diary

私の競馬日誌です。 予想を記載している事が多いのですが、ヘボ予想なので滅多にしか当たりません。
私が予想の参考にしている「馬ちゃんの競馬予想」も、たまには見てやってください。

2018年4月20日(金)
今週はパっとしたレースがありません。 明日の福島牝馬ステークス(GV)は、牝馬のレースで予想が難しいのに、開催地が福島競馬場でしかもB級騎手ばかり集まっておりますから、まともに決まるなら奇跡的でしょう。
こんな連中の騎乗ではデータなど通用しませんので、即刻パスします。 明後日は東京でフローラステークス(GU)、京都でマイラーズカップ(GU)があります。 フローラステークス(GU)は3歳牝馬のレースで、どの馬が強いのか確認するレースですから、典型的な視るレースでしょう。
マイラーズカップ(GU)は、乗りなれている武豊や福永祐一を軸にすべきなのかも知れませんが、武豊は乗り慣れているのは若い女の方でしょうし、福永祐一では先週の皐月賞のように、見事に1番人気を裏切るレベルの騎手です。 負けた言い訳を見たら馬のせいにしておりました。 あのレース運びを見れば馬のせいだけに出来ないのは私のような素人でも分かります。 武豊や福永祐一は1,2番人気なら喜んで馬券を買いますが、競馬ファンは眼が肥えておりますから、Hモズアスコットに人気が集まるのではないですか。

2018年4月15日(日)
【後記】
配当的な妙味は無くても皐月賞(GT)は馬券を買いたい(買うべき)レースです。 多少なりとも競馬に首を突っ込んでいる人間が、皐月賞の馬券は買いませんでしたとは言えないからです。 3歳馬のレースなのでデータ不足は否めませんが、それでも4戦以上している馬が大部分なので、馬の能力はだいたい分かります
私は1,2着馬は以下の以下の10頭の中から出ると考えております。
@タイムフライヤー
Aワグネリアン
Bジャンダルム
Dキタノコマンドール
Fエポカドーロ
Hオウケンムーン
Iジェネラーレウーノ
Kグレイル
Mサンリヴァル
Nステルヴィオ
この程度なら誰でも考えられでしょうが、このピックアップした中には馬の能力は低いが騎手の能力が高いのでピックアップしている馬もおります。 FIKの馬がそれで、ひょとしたら2着ならあるかも知れないの馬です。
現在の1番人気はAワグネリアンですが、Nステルヴィオと競っておりますので、レース前には逆転するかも知れません。 何しろ福永祐一は「蚤の心臓」の持ち主と言われており、大きなレースには滅法弱いです。 しかもレース展開の読みが甘く、ワンパターンのレース運びをするタイプだと(私は)考えております。
それで、私は2番人気のNステルヴィオを軸にしたいと思っているのですが、福永祐一ファンの方はAワグネリアンを軸にすべきでしょう。 大穴としてHオウケンムーンに期待しているのですが、北村宏司は「いぶし銀」の強さはあるのですが、強引なレースが出来ない性格なので、能力ほど勝てない騎手だと(私は)考えています。
Mサンリヴァルは藤岡佑介の騎乗なので、中山競馬場には疎く、騎手のレベルも今一ですから、消すべきかも知れません。3着でもどうかぐらいの馬だろうと思います。
Bジャンダルムは騎手が嫌いなので切りたいのですが、皐月賞(GT)となれば真面目に騎乗するでしょうから、ピックアップしております。
@タイムフライヤーは、内田博幸の騎乗ですので、この騎手は鞭の使用回数が制限されてから勝てなくなりましたが、馬の能力は高いので2着に成る可能性なら十分あるでしょう。

先に始まる阪神のアンタレスステークス(GV)ですが、「馬ちゃんの競馬予想」でも指摘の通り、1番人気の@グレイトパールが頭2つは確実に抜けております。
騎手も外人騎手も居らず、レベルが高い日本人騎手は皐月賞(GT)に出ておりますので川田将雅でも勝てます。 馬連ならほぼ確実、馬単でもかなり確実と(私は)見ております。 むしろ2着がどの馬なのかが迷うぐらいで、普通は人気の通りでしょうが、同じ馬主の馬が2頭おりますから連携レースをされると紛れる場合もありそうです。 横山典弘も年寄りだと甘く見ていると危ないかも知れませんね。 幸英明よりは松山弘平が上だろうと(私は)思っているのですが、2人がミスすると2着は誰なのか全く分かりません。
そのアンタレスステークス(GV)のパドックですが、1番人気の@グレイトパールは47週の休養明けなので腹がまだたるんでいるようですが、歩様が柔らかくて良さそうです。 相手が分からないですが人気馬2頭にKユラノトを加えて馬単で3点買ってみます。
皐月賞(GT)のパドックですが、2番人気のAワグネリアンが走る意欲が満々で気合乗りが良いです。 他にもFエポカドーロ、Gケイティクレバーはレースに集中していて良いですね。1番人気のNステルヴィオは首を上下に動かして興奮気味なのですが、ルメールの騎乗ですから問題ないかも知れません。
期待しているHオウケンムーンは、馬に迫力を感じないのがちょっと嫌です。 AFGNの馬連ボックスとB-Fの馬連を買いました。
皐月賞(GT)の結果ですが、1着が7番人気のFエポカドーロ、2着が9番人気のMサンリヴァル、3着が8番人気のIジェネラーレウーノでした。 どの馬も想定内の馬ではあったのですが、それにしても1番人気のAワグネリアンは何着だったのでしょうか。あれだけ好仕上げされていて5着以内にも入れないとは超下手としか言いようがありません。

アンタレスS 皐月賞の前のアンタレスステークス(GV)の的中馬券です。
肝心の皐月賞(GT)は、1,2番人気共に消えてしまって的中出来ませんでした。

(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
昨日の中山グランドジャンプ(GT)の配当の低さには驚かされた人が多かったと思います。 馬連が130円で馬単でも200円、3連複は290円で3連単が570円です。
JRAが5%とかの上乗せをしないからでしょうが、こんな配当が多くなると競馬から足を洗う人が多くなるでしょう。 馬券を買うのが馬鹿馬鹿しいですからね。
私はアーリントンカップ(GV)も結局は馬券を買いませんでしたが、こちらのレースも1番人気のEタワーオブロンドンが消える確証でもないと買えません。 1,3番人気で決着したにしては1050円と高めでしたが、1〜4番人気のボックスで馬券を買った人が多かったからでしょう。
今日の皐月賞(GT)ですが、現在(前日17時)のオッズでは、単勝1番人気がAワグネリアンで3.4倍、2番人気がNステルヴィオで4.6倍、3番人気がDキタノコマンドールで5.9倍のようです。 福永祐一が重賞で1番人気になるのは久しぶりではないでしょうか。 そうかどうかは別にしても、そんな感じがするのは私だけでは無いと思います。 それで残っている記憶は惨敗ですよね。
私は、6、7番人気なら重賞でも2,3着に成る実力があるのですから、人気になると勝てないのはわざと負けているのではないかと本気で考えた事もあったのですが、今はそんな事はどうでも良いです。 基本的には1番人気でも切るか、軸にはしないと言う考え方です。それは4番人気のBジャンダルムに騎乗する武豊でも同様です。 兎に角、人気を裏切る事が多い両名です。 昔は競馬だからそんな物だろうと考えていたのですが、デムーロやルメールが勝ちまくっているのを見て考え方は変わりました。 要するに日本人騎手は騎乗が下手なのか体力的に太刀打ちできないのです。このレースでも2,3番人気になっておりますが、どちらも消える事は極めて少ないと思います。 むしろ福永祐一が消える可能性の方が高いのではないかと思いたくなります。

当日9時です。 今日は全国的に雨模様の天気です。 中山で行われる皐月賞(GT)も雨の中で行われる可能性があります。 雨が上がったとしても馬場は荒れている筈で、ディープインパクト産駒のAワグネリアンやDキタノコマンドールは一瞬の足が使えるのか心配になってきます。
重馬場で勝っているから大丈夫だと安直に結論を出す人も居りますが、それは重馬場が得意なのでは無くて相手が弱かっただけの場合がありますので、もしも惨敗した場合は馬場の影響とか言われるでしょう。 皐月賞(GT)は著名なレースではありますが、所詮は3歳馬のレースですので不安定なのは誰も否定できないでしょう。

2018年4月14日(土)
【後記】
今日のレースですが、馬券を買うとしてもアーリントンカップ(GV)ですね。 このレースも配当が期待出来なければ手を出しません。
その前のレースが5分後に発走するのですが、豚みたいな体型の馬がおりますね。 10番人気のHラズールリッキーと言う馬ですが、丸太棒のような体型の馬は良いとか騎手上がりのパドック解説者がおりましたが、私はそうは思えません。 しかもその時に雷が鳴っていて、アナウンサーが雷の影響はないでしょうかと、そのパドック解説者に聞いたら、「馬は自然の生き物だから大丈夫です。」などと言ったすぐ後に2頭の馬が放馬してしまいました。 引退騎手のパドック解説のレベルはこの程度のものです。(山形出身の解説者です)

どうでも良い話は兎も角、アーリントンカップ(GV)のパドックですが、3歳馬だけあって落ち着きの無い馬が多いです。 これは荒れそうですね。3番人気の@パクスアメリカーナも興奮気味で、気に成るのは厩務員の腹が太い事です。こんな腹になる程厩務員は楽な仕事では無い筈なので、手を抜いている可能性もあります。 荒れているので2人引きをしておりますが、反対側は調教師(中内田充正)でしょうか。 芦毛ですが馬の体型は良いと思います。
2番人気のAインディチャンプは馬の体付きがしょぼい感じで、今日はどうか分かりませんが、将来も活躍する馬とは(私には)思えません。 1番人気のEタワーオブロンドンも頭が大きくて体とのバランスは良く無いと(私は)思います。 武豊とか福永祐一がもう少し真面目なら、複勝ぐらいは買ってやっても良いのですが、見ての通りです。 荒れそうですが、(当てに成らない)嫌いな騎手からの馬券は買いたくありませんので、このレースは見送ります。

福島7Rで藤田菜七子が逃げ切りましたね。 いちかぱちかのレースばかりやっている(それしか道が無いので)のですが、才能はありそうですが、穴騎手で終わりそうですね。
アーリントンカップ(GV)は荒れると思っておりましたが、1番人気のEタワーオブロンドンが馬を外に出して後方からゴール前できっちりと差し切り1着でした。10番人気のCラブカンプーがいちかぱちかの逃げでハイペースになるとしっかり読んだ上での勝利でしょう。結局は騎手のレベル通りの決着でした。 2着の@パクスアメリカーナに騎乗の川田将雅は最近は奥の手のお尻バウンズ走法を使い始めましたね。一時馬を痛めるとか言われて控えていたようですが、そうでもしないと勝てないからでしょう。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日9時です。 中山グランドジャンプ(GT)はEオジュウチョウサンが出走しておりますので1番人気になるのは当然で、負けたら(競馬関係の)ニュースになるような馬でしょう。 いつ負けるかだけで、今日は3着以降だとか落馬でもすると思う方が馬券を買えば良いと思います。 私は占い師ではありませんので馬券は買いません。
アーリントンカップ(GV)は、いつものように外人騎手が1番人気です。 Eタワーオブロンドンが抜けて強い馬ではないでしょうが、同じ程度のレベルの馬とレースをするのなら、ルメールの騎乗だと、圧倒的に連に絡む確率が高くなります。 次に有力そうな馬も人気の通り、@パクスアメリカーナとAインディチャンプで、調教師のレベルを取るなら@パクスアメリカーナがやや有利かなと思いますが、騎手レベルなら岩田康誠が数段上でしょう。 ただ、岩田康誠には往年の力は無く、最近は穴騎手と呼んでも良いぐらいです。他には福永祐一が6、7番人気だと2,3着にまぐれで絡んで競馬ファン(私ですが)に迷惑を与えたり、デムーロなら未勝利馬でも2,3着に絡ませたりする事もあるかも知れません。北村友一は騎手レベル的には無理でしょうが、走るのは馬ですから(私は期待しておりませんが)連に絡む事が無いとまでは言えません。 女たらし騎手が連に絡むようならたいしたものですが、8番人気では本気で走らないと思います。 (私は)どちらの重賞も馬券を買いたくなるような気分とは程遠いです。

2018年4月13日(金)
今週は、明日の土曜日には中山で中山グランドジャンプ(GT)、阪神でアーリントンカップ(GV)があります。 明後日の日曜日には中山で皐月賞(GT)、阪神でアンタレスステークス(GV)が開催されます。 皐月賞(GT)は馬券を買う人が多いのですが、どうせ1番人気は外人騎手のルメールが騎乗するNステルヴィオでしょう。 ネット競馬でもそのように予想していて人気倍率まで出ていました。 (私は)Bジャンダルムでも馬のレベルは変わらないと思っているのですが、女たらし騎手が騎乗するので意地でもこの馬からは流したくありません。 最近は馬連の配当が低くて、1,2番人気で決まると180円とかの配当もざらです。 JRAもそれには危機感を抱いているのか5%アップしているのですが、焼石に水の状態ですね。 競馬も(儲けようと思っている人には)だんだんつまらなくなってきました。 レースを見るだけで満足できる人が多いのでしょうか。

2018年4月8日(日)
【後記】
桜花賞(GT)のパドックですが、@ラッキーライラックは独特な体型ですが悪くは無さそうですから、あっさりと勝つような気がしております。 (結果的に良いかどうかは別にして)仕上げきったという程に体は絞れていると思います。 私が注目している3番人気のHリリーノーブルも悪くはありません。 ただ、このレースの馬券を買う場合は1,2番人気で決まる覚悟もしないといけないと思います。 その場合、馬連が5.2倍ですから1点買いなら採算はとれますが、これで決まる確率はせいぜい3割程度でしょう。
2番人気のLアーモンドアイは頭が少し高い影響からか、シャドーロールをつけておりますが、ルメールの騎乗ですから連に絡むかも知れません。
他にも有力馬は居ると思うのですが分かりません。 @ーHの馬連を買おうかとも思いましたが、6.4倍ですから止めました。
結果は、1着が2番人気のLアーモンドアイ、2着が1番人気の@ラッキーライラック、3着が3番人気のHリリーノーブルでした。 順当な結果で1、2着の差は恐らく騎手のレベル差だったでしょう。 馬連が4.8倍まで下がりましたから、3点買いでも参加賞です。
つまらないので、どこかの12Rを買おうと探しているのですが、中山12Rは荒れるでしょうから手を出したいのですが、発走時刻が迫っていて無理そうです。Bワシントンレガシーの三浦皇成がどうかと思っているのですが、この馬も確実ではないし、相手馬も分かりません。
阪神12Rは、ルメールかデムーロに手を抜いてもらわないと的中は無理でしょうが、桜花賞(GT)に勝ったルメールがデムーロに花を持たせるかも知れませんね。 そうだとしても、相手馬も限られていて2番人気のJフォンターナリーリぐらいでしょう。 女たらしの武豊が騎乗するHシロニイも人気になっておりますが、(私は)3着もどうかと思います。
松若風馬がどれだけ頑張れるかですが、3着がやっとではないでしょうか。 仕方なく、GーJの馬連1点勝負をしようかと思ったら、締め切られてしまいました。 ワイドならほぼ確実でしょうが。 結果ですが、本当にワイドでないと的中出来ませんでしたね。 でも、1,2番人気のワイドを買おうとは思いませんよ。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
桜花賞(GT)のオッズですが、現在(前日21時)の単勝1番人気は、@ラッキーライラックで1.9倍、2番人気がLアーモンドアイで4.0倍、3番人気がHリリーノーブルで7.7倍、4番人気がPマウレアで12.1倍、5番人気がMレッドレグナントで20.9倍のようです。 誰が考えても1番人気は@ラッキーライラックでしょうね。 石橋脩はお世辞にも上手い騎手とは言えませんが、ここまで馬のレベルが高いと馬に掴まっているだけで勝てるのではないでしょうか。 サンデーレーシングが3頭、社台レースホースが3頭、シルクレーシングが2頭出走させておりますので、人気馬をがっちりエスコートしてレースをするでしょうから、人気の3頭であっさり決まる可能性も高いです。
まぁ、3歳の牝馬ですから馬が走る気を無くしたりするととんでもない結果になる事もありますが、荒れるとすれば騎手がヘマをする場合の方が多いでしょう。 武豊も人間の若い女なら得意でしょうが、牝馬では無理ではないでしょうか。 昨日の阪神牝馬ステークス(GU)でも1番人気を見事裏切って3着でしたが、あれも馬の実力よりは位置取りの悪さが多大に影響しているでしょう。 横山典弘や北村友一に負けるようでは、引退した方が良いと思うのですが、いつまで居座るのでしょうか。 アンチ武豊派の私としては早く引退して藤田菜七子に良い馬を回して欲しいと思います。 屑馬ばかりに騎乗していると、いちかぱちかの騎乗しか出来なくなりますので、一生C級の騎手で終わってしまいます。
どうせ結婚するだろうから、どんな馬でも構わないと思う人も多いでしょうが、やる気があるのなら競走馬と呼べるレベルの馬に乗せてやりたいものです。

当日9時半です。 桜花賞(GT)の人気傾向に変化はありません。 ただ、Aアマルフィコースト出走を取り消しましたので、1番人気の@ラッキーライラックは走り易くなったでしょう。 走るパターンとしてはすんなり先行して3番手程度を走り、前が開いた状態にして残り200mから追い込むようです。
包まれるのが嫌で、無理に外に持ち出したりしなければ問題は無いでしょう。 出だしはトップでもMレッドレグナントが先頭を走るでしょうから、その馬をマークするように走れば、付いてこれる馬など層々おりません。 この馬が突如失速するイメージも湧きませんので、軸としては最適ではないでしょうか。
そうなると、配当的な妙味は全く無く、視るレースにするしか無いかも知れません。

2018年4月7日(土)
【後記】
予想が難しい阪神牝馬ステークス(GU)の馬券を買ってみようと思います。パドックの馬の状態を見て予想をしていたのですが、ほどんど当たりません。 それにしてもオッズの上位人気が連に絡むのの多さに驚嘆しております。 競馬ファンは何をみて馬券を買っているのでしょうか。 自分の相馬眼のレベルの低さを嘆いても仕方がありませんので、運に期待したいと思います。
阪神牝馬ステークス(GU)の前に白鷺特別とか言う1000万以下のレースがあるのですが、頭数も少なくて8頭な上に、誰が見ても腹回りが太すぎる8歳馬のAダイナミックウオーとか言う馬がおります。 人気も当然ながら最低人気で、この馬だけ単勝112倍を超えております。 出走手当目的でしょうが、調教師の作田誠二とか言う人と馬主の小川勲は恥ずかしく無いのでしょうか。 私が馬主なら馬主席には座れません。
それは兎も角、阪神牝馬ステークス(GU)のパドックですが、Cミエノサクシードは興奮が激しくて福永祐一ではコントロールが無理ではないでしょうか。6番人気ですがLラビットランの雰囲気が良いのがまず眼に付きました。1番人気のBリスグラシューは頭が少し高いですが問題無さそうで惨敗は無いでしょう。
目だって眼に付く馬が居りませんので、1番人気のBリスグラシューを軸にするのが普通でしょうね。あるいは、+6Kでもまだ細く見えるAアドマイヤリードを軸にするかでしょう。
人気馬を軸にしてもつまらないので、川田将雅に期待してLラビットランを軸にワイドで3番人気までの馬に流しました。 ちょっと冒険でしょうね。
ニュージーランドトロフィー(GU)のパドックは、カナヤマホールディングスの2頭が気になりますが、馬券は買いません。
阪神牝馬ステークス(GU)の結果は、1着が4番人気のJミスパンテール、2着が11番人気のIレッドアヴァンセ、3着が1番人気のBリスグラシューでした。 万馬券にはなりましたが、感覚的には大荒れしたイメージはありません。 牝馬のレースはこんなものでしょう。
阪神の12Rで勝負をしたいと思います。 人気の3頭がやや不安を感じる騎手なのと、EフリーフリッカーとFメイショウエイコウの気合乗りが良いのでこの2頭を軸馬にしてCDIに流します。 これなら当たれば最低でも20倍で万馬券の組み合わせもあります。
結果は大外れで、1着が5番人気のAフィールドセンスで2着が2番人気のOヘヴントゥナイト、3着が3番人気のCダノンロッソでした。 私が軸にしたEフリーフリッカーは4着でしたから全くの検討外れでは無かったのですが、競馬は的中しなければ意味がありません。今日もいつものように全く駄目でした。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日12時過ぎです。 日記の掲載がいつもより遅れてしまいました。 体の調子が悪い訳ではなくて、(閑古鳥が鳴いている)JRA-VANに公開している競馬ソフトをバージョンアップしようと手直しをしておりました。 競馬ソフトで一番問題が出るのは、競馬開催日のデータの自動取り込みの部分ですので、具合が悪いとあっと言う間に時間が過ぎてしまいます。昼まで掛かって修正できましたので、これからパドックを見て馬券を買う準備をしたいと思います。
今日はニュージーランドトロフィー(GU)と阪神で阪神牝馬ステークス(GU)がありますが、ニュージーランドトロフィー(GU)は3歳馬のレースですから不安定でしょう。 阪神牝馬ステークス(GU)も牝馬のレースですから荒れ易いのですが、女たらしの武豊が騎乗するBリスグラシューが1番人気(2.7倍)ですから、この男を切れないかと調べております。
データ的には1番人気は妥当なようですが、騎手のレベルは無視するとして、5番人気(11.9倍)の@ジュールポレール、3番人気(6.4倍)のAアドマイヤリード、2番人気(3.3倍)のEソウルスターリング、4番人気(8.7倍)のJミスパンテールなどは太刀打ちできないレベルの馬ではありませんし、6番人気(14.2倍)のLラビットランでも川田将雅が頑張れば無理ではないでしょう。6番人気(24.7倍)のCミエノサクシードも格下馬ではありますが可能性はあります。 但し、福永祐一の騎乗ですから、勝てる馬でも惨敗する場合が多く、まぐれを期待するしかありません。 個人的に女にだらしがない男は嫌いですので(男にだらしがない女も同様)、Bリスグラシューが3着以降になって欲しいと心から願っております。

