV)の単勝的中馬券です。
投票時点では配当は700円でしたが、大量に購入した人が居たらしく下がりました。
儲けは参加賞に毛が生えた程度ですが、当たれば気分が良いです。

(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日9時半です。 今日はシンザン記念(GV)がありますが、武豊や池添謙一などの3流騎手ばかりですので、馬券を買うのは控えます。
レースを見ていて、苛立って来る騎乗は最悪ですね。 一刻も早く引退して呉れる事を祈るばかりです。

2019年1月5日(土)
【後記】
当日午後2時です。 京都金杯(GV)は、人気通りABCKの4番人気までの馬連ボックスを買えば、6割程度なら当たるでしょう。 1番人気のKを軸にしても4割程度なら当たりそうな気がします。 6点買いでも足は出ないと思いますが、参加賞程度の儲けでは当たっても面白くありませんので、このレースはパスします。
予想が難しい中山金杯(GV)ですが、こちらも1番人気(3.2倍)のGマウントゴールドが消えて呉れないと、馬券的には面白くありません。
ただ、「馬ちゃんの競馬予想」でも対抗馬にしているように、有力馬なのは確かです。 2、3番人気の馬も、騎手は下手でも馬が走る場合もありますし、消えて呉れる保証はありません。 馬ちゃんがピックアップしている@タニノフランケル、Bコズミックフォース、Mブラックバゴが連に絡む確率は1割以下でしょう。 止めておくべきか迷いますね。

中山金杯(GV)のパドックですが、1番人気(3.2倍)のGマウントゴールドは普通ですね。普段の力は出せるだろうと言う事で、安易に蹴るのは危険な感じはします。
2,3番人気も普通ですが、どちらの馬もプラス体重ですから、(当たり前ですが)本気に仕上げてはおりません。
新年早々のレースですから、「馬ちゃんの競馬予想」に乗っかりますか。 ワイドならあたる可能性が高いですが、女々しいので@BGMの馬連ボックスを買います。
京都金杯(GV)のパドックですが、Aサラキアは心配になる程に体が小さい(440k)です。牝馬ですからこんなものかも知れませんが、53Kの斤量でも力の要る馬場だと心配になります。 1番人気のKパクスアメリカーナも興奮気味で褒められた状態ではありませんが、馬のレベルが違うでしょうから大丈夫でしょう。 遊びでAKLの馬連ボックスを買いました。 中山金杯(GV)の結果は、1着が3番人気のJウインブライト、2着が7番人気のNステイフーリッシュ、3着が8番人気の@タニノフランケルでした。 1番人気のGマウントゴールドは、予定なのかミス騎乗なのか先行せず、惨敗しておりました。 だから武豊は当てにならないし嫌いなんですよ。
京都金杯(GV)の結果は、1着が1番人気のKパクスアメリカーナ、2着が5番人気のNマイスタイル、3着が11番人気のFミエノサクシードでした。 Aサラキアは、池添謙一が糞騎乗振りを発揮して、直線で馬群から抜け出せず7着と惨敗してました。 あんなに騎乗が下手な騎手も珍しいですね。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日10時です。 中山金杯(GV)の単勝オッズは、1番人気がGマウントゴールドで3.6倍、2番人気がKタイムフライヤーで6.5倍、3番人気がIウインブライトで8.7倍です。
京都金杯(GV)の単勝オッズは、1番人気がKパクスアメリカーナで2.4倍、2番人気がAサラキアで4.9倍、3番人気がBカツジで6.7倍です。
中山金杯(GV)は、結局は武豊が騎乗する馬が1番人気になりましたが、 ルメールやデムーロが休暇を楽しんでいるので、日本人騎手の中では上位の部類に入りますので、こうなるのでしょう。 この中で確実に武豊を越えている騎手となると戸崎圭太ぐらいですが、馬のレベルが低過ぎるので天才的な騎乗でもしないと連には絡めそうもないです。
それでも期待はしているのですがパドックは見ます。 @タニノフランケルがKタイムフライヤーに絡んで呉れると有難いのですが、内田博幸には往年の力がありません。

京都金杯(GV)は、誰でも考える予想結果になっています。 それなら鉄板なのかと言うと、冬場の競馬など馬も寒いので、馬が走る気が無ければ惨敗します。
新年早々のレースなどは馬券を買うべきでは無いのですが、金を儲けたい一心の人が多いので、今年も多くの人がお金をJRAと勝者に貢のでしょう。
私?、私はお金への執着は弱い方なので、馬券を何がなんでも買いたいとは思っておりませんが、パドックを見たりすると馬券を買いたくなりますので、買うかも知れません。

2019年1月4日(金)
今年も中山金杯(GV)と京都金杯(GV)から競馬は始まります。
どちらのレースも、10年前ぐらいは万馬券が続出で、荒れて当然のレースだったのですが、近年は馬連配当が5000円以上になる場合が少なくなりました。
ただ、安定して勝つルメールやデムーロが参加しておりませんので、中山ではマーフィーとか言うアイルランドとブロンデルとか言うフランスの得体の知れない騎手が参加しておりますので当てにはなりませんね。 どの馬が人気になるのかとネット競馬を見たら、Eマウントゴールドが1番人気でNステイフーリッシュが2番人気と予想をしております。 どんなデータから導きだしているのかは知りませんが、随分といい加減な予想だと思います。 私なんぞは、武豊が騎乗しているだけで割り引いて考えてしまいます。
若い女の子でも口説どいているぐらいが、分相当のような気がするのですが、そんな事を考えるのは私だけかな。(ひょっとして楽勝でもされると困りますが)
京都金杯(GV)は、Kパクスアメリカーナが1番人気の予想ですが、こちらは私も同感です。 川田将雅は(努力してる割には)騎手レベルはB級に近いですが、調教師の中内田充正は手を抜いた仕上げはしない性格ですので、軸にするには最適でしょう。 2番人気予想のAサラキアも、馬ちゃんが本命にしている通り、斤量にも恵まれ馬のレベルも高いです。 池添謙一がネックで、やはり2番人気になるのかも知れませんが、この馬に岩田康誠が騎乗するのだったら、単勝を買いたいぐらいです。(金杯は実力通りには決まらないですが)
今年も、言いたい放題にまくしたてておりますので、当サイトに初めて訪れた方の8割の方は、2度と見に来ては貰えないでしょうね。

2019年1月1日(火)
新年明けましておめでとうございます。
去年は、新年の初めに今年は何か起こりそうな年だと感じるなどと書きましたが、悪い事も多く発生はしましたが、懸念していたアメリカのトランプ大統領が、突如北朝鮮を攻撃したとか、直下型地震が首都圏で発生したとか、南海トラフ地震などの絶望感を感じるような大災害には至らなかっただけで、おめでたい年を迎える事が出来たと思っております。
日頃から、災害に対する心構えはしておくに越した事はありませんが、危機感を煽ってばかりいるのでは人生も楽しくありませんので、今年は何も申し上げません。
ただ、一言だけ言わせていただくと、世界の情勢も昨年より更に悪い状態になりましたし、日本の政治の世界も明るい見通しは一切存在しておりません。
競馬の世界も、何ら変化する兆しはなく、JRAの一人勝ちの状態が続いておりますが、こちらも、今の状態で競馬ファンが満足するとは思えませんので、長くは続かないでしょう。
競馬予想はヘボなので外れてばかりですが、それに懲りず、本年もお付き合いいだだけますよう、お願い申し上げます。
本年も、皆様方の御多幸を心からお祈り致します。

2018年度の日記