diary

私の競馬日誌です。 予想を記載している事が多いのですが、ヘボ予想なので滅多にしか当たりません。
私が予想の参考にしている「馬ちゃんの競馬予想」も、たまには見てやってください。

2019年1月20日(日)
【後記】
当日午後2時過ぎです。 東海ステークス(GU)かAJCC(GU)の馬券を買おうと思っています。
何度も書いているように、予想が的中しても参加賞程度の儲けで、下手すると足が出ます。
馬券を買うようなレースでは無いのですが、このサイトを見に来てくださる方も多いので、そんな事は言っておられません。 私の競馬予想ソフトの宣伝になれば良いのです。
中山のパドックは菜の花賞に出走する馬が周回をしている映像が出ておりますが、一目1番人気のCコントラチェックが1着で、2着探しなのが分かります。
理由は、藤沢和雄がルメールに騎乗依頼をしている事で、勝ちにきているのがほぼ明白だからです。 調整レースだったら、杉原誠人や北村宏司に依頼します。
ルメールは当然マークされますが、それでも惨敗が少ないのが外人騎手の上手さです。(もし、惨敗したらごめんなさいですが)

パドックは特に目立つ馬はおりませんが、問題がありそうな馬もおりませんので、人気通り外人騎手のワンツーもありそうです。 それだと、CーD1点買いで馬連410円ですから、10万円で外れるリスクを背負える人でないと手は出せません。 私のように100円で勝負するような人間など、お呼びでは無いレースです。
東海ステークス(GU)が先に発走しますので、武豊が惨敗するなら「ざまみろ馬券」を買っても良いのですが、外したのに連に絡まれたりすると苛立ちが倍増しますので、このレースは回避しようと思っています。 横山典弘が昨日のような活躍をしてくれるなら期待できますが、気分屋なのと、もう歳ですからね。
中山10Rはダート戦なのでパドックを見てもさっぱり分かりませんが、人気は妥当な場合が多いですから、又してもルメールなんでしょうか。
大野拓弥のレベルがもう少し高ければ勝負になりそうな気がするのですが、32歳ではもう無理でしょうね。

どうでも良い話はこのぐらいにして、東海ステークス(GU)のパドックですが、Cインティが興奮していたら切ろうかと思いましたが、大柄な馬で落ち着いた歩様ですから、武豊でも何とかなりそうな気がして来ました。 有力馬は5枠以内におりますので、BCDFで決まりそうですね。 @クリノライメイが外人騎手なのと枠順を活かして走れば、もしかしてがあるかぐらいでしょう。 AJCC(GU)のパドックですが、気合乗りなら2番人気の@ジェネラーレウーノが良いですが、それだけで勝てるかどうかは分かりません。
@ーCの馬連が3.0倍なので、ここだけは馬単にするしかありませんね。@→Cの馬単と、Iを軸にしてワイドで@CDへ流しました。 配当が低過ぎて買い方が難しいです。
先に発走した東海ステークス(GU)の結果は、C→B→Dでした。 馬連310円のレースでしたから、小銭で買ったら阿呆かと笑われます。 買わなくてよかったです。
AJCC(GU)の結果ですが、1着が7番人気のGシャケトラ、2着が1番人気のCフィエールマン、3着が5番人気のIメートルダールでした。
Iメートルダールから3点ワイドを買っておりましたので、今週もなんとか的中出来ました。(昨日の損も取り戻す事が出来ました。)

AJC杯 AJC杯(GU)の的中馬券です。
東海ステークス(GU)は、余りにも配当が低くて、購入するのはあきらめました。
今日も的中しても参加賞になるのは明白でしたが、外れなくて良かったと思っております。

(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
昨日は、私としては珍しく中山の1R、5R、12Rの馬券を買ったのですが、結果的には負けてしまいました。 馬券を買うレースの選び方が下手なような気がしております。
私だけでなく、9割以上の人は、どのレースが堅くて、どのレースが荒れるかなどは判断できないと思います。 競馬とはそんな物でしょう。
今日の東海ステークス(GU)ではCインティが抜けた1番人気(1.5倍)ですが、この馬だって3着以降になる可能性はあります。アメリカジョッキークラブカップ(GU)は、Cフィエールマンが抜けた1番人気(1.8倍)ですが、この馬も3着以降になる可能性はあります。 それを運と勘を頼りに、どっちになるのかを決めるのが競馬だと考えています。
どちらでも良いようになどと考えて馬券を買うやり方もありますが、そんなやり方ばかりだとJRAに貢だけになってしまいます。

