diary

私の競馬日誌です。 予想を記載している事が多いのですが、ヘボ予想なので滅多にしか当たりません。
私が予想の参考にしている「馬ちゃんの競馬予想」も、たまには見てやってください。

2020年1月17日(金)
先週はフェアリーステークス(GV)で、今年初めての馬券を買ったのですが、残念ながら外してしまいました。
3歳牝馬のレースですので、安定性が無いのは百も承知しておりましたが、1番人気のJアヌラーダプラがデータ的には抜けており、ルメールの騎乗だからミスも少ないだろうと軸にしたのですが、6着と惨敗してしまいました。
騎乗ミスでは無いと思うのですが、馬の能力が低かっただけなのかは、もう少し今後のレースを見ないと分かりません。
一番体力が無くて消えそうだと思った、小柄な@スマイルカナが逃げ残ったは意外でしたが、馬場が荒れる直前で(芝が薄くて)走り易かったのではないかと思っております。

それは兎も角、今週は明日の土曜日には小倉で愛知杯(GV)、明後日の日曜日は京都で日経新春杯(GU)、中山で京成杯(GV)が開催されます。
今週から小倉開催も始まったのですが、ご存じのとおり田舎競馬場で狭いので、展開によって順位はコロコロ変わるでしょう。 しかも、牝馬のレースでハンデ戦ですから、堅く決まるのが奇跡的に思えるレースです。 ただ、人気になるのは、いつものようにルメールが騎乗のAセンテリュオだと思いますが、結果は白紙に近いのではないでしょうか。
日経新春杯(GU)もJRAが荒れるようにと目論んだハンデ戦なのですが、距離が2400mと長いのと出走馬が14頭と少ないので、ある程度予想がつくかも知れません。
ただ、日本人騎手だけのレースですから、ミス騎乗は多いです。 京成杯(GV)は3歳馬のレースですから、観るレースですね。 まだまだ競馬シーズンには遠いです。

2020年1月13日(月)
【後記】
当日午後2時過ぎです。 フェアリーステークス(GV)のレース展開を考えていたのですが、中山の1600mはちょっと特異なコースで内側の先行馬が有利と思われておりますが、やはりゴール前の急坂は鬼門で、失速する馬が多いようです。 そうなると、先頭を走る3番人気(6.8倍)の@スマイルカナは、簡単には逃げ切れないと思うのですが、どうでしょうか。 ただ、外枠の馬が不利な事も確かで、スタート直後に先行しないと外ばかり回らされる事になります。 藤田菜七子では力不足を感じるのは私だけでは無いと思います。
馬ちゃんがピックアップしている8番人気(23.2倍)のMカインドリーも1,2番手を走るのは無理なような気がします。

陣営は諦めて見習い騎手の武藤 雅 (ムトウ ミヤビ)を騎乗させている9番人気のBソーユーフォリアがどうなのかですが、騎手に眼を瞑れば3着なら可能性はあると思っています。
同じく馬ちゃんがピックアップしている8番人気(17.4倍)のGチェーンオブラブですが、この馬もハイペースの流れで先行馬が潰れるような展開になれば石橋脩でも可能性はあるのではないかと思っています。 1番人気のJアヌラーダプラも2番人気のIシャインガーネットも共に2連勝中の馬であり有力な事には変わりがありません。 穴馬もはっきりしていて4番人気のCダイワクンナナであるのに異論を唱える人は少ないでしょう。 人気の4頭が全て消える事は考え難く、穴馬を買うにしてもワイドがせいぜいだろうと思っています。

フェアリーステークス(GV)のパドックですが、1番人気のJアヌラーダプラは問題無さそうなので、この馬の軸で大丈夫そうな感じです。
私はJからABCGMのワイドを買います。 C-Jは馬連で買うべきですが、混在すると(私の場合は)間違えるので、このようにしました。
結果は1着が3番人気の@スマイルカナ、2着が6番人気のGチェーンオブラブ、3着が5番人気のDポレンティアでした。
420Kの逃げ馬は潰れるだろうと思っていましたが、潰れませんでしたね。ちょっと意外でしたが、3歳牝馬のレースですから何でもありでしょう。