2018年4月6日(金)
今週は日曜日に桜花賞(GT)がありますので、木曜日から枠順が発表されておりました。 それで「馬ちゃんの競馬予想」に予想を記載しようかとも思ったのですが、まともなレースも予想が当たらないのに、3歳牝馬のレースなどまぐれでも予想は的中しないだろうと思って、掲載するのは控えました。(今日はいつも通り、記載しております)
その他には、明日の土曜日に、中山でニュージーランドトロフィー(GU)、阪神で阪神牝馬ステークス(GU)があります。 偶然でも良いですから、そろそろ当てたいものです。

2018年4月1日(日)
【後記】
乱戦模様に思える大阪杯(GT)の馬券を買ってみようと思います。 馬体重も発表されましたが、この時期にプラス10K以上も増加しているような馬は、まず満足な調教はしていないでしょう。 人気薄の馬に1頭おりますね。レースのペースですが、酒井学が自滅の逃げをする可能性はありますが、松岡正海は33歳にもなりましたので、馬鹿な逃げはやらないでしょうから、特に速いペースにはならないだろうと思っております。 パドックを見る前ですが、3番人気のAサトノダイヤモンドよりは、2番人気のNスワーヴリチャードが良いのではないかと思っております。 ただ、サトミホースカンパニーは2頭出しですので、Iサトノノブレスと連携プレーでもやられるとかなり有利になりますね。 同じようにサンデーレーシングも2頭出しで、昔は2頭出しの場合は人気の無い馬を勝たせるとかもありましたが、馬の能力も関係してきますので、やるのは難しいでしょう。 せいぜい先導役だろうと思います。 人為的な作戦は、当事者でないと分かりませんので、素直に考えたいと思います。

大阪杯(GT)の前に御堂筋ステークスとか言う1600万以下のハンデ戦があるのですが、レースは発走していて結果映像が間もなく出てくると思います。 私はデムーロ騎乗の2番人気のJホウオウドリームに1票なのですが、どうなるでしょうか。
大阪杯(GT)のパドックですが、パドック内に人が溢れていて、馬体がよく見えません。 全体的には中年太りの感じの馬が多いです。会社で言えば重役タイプの体つきとでも言えば良いでしょうか。5番人気の@ミッキースワローはやや線が細いような気がします。3番人気のAサトノダイヤモンドは異様に首と胴が長い馬ですね。GアルアインやHトリオンフ、Mダンビュライト、Nスワーヴリチャードは問題ありません。 @ミッキースワローは軽視しようかと思いますが、Aサトノダイヤモンドは切れませんね。 判断が出来ませんでしたので、1,2番人気を軸に有力馬に流しました。 堅く決まると足がでます。
結果は、1着が1番人気のNスワーヴリチャード、2着が6番人気のDペルシアンナイト、3着が2番人気のGアルアインでした。 1、2番人気が絡めば的中できるだろうと思っていたのですが、お邪魔虫の福永祐一に邪魔されてしまいました。 この男は人気になると惨敗ばかりするのに、6、7番人気だと2,3着に絡むやっかいな男です。私は最近は運に見放されてばかりです。 しばらく競馬から遠ざかった方が良さそうです。真面目な話。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日9時です。 大阪杯(GT)のオッズですが、単勝1番人気はAサトノダイヤモンドで4.0倍、2番人気はNスワーヴリチャードで4.1倍、3番人気はGアルアインで4.2倍、4番人気はCシュヴァルグランで8.3倍、5番人気は@ミッキースワローで10.4倍、6番人気はHトリオンフで13.6倍のようです。
いつになく6番人気までピックアップしましたが、常識的に見て、この6頭で1,2着は決まると(私は)考えているからです。 オッズからは3番人気迄の三つ巴の状態で、多くの方はこの3頭のボックスで馬券を買われる事と思います。 私が6頭もピックアップしたのは、Cシュヴァルグランは佐々木主浩の持ち馬で三浦皇成ならヤラズはやりませんので目一杯に頑張るでしょうし、@ミッキースワローもいくら横山典弘でも、この馬だけはヤラズをしないでしょうし、Hトリオンフもあなどれない成績なのと田辺裕信の騎乗なので、可能性はあると思います。 その他大勢の騎手ですが、いくら酒井学がいちかぱちかの逃げを打っても、このメンバーで逃げ切るのは100回に1回がやっとでしょう。 福永祐一は最近は穴騎手になってしまって重賞には滅法弱くなりましたし、浜中俊も頑張るでしょうが馬のレベルが不安視されて8番人気です。 このレースを馬連6点以内で的中できれば、競馬予想のレベルとしては合格でしょう。 堅く決まる事はあるでしょうが、決して堅いレースでは無いと思っております。

2018年3月31日(土)
【後記】
ダービー卿チャレンジトロフィー(GV)のパドックですが、これはと思うような馬がおりません。
常識的に@ACHの馬連ボックスを買う予定でしたが、ぎりぎりだったので締め切られてしまいました。
結果は、H→B→Nでしたが、BとNは買い難いです。 私は馬ちゃん推奨のMソルヴェイグの一発があるかと最後まで迷っておりました。
阪神12Rは、Cキクノルアが断トツの1番人気(1.5倍)ですが、その前の馬のBキングラディウスがかなり入れ込んでいて、厩務員が影響を受けないように馬に手を当ててなだめております。 大丈夫なんでしょうか。
中山12Rは、騎手のレベルからみて荒れるのが当然と思えるようなレースです。 1番人気のLサノサマーは状態は良さそうですが、騎手が勝浦正樹な点だけ心配です。 1番人気と3番人気の馬連で17倍、ワイドでも6倍程度つくようですから、運を期待して@-Lのワイドを買います。
結果は、1着が8番人気のAデジタルフラッシュ、2着が1番人気のLサノサマー、3着が4番人気のJリキサンダイオーでした。 外人騎手だから期待できそうだと買った@サトノシャークは着外のようですが、一体何着なのでしょうか。 (大差のビリでした)
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日9時半です。 ダービー卿チャレンジトロフィー(GV)の単勝オッズですが、1番人気はCグレーターロンドンで4.7倍、2番人気がAレッドアンシェルで5.6倍、3番人気がLマルターズアポジーで6.2倍、4番人気がHヒーズインラブで6.4倍、5番人気がBキャンベルジュニアで7.3倍のようです。
馬のレベルは似たり寄ったりですから、レース前には人気は変化するかも知れません。Cグレーターロンドンが1番人気なのはディープインパクト産駒なのと過去の5連勝が光っているからでしょうが、近走は好走と凡走を交互に繰り返しておりますので、やや黄色信号が点滅しております。 (交互の順番からなら今回は好走する筈なのですが)
穴馬も多そうで、馬ちゃんによると@アデイインザライフ、Mソルヴェイグのようです。 中山1600mは、コース形状から内枠が有利ですから@アデイインザライフをピックアップしているのかも知れませんが、8番人気ですから状態に問題がるのかも知れません。 Mソルヴェイグは11番人気ですが、人気が無いのは1200m迄の馬だと認識されているからでしょう。

2018年3月30日(金)
最近は競馬予想プログラムのバージョンアップを考えている事もあって、YOUTUBE の競馬関係の映像を見ております。 昨日も見ておりましたら、2月3日の東京5Rの未勝利戦で川田将雅がが8着になった後、検量室に戻るや否や、管理している青木孝文調教師に 『なんでこんな馬に乗せるんですか!』 とドナったようです。 青木孝文も頭にきたようで、持っていたノートのようなものを床に叩きつけて、 『もう二度と頼まん!』 と言ったとか。 大喧嘩寸前の状態に、それを見ていたベテラン調教師が青木孝文に、 『アイツに頼んだお前が悪い』 と場を収めたようですが、騎手が怒るほどの雑な調教だったのでしょう。
吉田豊が落馬した馬も青木孝文が管理していた馬だったとかで、開業3年目の調教師ではレベルが低くて、まともな調教など無理なのだろう。 ただ、この調教師の激怒した時の面構えの迫力は(JRAの写真で見ても分かる通り)、その筋の人ではないかと思う人ぐらい迫力があったらしい。 調教師も騎手から見れば(一応は)先生ですが、我々から見ればただの中年のおじさんに過ぎません。 管理する女性騎手に肉体関係迫って裁判になった(示談にしたようだが)調教師もいたように調教師のレベルはピンキリです。

そう言えば、藤田菜七子の(有能と評価の高かった)エージェントも首になったらしいが、その理由は、余りにも藤田菜七子に付きまとって行動したからだと言われております。
取材をしにくる若い女記者を口説いて肉体関係を結んでいたベテラン騎手もいるように、 競馬界も所詮は俗世界のようです。 それだけなら俗な人間には無関係ですが、先週のマーチS(GV)の1番人気Lハイランドピークに騎乗の横山典弘のヤラズ(世間的にはポツンとか無気力とかと表現している)レースも相当に話題になっておりました。 本人もレース後に廻りからの「引退しろ」とかの声は聞こえるらしく、尤もらしい言い訳をしておりましたが、息子も騎手なのですから、もっと騎手の手本となる騎乗を心掛けるべきでしょう。

いつになく、どうでも良い話(でも無いか)が長くなってしまいました。 今週は明日の土曜日は中山でダービー卿チャレンジトロフィー(GV)、明後日の日曜日は阪神で大阪杯(GT)が開催されます。 どちらのレースも知名度も低く、人気も、いつものように騎手人気になるのでしょう。 ダービー卿チャレンジトロフィー(GV)はハンデ戦ですから、本来ならハンデの多い@アデイインザライフやIロジチャリス、Oクラリティスカイが人気になるべきなのでしょうが、騎手レベルの点からAレッドアンシェルが1、2番人気ではないかと思っております。 勿論、出馬表をちらっと見ただけの直感的な予想です。
大阪杯(GT)は、「馬ちゃんの競馬予想」の通り、AサトノダイヤモンドとNスワーヴリチャードが1,2番人気を分け合うのは間違いないでしょう。
最近はどう乗っても勝つと思っていた高松宮記念(GT)の1番人気のEレッドファルクスも、デムーロのまずい騎乗(これもYOUTUBEでは、かなり指摘されておりました)で大損(世間的には、はした金)しましたし、日経賞(GU)の1番人気Mキセキのルメールのまずい騎乗(これもYOUTUBEでは、かなり指摘されておりました)で大損をしてしまいました。
今週は果たしてどうなるのでしょうか。 (時間を掛けて予想しても、騎手がヘマばかりしているので)私は完全に運任せになります。

2018年3月25日(日)
【後記】
マーチステークス(GV)は発走時刻が3時半ですね。 高松宮記念がGTレースなので、格調が高いとかでJRAは発走時刻を遅らせているのでしょうが、馬券を買う人はGTレースの後にGVレースが来ても関係は無いでしょう。 むしろ、その方が負けた人には良いような気もしますが。
NHKも将棋はプロが足の付いた将棋盤でアマチュアは足の無い将棋盤を使わせますが、変な所へこだわりがありますね。 相撲でも女は土俵に上がらせない決まりだと言ってるのもこだわりなのでしょう。 こだわりを無くせとまでは言いませんが、もう少し頭の柔らかい人が組織の主要な位置に居ないと衰退するでしょう。

つまらない話は兎も角、今日は予想を当てたいです。 マーチステークス(GV)は1番人気のLハイランドピークか3番人気のHエピカリスかどちらかは連に絡むのではないかと思っておりますので、どちらかの馬を軸にするつもりでおります。 予定はHエピカリスからFGILへ流すつもりです。 高松宮記念(GT)は、何回も書いているようにEレッドファルクスを軸にするしか無いでしょう。 大穴なら10番人気のFナックビーナスではないかと思っているのですが、お金を捨てる気がないと押さえすら無理です。
阪神メインの六甲ステークスは1番人気と2番人気で決まる可能性が高そうですが、外れるリスクもあるので馬連700円では買えません。 マーチステークス(GV)のパドックですが、Hエピカリスは平凡な馬体で特に良く見える馬ではありませんね。 1番人気のLハイランドピークも同様ですから、ダート馬だからこんな物なのかも知れません。 堅く決まりそうで馬券を買うのが嫌になりました。 横山を嫌っていたのですが、1番人気のLハイランドピークを軸にした方が良さそうな気がしてきました。 このレースはパスします。
高松宮記念(GT)のパドックですが、5番人気の@セイウンコウセイが落ち着いていて雰囲気が良いです。 1番人気のEレッドファルクスも問題ありません。 俗っぽい買い方ですが、Eを軸に@FHJへ流しました。

マーチステークス(GV)の結果は、1着が2番人気のGセンチュリオン、2着が5番人気のMクインズサターン、3着が10番人気のCロワジャルダンでした。
最初はキャロットファームのラビットでしたが失敗したようで乱戦になりました。 1番人気のLハイランドピークは横山典弘が得意のヤラズを行って、終始後方の儘で追いませんでした。 高松宮記念(GT)の結果は、1着が2番人気のHファインニードル、2着が3番人気のGレッツゴードンキ、3着が10番人気のFナックビーナスでした。
1番人気のEレッドファルクスは力負けをしたのではなく、馬場内側の馬群の後方に位置していたために抜け出せず、足を余して惨敗(8着)でした。 デムーロにしては珍しいミスで、わざと撒けたのではと言われそうなミスです。 10番人気のFナックビーナスが3着だったのは、私のピックアップ馬に入れていたのがまんざらでも無かったと思って満足しています。 仮にE-Fで決まったとしても、4510円の配当ですから威張れるような予想ではありませんが。
さて、この儘では悔しいので中京の12Rに手を出すか検討をしてみます。 軸は抜けた人気のEカネノイロにするのが普通ですが、丸山元気の騎乗だけにミスする場合もそこそこあります。 そうなると2番人気のAペイシャエヴァーか3番人気のIスズカフューラーですが、Aペイシャエヴァーは500万条件を勝ったばかりでまだ無理でしょうし、Iスズカフューラーは1800m専門の馬なのに、なぜ出てくるのと思うような馬でこちらも無理でしょう。
結局、1番人気を含めるしかなく、EHIの馬連ボックスと、配当からE→Aの馬単を買いました。 大穴ならLブルームーンですが、そこまで荒れては欲しくないです。
結果は、M→L→Aでした。 L→A→Mだったらむかつきますが、5番人気のMアシャカセルクルは無視した馬ですので受け入れます。やはり丸山元気は下手だけに、人気に応えられなかっただけです。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日8時半です。 今日は中山でマーチステークス(GV)、中京で高松宮記念(GT)がありますが、全然当たる気がしません。
昨日の日経賞(GU)も全然カスリもしなかったのはショックでしたが、今日もそうなるのではないかと不安になります。
ステイヤーズステークスもそうですが、長距離レースは荒れ易いレースであるのは事実ですが、3着までに3番人気までの馬が居ないと言うのは、私から見ると異常です。
それは兎も角、高松宮記念(GT)はEレッドファルクスが1番人気で2.8倍、2番人気がHファインニードルで5.7倍、3番人気がGレッツゴードンキで6.4倍、4番人気がJダンスディレクターで8.2倍のようです。 データ的にはEレッドファルクスの軸が常識的ですが、田舎競馬場の1200mのレースですから、荒れる時もあります。 マーチステークス(GV)はLハイランドピークが1番人気(2.1倍)で抜けておりますが、ハンデ戦な上に逃げ馬ですから、競り掛ける馬が居たりすると失速する場合もあります。
前述したように、全然当たる気がしません。

2018年3月24日(土)
【後記】
阪神8Rが後20分後に発走するのですが、2番人気のGボナパルトが眼を引く馬体をしていると思います。 これなら3着以内は堅いと思いますがどうでしょうか。ただ、成績はぱっとしませんが。FGHKのボックスを買おうかと思いましたが締め切られました。 結果はF→@→Gでした。武豊では無理でしたか。
余計なレースには浮気をしないで、メインレースに専念する事にします。 毎日杯(GV)のパドックですが、これはと思うような馬はおりません。 私がデータ的にいらないだろと言ったGテイエムディランでも馬体は普通です。 このレースはやはり買えません。 日経賞(GU)のパドックですが、人気馬3頭が良さそうに見えます。 本来はCFHMの馬連ボックスを買うべきでしょうが、「馬ちゃんの競馬予想」に付き合って、FHIの馬連ボックスとCロードヴァンドールの代わりに@アルターを軸にワイドを買います。 +18Kで休養明けの模様見レースなのは見え見えですが、3走前に520Kでの2着もありますので可能性は0ではありません。
毎日杯(GV)の結果は、1番人気、2番人気、3番人気の通りに決まりました。 最近の競馬ファンは眼が肥えており、私などよりはレベルが数段上ですね。馬ちゃんも本命、対抗で的中しておりましたから、私のレベルが低いだけなのですが。
日経賞(GU)の結果は、1着が3番人気のKガンコ、2着が7番人気のBチェスナットコート、3着が6番人気のJサクラアンプルールでした。 私はカスリもしなかったのですが、馬連が5880円なのはKガンコの軸を主張していた予想屋でもいたのでしょうか。
このままでは終わりたくないので、12Rに手を出そうかと思っておりますが、中京はもう発走しましたし、阪神は牝馬のレースでさっぱりですし、中山しか残ってないのですが、騎手人気になっておりデータ的にも妥当だろうと思います。 4番人気のCダイワエトワールに騎乗する三浦皇成が頑張ってくれないかどうかだけですね。 これから調べて馬券を買うかどうかを決まます。 11週の教養明けで-24Kはいくらなんでも減り過ぎでしょう。 これが吉と出る場合もあるでしょうが、下手すると惨敗です。 相手馬も1番人気のBルフォールで良いのか確信が出来ませんので、今日はもう切り上げます。
結果は、あっさりとBーCで決まりました。 これが分かっておれば馬券を買えたのですが、分からないのが競馬です。 明日頑張ります。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日9時です。 今日のレースですが、阪神の毎日杯(GV)は、3歳馬のレースですから予想は困難です。 出走馬が10頭と少な目なのですが、(私が)データ的に無理だろうと思う馬はEウォーターパルフェとGテイエムディランぐらいなもので、他に何が来てもおかしくはないと思います。 従って私は手を出しません。
中山の日経賞(GU)は、1番人気がFトーセンバジルで3.7倍、2番人気がMキセキで3.8倍、3番人気がKガンコで6.0倍、4番人気がCロードヴァンドールで6.6倍、5番人気がHゼーヴィントで7.3倍のようです。
基本的にはFトーセンバジルとMキセキの一騎打ちのレースで、デムーロとルメールが騎乗しておりますので、この2頭で決まる可能性も相当あります。 割って入りそうな馬も戸崎圭太が騎乗のHゼーヴィントぐらいだろうと(私は)見ているのですが、距離が2500mと長いので馬の適性も影響してくるでしょう。
まぁ、3頭共に消えるような事は無いと思いますが。

2018年3月23日(金)
一気に暖かくなってきました。 もう寒くて体を縮ませなければならないような寒さは来ないでしょう。競馬も、大荒れは少なくなって順当に決まる事が多くなると思います。
今週は、明日の土曜日は中山で日経賞(GU)、阪神で毎日杯(GV)、明後日の日曜日は中山でマーチステークス(GV)、中京で高松宮記念(GT)が開催されます。 高松宮記念(GT)はGTレースで名前も格調が高いですが、ローカル競馬の1200mのレースなどは、どう決まってもおかしくないレースで、一昨年は1,2番人気で順当に決まりましたが、その前の年は馬連7480円、その前の前の年は馬連10400円と荒れても不思議の無いレースです。
2007年には4万馬券まで飛び出したレースですので荒れる可能性はありますが、近年は競馬ファンの予想レベルが向上している事と騎乗レベルの高い外人騎手がJRAに参入しましたので、数万馬券はもう出ないでしょう。 今年もデムーロがEレッドファルクスに騎乗しておりますので、人気になって連に絡む可能性は高いです。 この馬は7歳馬なのですが、ローテーションをしっかり守って休養も多く取っておりますので、馬の能力はさほど低下していないと思います。(さすがにCスノードラゴンは無理でしょうが)