経験的に言うと、武豊がミスをして惨敗、ルメールが上手く乗って快勝なのですが、どちらも惨敗したり、どちらも快勝する事もあるでしょうから、逆のパターンも含めて断定は出来ませんね。 東海ステークス(GU)は、@BCDFで1,2着は決まると思いますが、B-Cで決まると馬連の配当は4倍を切っておりますから、1、2番人気1点買いをするか、どちらかを切らないと馬券は買えません。
アメリカジョッキークラブカップ(GU)は、データ的には3番人気までの馬連ボックス買いでほぼ的中出来ると思っておりますが、それも@-Cで決まると馬連で3倍を切りますから、Cフィエールマンを軸にするのかしないのかの判断になるでしょう。 つまりは、どちらのレースも馬券的な妙味の無いレースに、私には映ります。

当日9時半です。 東海ステークス(GU)とAJCC(GU)の人気傾向は変わりがありません。普通は東海ステークス(GU)は、人気通り1番人気のCインティが1着で、2番人気のBチュウワウィザードが2着になる筈ですが、武豊ですから稀に出遅れる時があります。 後は昨日に久々に本気を出した横山典弘が騎乗の3番人気のFアンジュデジールがどうかぐらいでしょう。 個人的には馬券的な妙味は無いと思っておりますが、この時期は馬の体調管理が難しいので、全く荒れないとまでは言い切れません。
AJCC(GU)も、普通は1番人気のCフィエールマン、2番人気の@ジェネラーレウーノ、3番人気のDダンビュライトが共に連を外すとは考えられず、この3頭で1,2着が決まる可能性も高いです。 馬連では、3点買いでもトントンがやっとでしょう。 個人的には馬券的な妙味が全く無いと思っております。

2019年1月19日(土)
【後記】
「戸崎圭太乗り替わり馬券テスト買い」をやってみましょう。まず中山1Rは前回1番人気で惨敗したDスパイラルチャージですので、レベルが低い馬である場合もありますので、複勝買いが精一杯ですね。ついでに連に絡みそうなIメールデゾレの複勝も買いました。
Dスパイラルチャージは能力が低い馬だったらしく、惨敗しておりました。Iメールデゾレは余裕の1着でした。 まずトリガミを食らいましたね。
中山3RはMエスコーバタハトが対象馬ですが、レベル差の無い馬ばかりな上に、2番人気になっておりますので、危なくて手を出せません。
人気馬は当然ながら有力ですが、穴馬としてEFに注目していますが、ただ、紛れる事も多いので馬券は買いません。 結果はI→L→Mで馬連630円でした。

中山5Rは、Dスコッチフラワーは8番人気ですが、穴馬として圏内だと思います。 勝ちそうなのはCガロシェですが、ローテーションがきついので惨敗もあるのを期待します。 BCIの馬連ボックスと穴馬を含んだワイドを2点買いました。 C-Iで決まっても足は出ないでしょう。
結果はI→C→Lでした。 1番人気、2番人気で決着しましたが、足を出さないで済みました。 ラッキーです。
中山6Rは、Fオリオンパッチが単勝1.9倍で抜けており、戸崎圭太の乗り替わりが9番人気のLアシャカドではワイドでも無理と見て回避します。
中山7RはMサトノシャークですが、馬体重が+10kで調教師が田中博康では、まともな調教をやっていないと見て回避します。

中山10Rの初茜賞は、乗り替わりがデムーロなのは歓迎ですが、3番人気になっているのと、ハンデ戦なので軽ハンデの馬にもチャンスがありそうで、江田照男にまんまと逃げられた日には寝つけなくなりそうで、参加は考え物です。 現在なら参加賞程度なら浮いておりますので、手を引きたくなりました。
メインレースの初富士ステークスも外人騎手の2人で決まる可能性が高く、馬券を買うなら12Rのみです。 3番人気のFエイシンスレイマンに騎乗する三浦皇成がどこまで頑張れるかだけです。 現時点でならワイドのパーフェクト狙いが面白いのですが、午後4時20分では変わっているでしょう。
中山11Rのパドックを見ているのですが、勝つのはやはりDアシュリンなのでしょうか。 4番人気のCカフジバンガードの歩様が柔らかくて良さそうですが、蛯名正義では外人騎手に太刀打ちできないでしょう。 DGIの3点買いでも下手すると参加賞です。 G→C→Mでしたが、乗り替わった北村宏司が頑張りました。