競馬資金が残っておりますので中山の12Rを検討してみます。 ちらっと見た感じではACILかなと思ったのですが、確実性を全く感じませんのでパスです。
京都12Rを検討してみます。CDEFから5点を選んだのですが、ほぼ20分になってしまって、締め切られました。
中山12RはI→F→Eで、やはり的中できませんでしたね。京都12RはE→F→@でした。競馬は来週もありますので、焦らずに行きましょう。
(後記ここまで)-------------------------------------------------------------------------------------------
当日10時に記載しています。 今日のフェアリーステークス(GV)ですが、予想が出来る人は居ないでしょう。 3歳の牝馬戦なのでレース数が1〜3戦程度(中には6戦の馬主に恵まれない馬もおりますが)で、馬のレベルがはっきりしておりません。 結局はレース内容、騎手のレベル、血統、馬主のレベル、調教師のレベルで想像するしかありませんが、1番人気(2.4倍)のJアヌラーダプラは(1着になる可能性の最も高い馬として)妥当な評価ではないかと思っております。 後は騎手のレベルや騎乗ミスの有無、枠順、レース展開、馬の仕上がり状態などもろもろあって、私のような低レベルの予想しかできない人間にとっては、さっぱり分かりません。(1番人気が堅いと言う意味ではありません)

悩ましい事に、「馬ちゃんの競馬予想」ではとんでもない人気薄の馬を3頭(10番人気のBソーユーフォリアと、7番人気のGチェーンオブラブ 、8番人気のMカインドリー)をピックアップしており、B-Mなら馬連587倍と言う常識的にはあり得ない配当になります。
高配当がワイドで馬券を買っても絶対に無いのかとなると断定はできず、幅広く馬券を買って外さないようにすべきなのかとか、悩んでおります。
兎に角、馬ちゃんが万馬券を的中させて、私が馬券を買ってなかったと言う事態だけは避けたいと思っています。

2020年1月12日(日)
【後記】
当日午後2時半過ぎです。 京都はWin5の最初の9Rが発走した直後ですが、昼過ぎに6Rと7Rのパドックを見ていたのですが、予想が当たらなくて一旦消してしまいました。
6Rの新馬戦は、魅力的な牝馬が居たらしく、2頭の牡馬がおちんちんを出して歩いておりました。牝馬は2頭居たのですが1着の5番人気Cアルテフィーチェだったのではないでしょうか。 このレースはBCEのワイドを買おうと思ってましたが、またしても投票が締め切られておりました。ターゲットを使っているのですが、締め切り時間に遅れているだけだと思っていたのですが、ひょっとして投票ソフトに問題があるのではないでしょうか。今度失敗したら別ソフトで投票します。

さて、(配当的につまらないので)見るだけにするシンザン記念(GV)のパドックですが、さすがに重賞競走だと馬体重が10K以上増加している馬は1頭だけで、調教はしっかりやっている感じがします。 賞金額が違いますから常識ですか。 どうしても先入観は入るのですが、1番人気(1.8倍)のHルーツドールは見栄えのする馬です。気合乗りの良さも感じられて1.8倍のレベルなのかどうかは別としても、連は外さないでしょう。 2番人気(4.1倍)の@サンクテュエールは、気合乗りも薄いですし、体ももっさりしていて迫力はありません。 ただデータ的には抜群なので、これで楽勝できるなら将来が期待できます。
穴馬は私には判断が出来ませんが、人気馬2頭で確実に決まるのかと言われると、3歳馬だけに自信はありません。

シンザン記念(GV)の結果は、1着が2番人気の@サンクテュエール、2着が5番人気のEプリンスリターン、3着が9番人気のBコルテジアでした。
1着の@サンクテュエールには驚きませんが、圧倒的1番人気のHルーツドールはどうしたの?と思います。 気合乗りも良くて連は外さないだろう等と書いて赤っ恥を掻いてしまいました。  体に問題がなければ、過剰人気だったのでしょう。 俗に言う見かけ倒しですか。
「馬ちゃんの競馬予想」はどうだったのかなと見たら、本命、対抗で的中させておりました。 さすがと言うしかありません。 明日は馬ちゃんに乗っかりますか。
(後記ここまで)-------------------------------------------------------------------------------------------
当日10時過ぎに記載しております。 今日は京都でシンザン記念(GV)がありますが、見るレースにすべきだろうと思います。
その根拠は、出走頭数が10頭と少ないので、仮に荒れても配当的な妙味が無い事と、3歳馬のレースなので、馬のレベルがはっきりしない事です。
普通なら、藤沢和雄調教師がルメールを騎乗させた2番人気(4.3倍)Aヴァルナを軸にしておれば、4割以上の確率で連を外す事はありませんが、(今回もそうなるかも知れませんが)将来性が期待される馬を目一杯に仕上げる事はあり得ませんし、ルメールもそんな事は百も承知しておりますので、無理に逃げたり、追ったりする事は無いからです。