馬の年齢で思い出しましたが、明日の日経賞(GU)には12歳馬のGサイモントルナーレとか言う馬が出走しております。 先週の10歳馬のカレンミロティックの出走にも驚いたのですが、先週はこの馬が連に絡む事は99.9%無いだろうと書いたのですが(結果は5着)、この馬が連に絡む確率は、いったいどう書けば良いのでしょうか。 動物愛護の精神が無い馬主が悪いのか、欲得ばかりの調教師が悪いのか、はたまたJRAが悪いのかは知りませんが、余りにも競馬ファンを馬鹿にしております。
つまらない話はこのぐらいにして、今週も予想を当てたいと思います。

2018年3月18日(日)
【後記】
今日のメインはつまらないと思っていたら、中京メインの小牧特別(1000万以下)に荒れそうな気配を感じました。
8番人気の@ウインテンダネスが、ひょっとしたら連に絡む可能性があるのです。 松若風馬が中京の馬場を読み切って勝ちまくっているので、このレースも2着、もしくは3着なら考えられます。 相手もBDFの3頭だけだと思いますので、手を広げる必要がありません。@からBDFの馬連と@からBDのワイドを買ってみます。

阪神大賞典(GU)のパドックですが、1番人気のGクリンチャーは悪く無いです。 そうなると、2番人気のIアルバートに騎乗ミスを期待するしかありません。GからEFに流すと、馬連の配当は5〜7倍ですが、外れるリスクも考えると私は手を出す気がしません。
スプリングステークス(GU)のパドックは、3番人気のDエポカドーロが雰囲気良く歩いております。 1番人気のGステルヴィオも悪くありませんので、堅く決まるかも知れませんね。 でも、(3歳馬のレースでは)当たる気がしませんので、私はパスします。
小牧特別の結果は、1着が8番人気の@ウインテンダネス、2着が1番人気のBマテンロウゴースト、3着が10番人気のAサンシロウでした。 ワイドは的中するだろうと思っておりましたが、馬連も的中しました。 馬券は買いませんでしたが、阪神大賞典(GU)の結果は1着が3番人気のFレインボーライン、2着が4番人気のEサトノクロニクル、3着が1番人気のGクリンチャーでした。 堅そうなレースの割には荒れた方だと思いますが、そうだとしても手を出すべきレースでは無かったと思います。 スプリングステークス(GU)の結果は、1着が1番人気のGステルヴィオ、2着が3番人気のDエポカドーロ、3着が6番人気のKマイネルファンロンでした。 このレースは順当に決まりました。

小牧特別 中京メインの小牧特別の的中馬券です。
中山のスプリングSと阪神大賞典は避けて、中京を選んだら運よく的中しました。

(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
今日の阪神大賞典(GU)で、Cカレンミロティックが連に絡む事は99.9%無いだろうなどと書いたら、JRA-VANのデータマイニングで対抗馬としてピックアップしておりました。 どういうデータを取り出すと、そんな予想になるのか聞きたいものです。 確かに距離が3000mなので、超スローペースなれば、ハーツクライ産駒だから粘れるだろうとの予想なのでしょうが、私は端からこの馬は切っております。 もしこの馬が2着以内に成れたら、ニュースになるかも知れませんね。
私は、5番人気迄の馬で決着すると思っておりますので、1番人気のGクリンチャーと2番人気のIアルバートで決まると、現在のオッズでは馬連3.1倍ですから、とても馬券は買えないと思っています。 まぁ、女癖の悪い騎手とイップス気味の騎手の組み合わせですから、1、2番人気で決まる事は無いと思いますが、6倍前後で決まる事はありそうですから馬券を買う気はしません。 もう少し、藤岡佑介が連に絡める可能性が高ければ、馬券を買う気も起きますが、最近はリーディング上位だとは言え、32歳ではもう無理でしょう。 せいぜい、50歳の騎手よりは増しだろうぐらいに考えております。 本来ならIアルバートの軸で左団扇なのでしょうが、44歳の騎手と良い勝負でしょうから、危な過ぎて軸には出来ません。 こんな、場合によっては足が出るレースなど、(私は)手を出そうとは思いませんよ。 それが常識的な考え方とは思いませんか。

当日9時半です。 スプリングステークス(GU)は、3歳馬のレースですから予想が出来ませんが、1番人気のGステルヴィオがルメールの騎乗と相まって、やや有利ではないかと思います。 でも、関係者でも無ければ、馬券を買うようなレースでは無いでしょう。 阪神大賞典(GU)も、有力馬は絞られますが、その中で抜けた馬は存在しませんし、かと言ってボックスで馬券を買えるレースではありませんので、馬券を買うのは控えるべきでしょう。 3点買いでも下手すると参加賞程度の儲けにしかなりません。

2018年3月17日(土)
【後記】
ファルコンステークス(GV)のパドックですが、1番人気のHダノンスマッシュは問題がありませんので、この馬の軸で大丈夫でしょう。 相手も人気馬で決まるのではないでしょうか。
フラワーカップ(GV)のパドックですが、1番人気のCロックディスタウンは見栄えのしない馬ですね。 本当にこんな馬が将来も走るのでしょうか。この馬よりは2番人気のIカンタービレや3番人気のHトーセンブレスの方が(私には)良く見えます。
@メサルティムはやはり体が小さいですし、Bノームコアも体のバランスが良いとは思えません。 こんな事を言って、けなした馬に大楽勝でもされたら堪りませんので、これ以上は言いませんが、馬券を買わないので、どんどんけなす事が出来ます。
ファルコンステークス(GV)の結果は、1着が3番人気に上昇したIミスターメロディ、2着が7番人気のFアサクサゲンキ、3着が5番人気のGフロンティアでした。 福永祐一は人気が無いとなぜか1,2着に成る事が多い騎手で私は迷惑騎手と呼んでいるのですが、人気馬に騎乗すると負けるのはイップスでも患っているのか、わざと負けているのかと思ってしまいます。 こんなレースが多いとファンは寄り付かなくなってしまうでしょう。
フラワーカップ(GV)の結果は、1着が2番人気のIカンタービレ、2着が3番人気のHトーセンブレス、3着が4番人気のBノームコアでした。 1番人気のCロックディスタウンは、池添謙一と折り合いが悪く、道中でやたら手綱を引っ張っておりましたので馬が走る気を無くしたのかビリでした。 私はサンデーレーシングがチームプレーでもやるのかと思っていたのですが、そんな事が出来るレベルの騎手ではありませんでした。
このレースぐらいなら、私でも予想は的中できましたが、馬連1420円ですから悔しいとは感じません。 本心からそう思います。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日9時半です。 今日はフラワーカップ(GV)とファルコンステークス(GV)がありますが、ファルコンステークス(GV)は騎手人気になっております。 GT(朝日杯フューチュリティS)5着のHダノンスマッシュに戸崎圭太が騎乗しているのですから、1番人気2.8倍になるのは当然でしょう。 3歳馬のレースにしては軸として有望かも知れません。
他の有力馬も人気の通りで、2番人気(5.4倍)のCテンクウ、3番人気(8.0倍)のIミスターメロディ、4番人気(12.1倍)のNタイセイプライドの4頭で1,2着は決まるのが普通です。 Fアサクサゲンキも人気になっておりますが、前走の朝日杯フューチュリティS(GT)の惨敗(10着)を見ると、終わり掛けているのではないかと(私は)思ってしまいます。
フラワーカップ(GV)の1番人気はCロックディスタウンで3.2倍、2番人気はIカンタービレで3.5倍、3番人気はBノームコアで6.9倍、4番人気がHトーセンブレスで7.0倍、5番人気が@メサルティムで7.7倍です。 Cロックディスタウンの1番人気には理由があって、騎乗する池添謙一が父親の池添兼雄の厩舎から藤沢和雄厩舎に転厩した初日だからです。

池添謙一が転厩したのは騎乗依頼を増やすために、騎手の多い栗東から美浦に移ったとか言われておりますが、多くの人は池添兼雄が将来に調教師をやらせるための修行の一環として藤沢和雄厩舎を選んだのではないかと思っています。 その転厩初日を飾る(祝う)ために、4戦目のこのレースを勝たせるように仕組んでいると考えているのでしょう。 Eインヴィジブルワンを先導馬にしてその後ろに着いていけば、あわよくばサンデーレーシングの1,2着、Eインヴィジブルワンが潰れた場合は前を開けるようにすれば、勝つのは容易でしょう。 他の騎手も藤沢和雄の配慮を読み取って(今はやりの言葉では忖度して)、北村宏司やデムーロは無理には追わない事も考えられますので、1着は堅いだろうと競馬ファンは考えていると推察されます。 実際にどうなるのかはレースを見れば一目瞭然ですが、そこまで露骨な事はしなくても、何かありそうな気はします。
私は、3歳馬のレースには興味がありませんので、どちらのレースもパスします。

2018年3月16日(金)
3月も半ばを過ぎて、だいぶ暖かくなってきました。 そろそろ冬服を着ているのが(年寄りじみて)恥ずかしくなりそうです。
競馬も重賞レースが増えて、土日ともに2レースあります。 JRAには金がありますので、売上の多い重賞レースは毎週でもやりたいのでしょうが、出走馬が集まりません。 最近は、金を出してまで出走馬を集めておりますので、今週も10歳馬が重賞レースに出走しているようです。
長年競馬をやっておりますが、9歳馬なら連に絡んだ事があったような気がしますが、障害競走を除いた重賞競走で10歳馬が連に絡んだ記憶がありません。 恐らく、ゴミ馬主とゴミ調教師が出走手当を得たいが為に参加しているのでしょう。 まともな人は、そんな馬の馬券は買わないので実害は少ないのですが、そうだからと言って、JRAは競馬を汚す行為は慎むべきでしょう。 こんな事を言うと、世の中には、もし勝ったらどうするのだと言う、臍が多重に曲がっている人1人や2人は居るものですが、99.9%連に絡む事は無いでしょう。

くだらない話は兎も角、今週は明日の土曜日には中山でフラワーカップ(GV)、中京でファルコンステークス(GV)、明後日の日曜日には中山でスプリングステークス(GV)、阪神で阪神大賞典(GU)が開催されます。 普通の人は阪神大賞典(GU)以外は手を出せないレースですので、馬券を買うとしたら阪神大賞典(GU)になるのでしょうが、レベルの低い、10歳馬や地方馬が出ておりますので、有力馬は出走馬の半分以下でしょう。 それで堅く決まるのなら、購入する馬券も絞れますが、当てにならない日本人騎手ばかりですので、荒れそうな予感がします。

2018年3月10日(日)
【後記】
今日もさっぱり参考にならないパドック解説をやりたいと思います。 参考にならないのに公開しているのは、公開していると多少は真面目にパドックを見るからだけの理由からです。
金鯱賞(GU)のパドックですが、8歳馬の2頭は頭数が不足していたために駆り出されただけの馬でしょう。 Cサトノノブレスは2番人気のDサトノダイヤモンドを勝たせるための先導馬かも知れませんね。 1番人気のHスワーヴリチャードは+10kですから、随分と庄野靖志も舐めた仕上げをしたようです。 それでも勝てると思っているのか、今回は2,3着でも構わないと思っているのでしょう。 3番人気の@ヤマカツエースは、去年と一昨年の勝者ですから、本来は1番人気でもおかしくは無いのですが、池添謙一では3番人気がやっとです。 連に絡む可能性はそこそこはあるでしょう。 他の馬と言うと、やる気があるのかどうか不明な福永祐一と三浦皇成ぐらいですが、展開にも恵まれないと無理でしょう。 私は1,2番人気以外に手を出すのはリスクが大きいと見て馬券は買いません。

フィリーズレビュー(GU)のパドックですが、3歳馬のせいなのか小柄な馬がやたら多いです。450Kを切る馬は蹴ろうと思ったのですが、それだと人気馬も消えますので、幼稚園の運動会の感覚で見たいと思います。 軸として無難なのは、3番人気の@アンヴァルと1番人気のFモルトアレグロでしょうが、見た目では一番体のでかい12番人気のQアリアが見栄えがします。 @ADFQでどれにしようか迷っていたら、またもや締め切られました。 所詮は見るレースですから、どうでも良いです。
金鯱賞(GU)の結果ですが、1着は1番人気のHスワーヴリチャード、2着が9番人気のHサトノノブレス、3着が2番人気のDサトノダイヤモンドでした。 やはりCサトノノブレスを先導馬にしてDサトノダイヤモンドはその後に着けておりました。あわよくば、CーDで1,2着を狙ったのかも知れませんが、ゴール前でHスワーヴリチャードで交わされて2,3着でした。 それでも9番人気が2着ですから、サトミホースカンパニーは笑いが止まらなかったでしょう。
フィリーズレビュー(GU)の結果は、1着が8番人気のIリバティハイツ、2着が2番人気のHアンコールプリュ、3着が5番人気のAデルニエオールでした。 3歳馬のレースですから、荒れたとか荒れないとか言えるレースではないでしょうから、こんなものでしょう。 私は馬券を買っていても的中は出来なかったです。

阪神12RをFから流そうとしましたが、これも締め切られてしまいましたので、中山12Rで勝負します。Bシアーラインの軸で良さそうですが、一応有力馬は@BEFKと見ました。 結局、@BKのボックスとBーEの馬連を買いました。 馬券を買おうとした阪神12Rは、軸馬のFローゼンタールは1着でしたが、2着のKスーパーモリオンは買えてませんね。
中山12Rの結果は、1着が11番人気のCメイショウボンロク、2着が1番人気のBシアーライン、3着が9番人気のGワイドリーザワンでした。 1200m戦だけあって、馬のレベルとか騎手のレベルは、ほとんど関係ありませんでした。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
最近の重賞競走は、結果が見え見えで配当が低く、手を出せなくなりました。 昨日の阪神スプリングジャンプ(GU)などは典型的な例でしょう。
今日は報知杯フィリーズレビュー(GU)と金鯱賞(GU)がありますが、報知杯フィリーズレビュー(GU)は3歳馬のレースなので予想は無理ですが、金鯱賞(GU)なら誰でも楽に予想が出来るでしょう。 出走頭数が9頭と少ない上に、外人騎手が2人も出ておりますから、この中の1頭は連に絡むでしょうし、2人で決着する可能性も高いです。
池添謙一も福永祐一もレベルが低くて、単勝オッズを見れば分かる通り、Hスワーヴリチャードが1.7倍、Dサトノダイヤモンドが2.7倍なのに対して、3、4番人気は10.3倍と12.9倍ですから、ほとんど参加しているだけの感じです。 これでは、馬券を買いたいと思う人はおりませんよね〜。

当日10時前です。 フィリーズレビュー(GU)の単勝1番人気は、Fモルトアレグロで3.8倍、2番人気がHアンコールプリュで5.1倍、3番人気が@アンヴァルで6.7倍、4番人気がEアマルフィコーストで7.2倍、5番人気がAデルニエオールで9.8倍のようです。
馬の年齢から見ても、騎手のレベルから見ても堅く決まるとは到底思えません。 前述の5頭の中の1頭ぐらいは連に絡むかも知れませんが、この5頭で決まる確率は、せいぜい5割あるかどうかでしょう。
馬券を買うようなレースではありませんね。

2018年3月10日(土)
【後記】
阪神スプリングジャンプ(GU)は、やはり鉄板レースでした。 2点買いでも足は出ませんでしたが、小銭に買うようなレースではありません。
もう一つの中山牝馬ステークス(GV)ですが、格上と良血からでしょうか、Aマキシマムドパリが1番人気になっております。 個人的にはEフロンテアクイーンが軸だろうと思っているのですが、軸に自信がある訳ではありません。
とんでも無く荒れる事もあるかも知れませんが、常識的に前述の2頭の他に有力馬は、@エテルナミノル、Jワンブレスアウェイ、Mカワキタエンカぐらいでしょう。
Fエンジェルフェイスも人気になっておりますが、脚質がMカワキタエンカと被っておりますから、両者を比較すると分が悪いです。 まぁ、お互いに潰し合うような気がしております。
馬のレベル差は無いような物ですから、少しでもミスをしたら終わりだろうと思います。

中山牝馬ステークス(GV)のパドックですが、パドックに人が多いせいか、せかせかして興奮気味の馬が多いです。 軸にしようとしていたEフロンテアクイーンですが、ちょっと落ち着きが無くて(私は)軸には出来ません。 1番人気のAマキシマムドパリも成績を見なければ、軸にしたくなるような馬体の馬ではありません。@エテルナミノル、Aトーセンビクトリーが良さそうに見えますが、どちらか連に絡まないでしょうか。 ヘボ相馬眼で見ると穴っぽい馬も多くて、Bバンゴール、Dキンショーユキヒメ、Jワンブレスアウェイは圏内でしょう。 騎手と調教師のレベルからAトーセンビクトリーを軸にして、@CIJを馬連、DEをワイドで買いました。
結果は、1着が6番人気のMカワキタエンカ、2着が2番人気のEフロンテアクイーン、3着が8番人気のIレイホーロマンスでした。 軸をEフロンテアクイーンにしていても外れましたね。 池添謙一は、個人的に高く評価していない面もあって、押さえておりませんでした。 12Rに手をだすかですが、中京は発走しましたし、阪神はEフォンターナリーリの軸が堅そうで駄目です。 中山も@GHで決まるでしょうから、買えないですね。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日8時半です。 今日の重賞の阪神スプリングジャンプ(GU)は、昨日も記載した通り、Aアップトゥデイトから1,2点も流せば的中出来るレースでしょう。 障害競走なので落馬する場合も無いとは言えませんが、林満明が騎乗なので、お祈りをしてから乗馬するでしょうから大丈夫でしょう。 こんなレースの馬券は売れませんね。
中山牝馬ステークス(GV)の単勝1番人気はAマキシマムドパリで5.3倍、2番人気がEフロンテアクイーンで6.5倍、3番人気がJワンブレスアウェイで7.1倍、4番人気がMカワキタエンカで7.5倍、5番人気がAトーセンビクトリーで7.9倍、6番人気が@エテルナミノルで8.0倍、7番人気がFエンジェルフェイスで8.6倍のようです。
牝馬のレースだけあって人気は割れております。 確かに「結果は馬に聞いてくれ」みたいな雰囲気がありますから、人気が割れるのは仕方が無いでしょう。
ただ、1番人気のAマキシマムドパリに騎乗するのが藤岡佑介ですから、レベルが不安な点と栗東の騎手ですから、競馬場のポイントなどをどこまで掴んでいるのか心配な点はあります。 2番人気のEフロンテアクイーンも騎手は中山が得意な北村宏司ですが、馬が2着がやたら多いのが(決め手が無い分)多少気になります。 調教師が国枝栄ですから手を抜く事は無いでしょうが、休養明けなのでどのぐらい仕上げているのかは注意して見る必要があるでしょう。
騎手レベルで選べば3番人気のJワンブレスアウェイですが、戸崎圭太がどの程度メス馬をコントロールできるのかは、レースをみないと分かりません。
当たればそこそこは儲かりそうですが、運も味方に付けないと的中は無理でしょう。

2018年3月9日(金)
本州では日増しに暖かくなっているのが感じられますが、北海道はまだまだ厳寒の冬なのでしょうか。
巷では北朝鮮が核開発とミサイル開発の中止を約束するとか、日本では財務省が公文書偽造の疑いがあるとかで騒いでおります。
どちらも、安倍晋三首相には大打撃のようで、表面上は政府も制裁の成果が出たとか言っておりますが、またもやアメリカの頭越し外交が決定的で、恥を掻かされた安倍首相は、急遽トランプ大統領と4月に打ち合わせをするそうです。 日本のメンツを保つための打ち合わせであり、それが形式的で無意味なのは小学生でも想像が出来ます。
公文書偽造も事実であれば、麻生太郎財務大臣の首が飛ぶのは確実であるし、安倍晋三首相の再選にも相当な影響を与えるでしょう。

それは兎も角、今週の競馬は明日の土曜日には中山で中山牝馬ステークス(GV)、阪神で阪神スプリングジャンプ(GU)、明後日の日曜日には阪神でフィリーズレビュー(GU)、中京で金鯱賞(GU)が開催されます。 スプリングジャンプ(GU)は、出走頭数が9頭とどうでも良いレースなので各馬の成績を見たら、Aアップトゥデイトから1,2点も流せば良いだろうとは、誰にでも判断出来るでしょう。 中山牝馬ステークス(GV)は、牝馬のハンデ戦にして、荒れるようにJRAは仕組んでおりますので、実際にも荒れる事は多いでしょう。 ただ、人気になる馬は想像出来て、騎手人気から戸崎圭太が騎乗のJワンブレスアウェイが1番人気で、中山巧者の北村宏司が騎乗のEフロンテアクイーンが2番人気ではないかと(一目見た感じでは)思いました。 牝馬のハンデ戦などは、(パスするかどうかは別にして)誰も好んで馬券を買いたくなるようなレースではありません。
日曜日の金鯱賞(GU)は、出走頭数が9頭ですから荒れてもたかが知れておりますし、フィリーズレビュー(GU)は、18頭と大目ですが、馬主のサンデーレーシングが3頭も出走させておりますので、チームプレーで勝つつもりだろうなとは、誰でも想像できます。