さて、馬券を買うかどうかの中山12Rです。 1番人気のJアバルラータは、位置取りさえ悪くなければ連に絡むでしょうが、対抗馬が分かりません。
BFGJのワイドパーフェクトを狙おうかと思いましたが、荒れるような気もしてきましたので、データ的に抜けているFGJの馬連ボックスを買います。
3番人気のBトータルソッカーに頑張られたらあきらめます。 結果は大混戦のレースで、順位がゴール手前で極端に変わりました。
1着が9番人気のNボーダーオブライフ、2着が11番人気のEクインズサン、3着が4番人気のBトータルソッカーでした。 悠太郎が2着になるようでは6万馬券にもなりますよ。
菜七子に負けなかったので男の面目は保てましたね。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日9時です。 今日は重賞競走がありませんので、見るだけにしようと思っていたのですが、戸崎圭太が風邪でも引いたのか騎乗する全レースが乗り替わりになっています。
戸崎圭太が騎乗するだけあって、多くのレースが連に絡めそうな馬だけあって、乗り替わりの騎手もそうそうたるメンバーです。 特にデムーロに乗り替わっているレースは、連に絡む可能性が高く馬連1点買いでも3割程度なら的中するのではないでしょうか。 ちょっと試してみようかと思う気持ちが湧いてきましたね。

2019年1月18日(金)
先週が連休で3開催あったせいか、今週は中だるみ的な感じがする週で、明日の土曜日は重賞競走がありません、 日曜日は中京で東海ステークス(GU)、中山でアメリカジョッキークラブカップ(GU)がありますが、どちらのレースも人気になる馬がはっきりしており、つまらないレースです。
ちらっと見ただけの判断ですが、東海ステークス(GU)は5連勝中のCインティが抜けた1番人気になるでしょうし、アメリカジョッキークラブカップ(GU)は、Cフィエールマンが抜けた1番人気になるでしょう。 東海ステークス(GU)はCインティに騎乗するのが武豊ですから、先週のように出遅れて、大マクリして惨敗するかも知れませんが、競馬ファンはそんな事は百も承知しておりますので、1頭軸流しなどはやりません。 Bチュウワウィザード、Dスマハマ、Fアンジュデジールの有力馬を組み合わせて買うか、ボックス買いにするでしょう。 常識的な競馬予想をした買い方では儲からないと思います。アメリカジョッキークラブカップ(GU)も、まともに仕上げてあれば、Cフィエールマンが軸を外す事は無いでしょうが、馬主がサンデーレーシングですから、調整レースの指示などを出していると3着以降になる場合もあるでしょう。 このレースは11頭の出走馬ですが、8,9歳馬はJRAがどこからか掻き集めたような馬ですからレベルが低く、実質6頭のレースです。1番人気が消えたぐらいでは、大勢に影響はありません。

2019年1月14日(月)
【後記】
当日午後2時過ぎです。 朝にも記載したように京成杯(GV)は予想が困難で、馬券を買っても当たらないと思いますので、買う予定はありませんが、パドックぐらいは見たいと思います。 本当は条件戦のレースの馬券を買って、そこそこ的中出来るレベルまで到達したいのですが、まだまだ無理です。 一生無理かも知れません。
愚痴を言っても仕方ありませんので、全力で取り組みたいと思います。 中山は9Rの初凪賞(1000万以下)のパドック映像が出ておりますが、抜けた馬もおらず、頭数は14頭ですが荒れ模様のレースになりそうです。 1頭だけ単勝人気が100倍を超えている藤田菜七子が騎乗のLスクラッタでも、ビリには成らないでしょう。
結果は、横山典弘みたいな騎乗で、馬も騎手もやる気なしで終始最後方の状態で終わりました。 映像には映りませんでしたが、それでもブービーには成れたのかな?。