圧倒的1番人気の(1.8倍)のHルーツドールにもそれは言えますので、堅いレースだと考えるのは危険だと思っています。
あくまで、この2頭は軽い仕上げでも楽勝できるかどうかを見るために参加しているのだろうと考えております。(遠征慣れさせるとかもあるのかな)
人気は妥当でしょうから、ここまで4戦以上して成績が今一つのABEIとダート馬と見られて人気の無い10番人気(105.0倍)のFディモールトも無視しても大丈夫でしょう。
1,2番人気の@-Hで決まると、馬連が360円前後のようですから、1点買いでも躊躇われるレースです。 リスクもゼロではありませんので、私は手を引きます。

2020年1月11日(土)
【後記】
中山6Rで藤田菜七子が騎乗するAエンドーツダとか言う馬がおります。1番人気(2.3倍)ですが、人気が無かったら軸にしても良いかなと思っていたのですが、昨日から1番人気なので、逆にこの馬が連を外すと配当的には妙味が出てきます。
そのレースのパドックですが、1着は2番人気(2.9倍)のDグロリアーナが逃げ切るのではないかと思っているのですが、Aエンドーツダが追い込んで2着に成れるかどうかです。
Dを軸にABGIに馬単で流そうと投票しましたら、間一髪で締め切られてしまいました。 恐らく的中出来たと思うのですが。(締切が速過ぎると思うのですが)

結果は1番人気のAエンドーツダの圧勝でした。2着も8番人気のHペイシャキュウで、Dグロリアーナは逃げなかったし、おかしいです。しかも、2番人気のDグロリアーナはレース後には1番人気です。マーフィーとか言うアイルランドの騎手は、ひょっとしたら下手糞な騎手かも知れません。 こんなのを見ると、馬券を買う気力は失せますね。
淀短距離ステークスで1番人気のKアイラブテーラーが消える可能性を検討していたのですが、データ的には調べれば調べる程に勝つ可能性の方が高くて、4割程度なら軸は外さないでしょう。

2番人気はEシヴァージですが、この馬はダート馬のようで、前走から芝を走らせておりますが、適性があるかどうかは距離適性も含めて不明です。
3番人気はBイベリスですが、これも池添謙一では武豊よりもレベルが低いです。残るのはIカラクレナイぐらいでしょうが、大野拓弥ですから2着もどうかぐらいのレベルです。 そうなると人気通りにKアイラブテーラーから流すのが堅実そうですが、配当的にどうかです。 このレースは斤量の設定も変で、高齢馬がかなり不利です。

淀短距離ステークスのパドックですが、Bイベリスの厩務員もEシヴァージの厩務員も表彰式用の正装をしているのに、1番人気のKアイラブテーラーの厩務員はラフな服装なのが気になりますが、当然ながら別に用意しているのでしょうね。 (厩務員は自由だと思っているでしょうが、正装している馬主に失礼になりますので)
期待していたIカラクレナイですが、ちょっと興奮気味ですので、大野拓弥ではコントロールが難しい気がしております。
内枠が有利とみてBイベリスから広めに流そうかとも思いましたが、1番人気のKアイラブテーラーに楽勝でもされると気分が悪いので馬券を買うのは止めます。

結果ですが、やはりKアイラブテーラーは1着でしたが、2着に12番人気のLジョーカナチャンが入りましたので、Kアイラブテーラーから流しても私には無理でした。
競馬予想はデータ分析は当然としても、ギャンブラーの適性(理屈を超えた感性)もないと予想しても当たりませんね。
明日のシンザン記念(GV)も、たかだか10頭の出走馬ですが、1,2番人気で決まるかどうか自信がありません。
(後記ここまで)-------------------------------------------------------------------------------------------
当日10時過ぎに記載しています。今日は重賞競走もありませんし、競馬シーズンにもほど遠いですから、競馬をやる人は少ないと思います。
今日馬券を買うレースとしては、京都の淀短距離ステークス(オープン)になるのでしょうが、距離も短く、荒れる事が多いレースです。
古くて時期は忘れましたが高額配当レースになった事もあったと思います。
武豊が騎乗のKアイラブテーラーが単勝2.3倍で1番人気になっておりますが、京都金杯のように惨敗(ブービー)する事も多く、当てには出来ない騎手です。
馬ちゃんも本命にする程レベルが高い馬であるのは間違いありませんが、調教師が河内洋と聞いただけで不安を感じるのは私だけでは無いと思います。