2018年3月4日(日)
【後記】
馬券的な妙味が全く無い弥生賞(GU)を2点買いで的中できないかと考えております。 そんな無理っぽい事をしなくても、他に条件戦があるだろうと言われそうですが、条件戦ではパドックの馬を見てもさっぱりですし、データだけでなく馬主や調教師の思惑も掴んでいないと予想は的中できないと感じております。 それで弥生賞(GU)を選択するのですが、注意点は1番人気のHダノンプレミアムの軸で絶対なのかと、2着馬を間違えない事だけでしょう。 Hダノンプレミアムに騎乗する川田将雅は、昨日もチューリップ賞(GU)で2番人気のHリリーノーブルが3着と期待を裏切りましたが、よりによって女たらしの武豊に負けるようでは、まだまだ騎乗レベルに問題があります。
今回は1番人気で、しかも調教師は若いながらも調教技術のレベルが高い中内田充正ですから、よもや負けないと思いますが、3歳馬のレースですから馬単は避けた方が良いかも知れません。 このレースでHダノンプレミアムが3着以降なら川田将雅は終わったぐらいに(私は)考えております。
そうなると、相手馬ですが、2番人気のGワグネリアン、3番人気の@オブセッション、4番人気のBジャンダルム、5番人気のIサンリヴァルから選べば良い事になります。
騎手と調教師で予想する人なら、考えるまでもなく@オブセッションとBジャンダルムですが、重賞には滅法弱い福永祐一でも勝つ時はありますし、藤岡佑介でも31歳にもなりましたのでまともな騎乗をする事も多くなりました。 軸が正解でも、この4頭の中から2頭を選ぶのでは、外してしまう場合もありそうです。 はっきり言うと、本来は弥生賞(GU)は見るレースでしょう。 これで軸も外して相手馬も外すようでは、私も引退すべきかも知れません。(最近の状況では可能性がありますので、引退すると断言はしません)

つまらない話はこのぐらいにして、弥生賞(GU)のパドックですが、3番人気の@オブセッションは胴体が長くて長距離向きの体型で、しかも落ち着いておりますので期待出来そうです。 5番人気のIサンリヴァルも走る気合が出ていて良いと思います。4番人気のBジャンダルムもなかなかの雰囲気です。
1番人気のHダノンプレミアムは2人引きでも興奮しておりますので、いつもの事なら心配ないでしょうが、そうでない場合は乗り方に苦労すると思います。2番人気のGワグネリアンも同様で、(私などは)福永祐一でじはコントロール出来ないのではないかと心配になります。 ただ、これが闘争心の表れであるなら、逆に期待出来ます。1,2番人気馬は無暗には切らない方が良いのは言う迄もありません。
冒険ですが、Gワグネリアンは良くて3着と見て馬券購入を考えます。@Hを本線にして、相手にBGIを買います。 今日は何としても当てたいので、GーHの組み合わせも買いました。 と思ったら、本線の@−Hの組み合わせを買い忘れました。これはやばいです。

結果は、1着が1番人気のHダノンプレミアム、2着が2番人気のGワグネリアン、3着が4番人気のBジャンダルムでした。 当たりはしましたが、300円も損をしてしまいました。 @-Hで無かっただけ、泣かずには済みましたが。 これではつまらないので、検討しておりませんが中山の12Rを買います。 1番人気はHアオイシンゴですが、内田博幸は往年の勢いが無くなったので、軽視して2番人気のAショウナンアンセムと3番人気のCアヴニールマルシェの2頭軸にします。 相手は@Eで十分でしょう。内田博幸がヘマをして3着以降になるのを祈りたいと思います。 結果は1着が4番人気のGカルヴァリオ、2着が2番人気のAショウナンアンセム、3着が1番人気のHアオイシンゴでした。Hアオイシンゴが3着なのはもくろみ通りで大正解でしたが、期待の3番人気のCアヴニールマルシェが10着、5番人気のEベストリゾートが5着では話になりません。冷静に考えれば4番人気も可能性は高いと分かるのですが、AーCで決まると思っているのですから、そこまで頭が回りません。 Cアヴニールマルシェは+16kでしたから、調教代わりかもしれませんね〜。
いくらヘボな私でも、こんなに予想が外れ続けるのは珍しいです。 誰かに呪われているのでしょうか。

弥生賞 本日メインの弥生賞です。 なんと、今年の初的中馬券です。
トリガミ馬券でしたので、資金を追加して中山12Rに手を出したら、全て失ってしまいました。

(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日9時半です。 今日は中山で弥生賞(GU)がありますが、頭数も少なくて10頭ですが、その中でも抜けた5頭のレースだろうと言われております。多分、5番人気までの馬を言っているのだと思います。 単勝オッズを見ても、1番人気はHダノンプレミアムで1.8倍、2番人気がGワグネリアンで3.6倍、3番人気が@オブセッションで5.1倍、4番人気がBジャンダルムで6.8倍、5番人気がIサンリヴァルで18.1倍のようです。 5番人気でさえ18.1倍ですから4頭ボックスでも決まりそうですが、3歳馬のレースで2,3戦の馬が大部分ですから5頭になるのでしょう。 馬連のGーHで3.3倍の配当ですから、3点ボックスでも足が出る場合があるかも知れません。 競馬は予想が当たりさえすれば良いと思う人は少ないでしょうから、(私を含めて)どの馬で決まっても損をしたくない人は手を出せるレースでは無いでしょう。 最近の重賞レースはこんなのばっかりです。

2018年3月3日(土)
【後記】
現在は午後2時半です。 チューリップ賞(GU)は1番人気、2番人気で決着すると馬連が2.8倍ですから、9割は当たるからと言われても、買うのを躊躇しそうなレースです。 (せいぜい6割でしょうが)
オーシャンステークス(GV)は、朝はLナックビーナスが1番人気でしたが、今は3番人気(5.9倍)に後退して、1番人気は(4.5倍)朝は4番人気だったNレーヌミノル、2番人気(5.4倍)はIダイメイフジ、4番人気(7.3倍)はCビップライブリーです。 元々騎手人気でしたが、マイルチャンピオンシップ(GT)4着のNレーヌミノルの実力が見直されているのでしょう。 この馬にデムーロか戸崎圭太でも騎乗しておれば軸として堅いでしょうが、和田竜二では(競ったら)幅寄せでもしないと勝てないのではないですか。 私には楽勝のイメージはしません。 私も人の騎乗にケチを付けている暇は無くて、今日は当てたいです。
今日は、チューリップ賞(GU)はパドック評価だけにして、オーシャンステークス(GV)はパドック評価と馬券購入もやってみましょう。
軸選びさえ間違えなければ、馬連で6点も買えば当たるでしょう。 (それなら誰でも当たりそうですが)

先に発走するチューリップ賞(GU)ですが、392Kと小柄な@ウインラナキラが可憐な感じの素直そうな馬で好感が持てます。 この貧弱な馬体では2着も無理でしょうが、応援したくなります。 軸は誰が考えても1番人気のDラッキーライラックになります。
肝心のオーシャンステークス(GV)のパドックですが、人気馬では1番人気のNレーヌミノルや3番人気のLナックビーナスが良く見えます。 2番人気のIダイメイフジは走りそうな体型ではありませんが、成績は抜群ですので距離が短いので体型は関係が無いのかも知れません。
先行馬が有利と言われておりますので、馬番の5番迄なら展開が嵌れば連に絡む事もありそうです。Hネロ、Kラインスピリット、Mエポワスは苦しいと見ました。
まだ絞れ切れていないような気もしますが、2番人気のIダイメイフジの騎手がデムーロなので、この馬から流します。 と思ったら締め切られてしまいました。 最近は迷う事が多くてこれが多いです。
チューリップ賞(GU)の結果は、1着が1番人気のDラッキーライラック、2着が3番人気のCマウレア、2着が2番人気のHリリーノーブルでした。 馬連220円で決着しなかっただけましかも知れませんが、3着でも川田将雅のレベルは最近低下しております。 どれだけ多くの人が、馬連DーHの1点買いをしていたのかが分かります。
オーシャンステークス(GV)の結果は、1着が10番人気のFキングハート、2着が2番人気のLナックビーナス、3着が1番人気のIダイメイフジでした。 1着のFキングハートは雰囲気は良かったので相手に含めようかと思った馬でしたが、父親がオレハマッテルゼだったので、断念した馬でした。 それにしても軸にしようとしたIダイメイフジが3着では、馬券を買えなかったのが幸いしました。 最近は予想が当たらなくて泣けてきます。
中山の12Rの馬券購入も考えましたが、2番人気のKナックビーナスの軸は誰でも考えそうなのと、距離が1200mで短いのと横山典弘は安定性が低いので止めました。結果は横山典弘はやる気が不足していたのか出遅れ気味で、後方から足を余して惨敗したようです。(5着以内にも入らない)
  (後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日9時半です。 今日はチューリップ賞(GU)とオーシャンステークス(GV)がありますが、昨日に書いたように馬券的な妙味はありません。
オーシャンステークス(GV)は、Lナックビーナスが1番人気(5.2倍)、Iダイメイフジが2番人気(5.4倍)、Cビップライブリーが3番人気(5.5倍)ですが、この3頭の中から1着馬が出る可能性は高いでしょう。
ただ、どの馬も休養明けだったり、ローテーションが滅茶苦茶だったりですから、安定性は無いと思われて人気は5倍台です。 Nレーヌミノルが4番人気(7.9倍)で、この馬も有力馬でしょうが、近走の成績を見ると評価が下がるのは仕方がありません。 調教師に問題があるのでしょうか。
それよりは、5番人気(9.0倍)のBアルティマブラッドの方が有力かも知れませんが、この馬も休養明けで走らせてみないと分かりません。 このレースが馬券的な妙味が無いのは、不安定な馬が多くてさっぱり絞れないからです。 パドックで馬を見極められる人なら有利かも知れませんが、私のレベルでは無理です。

チューリップ賞(GU)は、Dラッキーライラックが圧倒的な1番人気(1.9倍)で、この馬が能力的に勝つのは当たり前なのですが、その分仕上げませんので賞金を満たすために目一杯に仕上げられた馬に負ける場合もあるだろうと巷のサイトには書いてありました。
この考え方は正しいでしょうから、単勝は危ないかもしれませんが、3着以降にもそうそうは成らないと思います。 それは2番人気のHリリーノーブルにも言えるかも知れませんが、どちらの馬も連に絡まないとは考え難く、馬券的な妙味は無いと(私は)考えております。

2018年3月2日(金)
今週は、明日の土曜日は中山でオーシャンステークス(GV)、阪神でチューリップ賞(GU)、明後日の日曜日は中山で弥生賞(GU)があります。
重賞競走は増えましたが、相変わらず出走頭数が揃わないようで、オーシャンステークス(GV)は16頭の出走馬ですが、10歳馬が2頭、9歳馬が1頭出走しております。
その中で、Jスノードラゴンは前走が2着ではありますが、まぐれに近い2着でしょう。勝てなくなるのも近いと思います。チューリップ賞(GU)は3歳牝馬のレースですが、それでも10頭と少なく、実質は2、3頭のレースではないでしょうか。
弥生賞(GU)なら増しかと見ると、こちらも10頭です。 こちらも軸は2,3頭に絞られますので、今週も配当的な妙味は全く無いレースばかりです。
JRAもそれは承知しているようで、馬連5%アップとかにしておりますが、そんな程度アップしても、強い馬と弱い馬がはっきりしておりますので、配当的にはほとんど変化がありません。 JRAは儲け過ぎているのがはっきりしてきましたね。
これで、競馬ブームだとか言っておりますが、本当なんでしょうか。 私は馬券を買いたいとはさっぱり思いませんよ。

2018年2月25日(日)
【後記】
当日の10Rの発走がもうすぐ始まる時刻です。今日はメインレースだけに絞って、何としても予想を的中させようと意気込んでおります。
先週は、「馬ちゃんの競馬予想」の付き合い買いをしたために外してしまいましたので、今日は馬ちゃんは完全に無視したいと思います。 そうは言っても、馬ちゃんも1,2番人気を含んだ順当な予想をしておりますので、当たる可能性は高いです。 阪神の10Rを見ておりましたが、1番人気のAクリノリトミシュルに騎乗しているルメールは、ゴール前でぴったりと差し切りました。 あの上手さはどこから出るのでしょうか。不思議としか言いようがありません。 中山の10Rの1番人気のEハットラブも、横山典弘が必死に追って何とか1着を確保しました。 いつもあのように真剣に追ってくれれば良いのですが、時々、手綱を持ったままでレースを終了する事があります。
さて、阪急杯(GV)のパドックですが、多くの馬が太目残しに見えます。馬の能力は別にして、5番人気のKディバインコードは仕上がっているように見えます。 勝つのはやっぱり1番人気のPモズアスコットなんでしょう。 KーPのワイドで5倍もつきますから、運試しに100円買ってみましょう。

中山記念(GU)のパドックですが、Iアエロリットが気合が入っていて良さそうには見えますが、+10Kで苛立っているとも思えて判断が難しいです。 こちらも1番人気のCペルシアンナイトが無難かなと思いますが、落ち着いてはおりますが馬に迫力は感じません。
Bヴィブロスもデータ的には申し分ありませんが、パドックは2人引きでも頭が高いです。いつもこうなのかは分かりません。2番人気のDウインブライトは飄々とした雰囲気で、走るタイプには見えませんが、どうなんでしょう。 B-Cでも馬連が7.5倍では、ちょっと買えませんね。Eマイネルハニーが3着に粘れるならワイドか3連複が期待出来ますが、人気馬に差し切られる可能性の方が高いでしょう。 残念ながらパスします。

阪急杯(GV)の結果ですが、いやぁ物凄いゴール前の接戦でした。Kディバインコードも頑張りましたが、ちょっと力不足でした。結局馬券を買うのをあきらめた中山記念(GU)の結果ですが、1着は2番人気のDウインブライト、2着が5番人気のIアエロリット、3着が6番人気のGマルターズアポジーでした。 本来なら逃げるのはGマルターズアポジーでは無くてEマイネルハニーなのですが、出遅れて勝負になりませんでした。
「馬ちゃんの競馬予想」は阪急杯(GV)も中山記念(GU)も予想が的中しておりましたが、足が出る場合もありそうですから、威張れないと思います。(私の負け惜しみです)
12Rに手を出しても、傷口が広がるばかりでしょうから、今日は100円損しただけで終わりにします。
自信が無くて、購入を避けた12Rでしたが、小倉は1,2番人気で決着して馬連1090円でしたが、阪神は1番人気、15番人気で馬連28220円、中山は2番人気、7番人気の決着で馬連5800円でしたので、私のレベルでは(小倉は買いませんので)的中は無理でした。 (恐らく、ほとんどの方が的中出来なかったと思います)
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
今日は中山で中山記念(GU)と阪神で阪急杯(GV)がありますが、現在(当日0時半)中山記念(GU)の単勝1番人気はCペルシアンナイトで2.3倍、2番人気はDウインブライトで6.2倍、3番人気がAサクラアンプルールとIアエロリットで7.0倍、5番人気がBヴィブロスで7.6倍です。
人気は割れておりますが、1番人気に騎乗するのがデムーロですから、余程の事が無いとミスをしませんので、軸としては安定しているでしょう。 逆に2番人気に騎乗するのが松岡正海ですから、こちらの方が危ないと思いましたが、馬が11戦して10戦が松岡正海が騎乗しておりますから、いくらヘボでも何とか乗りこなすでしょう。
他に専属で騎乗させて貰っているのは、横山典弘ぐらいですから、この3人の騎手が有望でしょう。 はっきり言って5番人気以内のボックス買いなら8割程度は当たると思っているのですが、甘いでしょうか。(こんな馬鹿な買い方をする人はおりませんが)
阪神の阪急杯(GV)は、やはり外人騎手のルメールが騎乗するPモズアスコットが単勝3.0倍で1番人気です。 最近の重賞は外人騎手が1番人気の場合は、その馬を軸にして6点も買えばほぼ的中出来ます。 競馬予想は実に楽になりました。 そのせいかどうかは分かりませんが、競馬評論家も必要性が無くなったらしく、柏木集保もネット競馬での競馬予想を止めたよう(止めさせられたのかも)です。 あれだけヘボな予想ばかりしておりましたので、(批判も多いでしょうし)無理もないでしょう。

当日9時です。 中山記念(GU)のオッズ傾向に変化はありません。 Cペルシアンナイトの軸が堅そうであれば、300円の儲けでも馬券を買おうと思っています。
阪急杯(GV)のオッズ傾向も変化がありませんが、こちらのレースは騎手の面子から見ると、順当に決まる事は無いかも知れません。
実績なら1番人気(3.1倍)のPモズアスコットよりも、2番人気の(4.0倍)のEレッドファルクスが上ではないかと思うのですが、川田将雅よりはルメールがレベルが上ですから、仕方が無いでしょう。 雰囲気的には堅く決まるレースでは無さそうです。
3番人気(9.3倍)のNカラクレナイは、騎手が池添謙一ですから、3着以内に入れたら、オリンピック風に言うと「頑張ったね」になるでしょう。
4番人気(10.0倍)Aシュウジも、福永祐一が騎乗ではまぐれしか期待できません。

2018年2月24日(土)
【後記】
気が付いたら京都開催が終わって阪神開催の一日目でした。 京都競馬場と阪神競馬場とどちらが予想が楽かですが、阪神は直線に坂がある分、やや予想が難しいのではないでしょうか。 では、坂の無い小倉なら予想が楽かと言うとそうでは無く、先行馬が有利だとの理由だけで、レベルの低い騎手がやたら飛ばすだけの競馬ですから、潰れる馬が多くて予想は難しいです。 今日の小倉だと、藤岡佑介などは勝ちを拾いまくらなければいけない立場なのですが、果たしてどのぐらい勝てるのでしょうか。 藤田菜七子は、こういった低レベルの騎手が多いレースで修行して、少しは勝てる喜びを味わう必要があるでしょう。 ここでも半分より下の順位ばかりだと、怪我をしないうちに結婚して、引退した方が良いかも知れません。 (なんて言うと、袋叩きされるでしょうね)

そんな事より、どこかのメインレースに、必ず的中して儲かるようなレースでも無いでしょうか。 中山は1200mのハンデ戦ですから、JRAが荒れるように仕組んでいるので無理として、阪神もいつものようにデムーロが1番人気では当たっても儲からず、小倉は前述したようにヘボ騎手の集まりですから運任せになります。
発走直前ですが、小倉のパドックは2番人気のCグローブシアターと1番人気のDテーオーフォルテは馬体重から見ても仕上がっておりますので、どちらかは連に絡むでしょう。
阪神の仁川ステークスは、1番人気のAサンライズソアはちゃかちゃかして落ち着きがありませんが、デムーロですから心配ないのかな。 福永祐一が2番人気ですが、5番人気のルメールまで差は無いでしょう。
小倉が決着してD→J→Cでした。 レース内容はまだ見ておりませんが、藤岡康太がミス騎乗でもしたのでしょう。
中山は短距離戦にしてはほっそりした馬が多いです。 1番人気のMロードセレリティも+12Kでは、どこまで仕上げたのか危ないですね。 やはり、荒れるように仕組んであると思いますし、実際にも荒れそうです。 阪神は2番人気→1番人気であっさりと決着しました。 福永祐一もオープン戦なら人気に応える事が出来るようです。
中山は当然の如く荒れました。 こんなレースの馬券を買うのは素人でしょう。 中山12Rの2番人気のGドリームリヴァールが面白そうだとの記事があって注目しているのですが、確かに歩様も大きくて8歳馬とは思えないです。 馬単で5点ぐらい流せば的中できそうな気がしますが、最近は運に見放されておりますので止めます。
運を戻すきっかけは、やはり重賞レースにしたいです。(中山12Rの結果は、所詮8歳馬で6着止まりでした)
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日10時半です。 今日は重賞競走もありませんので、おとなしくしております。
形骸化している、自分のソフトのバージョンアップ作業でもやります。