さて、藤田菜七子は兎も角として、京成杯(GV)のパドックですが、1番人気のHシークレットランも+12kでは、乗り込み不足ではないかと気になります。 確かに気持ち太目には感じますが、成長かも知れません。 「馬ちゃんの競馬予想」に万馬券の組み合わせがありますので、念のために付き合い買いをしておきます。 DFGKの馬連ボックスで、FーGとG-Kが万馬券(120倍前後)になります。 結果は、1着が4番人気のFラストドラフト、2着が2番人気のDランフォザローゼス、3着が7番人気のAヒンドゥタイムズでした。
万馬券はゲット出来ませんでしたが、的中しましたので満足しております。 何度も言いますが、最近の競馬は外人騎手を軸にしておれば的中しますね。
これも何度も言っておりますが、3歳馬のレースは馬の強さを確認するレースですから、見るレースに徹するべきです。

京成杯 京成杯(GV)の的中馬券です。 馬ちゃんが万馬券の予想を含んでおりましたので、
もし、それが的中した場合に買っていないでは済まされないので、付き合い買いをしました。
万馬券の配当にはなりませんでしたが、的中しましたので満足しております。

(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日9時です。 今日は月曜日ですが、「成人の日」で祭日です。競馬も中山で京成杯(GV)がありますので、競馬に手を染める成人の方もおられるでしょうが、止めた方が良いです。 明け3歳の競走馬のレースなどは、不安定で人気通りに決まる事が非常に少ないです。 去年は1,2番人気で決まりましたが、こんな事は稀です。
私は競馬歴30年以上ですが、強くそれを感じますし、実際に馬券を買う気も無いです。 成人の方が馬券を買うのが今日だけなら、それでも良いでしょうが、勝っても負けても今日だけで止められる訳がありません。 勝負運の無い、愚かな人間の言う事など聞く耳は持っていないでしょうが、今日を競馬のメイクデビューにするのだけは止めて欲しいです。

2019年1月13日(日)
【後記】
当日午後2時半です。 京都は9Rの発走直前です。 Lジョーダンキングが単勝人気1.8倍で抜けておりますが、先入感もあって、この馬の軸は堅いような気がしました。
日経新春杯(GV)もかなり検討をしましたが、人気馬や穴馬の選択は妥当だと思います。 あとはデータ通りの結果になるかどうかだけだと思っております。
9RのLジョーダンキングは、やっとの事で1着を確保しましたが、あの人気は単勝を大量に買っていた人が居たからでしょうね。
10Rは相変わらずデムーロが騎乗の@サンラモンバレーが1番人気(2.8倍)ですが、馬のレベルに大きな差は無いでしょう。 このレースはデムーロよりも、2番人気(6.2倍)に騎乗する武豊が何着に成るのかを注目しております。 その結果如何で日経新春杯(GV)のKメイショウテッコンの取捨を決めたいと思います。Kメイショウテッコンは朝の時点では3番人気でしたが、今は5番人気まで低下しており、競馬ファンはほぼ見捨てておりますが、確実に切れるなら切りたいと思います。 逆に穴馬だと思っていたBアフリカンゴールドが3番人気(5.7倍)になり当惑しております。 この馬はJRAのハンデキャッパーには、レベルが低いとして見捨てられた馬ですから。

日経新春杯(GV)のパドックですが、軸馬にしようと思っていたIルックトゥワイスの入れ込みが酷くて危険信号だと思います。返し馬もこんな状態だと軸には出来ませんが、返し馬は見えません。 2番人気のOムイトオブリガードも癖のある馬体で、とても走る馬には見えないのですが、データ的には抜けてますね。
パドックでは全然判断が出来ませんでしたので、ACDEIの馬連ボックスを買いました。Gウインテンダネスが気になったのと2番人気のOムイトオブリガードが残るかどうかが気になります。 結果は、1着が1番人気のAグローリーヴェイズ、2着が6番人気のIルックトゥワイス、3着が3番人気のDシュペルミエールでした。
かろうじて(10点買いをして)今日も予想は的中しましたが、儲けは参加賞程度でした。

日経新春杯 日経新春杯(GV)の的中馬券です。
購入した馬券には、万馬券の組み合わせもあったのですが、堅く決まりました。
デムーロ騎手が1番人気になると、人気を裏切る事が極めて少ないのには驚きます。