まぁ、Kアイラブテーラーが惨敗しても、競馬ファンは織り込み済みで、(人気の割に)配当にはさほど影響がありません。
ミス騎乗しても、京都金杯の時のように、「どうして走らなかったか分かりません」ぐらいで、武豊は済ませるでしょう。(私が武豊を嫌っているのは、こんな面もあります)
必ず惨敗するなら馬券を買いますが、3割程度なら連に絡む可能性はあるでしょうから、競馬は難しいです。
新年早々から、競馬にしゃかりきになるのは避けた方が良いと思います。
今日の藤田菜七子馬券ですが、中山6Rの1番人気(2.2倍)のAエンドーツダですが、軸にするか蹴るか、どちらもありでしょう。(データ的には軸です)

2020年1月10日(金)
正月早々からきな臭い出来事が起こっておりますが、競馬ファンの皆様はいかがお過ごしでしょうか。
そう言えば、深海魚(リュウグウノツカイ)が、最近も目撃されたとかで、深海に異常(地震の前兆)が起こっているのではないかと危惧されております。
地震は近い内に必ず起こる事は確かなのですが、それが何時なのか、場所はどこなのか、規模はどうなのかが全く予測不能です。
景気も悪く、しかも回復する見込みがないのですから、今年は暗い年になるのではないかと、私は悲観的に考えております。

それは兎も角、今週の競馬ですが、明日の土曜日は重賞競走は無くて、明後日の日曜日に京都でシンザン記念(GV)、月曜日の成人の日には中山でフェアリーステークス(GV)が開催されます。 新成人を何とか競馬に取り込もうとJRAは考えているのでしょうが、若い人は現実的な物の考え方をしますので、宝くじや競馬などに興味を持つ人は少ないでしょう。 ギャンブルは胴元だけが安定して儲かる仕組みになっており、ギャンブルをやる人は(長い眼で見れば)必ず損をするのが明白ですから、賢明な考え方だと思います。
賢明な考え方の出来ない私は、今年もJRAに貢ぐ事になると思います。 (特に正月は、競馬は荒れ傾向になる事が多いです)

2020年1月6日(月)
今日も競馬開催はありますが、重賞競走はなく、土日でもありませんので当サイトでは無視致します。 御理解くださいませ。

2020年1月5日(日)
【後記】
中山7Rで中山7RでIスズロザーナに騎乗していた三浦皇成騎手が落馬負傷で大幅な乗り替わりが発生しておりますが、先に落馬したBラッキーアドバンスの巻き添えを食ったのではないでしょうか。両者共にたいした事がなければ良いのですが。
中山金杯(GV)のパドックですが、時期的なのと力のいる競馬場の関係でしょうが、ダート馬のような体型の馬が多いです。
私はLイレイションが3着に成れる可能性が多少でもあるのかどうかに注目して見ております。他は人気通りで間違いありません。

500Kを越える馬体重ですが、足が短く厩務員の身長よりも低くて大きさを感じないのが特徴の馬です。
1番人気のBクレッシェンドラヴとデムーロに乗り替わった2番人気のFトリオンフは馬の体型が全く異なります。 どちらが良いのか判りませんが1,2番人気では決まらないと思います。  迷っているうちに、もう33分を過ぎてしまいましたので、投票は不可能になってしまいました。
中山金杯(GV)の結果は、1着が2番人気のFトリオンフ、2着が6番人気のGウインイクシード、3着が11番人気の@テリトーリアルでした。
馬連配当F-Gが2550円と人気の割に低めなのは、馬を見る眼が優れている人が多いからだったのでしょう。 私のレベルでは判断できませんでした。

京都金杯(GV)は堅く決まるだろうと思って馬券は買いませんでしたが、1着が3番人気のBサウンドキアラ、2着が2番人気のEダイアトニック、3着が14番人気のFボンセルヴィーソでした。 1番人気のLカテドラルは見事に期待を裏切っておりましたが、いつもの事なので馬連配当は1260円と平凡でした。
いつも言っているのですが、武豊は早く引退して知能の低そうな若い女の子でも口説いていた方が似合っております。 そのぐらいのお金は十分に持っていると思います。
今日は中山8Rで馬ちゃんが推奨の藤田菜七子が騎乗のEエアコンヴィーナを(うとうとして)買いそびれたのが残念です。
1番人気との組み合わせでも、馬連で5680円もついたのに悔しいです。
(後記ここまで)-------------------------------------------------------------------------------------------
当日9時半に記載しております。 中山金杯(GV)の単勝オッズですが、1番人気はBクレッシェンドラヴで3.1倍、2番人気はFトリオンフで5.1倍、3番人気はPザダルで6.4倍、4番人気はHギベオンで8.8倍、5番人気はDレッドローゼスで9.6倍のようです。
いくら金杯が荒れ易いレースだとは言っても、この中から1頭は連に絡むだろうと思うのですが、どうでしょうか。 「馬ちゃんの競馬予想」で万馬券の組み合わせがあったら買っておこうかと思って調べましたら、馬連4頭ボックスのなかの3頭は1〜3番人気でしたから、データ的にはこれらの3頭は抜けているのでしょう。