2018年2月23日(金)
気象庁の天気予報が、寒波が襲来するとか騒いでいる割には、それ程の事は無く、かなり暖かくなってきました。 酷い状況なのは北陸や東北の日本海側のようです。
小倉競馬場が一日レース中止になりましたので、北とか南とかは関係がありませんね。 ところで、最近は北と言う言葉は、方角よりも北朝鮮を意味する事が多くなりました。 確かに、北朝鮮に(ミサイルを撃ち込まれる)脅威を感じてきたのは私だけでは無いと思います。 ただ、日本の政府も官僚も呑気で楽天家ばかりのお目出度い人ばかりですから、どこかにミサイルを撃ち込まれてから大騒ぎするのでしょう。 そんな無神経な精神構造が、日本人が長生きする要因にも成っているでしょうから、それはそれでお目出度い事(喜ぶべき事)なのかも知れませんね。

それは兎も角、競馬はシーズン到来までは先が長く、今週も土曜日には重賞が無く、日曜日に中山で中山記念(GU)と阪神で阪急杯(GV)があります。
中山記念(GU)はGUレースとは言っても、出走馬が10頭しか集まらず、相変わらずデムーロから数点流せば的中するのでしょう。 日本人の騎手のレベルの低さには驚くばかりです。 馬が違うだろと言われるかも知れませんが、レベルの高い騎手にレベルの高い馬が集まるのは当然で、煎じ詰めれば騎手のレベルが日本人騎手は低いと言う事です。 予想が当て易いのは良い事でしょうが、毎週のように馬券を買っている人にとっては、配当が低くて競馬資金が増えないのが悩みです。 私も、その影響で馬券を買うのをあきらめたり、欲のために下手に人気馬を蹴ってしまって、結局は外れてしまって泣いております。

2018年2月18日(日)
【後記】
当日の午後2時過ぎから記載をしております。 各競馬場の8Rが終了した時刻になります。
今年は、未だに的中馬券の掲載が出来ておりませんので、今日のフェブラリーステークス(GT)で的中第一号にしたいと思います。
的中馬券が無いのは、予想レベルが低いのもありますが、配当が低くて馬券を購入しないレースが多いのも事実です。 当てるだけなら容易なレースはいくらでもありました。
フェブラリーステークス(GT)も10点も買えば、ほぼ当たると思いますが、それでは足が出る場合もあり、馬連3点で的中させようと思っておりますが、それだと、運も良く無いと的中出来ません。 軸は誰が考えても1番人気のOゴールドドリームでしょうから、この馬から流すのは常識的ですが、欲張って馬単で買ったりすると、もしかしてもあるかも知れません。
私は、修行中のパドックを見て、最終的な判断をさせていただきます。

東京9Rは発走しておりますが、2番人気のムーアが騎乗のFグレートタイムがパドックでは良く見えます。 結果は4着でした。 相馬眼のレベルが低くて恥ずかしいです。
東京10Rは、520K前後の巨体の馬が1,2番人気になっておりますが、日本の馬場にはパワーはいらないような気がするのですが、競馬は相手次第ですから、これでも良いのでしょう。 天気も良いですし人気サイド(5番人気以内)で堅く決まりそうですね。 先に発走する小倉大賞典(GV)のパドックですが、気合乗りの良い馬が多いです。 7歳馬ですが、5番人気の@スズカデヴィアスも走る気満々ですし、1番人気のLトリオンフも成績も良いですし、雰囲気も申し分ありませんので、非常に有力だと思います。 買うとしたら、1番人気のLトリオンフから、@BDEMに流すのですが、小倉競馬場のレースですから、止めておきます。 と思いましたが、「馬ちゃんの競馬予想」の付き合い買いで、Lを軸にBCDMの4点の馬連を買いました。 さて、肝心のフェブラリーステークス(GT)のパドックですが、パドックの内も外も人であふれておりますので、馬が興奮しております。IテイエムジンソクもMゴールドドリームも大丈夫だろうかぐらいの興奮度ですので、騎手は落ち着かせるのに苦労するでしょう。 小倉大賞典(GV)は、軸は正解でしたが、2着が15番人気のOクインズミラーグロでは、私のレベルでは無理です。
フェブラリーステークス(GT)は、Iテイエムジンソクの興奮度が大きいと見て軽視しました。代わりに馬ちゃんお薦めのCアウォーディーを抜擢しましたが、武豊は私が買うと惨敗するんですよね。 フェブラリーステークス(GT)の結果は、1着が4番人気のKノンコノユメ、2着が1番人気のMゴールドドリーム、3着が6番人気のEインカンテーションでした。 私は最終的には「馬ちゃんの競馬予想」に合わせて穴人気の馬券を買いましたので的中出来ませんでした。 1番人気4番人気の決着で、馬連の配当が1140円でしたから、多くの方が的中出来たと思います。 私は欲張り過ぎて的中出来ませんでした。 反省しております。(Iテイエムジンソクが消えそうだと思った時点で、過剰な欲望に捕らわれてしまいました)
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
今日のフェブラリーステークス(GT)の予想ですが、オッズを見ると余りにも妥当な人気に思えて、検討する気が(私は)起きませんが、皆様はいかがでしょうか。
これが福永祐一が騎乗するAケイティブレイブや武豊が騎乗するCアウォーディーが1,2番人気だったら、紛れもあるなと期待できるのですが、ムーアが騎乗するMゴールドドリームが1番人気では、運が良く無いと紛れはありません。 それ程までに実績のある騎手ですから仕方がありません。
2番人気のIテイエムジンソクなら、古川吉洋は東京競馬場に慣れておりませんので、ミス騎乗をするかも知れませんが、騎手がミスをしても馬がカバーしそうな気がして、こちらも運任せの部分が多いです。 6点も買えば恐らくは的中するでしょうが、1,2番人気で決まると5倍を切りそうな雰囲気ですから、3点で買うのも(私は)躊躇します。
かと言って、荒れそうな小倉大賞典(GV)を運任せで買うのも気が引けますし、困った困ったの状態です。

当日11時です。 ダートのGT戦は荒れ難いレースです。 言う迄も無く、ダート戦は馬場の位置取りでの影響差が少なく、GTレースは叩き台とか言って調教代わりにレースに出走させる調教師や馬主が少ない点です。 賞金が高い点も騎手や調教師が真剣になりますので、理由として挙げられるかも知れません。 フェブラリーステークス(GT)の単勝オッズは、1番人気がMゴールドドリームで2.3倍、2番人気がIテイエムジンソクで4.1倍、3番人気がOサンライズノヴァで7.6倍、4番人気がKノンコノユメで9.2倍、5番人気がA ケイティブレイブで15.1 倍です。 連に絡むのは、(常識的には)この5頭と考えて良いと思います。個人的には5番人気はCアウォーディーではないかと思っているのですが、恐らくはどちらの馬も連には絡まないと思います。 この4、5頭の中から軸馬を決めて、馬連なら3、4点の馬券を買えば的中する筈ですが、競馬シーズンではありませんので、的中率は4〜5割程度でしょうか。 曲りなりにも競馬をやっている私としては、馬連なら3点以内の購入で的中出来ないと馬鹿にされるでしょう。(もう、されておりますが)

2018年2月17日(土)
【後記】
明日のフェブラリーステークス(GT)の検討もそろそろ始めないといけなくなってきました。
メインレースまで時間があるので、いつも馬鹿馬鹿しい予想ばかりしているJRA-VANの「データde出〜た」を覗いてみました。最初の方に「今週末にかけては転向も安定しており、おそらく良馬場で行われる見込み。」とか書いてあるのを見ただけで内容は推察できますが、私も誤字や脱字は多いですが、サイトを視る人数が100倍は違いますから、1、2度は読み直せよと言いたくなります。 それと、偉そうな口調で書いている割には、有力馬はゴールドドリームだそうで、いくら原稿料を貰っているのかは知りませんが、余りにも常識的過ぎる結論ではないですか。 自称「ケンタロウ」さんよ。 これでは早稲田大学卒業の学歴が泣きますよ。

くだらん話は兎も角、ダイヤモンドステークス(GV)は3点買いで当たらないでしょうか。 軸はチームプレーをすると思われるMフェイムゲームを軸にして、相手がとんでもない穴馬でも来ませんかね〜。 先に行われる京都牝馬ステークス(GV)のパドックですが、牝馬にしては大柄の馬が多いです。ただ体のバランスかから言うと見栄えはしません。 Cミスエルテは頭が高過ぎると思いますが、どうでしょうか。 1番人気のGミスパンテールも興奮状態ですから、返し馬が落ち着いていないようだと、やや危険ですね。11番人気のEアリンナが馬の体型は良いと思いますが、休養明けで+20Kですから、今日は模様見のレースでしょう。
3番人気のIデアレガーロも2人引きで迫力はありますが、馬券を買ってみたいと思う程では(私は)無いです。 抜けた馬が居なくて、荒れ易いレースですので、私は手を出しません。 ダイヤモンドステークス(GV)のパドックですが、1番人気のOフェイムゲームが左後ろ足を極端に言うと引きずるように歩くのが気になります。コズミとかではなくて癖なんでしょうが、もし、負けたら敗因のの一つに挙げられるでしょう。 気合が入っているのは7番人気のFリッチーリッチーですが、休養明け、初距離、格下馬、内田博幸騎乗では不安要素が多過ぎます。 芦毛なので馬の見栄えはしませんが、5番人気のBプレストウィックは人気よりも走りそうです。
予定通り、1番人気のOフェイムゲームから流そうとしましたが、相手馬を考えていたら締め切られてしまいました。 でも、配当が低いので当たっても悔いはありません。
結果は、1着が1番人気のMフェイムゲーム、2着が4番人気の@リッジマン、3着が6番人気のEソールインパクトでした。 3点買いでの的中はややきついですが、4点なら的中出来ますので、馬連配当は1030円でした。 今日は馬券を買いそびれましたが、どこかの12Rをやる気力はありませんので、これで手を引きます。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
今日のダイヤモンドステークス(GV)ですが、軸はトップハンデでもMフェイムゲームでしょう。 2着になる場合もあるかも知れませんが、連は外さないと思います。
相手も2番人気のDホウオウドリームと、3番人気のGレジェンドセラーで仕方が無いと思います。 どちらかは惨敗しそうな感じがしますが、嵌れば1着もあるかなぐらいで考えております。 他には、Bプレストウィックや@リッジマンが人気になっておりますが、ちょっと厳しいのではないでしょうか。 福永祐一が騎乗する5番人気のEソールインパクトも気にはなりますが、騎手レベルで疑問がありますので、3着はあっても連には絡めないだろうと勝手に想像しました。
京都牝馬ステークス(GV)は、私のレベルでは予想は無理です。 いつものようにデムーロが騎乗の1番人気のBソルヴェイグを軸にしておけば当たるのでしょうが、それでは配当が期待出来ません。 よってパスします。

当日8時半です。ダイヤモンドステークス(GV)ですが、人気傾向は変わっておりません。 1番人気のMフェイムゲームは年齢的な心配は、8歳でも休養も多く取っておりますので体力は7歳前後と考えて心配はしておりませんが、ハンデが58.5Kなのにはびっくりします。
いくらなんでも、それは無いだろうとJRAに言いたいのですが、それほどレベル差があるのか、この馬を負けさせたいのでしょう。 その点だけは不安要素ですが、同じ馬主の馬を3頭も出走させておりますので、別の馬を先導させて1,2着は確保すると(私は)見ました。
2番人気のDホウオウドリームは、1600万条件の格下馬であり、しかも3000m以上を走った事も無く、しかも騎手が下手な松岡正海なのですから、当初は無条件で消していたのですが、他に期待できる馬が居ないので、仕方なくピックアップしております。 馬が強ければ勝つ事があるだろうぐらいで選んでおります。
3番人気のGレジェンドセラーは、田辺裕信な点もあって、当初は軸はこの馬だろうと思っていたのですが、やはりDホウオウドリームと同様に実績が無く、AJC杯の惨敗を見ると、レベルが低い馬ではないかと思ってしまいます。 騎手では、蛯名正義や戸崎圭太、福永祐一、内田博幸等も居りますが、騎手は真剣に騎乗しても馬のレベルが足りなかったり、福永祐一や内田博幸のように重賞は嵌らないと勝てないような騎手では、評価を下げるしかありません。 有力馬が全て消えた時の大穴は、11番人気のHトウシンモンステラではないかと思っているのですが、こんな事を言うと競馬の素人と言われてしまうでしょう。(評価は当たっておりますが)

2018年2月16日(金)
今週は重賞レースが土日で4レースありますので、競馬シーズンも近いのかなとは思いますが、出走メンバーをみると相変わらず老人会馬が多くて、JRAがやっと掻き集めたなと、私は思ってしまいました。 それでも、日曜日には東京でフェブラリーステークス(GT)がありますので、このレースを叩き台にする調教師や馬主は極めて少ないでしょうから、ようやくまともな決着が期待できるのではないかと思っています。 何しろ、今までの結果が酷かったです。クイーンカップ(GV)、共同通信杯(GV)、京都記念(GU)は、1,2番人気が全く連に絡まず、その前の週でもきさらぎ賞(GV)で、2番人気のグローリーヴェイズが、かろうじて2着になっただけで、東京新聞杯(GV)でも、1,2番人気は連に絡みませんでした。
その前の週のシルクロードステークス(GV)まで遡っても、1,2番人気は連に絡まず、根岸ステークス(GV)でようやく1番人気が2着に残りましたが、1着が6番人気のノンコノユメでは、的中出来たのは多点買いをした人だけです。 JRAは、八百長レースを仕組んでいるのではないかと疑われても仕方が無いでしょう。 私はこの頃からやる気を失って馬券を買う気が無くなりました。(それは大正解でしたが)

フェブラリーステークス(GT)は、ネット競馬では1番人気がゴールドドリームで、2番人気はテイエムジンソク、3番人気をサンライズノヴァとしておりますが、騎手人気の程度と馬場状態によっても人気は変化しますので、抜けた人気馬は居ないと思います。 騎手は下手でもケイティブレイブや、騎手はもう年でもアウォーディーなら可能性ならあるでしょう。 レッツゴードンキだって、ダートが絶対駄目ではないでしょうから、穴人気ぐらいにはなると思います。 人気馬がどうなるかは不明ですが、GTレースぐらいは5番人気以内で決まって貰いたいものです。 そうでないと競馬をやる人など居なくなりますよ。 JRAさん。

2018年2月13日(火)
今日は小倉で代替競馬がありますが、昨日も全然予想が当たりませんでしたので、頭を冷やす意味からも休養させていただきます。
私の我儘をお許しください。

2018年2月12日(月)
【後記】
私は倦怠期を迎えている競馬ですが、祭日でもあるし、東京だけの開催なので馬券を買う人もそこそこは居るでしょうから、パドックを見て複勝でも買ってみましようか。
いくらヘボ相馬眼でも、3割程度なら当たるでしょう。6Rまでは3歳馬戦ですが、パドックで買い目を決めるのなら、それも有りでしょう。(と勝手な言い訳をします)
現在の時刻は11時過ぎですが、まずは1,2Rのレース内容を見て、馬場の傾向を掴みたいと思います。
4Rは1番人気のEアルビオリクスが雰囲気が良いので連に絡むと思いますが、1番人気だけに単勝でも2.2倍なので複勝はちょっと買えません。
思い切って単勝を買いましょう。 結果はEアルビオリクスは直線でも良い位置におりましたが、なぜかルメールは追いませんでした。理由は分かりません。
3歳の未勝利戦などは、外人騎手も賞金が低くて真面目に騎乗しないのかも知れませんので、手を出すのは止めました。
テレビ山梨杯は、+18Kの5番人気Gカービングパスが良く見えるのですが、これだけ馬体重が増えると怖くて買えません。 Gカービングパスは2着に残りましたが、1番人気が1着だったので馬連配当は1230円でした。
雲雀ステークスはハンデ戦で馬のレベルも拮抗しているので予想が難しいようです。 人気3頭の中から1頭を軸にして流す買い方が普通だと思いますが、パドックは@ショウナンライズが3頭の中では良いと思います。9番人気のDディアマイダーリンの3着に期待して@-Dのワイドを買ってみます。
結果はL→J→Cでした。東京1400mは内枠有利のコース解説なのですが、全く関係ありませんでした。相変わらずカスリもしません。(そうだろうと思って1点買いばかりしているのですが) どうせ当たらないクイーンカップ(GV)のパドックですが、全然分かりません。 落ち着いているのはLツヅミモンとNモデレイトなのですが、どちらも2人引きだから馬がおとなしくしているだけかも知れません。やはり私には見るレースです。 クイーンカップ(GV)の結果は、1着が3番人気のEテトラドラクマ、2着が5番人気のAフィニフティ、3着が7番人気のHアルーシャでした。 これは人気サイドで馬券を買っていた人は的中出来ませんね。
12Rは、1番人気のDリヴェルディは落ち着きがありませんし、2番人気のCアンティノウスは仕上げ途上の感じで、安心して馬券が買えません。荒れそうな感じはするのですが、断定は出来ませんので、今日は止めます。
結果は、D→H→Cでした。1番人気のDリヴェルディから人気通りに5、6点流せば的中は出来ているのですが、3着に2番人気のCアンティノウスが来ているのを見ても分かる通り、(配当的に)流しでは買い難いレースでした。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
今日は祭日で競馬もあるのですが、クイーンカップ(GV)の馬券を買いたいと思っている人など何人いるのでしょうか。
馬主(一口馬主も含めて)なら、ハラハラドキドキしながらレースを見ているのでしょうが、私のような馬主でも無く、しかも3歳馬に疎い人間は、どの馬が勝とうが関係がありません。 俗に言う見るレースなのです。 昨日は馬券を買うつもりだったので、競馬資金は残っているのですが、馬券を買う意欲が沸いてきません。 もう(競馬に興味が無くなる)末期的症状なのかなと思っております。

当日8時半です。 積雪で小倉競馬は中止になったようです。小倉で競馬が出来なくなる程に雪が積もるのは珍しいのではないでしょうか。 それとも輸送関係の影響なのでしょうか。
それは兎も角、クイーンカップ(GV)のオッズは昨日と大きな変化がありません。 Iマウレアが1番人気で3.1倍、2番人気はLツヅミモンで4.8倍、3番人気はEテトラドラクマで5.9倍、4番人気はMオハナで8.4倍です。 3歳牝馬のレースですから、他にも有力馬は居るのかも知れませんが、今の時点ではこんな物でしょう。
絶対に当てようと思ったら、7番人気ぐらいまでのボックスでも買わないと無理でしょう。

2018年2月11日(日)
【後記】
京都記念(GU)は、誰が考えてもDモズカッチャンとEレイデオロが最有力馬でしょうから、その2頭で決着するのかだけを考えれば良いと思います。 考えると言っても、ほとんど勘でしょから、運と言っても良いと思います。
私は、単勝人気が100倍を超えるような馬は最初から除外しているのですが、巷にはそんな馬でも平気で本命や対抗、穴馬にしている人達がおりますね。
1,2着が堅かったとしても、3着なら可能性はあるでしょうから、ワイドなら買えない訳ではありません。
まずは、パドックを見て、ヘボ相馬眼で観察しましょう。 その前の東京10RにバレンタインSとか言うレースがあって、チョコレート馬が居ないかとパドックを見ていたのですが、惚れ惚れするような馬体の馬も多いです。恥を掻くのでどの馬とは言いませんが、このレースが堅く決まる事は無いでしょう。
京都の10Rは既に発走していてレース映像が間もなく出ますが、9頭と少ないので人気馬が絡むでしょう。結果は超堅くて馬連290円でした。

京都記念(GU)のパドックですが、Eレイデオロがやや興奮しておりますが、それが気合が入っていると判断する人も居そうです。Dモズカッチャンは問題無し、Iアルアインは私が想像していたより良いです。 Hミッキーロケットは雰囲気が表面に出ませんので、はっきり分かりません。 人気通りDEIの3点ボックスを買えば当たるとしか思えませんが、3点は買えないですね。 DーIのワイドなら配当的に買えますが、見っともないので止めておきます。結果は1着が4番人気のCクリンチャー、2着が3番人気のIアルアイン、3着が1番人気のEレイデオロでした。ちょい荒れのイメージですが、2着以降は人気馬とはクビ、ハナ差のレースですから、馬券を買えるレースでは無いでしょう。
共同通信杯の結果は、1着が6番人気のEオウケンムーン、2着が3番人気の@サトノソルタス、3着が10番人気のCエイムアンドエンドでした。
私は穴馬のワイドを買おうとして締め切られてしまったのですが、Eオウケンムーンは含めておりましたが、@サトノソルタスやCエイムアンドエンドは除外しておりましたので、買っていたとしても的中は出来ませんでしたね。 最近の競馬は当たる気がしませんので、今日は手を引きます。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
今週の重賞競走で、唯一馬券を買えそうなレースが京都記念(GU)でしたが、元々10頭と出走馬が少なかったのに加えて、@プリメラアスール、Aケントオー、Gアクションスターは単勝人気が100倍を優に超えており、まず連に絡む事は無いでしょう。 そうなると、残った7頭に可能性はありますが、福永祐一、藤岡佑介、松若風馬では所詮外人騎手の相手では無く、岩田康誠も近年は精彩を欠いておりますので、上位人気3頭で決まる可能性が高くなっています。 特に、DモズカッチャンかEレイデオロは連に絡む可能性が高く、この2頭で決まる可能性も相当あります。 そうなると、馬連配当は5倍以下で、1点買いでもしないと儲かった気分はしないでしょう。 馬券的な妙味は全くありませんね。