(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
連休2日目ですが、寒いので家で競馬をやっておられる方も多いと思います。 懐が寒くならないように頑張ってください。
昨日のフェアリーステークス(GV)は、中穴(馬連2890円)の配当でしたが、外枠を外して@BGJの馬連ボックスを買わないと的中できませんでしたね。
@→G→Lで決まりましたが、私はBエフティイーリスから流そうと直前まで考えていたのですが、今一つふんぎりがつかなくて手を引きました。
私の場合は正解になりましたが、的中出来た方は博才があるでしょう。 常識的には見るレースにするべきレースでした。

今日は、京都で日経新春杯(GV)がありますが、このレースもハンデ戦なので荒れる事が結構あったのですが、今年は1番人気のAグローリーヴェイズにはデムーロが騎乗しておりますし、2番人気のOムイトオブリガードは川田将雅の騎乗ですから、どちらも惨敗するとは思えない雰囲気は感じます。
3番人気の武豊が騎乗のKメイショウテッコンは、武豊の惨敗は日常的ですから、この馬が消えても配当に大きな影響はないでしょう。
軽ハンデの馬で騎手がそこそこのレベルにありそうなのは、CアフリカンゴールドとEサラスですが、松若風馬は期待された時期もありましたが、何かが不足しているようで、B級で終わる可能性もありますね。 後は格下馬ですが、岩田康誠が騎乗のIルックトゥワイスがどこまで頑張れるかぐらいでしょう。
追い込みの展開になれば面白いのですが、どうせ武豊は逃げない(スタートが下手になって先頭に立てない場合が多い)でしょうから、横山典弘がやる気を出すかどうかですね。
ただ、この騎手は後方待機のままヤラズをする事があるので、走らせてみないと分かりません。

当日9時です。 日経新春杯(GV)の人気傾向に変化は無くて、Aグローリーヴェイズが3.1倍、Oムイトオブリガードが4.8倍、Kメイショウテッコン7.4倍です。
この3頭が気持ち抜けている程度で、馬のレベルは同等ですが、騎手のレベル差が人気に表れております。 私は、この3頭で決まるとは思えませんが、どうなるかは神のみぞ知るですね。 ただ、荒れるとしても穴馬は限定されていて、低斤量の5番人気(7.8倍)のCアフリカンゴールド、、血統的に有力な4番人気(7.7倍)のDシュペルミエール、調教師のレベルが高い6番人気(8.3倍)のIルックトゥワイスぐらいでしょう。
超大穴なら、最低斤量の松若風馬や大胆な先行策でも取った場合の横山典弘なども居りますが、そこまで荒れたら他の騎手は何してたの?になります。川田将雅は時々ミス騎乗をしますが、デムーロはミス騎乗が少ないので、どっちかは残りそうな気がします。 武豊はミス騎乗のオンパレードですが、本人はその場合は馬が悪いと思っておりますので、話になりません。 個人的には、CアフリカンゴールドかIルックトゥワイスを軸にしたいと思っておりますが、ちょっと欲張り過ぎている気がしますので、パドックを見て決めます。