出走馬の中で10歳馬のIシャイニープリンスなどは冗談で出走させているのだろうと一目で分かりますが、何の目的でしょうか。 出走手当目当てなのでしょうか。
馬主の小林昌志とか言う人は世間的な判断では金持ちなのでしょうが、人間として見れば(私の独善的な判断では)屑ですね。
この馬を含めて、単勝人気が100倍を超えているような馬は、無条件で無視しても、まず間違いないでしょう。

ただ、ちょっと気になったのは、馬ちゃんがピックアップしている13番人気のLイレイションが3着以内に入る事が絶対にないのかどうかです。
8歳馬で格下馬ですから、常識的には無条件で切っても大丈夫なのですが、生産者と馬主を見ると本気で出走させているのかなとは思いました。
ほぼ赤っ恥になりそうな馬ですが、可能性は0%ではないでしょう。 京都金杯(GV)は検討しておりませんので省略しますが、1番人気で武豊が騎乗のLカテドラルが消えて呉れるなら買いますが、下手な日本人騎手ばかりですから、(わざとでも負けなければ)その可能性は低いです。

2020年1月4日(土)
普通なら今日は土曜日ですから競馬を行っている日なのですが、正月なので競馬はありません。
それは良いとしても、1月6日(月)にも競馬をやると言うのは、違和感を覚えるのは私だけではないでしょう。 去年はどうだったかと見たら、6日は日曜日だったのとシンザン記念が開催されてましたので、違和感はありませんでした。 結局はJRAが儲けたいのと馬主のための開催なのでしょう。 一般人でまともな人は馬券を買う事はありませんね。
いくら人間の本能が「飲む、打つ、買う」だとしても、9割程度の人はそこまで堕落してはおりません。 前から言っているように、大多数の日本人に「カジノ」は不要です。

そんな話は兎も角として、明日の日曜日に行われる中山金杯(GV)、京都金杯(GV)共に、まともな(人気通り)決着になる事は極めて少ないです。
なぜなのかと考えてみると、時期的にこのレースを目標に仕上げる調教師などは皆無なのと(環境が無い)、寒さで馬の調子も出ないので、レベルの高い馬は休ませております。
レベル差のない2,3流馬ばかり出走するのですから、レース結果はどう転んでもおかしくありません。 しかもレースはハンデ戦です。
お金が豊富にあって、使い道に困っているような競馬ファンが参加するレースであるのは間違いないと思います。 (金杯に限りませんが)

2020年1月1日(水)
新年が明けても、お目出度くない出来事が続いております。 皆様の昨年はいかがでしたでしょうか。
今年は、変革を感じさせる年でもあり、天変地異も含めて、必ず何かが起こるだろうと確信しております。
地震に関しては、もはや常識化しておりますので、ここでは申し上げません。覚悟をすれば良いだけの事です。
お金のある人は、危険な日本を脱出する事も可能でしょうが、99%の方は無理です。

一番述べたい事は、天皇陛下の人権はどうあるべきだろうかについてだったのですが、私論は止めておきます。(今の皇族は扱われ方が動物園に飼われている動物と大差がないです) 眞子様の状態をみれば、議論しなければならない問題なのですが、全てのマスコミは関わる事を避けておりますし、私が口を挟んでも無意味だからです。
次に述べたいのは、安倍首相の才覚についてだったのですが、これも止めましょう。 安倍晋三首相が人を見る眼が無いのは、選んだ閣僚が次々と失脚するのを見れば、誰の眼にもそれは明らかなのですが、その安倍晋三が次期の首相候補を得意満面で語っているのですから、滑稽と言う他はありません。

それを取り上げる馬鹿マスコミが単独インタンビューとか称して、これも得意満面なのですから、日本も終わりでしょう。
「全く問題無い」が口癖のおじさんも、私は早く消えて欲しいと願っているのですが、賢明な皆様はどう感じておられるのでしょうか。
一着30万円のスーツをとっかえひっかえしているおじさんにも、早く消えて欲しいと思っているのですが、首相のお気に入りです。
今問題となっているカジノも結局は強引に誘致するのでしょうね。 憲法の改正だけは(どうあがいても)無理だとは思いますが。

2018年度の日記