当日10時です。 京都記念(GU)のオッズは変化が無く、Eレイデオロが単勝1.7倍の圧倒的な1番人気です。 私もこの馬が連に絡む確率は4割前後はあると思っています。
この馬が凡走したとしても、2番人気(4.3倍)のDモズカッチャンが連に絡む確率は3割程度ならあるでしょうから、両方の馬が消える事を願って馬券を買うのは愚かだと思っています。3番人気(7.3倍)のIアルアインが馬のレベルは互角だとしても、騎手のレベル差が大き過ぎます。その他大勢の騎手には期待出来そうな騎手もおりませんので、大荒れは期待できないでしょう。 人気馬3頭のボックスを買って1.5倍前後儲かったとしても、笑い者になるだけでしょう。 私も1点買いで馬券を買える自信がなければ、手をだしません。

2018年2月10日(土)
【後記】
今日のメインレースの馬券を買えるのか、オッズを見ながら検討をしました。
小倉の帆柱山特別は、2番人気の@ビットレートを軸にしたくなる人が多いと思います。 藤岡佑介は騎手レベルは並ですが、小倉の内枠は有利ですし、中内田充正調教師なら休養明けでも出しても恥ずかしくない状態に仕上げているでしょう。 京都の洛陽ステークスは、馬の能力は拮抗していて、えいやで決めるしかありませんが、ムーアの騎乗する1番人気のBサトノアーサーとバルジューの騎乗する3番人気のHムーンクエイクの1点買いが常識的な買い方かなと思っています。 それは、池江泰寿と藤沢和雄がそろそろ本気で馬を仕上げているのではないかと感じるのと、横山典弘や福永祐一では能力的に苦しいのではないかと思うからです。 @シュウジは怖いですが、運が良ければ1点買いでも当たりそうな気はします。 ワイドでも現在は最低3倍ですから、2倍前後は堅いでしょう。 最終的には、パドックを見て決めます。
帆柱山特別のパドックですが、期待している@ビットレートは少し頭が高いです。走る気満々では無いと思います。これなら1番人気のHジョーマイクがまだ増しだと思いますので、このレースはパスします。
洛陽ステークスのパドックですが、雨がかなり降っていて、レースに影響しそうなのが気になります。 馬の状態はBサトノアーサーが文句なく仕上がっていて、良馬場なら1着は堅いでしょう。 Hムーンクエイクはよそ見をしたりして集中力を欠いております。 これでは2着は危ないですね。馬場が悪いので、このレースからも手を引きます。
小倉の帆柱山特別の結果は、O→L→Aで馬連万馬券でした。 これでは私のレベルでは、どうあがいても当たりません。
洛陽ステークスの結果は、B→I→Kでした。Bサトノアーサーの軸が堅かったので配当は平凡でしたが、3点買いでは的中は無理でしょう。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日10時です。今日な重賞競走がありませんので、じっとしていようと思っています。
メインレースぐらいなら、馬券を買っても良いのですが、最近は勝負運に見放されておりますので、馬券を買っても当たらないでしょう。

2018年2月9日(金)
今週は3連休で3日間競馬があるのですが、土曜日は重賞競走が無く、日曜日に東京で共同通信杯(GV)、京都で京都記念(GU)、月曜日に東京でデイリー杯クイーンカップ(GV)があるだけです。 共同通信杯(GV)とクイーンカップ(GV)は、3歳の牡馬と3歳牝馬のレースですから、馬主が自分の馬を応援するぐらいで、一般の人が馬券を買えるようなレースではありません。 私は一般の人ですから、さっぱり分かりませんので、パスするつもりです。 京都記念(GU)が馬券を買えるレースですが、例によって外人騎手を軸にして馬券を買えばだいたい的中できますので、出走頭数が10頭と少ないことも相まって、馬券的な妙味は無さそうです。 馬連が2、300円台の馬券だったら、馬鹿馬鹿しいですよね。
やはり、3月以降にならないと、競馬は面白くないです。(そう思うのは私だけかな)

2018年2月4日(日)
【後記】
今年は未だに予想が的中しておりませんので、今日は多点買いをしてでも的中させようと意気込んでおります。 東京新聞杯(GV)は、当たりさえすれば、足が出る事は無いと思っています。 まず、消去法で2着以内には入らないだろうと思われる馬をピックアップしましょう。
Fガリバルディ、Jベルキャニオン、Kマイネルアウラートの3頭は7歳馬ですから、余程の事が無いと、2着以内は無理と見ます。当然ながら人気もありませんが。
Dトウショウピストも騎手も調教師も勝てるとは思っていないでしょうから切ります。この馬も人気はありません。
ここからは勘や推測の要素が入りますが、Lカデナは福永祐一はやる気が無いでしょうから切ります。調教師の能力がもう少し高いなら可能性はあるのですが、恐らく駄目でしょう。私は、このぐらいしか消去出来ませんでした。 次に、馬の能力は別にして、このレースで勝ちに来ている馬を探します。 1番人気のOグレーターロンドンは、このレースを狙っているのは間違いありません。 調教師のレベルは低いようですが、それだけに必死に仕上げている可能性が高いです。
Bサトノアレスは、藤沢和雄ですし、馬主も有力ですが、柴山雄一を騎乗させておりますから、自信が無いのが見て取れます。6番人気は妥当でしょう。
@アドマイヤリードは確かに有力で枠順も良いと思いますが、藤岡康太は栗東の騎手ですから、ミス騎乗する可能性も高いと思っています。

Gリスグラシューは、矢作芳人にしてはローテーションもきっちり守っており、期待をしている馬であるのは確かでしょう。 ただ、馬主がキャロットファームですから、休養明けの今回は3着以降で良いと指示を出している場合もあり、全面的な信頼は出来ないと(私は)考えております。
Nダイワキャグニーは良血馬でもあり、期待は出来るのですが、成績にムラがある点と騎手が横山典弘ですから、勝つ時はあっさりと、負ける時は惨敗を(私は)イメージしてしまいます。 以上が正午現在の私の考え方です。
さて、きさらぎ賞のパドックですが、3番人気のIカツジが体がでかくて迫力がありますが、+14Kです。 他は似たようなもので、走ってみないと分かりません。
東京新聞杯(GV)のパドックですが、全馬の歩様が遅めです。 しかも、迫力のある馬が居りません。 頭が高めですが、1番人気のOグレーターロンドンが軸としては無難に見えます。Gリスグラシューは首を傾けたりしており、落ち着いてはいませんね。 Oグレーターロンドンを軸に、流すのは@BMNで充分でしょう。 穴はCディバインコードですが、11番人気ですから、人気を信じてパスします。 もしかしてのHーOのワイドも買っておきます。 これが外れたら、どこかの12Rでも買いますか。
きさらぎ賞(GV)の結果ですが、1着が4番人気のBサトノフェイバー、2着が2番人気のGグローリーヴェイズ、3着が5番人気のCラセットでした。 1番人気のHダノンマジェスティは5着以内に入っておりませんが、一体何着だったのでしょうか。
東京新聞杯(GV)の結果は、1着が2番人気のGリスグラシュー、2着が5番人気のBサトノアレス、3着が3番人気のNダイワキャグニーでした。 又しても武豊でしたか。 この男にはしてやられてばかりです。 女に騎乗するのも、馬に騎乗するのも得意なようです。

馬鹿を言っている暇はありませんので、どこかの12Rを買います。 全然検討をしておりませんので、時間の取れる東京の12Rを買います。
ざっと見た感じでは、2番人気のGショウナンアンセムか4番人気のHペルソナリテは連に絡みそうですから、この2頭軸で馬券を買いたいと思います。相手はDLOとH-Iの馬連を買いました。 これだけ買えば当たるでしょう。
結果は、1着が6番人気のKシャンデリアハウス、2着が4番人気のHペルソナリテ、3着が10番人気のOナンヨーアミーコでした。 軸選びは概ね正解でしたが、相手をLウォークロニクルでは無くてKシャンデリアハウスにすべきでした。 ただ、これは結果論的な部分もありますので断言はできません。 私としては、HーOかG-Oで決まって貰いたかったのですが・・・。 日頃の行いが悪いからなのでしょうが、最近は勝負運に見放されております。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日8時半です。 今日はきさらぎ賞(GV)と東京新聞杯(GV)がありますが、そろそろ予想を当てたいと思います。
きさらぎ賞(GV)は単勝1番人気がHダノンマジェスティで2.3倍、2番人気がGグローリーヴェイズ、3番人気がIカツジで7.1倍です。
Hダノンマジェスティは1戦しかしていない馬ですが、ここまで人気になるのは、相当に期待されている馬なのでしょう。 私は3歳馬には疎いので、判断が出来ませんが、松若風馬の騎乗でここまで人気になるのは、珍しい事です。 G-Hの1点買いで的中しそうな雰囲気ですが、3歳馬のレースですから、そこまで堅く決まると考えるのは危ないと思います。 私は馬券的な妙味無しと見てパスします。

東京新聞杯(GV)は、1番人気がOグレーターロンドンで4.7倍、2番人気がGリスグラシューで5.3倍、3番人気がNダイワキャグニーで5.8倍、4番人気がFクルーガーで6.0倍、5番人気が@アドマイヤリードで9.4倍、6番人気がBサトノアレス9.7倍のようです。
人気が割れておりますが、外人騎手が居ないので、軸馬を決められない人が多く、どうしてもこうなります。 現在の人気は騎手のレベルにほぼ沿っておりますが、横山典弘はちょっとでも足元に不安を感じれば、追うのを一切やめます(ヤラズの横山と言われている)から不安なのと、武豊も年が年ですから福永祐一よりはレベルが上ですが、安定している訳ではありません。 どちらかと言うと、馬に騎乗するよりは、若い女に騎乗する方が得意でしょう。 失礼な言い方かも知れませんが、これは事実だろうと思います。
馬の能力と騎手のレベルから予想をすれば、この人気の通りでしょうが、浜中俊や田辺裕信、戸崎圭太等に一泡吹かして貰いたいと思っているのは、私だけでは無いでしょう。

2018年2月3日(土)
【後記】
ぼけーとしているのも退屈ですから、メインレースでも買ってみようと思います。
馬場の良い(稍重)京都のアルデバランステークス(オープン)が良いのではないかと思います。
1番人気のLタムロミラクルと2番人気のHラインルーフが消えて呉れないかと思っているのですが、ちょっと虫が良すぎるでしょうか。
3番人気のAヒロブレイブ、4番人気のIマイネルオフィール、穴馬として、12番人気のFモンドアルジェンテ、7番人気のMタガノディグオ、10番人気のOメイプルブラザーに期待しております。 まぁ、ピックアップ馬は全て「馬ちゃんの競馬予想」のピックアップ馬なのですが、一理はあるなと思って期待をしている訳です。 最終的にはパドックの状態を見て決めます。
現在は10Rが3分ぐらいで発走する時刻です。3歳牝馬のレースなので手を出せませんが、堅く決まるレースでは無さそうなのは感じます。 と思ったのですが、堅く決まりました。
アルデバランステークス(オープン)のパドックですが、@はやや太目残し、Aはまあまあ、Iは悪く無いです。Lは1番人気になるだけに良さそうです。Oは興奮していて無理だろうと見ました。 1番人気が来たら運が悪かったとあきらめて、AFIMの組み合わせで馬連とワイドを混ぜて6点買います。
直線途中まではI-Mもあるかなと思って見ておりましたが、失速して@→G→Hで決まりました。 @は見落としとしても、Gはダート馬では無いと思って無視しました。 競馬は難しいです。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日9時半です。 積雪の影響で東京競馬場は前売りを中止していましたが、1R〜3Rの発走時間を遅らせて開催するようです。
私は東京競馬場の近くには住んでおりませんので、競馬場の地表の温度がどのぐらいなのかは分かりませんが、凍っている部分があると競走馬は滑って転倒する事がありますので、騎手はそれを気にしているでしょう。
年配の騎手(柴田善臣、横山典弘、蛯名正義)は、自分の安全を第一に考えるでしょうから、競り合うような競馬はしないと思うのですが、どうなのか確かめたいと思います。
こんな日は、騎手の度胸の程度を図り知る事が出来ると思います。 藤田菜七子も落馬を怖がって、馬を外に廻して走らせるようであれば、並の騎手なのがバレてしまいます。

それは兎も角、今日は重賞競走も無く、馬券を買うつもりはありません。
東京の馬場状態がどうなのかを見るために1Rを見ておりました。
ダート戦でしたが、雪は多少残っておりました。 年配の騎手は慎重ではないかと思ったのですが、柴田善臣は積極果敢で失礼な事を言ってしまいました。 藤田菜七子も怖がるのではないかと思っていたのですが、これまた積極果敢で12番人気でしたが、直線で一時は先頭に立つ事もありました。
勝ったのは2番人気の戸崎圭太でしたが、騎手は自分の使命を理解しており、命懸けで騎乗しているのが理解出来ました。 (後方の儘の弱気な騎手もおりましたが)

2018年2月2日(金)
この季節は競走馬が集まらないので、出走馬が少ないレースが多いです。 中京開催が終了して東京と京都の2会場になりましたが、仕方が無いでしょう。
騎手にとっては辛いでしょうが、弱肉強食の世界ですから、覚悟はしている筈です。 ネット競馬を見ていたら、クリスチャン・デムーロ騎手が、将来は日本の騎手になると言っているそうですから、騎手試験を受けるのでしょう。 ただでさえ、日本人の騎手は外人騎手に歯が立たないのに、さらに1人が加われば重賞競走はほぼ勝てないでしょう。
日本人騎手は、これ以上外人騎手を増やして欲しく無いと心の底では思っているでしょう。 馬券を買う立場から言えば、軸がしっかりするのと、馬主や調教師とのしがらみが少ない外人騎手への信頼度は高いです。 確かに荒れるレースが少なくなりますので、競馬で生活する人にとっては望ましい事では無いかも知れませんが、競馬は本来は大荒れする事が少ないのが普通の状態です。 私は、荒れても的中出来ないレベルですので、多くの人が的中出来るレースが多くなるのには賛成です。 JRAも、どんどんレベルの高い騎手を中央に呼び込むべきだと思っていますが、あの体質ですから、(外人騎手を増やして配当が低下するのには)どう対応するんでしょうか。

つまらない話は兎も角、今週は明日の土曜日には重賞競走が無くて、明後日の日曜日に東京で東京新聞杯(GV)、京都できさらぎ賞(GV)が開催されます。
きさらぎ賞(GV)は、3歳馬のレースな上に、出走頭数も10頭と少なく、予想が困難な上に馬券的妙味が無いとなれば、馬券を買う人は居ないでしょう。
恐らくは、騎手人気でデムーロ騎手が騎乗のGグローリーヴェイズが人気になるのでしょう。 (人気傾向が不明で、あくまで想像ですが)この馬を外せないと、下手すると足が出るでしょう。 東京新聞杯(GV)もちらっと見た程度ですが、こちらは16頭と頭数が多く、しかも、馬のレベルが拮抗しておりますから予想は難しいと思います。
7歳馬を無視したとしても、13頭残りますから、そこから6、7頭に絞って、更に軸馬を決めるとなると大変です。
私は、今週も当たる気がしませんが、馬券は買うつもりでおります。

2018年1月28日(日)
【後記】
今日の根岸ステークス(GV)とシルクロードステークス(GV)は、どちらも予想が難しいです。
京都のシルクロードステークス(GV)は、距離が1200mで、しかもハンデ戦ですから、展開次第になる場合が多くて、行った行ったで決まると思いますが、それが人気馬であるとは限らず、どうなるか分かりません。 せいぜい外枠は不利だろうぐらいでしょう。 そうなると、人気通り内枠の4枠の馬まで絞られますし、その中で穴馬はDアットザシーサイドとFセイウンコウセイぐらいなものでしょう。 人気馬3頭に穴馬を加えたとしても、5頭ボックスで買えば当たると考えるのが常識的だと(私は)思います。 こんなレースは5頭ボックスで買うようなレースではありませんので、実際は軸馬を決めて3〜4点で当てなければいけないレースです。
もし、訳の分からない馬が連に絡んだら、運が悪かったとあきらめるべきだと思います。

根岸ステークス(GV)は、去年の1着馬のEカフジテイクを軸にするのが普通なのですが、福永祐一は重賞にはめっきり弱いのと、最近の成績には陰りが見えてきましたので、使われ方が酷かった影響が出てきたとも考えられます。 2番人気ですが、切ってしまうのも有りだろうと(私は)考えております。 人気が割れている通り、有力馬は多くて、Aアキトクレッセント、Fキングズガード、Gサンライズノヴァ、Kブルドッグボス、Mノンコノユメは、馬の能力は紙一重だと思います。
それを騎手の能力で振り分けるか、パドックの勢いで振る分けるか、その他の振り分け方も含めて、個人で考えなければいけません。 私は、パドックの勘で振り分けたいと思いますが当たらないでしょう。 「馬ちゃんの競馬予想」では、人気通りにEカフジテイクとGサンライズノヴァを本命、対抗にしておりますが、そんなに単純に決まるのでしょうか。

シルクロードステークス(GV)のパドックですが、これはと思う馬がおりません。 @ファインニードルは太目ですし、Aアレスバローズも太いですが、この程度なら勝てるのかも知れません。Fセイウンコウセイは穴馬としてなら合格点でしょう。
Gダイアナヘイローも扱いが難しそうな馬に見えます。Iニシケンモノノフはハンデ頭だけあって雰囲気は良いのですが、7歳馬なので期待は出来ないでしょう。
大穴ならPロードクエストですが、追い込みの競馬になるかどうかでしょう。穴馬を入れてワイドで買うか、3連複で買うかですね。
どうせ当たらないなら、AFPのワイドでも買いますか。
根岸ステークス(GV)のパドックは、Gサンライズノヴァの軸で良いと思いますが、大穴を狙って@AGKの馬連ボックスを買いました。
シルクロードステークス(GV)の結果は、1着が3番人気の@ファインニードル、2着が6番人気のFセイウンコウセイ、3着が15番人気のCフミノムーンでした。
Fセイウンコウセイをピックアップしたのまでは正解でしたが、他の馬の選択が駄目でした。
根岸ステークス(GV)の結果は、1着が6番人気のMノンコノユメ、2着が1番人気のGサンライズノヴァ、3着が2番人気のEカフジテイクでした。
素直にGサンライズノヴァから流せば的中出来たような気もしますが、1番人気を軸にするのは避けたいですからねぇ。(と言いながら、きょうも大負けです)
競馬資金が100円残っておりますので、東京12Rを圧倒的1番人気のFから馬単で流します。 どの馬に流すのかは秘密です。(恥ずかしいので)
しかし、最近は全然当たらなくなりました。日頃の行いが悪いのでしょうか。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
昨日は汚い騎乗のレースが多かったと思います。まず、東京4Rで1着になったHギャラッドに騎乗したルメール、強引に幅寄せを行って2月3日〜2月11日迄騎乗停止となりました。 次に、京都9Rで2着になったFエタリオウに騎乗した和田竜二が、これもかなり酷い幅寄せを行って、同じく2月3日〜2月11日迄騎乗停止となりました。
両者共に常習者なので、制裁の期間が多少長いのですが、それでも順位は変わらないので、やり得くなのは間違いません。 両者共に見つかってしまったぐらいの感覚でしょう。
Hギャラッドは馬主がキャロットファーム、Fエタリオウは馬主がGリビエール・レーシングなので、絶対に連を外せない理由でもあったのではないでしょうか。
和田竜二の場合は、確実に2着に成れた2番人気で3着のDサトノワルキューレ潰しなのが、誰の眼から見ても明白だろうと思います。 レベルの低い騎手はそんな事をしなくては生きていけないのかも知れませんが、私から見れば、「そこまでして勝ちたいか」になります。 競馬界では、馬主の指示を守るために、わざと落馬までする騎手も居るのですから、この程度は日常的な事なのでしょう。ほとんどの騎手が、「全ては馬主や調教師のために」を生き残るモットー(信条、人生訓)としているかも知れません。

つまらない話は兎も角、今日は根岸ステークス(GV)とシルクロードステークス(GV)があります。
シルクロードステークス(GV)には和田竜二も参加しておりますが、Bグレイトチャーターは日頃から乗せて貰っている馬ではありませんので、幅寄せまではしないでしょう。
注意深く競馬を観察すれば、どの騎手が強引な騎乗をする可能性が高いのかは分かるかも知れません。
そんな方法で競馬の予想を行っていたら、私は競馬に嫌気がしてくるだけです。(そう成りかかっておりますが、まっとうな騎手もおりますので、競馬に希望を失っている訳ではありません)