2019年1月12日(土)
【後記】
当日午後2時半です。 フェアリーステークス(GV)は予想は困難ですが、中山芝1600mでCコースとなれば、先行馬が圧倒的に有利なので、馬の能力の差はさほど影響がないかも知れません。 6レースの新馬戦を見て強く感じました。 そうだとすると、先行しそうなBエフティイーリスは軸として有望です。 Eレーヴドカナロアも走る気になれば、穴を開ける可能性もあります。 リスクが多くてお薦めはしませんが、B-Jの1点買いでも馬連1200円前後ですから、運が良ければ当たるでしょう。
このレースで特徴的なのは、小柄な馬が多い点です。Iセントセシリアなどは382Kで、しかも前走より馬体重が-8K減っております。矢作芳人ですから、無理してでも走らせているのでしょうが、こんな使い方では5歳で終わりでしょうね。
馬体重が440K以下の馬を切ると、残るのはBGLNOの5頭で外枠のNOは不利ですから、BGLの3点買いで的中できる事になりますが、まさか1番人気がそう簡単に切れるとは思えませんし、やはり予想は難しいですね。
その前に10Rが間もなく発走しますが、勝つのはいつもの外人騎手なのでしょうか。ダート戦なので、パドックを見ても私は分かりませんでした。(馬連34840円の大荒れでした)
フェアリーステークス(GV)のパドックですが、今日は馬の状態よりもコースの影響の方が強そうで評価は止めます。 @BEGJLOから1,2着が出ないようだとショックです。
やはり、このレースは私向きでは無く、馬券を買うのは止めます。 (結果は、@→G→Lでした)
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日9時です。 今日は中山でフェアリーステークス(GV)がありますが、3歳牝馬のレースですので、私のレベルでは予想は無理です。
単勝人気は、1番人気がJアクアミラビリスで2.5倍、2番人気が@フィリアプーラで6.7倍、3番人気がBエフティイーリスで7.7倍、4番人気がLグレイスアンで8.6倍、5番人気がGホウオウカトリーヌで10.1倍です。
相変わらず外人騎手人気で、デムーロが人気になっておりますが、正月は休暇を取って楽しんでおりましたので、調子が出るのはまだ先でしょう。(それでも勝つかも知れませんが)
私は馬券を買う気はさっぱり起きないのですが、正月明けは天栄で仕上げた馬が連に絡む事が多いので、Bエフティイーリスが有力ではないかと YOUTube で調べている人も居りました。 ただ、蛯名正義も年齢的には限界でしょうから、どこまで頑張れるかですね。 やる気満々な騎手ですから個人的には好きなタイプなので応援しておりますが、体が付いていかない事も儘あるでしょう。 馬の能力が不明で、単勝人気が100倍を超えている3頭を除けば、どの馬が絡んでも不思議ではありません。

2019年1月11日(金)
今週は3連休で、競馬も3開催あります。 明日の土曜日は、中山で フェアリーステークス(GV)、明後日の日曜日は京都で日経新春杯(GV)、月曜日の祭日は中山で京成杯(GV)が行われます。 フェアリーステークス(GV)は、3歳牝馬のレースですので、データも少なく、牝馬は不安定ですので、まともな人は馬券は買わないと思います。 日経新春杯(GV)はハンデ戦なので、穴狙いで馬券を買う人は多いと思いますが、今週からデムーロが騎乗しておりますので、相変わらず騎手人気でAグローリーヴェイズが人気になると思います。 通常なら格下で無視できるCアフリカンゴールドも、外人騎手のミナリクが騎乗しますので、ハンデを活かして見せ場を作るかも知れません。
武豊もKメイショウテッコンと言う、かなり有力な馬に騎乗しておりますので、人気になりそうですが、もう終わり掛けている騎手ですから、惨敗も頻繁にあって私は嫌いな騎手です。
福永祐一に至っては、やる気があるのかどうかも疑わしいと思っているのですが失礼でしょうか。 日本人騎手をピックアップするとしたら、川田将雅が騎乗のOムイトオブリガードですが、馬のレベルは高くても、騎手のレベルはまだまだ低い(武豊よりは増し)ですから、人気にはなるでしょうが不安だらけです。 基本的には、荒れて当然のレースと言えます。

2019年1月6日(日)
【後記】
当日午後2時半です。 シンザン記念(GV)は3歳馬のレースで、単勝オッズが10倍以下の馬が6頭も居るのを見ても分かるように、予想は困難なレースです。
オッズが100倍を超えている馬も同じ馬主、同じ調教師から2頭出走しておりますが、当人達は真面目なつもりでしょう。(成績が悪過ぎますが)
「馬ちゃんの競馬予想」で100倍を超えている組み合わせがあれば、昨日のように付き合い買いをしても良いのですが、馬連で10〜34倍ですから、買い逃しても悔しくなるような配当ではありません。 パドックは見ますが、朝に書いた通り、ヘボ騎手ばかりですから、馬の実力通りには決まらないでしょう。
武豊は、YouTube でも叩かれておりましたが、そのせいか今日は人気がありませんね。 血統的にはロードカナロア産駒が3頭、ディープインパクトが1頭、ルーラーシップが2頭と豪華メンバーです。 典型的な見るレースですね。

京都10Rが10分後ぐらいに発走するのですが、武豊が騎乗のEユーキャンスマイルが単勝オッズ1.5倍で、絶対連は外せないですが、大丈夫なんでしょうね。
昨日の騎乗を見ているとあり得ない事とは思えませんが、まさかそんな事は無いでしょう。 相手が2番人気の福永祐一ぐらいですから、いくら何でも勝てるでしょう。
結果ですが、福永祐一はいつものように人気を背負って惨敗してましたね、昨年のリーディング4位の騎乗では無く、あれが八百長ならお見事ですが、実際はどうなんでしょうか。
どうでも良いレースはさておいて、シンザン記念(GV)のパドックですが、さっぱり分かりません。人気の4頭では一番良く見えたAヴァルディゼールの単勝でも買いましょう。
シンザン記念(GV)の結果は、1着が4番人気のAヴァルディゼール、2着が10番人気の@マイネルフラップ、3着が2番人気のIミッキーブリランテでした。
当たりました!!。 しかも普段はほどんど買わない単勝1点買いで、今年最初に的中出来たのは嬉しいです。

シンザン記念GV シンザン記念(GV)の単勝的中馬券です。
投票時点では配当は700円でしたが、大量に購入した人が居たらしく下がりました。
儲けは参加賞に毛が生えた程度ですが、当たれば気分が良いです。

(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日9時半です。 今日はシンザン記念(GV)がありますが、武豊や池添謙一などの3流騎手ばかりですので、馬券を買うのは控えます。
レースを見ていて、苛立って来る騎乗は最悪ですね。 一刻も早く引退して呉れる事を祈るばかりです。

2019年1月5日(土)
【後記】
当日午後2時です。 京都金杯(GV)は、人気通りABCKの4番人気までの馬連ボックスを買えば、6割程度なら当たるでしょう。 1番人気のKを軸にしても4割程度なら当たりそうな気がします。 6点買いでも足は出ないと思いますが、参加賞程度の儲けでは当たっても面白くありませんので、このレースはパスします。
予想が難しい中山金杯(GV)ですが、こちらも1番人気(3.2倍)のGマウントゴールドが消えて呉れないと、馬券的には面白くありません。
ただ、「馬ちゃんの競馬予想」でも対抗馬にしているように、有力馬なのは確かです。 2、3番人気の馬も、騎手は下手でも馬が走る場合もありますし、消えて呉れる保証はありません。 馬ちゃんがピックアップしている@タニノフランケル、Bコズミックフォース、Mブラックバゴが連に絡む確率は1割以下でしょう。 止めておくべきか迷いますね。

中山金杯(GV)のパドックですが、1番人気(3.2倍)のGマウントゴールドは普通ですね。普段の力は出せるだろうと言う事で、安易に蹴るのは危険な感じはします。
2,3番人気も普通ですが、どちらの馬もプラス体重ですから、(当たり前ですが)本気に仕上げてはおりません。
新年早々のレースですから、「馬ちゃんの競馬予想」に乗っかりますか。 ワイドならあたる可能性が高いですが、女々しいので@BGMの馬連ボックスを買います。
京都金杯(GV)のパドックですが、Aサラキアは心配になる程に体が小さい(440k)です。牝馬ですからこんなものかも知れませんが、53Kの斤量でも力の要る馬場だと心配になります。 1番人気のKパクスアメリカーナも興奮気味で褒められた状態ではありませんが、馬のレベルが違うでしょうから大丈夫でしょう。 遊びでAKLの馬連ボックスを買いました。 中山金杯(GV)の結果は、1着が3番人気のJウインブライト、2着が7番人気のNステイフーリッシュ、3着が8番人気の@タニノフランケルでした。 1番人気のGマウントゴールドは、予定なのかミス騎乗なのか先行せず、惨敗しておりました。 だから武豊は当てにならないし嫌いなんですよ。
京都金杯(GV)の結果は、1着が1番人気のKパクスアメリカーナ、2着が5番人気のNマイスタイル、3着が11番人気のFミエノサクシードでした。 Aサラキアは、池添謙一が糞騎乗振りを発揮して、直線で馬群から抜け出せず7着と惨敗してました。 あんなに騎乗が下手な騎手も珍しいですね。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日10時です。 中山金杯(GV)の単勝オッズは、1番人気がGマウントゴールドで3.6倍、2番人気がKタイムフライヤーで6.5倍、3番人気がIウインブライトで8.7倍です。
京都金杯(GV)の単勝オッズは、1番人気がKパクスアメリカーナで2.4倍、2番人気がAサラキアで4.9倍、3番人気がBカツジで6.7倍です。
中山金杯(GV)は、結局は武豊が騎乗する馬が1番人気になりましたが、 ルメールやデムーロが休暇を楽しんでいるので、日本人騎手の中では上位の部類に入りますので、こうなるのでしょう。 この中で確実に武豊を越えている騎手となると戸崎圭太ぐらいですが、馬のレベルが低過ぎるので天才的な騎乗でもしないと連には絡めそうもないです。
それでも期待はしているのですがパドックは見ます。 @タニノフランケルがKタイムフライヤーに絡んで呉れると有難いのですが、内田博幸には往年の力がありません。