当日10時です。馬券を買っても当たる気がしませんが、今日は根岸ステークス(GV)、とシルクロードステークス(GV)が開催されます。
整備の行き届いた、日本を代表する2大競馬場で行われますので、まともに決着する事を願って、馬券は買いたいと思います。
全く検討をしておりませんが、最近はオッズ通りに決まる事が多いので、根岸ステークス(GV)はEサンライズノヴァ、シルクロードステークス(GV)はAアレスバローズを軸にしているのが無難でしょう。
それに、「馬ちゃんの競馬予想」の予想内容を加味すれば、大荒れになった場合でも、ある程度はカバー出来ます。
この時期、まともに決まる事などは、稀にしかありません。

2018年1月27日(土)
【後記】
朝にも記載した通り、今日はレースを視るだけにしたいと思いますが、パドックは見たいと思います。
間もなく中京スポーツ杯の発走の時刻ですが、データ的には1番人気の@タケショウベストが抜けているようですから、軸としては有望でしょう。
ただ、ローカル競馬場でBクラスの騎手ばかりですので、順当に決まる事は稀でしょう。
京都の北山ステークスは、出走馬が10頭と少ないので、軸はきっぱりと当てたいのですが、人気が割れていて難しそうです。
1600万以下の馬なので、それなりの体型をしており、体型的には、これはと思うような馬が居りません。
騎手に不安はありますが、やはり1番人気のGサトノプライムが無難なような気がします。ただ、この馬も将来勝ち上がっていくような馬には見えません。
東京の白富士ステークスは、騎手だけで決めても、だいたい当たるでしょう。 ルメールが騎乗の2番人気のHテオドールから、@CDFに流せば、4割程度の確率で当たると(私は)思っています。

中京の結果が出ましたが、1番人気の@タケショウベストは連に絡めませんでしたね。 これには騎手のレベルも影響しているでしょう。
京都の北山ステークスもGサトノプライムは4着に惨敗しております。友道康夫調教師の1,2ですが、勝ったIロイヤルパンプも(私の眼では)決して抜けた体型の馬では無かったのですが。 東京の白富士ステークスの結果は、1着が3番人気のCマイネルハニー、2着が4番人気のFスズカデヴィアス、3着が7番人気のBマイネルサージュでした。
このレースぐらいは(私でも)当たるだろうと思っていましたが、駄目でしたね。 配当的には4番人気までのボックスを買っている人なら的中出来ましたので、馬連1110円の平凡な配当でした。 下手に考えないで、素直に人気通りの馬券を買っているのが利口なやり方のようです。 負け惜しみではありませんが、馬にとっても、この時期は寒過ぎます。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
今日は重賞競走もありませんし、京都は雪が降るようなのでレースもあるのかどうかさえ危ぶまれておりますので、炬燵に入ってじっとしているのが賢い凄し方だろうと(私は)思っています。 私だけでなく、馬券を買わなかったために、大儲けのチャンスを逃してしまったと言うような事は大多数の人が無くなったと思います。
最近の競馬は、人気通りに買えば、だいたい当たります。 だいたいが、今日のメインレースでは出走馬が集まらないらしく、東京も京都も出走馬は、たったの10頭です。
中京はフルゲートの18頭ですが、信頼性の高い外人騎手が居ない上に、距離が1200mで、しかもハンデ戦ですから、荒れるのが分かっていても、予想は無理で、運に頼るしかないです。 やはり、炬燵(こたつ)に入って、超高級果物になった、みかんでも食べているのが、利口な過ごし方でしょう。

当日10時です。 今日は重賞競走がありませんので、視るだけにします。

2018年1月26日(金)
今の時期は競走馬が集まらないらしく、先週のアメリカジョッキークラブカップ(GU)が、なぜ老人会のような馬ばかり集まっているのか不思議に思っておりましたら、理由を解説しているサイトがありました。 それによりますと、通常、レースに出走すると出走手当が貰えるので、それを目当てに出走させる馬主や調教師がいるのですが、アメリカジョッキークラブカップ(GU)の場合は出走手当が破格で100万円なのだそうです。 余りにもレベルが落ちる馬に出走されても困るので、1着と5秒差以上離されると貰えないそうなのですが、競馬で5秒差が付くレースなどは極めて少ないので、ほとんどの馬は100万円を手にする事が出来ます。 ですから、先週のアメリカジョッキークラブカップ(GU)が実質4頭のレースだったのが理解できる訳です。 その4頭の中でも、@レジェンドセラーは仕上げてませんでしたから、無視できましたし、Dゴールドアクターは30週の休養明けでしたから、模様見のレースであるのが想像出来ました。
競馬関係者であれば、このレースは、BミッキースワローとFダンビュライトの2頭で決まる可能性が非常に高いレースだったのは、容易に想像できたでしょう。 B-Fの1点買いなら、460円の馬連配当でも、馬券を買える領域になります。 おいしい思いをした競馬関係者は多かっただろうと思います。

それは兎も角、今週も土曜日には重賞競走が無く、日曜日に東京で根岸ステークス(GV)、京都でシルクロードステークス(GV)が開催されます。
例によって外人騎手が騎乗する馬を軸にして5〜6点も買えば的中出来るのかも知れませんが、賞金額も低いですから外人騎手も真剣に騎乗するとは限りませんので、荒れる事もあるでしょう。 特にシルクロードステークス(GV)は1200mのハンデ戦ですから、レース結果は(展開次第で)どうにでもなります。 根岸ステークス(GV)も荒れる事が多いレースとして知られているのは、御存知の通りです。 (近年は人気通りに決まる事も多いです)

2018年1月21日(日)
【後記】
東海ステークス(GU)が始まる前に、恋路ケ浜特別とか言う1000万以下のレースがありましたので見ておりましたら、いやぁ酷いですね。 1,2、3番人気がボロ負け(8、9、10着)で、お互いに牽制していたのか、マークしていたのでしょうが、B級レベルの騎手の凄まじさを見せつけられました。
こんな連中に、大切なお金を託すなど、わたしのような貧乏人には出来ません。あれを見て、東海ステークス(GU)の馬券を買う気持ちは失せました。
一応、パドックは見ますが、馬の状態が結果に反映する事は無いでしょう。
見栄えのする馬は居りませんが、1番人気のGテイエムジンソクは、走りたい雰囲気ですので、下手に抑えたりせずに掴まっておれば3着以内には成りそうです。
Kドラゴンバローズも和田竜二で無ければ軸にしたいぐらいですが、やはり人気通りに3着がやっとなのでしょうか。 穴馬は枠順有利さから@ローズプリンスダムなのかな。

馬券を買わないレースだと、どうしてもパドックを見る眼も鈍ってきますが、アメリカジョッキークラブカップ(GU)のパドックもみましょう。
こちらも人気の4頭で決まると思いますが、敢えてパドックで穴馬を探せばJトーセンビクトリーですが、いくら血統が良くても牝馬ですから限界はあるでしょう。
@レジェンドセラーは太目ですので、仕上げて無かったか、仕上げに失敗しているのでしょう。 近走では異常に馬体重が増加しております。
Dゴールドアクターは多少苛立って歩いておりますので、これがレースに影響するのかどうかですね。
東海ステークス(GU)の結果は、1着が1番人気のGテイエムジンソク、2着が13番人気のEコスモカナディアン、3着が6番人気のB モルトベーネでした。
1番人気のGテイエムジンソクを軸にしていた人でも、2着馬が13番人気では8割の人は外したのではないでしょうか。
アメリカジョッキークラブカップ(GU)の結果は、1着が2番人気になったFダンビュライト、2着が1番人気のBミッキースワロー、3着が8番人気のHマイネルミラノでした。
儲かったかどうかは別にして、大多数の人は予想が的中したのではないでしょうか。 B-Fの馬連1点買いで、10万円程度賭けている人(大根おろし?)でもないと、馬鹿馬鹿しくてやってられません。 最近の競馬は、つまらなくなりました。

それは兎も角、今日の中京9Rで藤田菜七子が1番人気(2.8倍)で4着でした。馬主が吉田和美でしたから、温情で良い馬を与えて勝たせてやろうとしたのでしょうが、それでも勝てませんでしたから、吉田和美を怒らせてしまったかも知れませんね。 折角の良い馬が貰えるきっかけでしたが、レベルの低さを証明してしまいました。 馬鹿マスコミに乗せられて、テレビのバラエティ番組に出て得意になっているようでは、馬鹿娘呼ばわりされるだけでしょう。 所詮、女は女なのでしょうか。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
昨日は馬券を買わないで見ておりました。
メインレースで馬券を買いたくなるようなレースがないかと探していたのですが、自信を持てるようなレースが無くて見るだけにしました。
中山のアレキサンドライトステークスは、馬券を買えば当たっていたでしょうが、馬連1010円ですからね〜。
今日はアメリカジョッキークラブカップ(GU)と東海ステークス(GU)がありますが、アメリカジョッキークラブカップ(GU)の1番人気(3.4倍)はBミッキースワローで朝から変わりません。 あの未成年で酒を飲んだとかの菊沢一樹でも、そこそこの成績を挙げていた馬ですから、軸としては有望かも知れませんね。ただ、ルメールが騎乗の4番人気(6.6倍)の@レジェンドセラーやデムーロが騎乗の3番人気(4.1倍)のFダンビュライトも居りますから、楽には勝たせて貰えないでしょう。 2番人気(3.4倍)が武豊騎乗のDゴールドアクターですが、私は武豊が嫌いな面もあって真っ先に切りたくなるのですが、年の割には頑張っていて、最近は泣かされております。 でももうそろそろ限界でしょう。
横山か武かのどちらかを切れないようでは、(配当的に)馬券を買う意味が無いでしょう。

東海ステークス(GU)は、Gテイエムジンソクが抜けた1番人気(1.4倍)です。成績をみれば納得したくなりますが、何時は走らなくなってもおかしく無い使い方ですから、オッズほどには堅く無いと思います。(昨日もOフェニックスマークに同じ事を言ったら、楽勝しておりましたが)
2番人気(6.9倍)のHディアデルレイの方がより変な使い方で、芝で走らなくなったのでダートで走らせたら、ここ2戦が1着ですから、元々はダート馬だったのかも知れません。頻繁に長期休養をさせておりますので、7歳馬でも6歳程度の体力はありそうです。
朝に8番人気だった和田竜二が、ようやく3番人気(13.6倍)まで上がってきました。 Kドラゴンバローズは、もっと人気が上がっても良い馬だと思うのですが、和田竜二では期待出来ないと考る人が多いのでしょう。

当日11時です。何度も言っているように、アメリカジョッキークラブカップ(GU)は、実質、上位人気4頭立てのレースです。5番人気以降が連に絡む確率は2割以下だと(私は)考えております。
4頭ボックスで馬券を買えば、ほぼ当たると思いますが、儲かりませんし、場合によっては足が出ます。こんなレースの馬券を買う人は知能を疑われるでしょう。 私でも買いません。
東海ステークス(GU)は、馬のレベルは人気に近いと思います。 ただ、騎手のレベルがB級クラスですので、ミス騎乗が多くなるでしょう。まともに決まるとは(私には)とても思えません。

2018年1月20日(土)
【後記】
今日のメインレースに、どこかの競馬場で儲かりそうなレースで無いかと思って、出走馬をちらっと見たんですが、知らない馬ばかりで、しかも中京は北村友一と藤田菜七子が1,2番人気ですから、これで堅く決まったら、臍が茶を沸かすでしょう。 いつものように、レース直前で両者の人気は下がるのでしょうが。
そうとは言え、代わりになりそうな騎手が居りませんね。 藤岡康太も底が見えてきたし、荻野極には注目していた時期もあったのですが、鳴かず飛ばずで、もう終わったかも知れません。 中山のアレキサンドライトステークスは横山典弘が騎乗のOフェニックスマークが単勝1.9倍で一本被りです。専任で騎乗させて貰ってますので、ヤラズは出来ないでしょうが、馬主も調教師も弱小ですから、そろそろ底が見えてくるでしょう。この馬も人気程には安定していないと(私は)感じますが。
藤田菜七子が騎乗するBコパノビジンは3番人気に下がりましたが、ちゃかちゃかして落ち着きはありませんが、51Kなら勝てそうな斤量でしょうが、藤田菜七子のレベルでは5着以内も危ないのではないでしょうか。 結果はC→M→@でした。菜七子は逃げましたが、潰れて13着でした。
  (後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日8時半です。今日は重賞競走がありませんので、予想は行いません。
明日のアメリカジョッキークラブカップ(GU)のオッズを見ていたのですが、単勝1番人気はBミッキースワローで2.4倍、2番人気はFダンビュライトで3.7倍、3番人気はDゴールドアクターで3.9倍でした。 野田みづきは人気のある馬主ですね。馬の名前がユニークなのと、良い馬を多く所有しておりますので、人気になるのでしょう。 ただ、明日のレースなので、オッズはまだまだ変化すると思います。 東海ステークス(GU)のオッズは、1番人気がGテイエムジンソクで1.1倍、2番人気がHディアデルレイで7.1倍、3番人気がIオールマンリバーで21.1倍です。 こちらも馬券発売直後のようなオッズで、全く参考にはなりませんが、「馬ちゃんの競馬予想」の本命馬が、単勝人気1.1倍の圧倒的な人気なのは面白いですね。 改めてこの馬の成績を確認したら、過去14走して5着以下がありませんね。 これなら人気になるのも道理です。 和田竜二が騎乗が騎乗するKドラゴンバローズは40倍前後で8番人気ですが、せいぜい4番人気程度かな。

2018年1月19日(金)
今週は、明日の土曜日には重賞競走が無くて、明後日の日曜日に中山でアメリカジョッキークラブカップ(GU)、中京で東海テレビ杯東海ステークス(GU)が開催されます。
たった今、出走馬をちらっと見ただけの感想ですが、どちらもGUレースにしては余りにもお粗末な出走馬ではないかと感じました。 理由はA級騎手は中山に集結しておりますが、そこでのアメリカジョッキークラブカップ(GU)の出走馬の年齢をみると、9歳馬2頭、8歳馬2頭、7歳馬3頭を含む計11頭のレースです。
7歳馬なら多少の可能性は残っているとは言え、これらの馬を除外すると計4頭のレースでしょう。 7歳馬のDゴールドアクターが武豊騎乗なので多少の可能性なら有りそうですが、30週の休養明けですから、実質は模様見のレースでしょうし、武豊もどこまで本気で騎乗するのか(私は)疑問に思っております。
例によって外人騎手の信頼性に期待して、デムーロが騎乗のFダンビュライトとルメールが騎乗の @レジェンドセラーの2頭軸にして他の馬2頭に流せば、だいたい(5割程度の確率で)的中出来るでしょう。 こんな事は、馬鹿でもチョンでも分かりますので、下手すると馬連300円以下の配当でしょう。 常識的にはやってられませんよね。

東海ステークス(GU)はどうなのかと言うと、こちらも老人会の様相は呈しておりますが、いかんせんB級騎手ばかり集まっておりますので、簡単には振り分けは出来ません。 このレースの騎手でトップレベルの騎手は誰なんでしょうか。 馬のレベルを度外視すれば、あの和田竜二程度でもトップになりそうです。 池添謙一の方が上だろうと思われる方も居ると思いますが、所詮は目糞、鼻糞の差です。 この程度のレベル差なら、馬の能力次第で結果は変化しますので、順当に決まる事は少ないでしょう。 下手すると大荒れもありそうです。 馬の能力はどの馬が上なのかと「馬ちゃんの競馬予想」で調べたら、スペシャル版ではテイエムジンソクがトップでしたが、人気もそうかは分かりません。
常識的には、和田竜二が騎乗のKドラゴンバローズが1番人気でしょう。 私は、オッズがはっきりしないと何も決められません。

2018年1月14日(日)
【後記】
今日は中山で京成杯(GV)もあるのですが、どうせ戸崎圭太を軸にしておけば当たると思っておりましたので検討をしておりません。
彼が騎乗するDコズミックフォースは、現在4番人気ですから、相当ひどい馬なのかも知れませんが、今更検討するのは面倒なので、このレースはパスします。
それよりも、日経新春杯(GU)を当てたいと思います。馬の能力の比較ならGミッキーロケットが頭一つぐらいは抜けていると思うのですが、BモンドインテロとFパフォーマプロミスが1番人気(3.8倍)を競っていて、Gミッキーロケットは3番人気(4.5倍)で固定です。
何度も言うようですが、和田竜二が戸崎圭太だったら、1番人気に成れるような気がするのですが、そう思うのは私だけでしょうか。

つまらない話は兎も角、日経新春杯(GU)のパドックですが、その前に10Rの紅梅ステークスのパドック映像が出ておりますので見ましょう。
頭数が9頭と少ないのは、抜けた有力馬居るので他の馬主や調教師が遠慮しているのだと思います。 人気を見るとそれは@シグナライズと言う馬のようで、単勝人気が1.6倍です。 4戦にて常に1番人気ですから、クラブの馬だと言う点を差し引いても、かなりの人気馬で、結果も3着、2着、1着、1着ですから、確かに他の馬はビビリますね。
鶴首にしてやる気満々で歩いておりますので、状態は文句ないでしょう。人気の3頭をボックスで買っておけば、6、7割は当たるでしょう。 但し、配当が全く見込めないので、馬単で@→FGでも私は買いたい配当にはなりません。 これで2着だったりしたら、泣けてきますよね。
先にレースが始まる中山の京成杯(GV)のパドックですが、特に目に付く馬は居ないと思います。 人気通りNジェネラーレウーノを軸にして4、5点も買えば当たるような気がします。
さて、日経新春杯(GU)のパドックですが、その前の紅梅ステークスはG→E→Cで、圧倒的な人気の@は4着でした。
話を戻して、人気の2頭の比較では、Fパフォーマプロミスの方が落ち着いて歩いております。Gミッキーロケットも悪くは無いでしょうが、気相乗りの点では今一つですね。
軽量馬では、@サンタフェチーフが一番でしょう。Iソールインパクトも悪くはありませんが、少しうるさいので福永祐一ではコントロールできるかどうかですね。
Aロードヴァンドールは、まんまと逃げたらの展開次第でしょう。そうなるかどうかは私には分かりません。
Fパフォーマプロミスを軸にするか、それにGミッキーロケットも加えて2頭軸にするか、ぎりぎりまで考えて投票します。2当軸にしても足が出ないようなので、2頭軸にして8点買いました。
結果は1着が1番人気のFパフォーマプロミス、2着が4番人気のAロードヴァンドール、3着が7番人気のHガンコでした。 私は的中出来たと思っていたのですが、A-Fを買いそびれていたようです。 それほど悔やむような馬券ではありませんので、あきらめます。
あと200円が残っておりますので、堅そうな中山12Rを1番人気を軸に、2番人気と3番人気に馬単で2点流します。
結果は、1番人気のHバラダガールが出遅れて万事休し、4番人気→2番人気の決着でした。 予想が全然当たりません。1〜4番人気馬の馬連4点ボックスなら楽勝出来るのですが、2点の馬単では無理と言う物です。(買うのが阿呆です)
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
日経新春杯(GU)ですが、京都は雪が降る可能性があってレース中止も考慮して、馬券購入も中止しておりますし、オッズも発表されておりません。
JRAも用心深いと言うべきか、阿呆と言うべきか、馬券購入は中止しても良いと思いますが、現在のオッズぐらいは発表してもバチは当たらないでしょう。
多くの競馬ファンは、Gミッキーロケットのオッズを知りたがっている筈です。 昨年の1着馬ですので、人気馬の1頭に成るのは確実ですが、俗に言う危険な人気にも成り兼ねない一面を持っている馬なので、過剰人気になるようであれば切りたいと思っている人も多い筈です。
問題は、Gミッキーロケットの相手馬なのですが、結局は騎手のレベルに頼るしかなくて、ルメールが騎乗するBモンドインテロだとか、デムーロが騎乗するFパフォーマプロミスが期待馬になってしまうのが辛い所です。
勿論、これらの馬は互角に渡り合えるでしょうが、あくまで互角であってGミッキーロケットを越えていると考えるのは危険でしょう。
大穴なら、斤量に恵まれたHガンコや、能力の高そうなIソールインパクトですが、Hガンコに騎乗するのが酒井学ではレベルが低過ぎて偶然しか期待出来ませんし、Iソールインパクトに騎乗するのが 福永祐一では、良くて2着のイメージしか持てません。
Gミッキーロケットは2400mを先行するだけに、針の穴を通すような緻密な騎乗を要求されますが、乗り慣れている和田竜二でも危ないと(私は)思っています。相手関係から3着以内に入る可能性は高いと思っておりますが、確実に連に絡むと考えるような馬では無いでしょう。
その意味では、馬券的な妙味のありそうなレースなのですが、オッズが見えないと判断が出来ません。