京都金杯(GV)は、誰でも考える予想結果になっています。 それなら鉄板なのかと言うと、冬場の競馬など馬も寒いので、馬が走る気が無ければ惨敗します。
新年早々のレースなどは馬券を買うべきでは無いのですが、金を儲けたい一心の人が多いので、今年も多くの人がお金をJRAと勝者に貢のでしょう。
私?、私はお金への執着は弱い方なので、馬券を何がなんでも買いたいとは思っておりませんが、パドックを見たりすると馬券を買いたくなりますので、買うかも知れません。

2019年1月4日(金)
今年も中山金杯(GV)と京都金杯(GV)から競馬は始まります。
どちらのレースも、10年前ぐらいは万馬券が続出で、荒れて当然のレースだったのですが、近年は馬連配当が5000円以上になる場合が少なくなりました。
ただ、安定して勝つルメールやデムーロが参加しておりませんので、中山ではマーフィーとか言うアイルランドとブロンデルとか言うフランスの得体の知れない騎手が参加しておりますので当てにはなりませんね。 どの馬が人気になるのかとネット競馬を見たら、Eマウントゴールドが1番人気でNステイフーリッシュが2番人気と予想をしております。 どんなデータから導きだしているのかは知りませんが、随分といい加減な予想だと思います。 私なんぞは、武豊が騎乗しているだけで割り引いて考えてしまいます。
若い女の子でも口説どいているぐらいが、分相当のような気がするのですが、そんな事を考えるのは私だけかな。(ひょっとして楽勝でもされると困りますが)
京都金杯(GV)は、Kパクスアメリカーナが1番人気の予想ですが、こちらは私も同感です。 川田将雅は(努力してる割には)騎手レベルはB級に近いですが、調教師の中内田充正は手を抜いた仕上げはしない性格ですので、軸にするには最適でしょう。 2番人気予想のAサラキアも、馬ちゃんが本命にしている通り、斤量にも恵まれ馬のレベルも高いです。 池添謙一がネックで、やはり2番人気になるのかも知れませんが、この馬に岩田康誠が騎乗するのだったら、単勝を買いたいぐらいです。(金杯は実力通りには決まらないですが)
今年も、言いたい放題にまくしたてておりますので、当サイトに初めて訪れた方の8割の方は、2度と見に来ては貰えないでしょうね。

2019年1月1日(火)
新年明けましておめでとうございます。
去年は、新年の初めに今年は何か起こりそうな年だと感じるなどと書きましたが、悪い事も多く発生はしましたが、懸念していたアメリカのトランプ大統領が、突如北朝鮮を攻撃したとか、直下型地震が首都圏で発生したとか、南海トラフ地震などの絶望感を感じるような大災害には至らなかっただけで、おめでたい年を迎える事が出来たと思っております。
日頃から、災害に対する心構えはしておくに越した事はありませんが、危機感を煽ってばかりいるのでは人生も楽しくありませんので、今年は何も申し上げません。
ただ、一言だけ言わせていただくと、世界の情勢も昨年より更に悪い状態になりましたし、日本の政治の世界も明るい見通しは一切存在しておりません。
競馬の世界も、何ら変化する兆しはなく、JRAの一人勝ちの状態が続いておりますが、こちらも、今の状態で競馬ファンが満足するとは思えませんので、長くは続かないでしょう。
競馬予想はヘボなので外れてばかりですが、それに懲りず、本年もお付き合いいだだけますよう、お願い申し上げます。
本年も、皆様方の御多幸を心からお祈り致します。

2018年度の日記