当日10時です。 日経新春杯(GU)のオッズ傾向もはっきりしてきたようです。
単勝1番人気はFパフォーマプロミスで3.8倍、2番人気はBモンドインテロで4.2倍、3番人気はGミッキーロケットで4.7倍、4番人気はAロードヴァンドール7.5倍、5番人気はIソールインパクトで7.8倍のようです。 Aロードヴァンドールは、私は距離適性と騎手の年齢と騎手が競馬場が不得手ではないかと思った点と、馬の脚質で評価を下げていたのですが、縦長の展開になって1番手を走れば横山典弘は得意ですので、あり得るかも知れません。 ただ、ここまで人気になるとマークされますので、楽には逃がして貰えないでしょう。
Gミッキーロケットが抜けた人気なら、蹴ってみようかと思ったのですが、3番人気だと軸にしたくなる程に気の毒に思います。馬の能力は互角でしょうが、和田竜二では勝てないと思っている人が多いのでしょう。 ここまで人気が無いと、つい軸にしてみたくなるのが私の悪い癖ですので、じっくりと考えます。
Iソールインパクトも5番人気の馬では無いでしょうが、福永祐一は忘れた頃に2着になって迷惑する騎手ですので、こんな評価なのでしょう。彼は1勝するのも大変なようです。
上記の5頭ボックスで必ず当たるなら、そのような買い方も成り立つ(組み合わせ次第では足が出ます)でしょうが、軽量馬の@サンタフェチーフやHガンコや、Kカラビナがまぐれで絡む場合もありますので、的中できない可能性もあります。多く買っても6点迄でしょう。

2018年1月13日(土)
【後記】
愛知杯(GV)ですが、レベルの低い騎手が多いので、彼等に線香花火騎乗をされると、予想が狂ってしまいます。
そのパドックですが、DタニノアーバンシーとHキンショーユキヒメの馬体のでかさが目立ちます。
特にHキンショーユキヒメは+20Kですから、中村均とか言う調教師は、まともな調教はやらなかったのでしょう。
こんなに腹がだぶついていて3番人気なのですから、どうなっているんでしょうか。3着以内に成れたら不思議ですね。
1、2番人気の馬は有力そうなのと、穴馬としては7番人気のAギモーヴと18番人気のMクィーンチャームがパドックの雰囲気は良いです。
牝馬のレースで、判断が出来ませんので、馬券を買うのは止めます。「馬ちゃんの競馬予想」も、余りにも大穴狙いばかりで、付き合いきれません。
結果は、1着が6番人気のIエテルナミノル、2着が11番人気のGレイホーロマンス、3着が1番人気のFマキシマムドパリでした。
馬連13120円でしたが、この結果を予想出来る人など居ないに等しいでしょう。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
今日の愛知杯(GV)ですが、人気もはっきりとしてきたようです。
ハンデ戦なので、ハンデの示す通りにFマキシマムドパリがこのメンバーでは最強の馬だろうと思います。しかし、騎手レベルを比較すると藤岡佑介よりは、Dタニノアーバンシーがに騎乗するデムーロが数倍上ですから、結局は2番人気になっているようです。
人気は微差ではありませんので、逆転するような事は無いと思います。それどころか、中京の2000mには滅法強い、Hキンショーユキヒメに迫られてきております。
牝馬のレースですから、1番人気のDタニノアーバンシーでも絶対では無くて、通常の展開でも3着なら場合によってはありそうです。
例えば、人気薄の@ゲッカコウに騎乗する丹内祐次が自滅的な逃げでもやれば、それにつられて足を失う場合もあるかも知れません。
丹内祐次も30歳を越えましたので、以前のように馬鹿な逃げは控えているようですが、やらない保証はありません。
先行馬が失速して、追い込みの競馬になるようだと、中京独特の大荒れのレースになるでしょう。

当日9時です。愛知杯(GV)の人気が変わって、1番人気がFマキシマムドパリで5.0倍、2番人気がDタニノアーバンシーで5.3倍、3番人気がBメイズオブオナーとでHキンショーユキヒメで7.1倍、5番人気がCリカビトスで7.2倍です。
基本的に予想が不能に近いレースで、1番人気は騎手人気から馬の実力の評価になり、それに開幕週なので、内枠の有力馬が加わったのだと思います。
確かにここまで手を広げれば、当たる確率は高くなりますが、このレースは5頭ボックスで買うようなレースでは無いでしょう。前述したように、やたらハイペースになれば、いくら開幕週で芝の状態が良くても、先行馬は潰れます。
私は、手を引きたいレースです。

2018年1月12日(金)
今週から中京開催が始まって、中山と京都に加えて3場開催になりました。私はそれが嬉しいとは思いませんが、騎手や調教師や馬主にとっては嬉しい事だろう思います。
各開催場の出走頭数もそこそこの頭数ですから、競馬で儲けたいと思っている馬主は多いのでしょう。 1963年から馬主になっている北島三郎も昨年のキタサンブラックでようやく競馬で大儲けできましたが、それまでは競馬をやっていなければビルの1つや2つは建っていただろうと、本人も述べているようです。
北島三郎の場合は、歌手で大成功しましたので資金的な余裕がありましたが、事業に成功して安直に競馬に足を踏み入れると、全く見込みのない馬を買わされ、満足に調教もしないような調教師にしか受け入れて貰えず、何とか入りの高額な餌代を請求されて、結局は競馬から足を洗う馬主が多い(大部分?)ようです。
相当なツテでも無ければ、良い競走馬など手に入れる事が出来ませんし、良い調教師にも恵まれません。 競馬界は素人が足を踏み入れる場所ではないと(私は)思っています。

どうでも良い話は兎も角、明日の土曜日は中京で愛知杯(GV)、明後日の日曜日は中山で京成杯(GV)、京都で日経新春杯(GU)が開催されます。
愛知杯(GV)は牝馬のレースでハンデ戦ですから手を出しにくいでしょうし、京成杯(GV)は3歳馬のレースですから手を出しにくいでしょうし、大方の競馬ファンは日経新春杯(GU)でも買ってみようとなると思います。 このレースもハンデ戦で荒れ易いのですが、トップハンデで1番人気になりそうなGミッキーロケットが、騎手が和田竜二ですから、またチョンボして3着以降になるのでないかと期待する人は多いと思います。 ルメールやデムーロも参加しておりますので、あり得ない事では無いでしょう。
Iソールインパクトも有力馬ですから人気になりそうですが、福永祐一が騎乗しておりますので、当てにはなりません。 ただ、時々2着に成る事があるので、私は迷惑な騎手だと感じております。 出走馬をちらっと見ただけですので、人気傾向は不明ですが、最近の競馬は1番人気を軸にして6点も買えば、大概は当たるようです。 楽になったと喜ぶべきか、つまらなくなったと悲しむべきか微妙ですね。

2018年1月8日(月)
【後記】
京都は雨なので、パドックの周りの人も少な目です。3連休を競馬三昧できるのは、競馬馬鹿(ギャンブル依存症)か独り者の暇人ぐらいなものでしょう。
朝に述べましたように、今日は馬券は買いませんが、シンザン記念(GV)のパドックぐらいは見て、相馬眼を鍛えたいと思います。
「馬ちゃんの競馬予想」でピックアップしている馬が万馬券になるようだと、付き合い買いをしているのですが、I-Jの組み合わせは万馬券ですが、今日はデムーロも参加しておりますので、彼が騎乗するAファストアプローチかB戸崎圭太が騎乗するBアーモンドアイのどちらかの馬は連に絡むでしょう。 頭数も11頭と少ないので、紛れも少ないと思います。
今日の傾向は、堅めで決まるか、大荒れになるレースが多いようです。シンザン記念(GV)が1,2番人気で決まると、5.8倍ですから、ABIJの馬連ボックスでは買えません。
シンザン記念(GV)のパドックですが、これはと思うような馬体の馬はおりません。ヘボ相馬眼では、1,2番人気で決まるとは思えませんが、データ的にはありそうですよね。
ばかでかいFツヅミモンがビリなのか意外に走るのかとか、武豊が今日も頑張るのか駄目なのかとか、3番人気のHカフジバンガードも確かに(良いのか悪いのかは別にして)目を引く馬です。 もし馬券を買うとしたら、複勝で(3着期待で)Jカシアスを買います。仕上がってはおりませんが、将来的には走りそうな馬体のように(私には)見えます。
結果は、1着が1番人気のBアーモンドアイ、2着が7番人気のFツヅミモン、3着が4番人気のJカシアスでした。
1番人気のBアーモンドアイの強さが光ったのと、巨体(540K)で、見た目にもでかく見えるFツヅミモンが頑張りました。 Jカシアスも良い走りをしました。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
当日10時です。
今日は祭日なのでシンザン記念(GV)がありますが、3歳馬のレースな上に、私は今週はもう競馬に飽きました。
今週の競馬資金も使い切りましたし、これ以上JRAを儲けさせる義務はありませんので、今日はお休みにします。

2018年1月7日(日)
【後記】
フェアリーステークス(GV)は、運が良く無いと当たらないレースですから、もう少し誰にでも可能性がありそうなレースを探したいと思います。
京都9RにLフォンターナリーリと言う馬が出走しているのですが、この馬は9時頃は2番人気で単勝3.6倍でしたが、11時には1番人気で1.9倍になっています。
大量に馬券を購入した人が居るためですが、レース(14時35分)前に2〜3倍になるなら、馬券を買っても面白いと思います。理由は、以前から言っている中内田充正と言う調教師のレベルが高いからです。39歳と若いのですが、ヨーロッパで調教の修行をしてきたとかで、新しい調教方法を取り入れているとかで、実際にも結果が出ています。
この調教師は、勝ちたいレースには川田将雅に依頼する事が多くて、今回も自信があると考えられます。 恐らくですが、6割前後の確率で1,2着に入る可能性があると(私は)考えております。 馬がどうかですが、馬主の吉田和美も、そこそこの大物馬主ですので、問題外の馬は所有しておりませんので、今回は昇級戦で危ない点があるとは言え、可能性は高いでしょう。 私のような少額の馬券購入者にとってはどうでも良いレースですが、数十万円で単複馬券を購入する人なら、注目しているレースだろうと思います。(もし、惨敗しても、私のせいにはしないでください)

京都9RのLフォンターナリーリは、単勝人気が更に上がって1.7倍になりました。とても単勝は買えませんので、馬単と3連複でも買いましょう。馬単はLを軸にBI、3連複はLを軸にABIを買いました。 相手馬がどうかですが、普通に決まれば当たるでしょう。 結果は、B→K→Lでした。 期待のLフォンターナリーリは3着でしたが、昇級戦が厳しかったのか、牝馬だから気まぐれなのかは分かりません。 3連複も買っておりましたので、Kキングジュエリーをピックアップ出来なかったのが残念です。当たると思っていたレースを外しましたので、燃えてきましたね。 京都はこの後のレースは出走頭数が少ないので、馬券的な妙味は無いだろうと思いますので、手を引きます。 中山の10Rのパドックを見ておりますが、ダート戦なので馬の体に癖がある馬が多くて、私には判断出来ません。しょうがないのでパスします。(人気通り、データ的にはOセンチュリオンが抜けております)
フェアリーステークス(GV)のパドックを見ておりますが、小柄な馬が多いのと仕上がっていない馬が多いように思えます。こんな早い時期から仕上げる調教師はいないのでしょう。
さっぱり分かりませんので、「馬ちゃんの競馬予想」で対抗馬のDライレローズを軸に、EIMOの馬連と3連複を買いました。この馬にしたのは、1番人気は避けたかったのと、内枠が有利だろうと思ったからです。
結果は、1着が2番人気のMプリモシーン、2着が6番人気のIスカーレットカラー、3着が7番人気のLレッドベルローズでした。
Iスカーレットカラーを軸にするべきでしたか。 Dライレローズは過去2戦は2,3番手を走っておりましたので、すんなり先行出来ると思っていましたが、とんでもなく後ろの位置取りでした。あれでは駄目ですよね。 私は欲張って軸馬流しにしましたので外れましたが、「馬ちゃんの競馬予想」はボックスなので当たっておりました。ちょっと欲を掻き過ぎましたか。
(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
今日のフェアリーステークス(GV)ですが、この時期の3歳牝馬のレースなどは、典型的な見るレースだと思います。
人気も騎手人気で戸崎圭太が騎乗のMプリモシーンが1番人気(4.9倍)になっておりますが、オッズが示す通り、どうなるかは走ってみないと分からない状況でしょう。
2番人気(5.3倍)も、前走で圧勝したOテトラドラクマですが、この馬も戸崎圭太が騎乗しての結果ですから、石橋脩では着外もあるでしょう。そこまで言うのは酷でしょうが、堅い2番人気では無いと(私は)思います。
それでも、3番人気(5.8倍)のFトロワゼトワルに騎乗する福永祐一よりは、期待できるかも知れません。 福永祐一は金杯で5番人気のPカデナに騎乗していたのですが、10着でしたから、やる気があるの?と言いたくなります。 正直、武豊の鼻糞でも煎じて飲ませたいぐらいです。 念のために申し上げますが、私はPカデナは無視しておりましたから、特に福永祐一に恨みがあって、けなしているのではありません。 最近の状態をそのまま申し上げているだけです。

当日9時半です。フェアリーステークス(GV)の人気傾向が変わって、1番人気がMプリモシーンからOテトラドラクマになって4.2倍です。2番人気がMプリモシーンで5.3倍です。関係者の票が入って競馬ファンもそれに追随しているのでしょう。
3歳馬の人気は、当てにならないと、私は思っているのですが、結果を見ないと何とも言えませんね。
このレースは不安定で、お金の余っている人でないと、手を出せるレースではありません。 言う迄もなく、私は手を出せません。 (100円程度で馬券を買うぐらいは出来ますが)

2018年1月6日(土)
【後記】
中山金杯(GV)のパドックですが、Hダイワキャグニーが、物凄い気合乗りの良さを見せつけております。そのためかパドックの最後方を歩かせておりますが、これが良い結果になるかどうかは兎も角、悪くは無いでしょう。 @ウインブライトも走る気満々ですね。 その点で言えば1番人気のEセダブリランテスは見劣りがしますが、パドックだけでは決められないのが競馬に難しい部分です。
9番人気のBトーセンマタコイヤも7歳馬が気にはなりますが、走る気がありそうで要注目ではないでしょうか。
Dデニムアンドルビーは、黙々と歩いていて、良いのか悪いのかが分かりません。人間もそうですが、牝馬は判断が難しいです。
11番人気のKフェルメッツァもパドックは良さそうに見えます。こんな馬が絡むと大荒れですね。
EHの2頭軸から@BDKへ馬連で流してみます。京都金杯(GV)は、FーLの馬連とI-Lのワイドを買いました。
中山金杯(GV)の結果は、1着が1番人気のEセダブリランテス、2着が2番人気の@ウインブライト、3着が10番人気のJストレンジクォークでした。もうちょっと荒れるのかと思いましたが、足が出てしまいました。
京都金杯(GV)の結果は、1着が4番人気のHブラックムーン、2着が3番人気のLクルーガー、3着が1番人気のFレッドアンシェルでした。
武豊が嫌いなのでHブラックムーンは含めませんでしたが、最近はそれが裏目に出るレースが多くて困っております。 それでいて買うと来ないんですよね。
中山12Rは投票に間に合いませんし、京都12Rは1200mですから、損をして気分は悪いのですが、今日はもう止めます。

中山金杯 中山金杯の的中馬券です。
当たりはしましたが、足が出ました。
年初に当たったので、縁起が良いとでも屁理屈を付けておきましょう。

(後記ここまで)--------------------------------------------------------------------------------------------
金杯のオッズ傾向が薄らと見えてきました。現在(前日23時半)、の中山金杯(GV)の単勝オッズの1番人気はEセダブリランテスで3.1倍です。
やはり、戸崎圭太なら堅実だろうと考える人が多いようです。2番人気の@ウインブライトが3.6倍ですから、競ってはいるのですが、松岡正海が騎乗してますので騎手レベルでは比較になりませんので、1番人気はこのままでしょう。
3番人気はHダイワキャグニーで5.0倍ですが、これは血統人気なのでしょうか。2番人気以降は、まだまだ流動的でしょう。
京都金杯は、やはり人気が割れております。Fレッドアンシェルが単勝1番人気で2.9倍ですが、堅い1番人気では無いと(私は)思っています。
2番人気(5.4倍)のAラビットランも、騎手が藤岡康太ですから、いかにも危なっかしいです。 これで1,2番人気で決まったら、(私は)笑っちゃいます。

当日9時です。 外人騎手が騎乗停止中だそうで、今年の金杯は荒れる可能性が高いです。
中山金杯(GV)は、戸崎圭太が騎乗のEセダブリランテスが単勝3.2倍で1番人気です。常識的には妥当だろうと私も思います。この馬が連に絡まないと大荒れでしょうが、相手も@ウインブライトやHダイワキャグニーですんなり決まるとは、とても思えません。馬の状態は良いのでしょうが、騎手レベルに不安が一杯です。
京都金杯(GV)は、3番人気(5.7倍)がLクルーガーに変わりました。私が軸馬でどうかと思った馬ですので、人気に違和感はありません。
武豊騎乗のHブラックムーンが、もう少し人気になっても良さそうですが、4番人気(6.0倍)でした。ここまで人気が無いと、(アンチ武豊の私でも)買いたくなりますね。
何度も言うようですが、東西金杯はまともに決まる事が、ほとんど無いレースですから、今年もどっちかは荒れるのではないでしょうか。

2018年1月5日(金)
今年もさっぱり予想が当たらない競馬が始まりました。(私の場合ですが) 特に東西の金杯は、ご祝儀レースなのか、大荒れが多かったのですが、戸崎圭太やデムーロ、ルメールがJRAに入ってからは、人気通りに決まる事が多くなりました。 中山金杯は外人騎手が居りませんので、一目では戸崎圭太が騎乗のEセダブリランテスの軸で大丈夫かなと思いましたが、馬の実績ではDデニムアンドルビーが他馬を圧倒しております。
ただ、この馬は牝馬で8歳になりましたので、何時崩れるかは予断を許さない状況ですので、人気にはなるでしょうが、この馬を軸にするのは爆弾を抱える気持ちが必要でしょう。
この2頭で決まるか、どちらかは連に絡むと常識的に予想すると、例年なら、どちらの馬も絡まなかったりしてたのですが、戸崎圭太と川田将雅ですから、当然勝ちには行く競馬をすると思います。 福永祐一が騎乗のPカデナが1,2番人気になってもおかしくは無いのですが、リーディングは上位でも重賞競走には滅法弱くて、(去年の有馬記念のように)ミス騎乗が多いので、1、2番人気にはならないと(私は)思います。 他には、内田博幸や岩田康誠が居りますが、近年は成績を見ても分かる通り、落ち目のようですから、人気には成り難いと思います。 前述したように、想像も出来ないような馬が絡む場合があるのが金杯の特徴です。

京都金杯は、ハンデが合っているなら、軸はPクルーガーかと思っていたのですが、大外枠ですから、人気は割れるような気がします。
そうなるとAラビットランとか、Hブラックムーンでも人気になるのでしょうか。
武豊も去年の暮れは頑張っておりましたが、この人も年齢的には限界でしょうから、軸にするのは爆弾を抱える気持ちが無いと、馬券を買うのは無理でしょう。
Hブラックムーンが1、2番人気になって、武豊がそれに応える事が出来るなら、当分は大丈夫と見て良いと思います。

2018年1月1日(月)
新年明けましておめでとうございます。
と申し上げたいのですが、今年は何か起こりそうな年だと感じるのは、私だけでは無いと思います。
その何かとは、皆さんも感じている通り、悪い方向の何かが起こるのではないかです。
アメリカのトランプ大統領が、突如北朝鮮を攻撃したとか、直下型地震が首都圏で発生したとか、あるいは南海トラフ地震が発生して、四国の原子力発電所が爆発したとか、不安の種はいくらでもあります。 考えて見れば、戦後の日本では東日本大震災を除けば、平穏に過ごせたのが不思議なぐらいです。
幸か不幸か、当事者やマスコミに、絶対安全だと言い聞かされてきた原子力発電所が、いとも簡単に爆発する危険な存在であったのを、日本国民は知る事が出来ました。
危機感を煽るつもりはありませんが、呑気で楽観的な国民から、少しは考える国民に脱却して欲しいと思います。(毎年の元旦は、こればかり言っております)

今日も馬鹿マスコミは、「NHK、紅白大成功の裏で今年のしかかる重圧」だとか、お盆芸の生放送が失敗して、芸人?の「おちんちん」が見えたとか見えなかったとか、そんなくだらない内容をニュースにしておりました。 どうりで、日本人は長生き出来るのかが理解は出来ますが、そんな状態の人達ばかり溢れているようでは、痛い目に合うのは遠く無いでしょう。
お目出度い、お目出度いと騒ぐのは、女や子供、低レベルな馬鹿マスコミぐらいだけであって欲しいと思います。
例年になくきつい内容になってしまいましたが、今年も競馬はやります。 危機感は心の隅に残しておいて、今年も競馬を楽しみましょう。
競馬予想はヘボなので外れてばかりですが、それに懲りず、本年もお付き合いいだだけますよう、心からお願い申し上げます。

2017年度の日記