Simple TTS Voice

現在、ブラウザ上から音声合成による読み上げが可能なのは(セキュリティの関係で)IE(インターネットエクスプローラ)のみです。
しかも、IEでも何もしなくても確実に動作をするのは Windoes Xp ぐらいなものです。 ここでは設定を行えば(私の環境では)Windoes7 でも何とか動作するようにしました。
もし、Windows 7 で動作をしない場合は下段の設定方法に従って設定を行ってください。 但し、初心者はウィルスに感染する危険がありますので絶対に止めてください。
どうしても動作させる事が出来ない場合や、動作させたくない場合もあると思いますので、音声ファイル のプレイヤーを置きます。(FLASH動作)
  左の三角マークをクリックすると、Haruka が日本国憲法を読み上げます。(音量に注意してください)
音質は悪くありませんが、誤読が多いのとイントネーションが変なので、実用には今一歩でしょうか。


 

               Rate           Volume          


Voice  

Audio Output   


設定方法

音声による読み上げの設定を行う場合には、必ずインターネットオプションのセキュリティタブの「信頼済みサイト」に当サイトを登録して行ってください。
全てのサイトを対象に設定を行うのは余りにも危険で、ウィルスに感染させてくださいと言うようなものです。
私のサイトは本当に安全なのかですが、私自身はウィルスを配布する事はありませんが、毎日数十から数百のサイトからメールの中継や侵入を試みられております。
従って、いつ侵入されてもおかしく無い状況ですので、テスト的に行う程度にして長期的な運用は避けた方が安全です。
万一ウィルスに感染したり、パソコンの調子が悪くなった場合でも、私は一切責任を負う事が出来ません。
以下の設定は自己責任で行ってください。 スキルのある方でないと無理である事を最初にお断りしておきます。
尚、OSが64bitの場合は、日本語の発声が出来なかったり、切り換えが正常に行われない場合があるようです。

(1)まず、自分の環境が音声合成が出来る環境であるのかを確認してください。
コントロールパネルから「コンピュータの簡単操作」を選択します。

コンピュータの簡単操作

次に、「音声認識」を選択します。

音声認識

次に「音声合成」を選択します。

音声合成

私の環境の音声合成の話者の名前が表示されております。

話者一覧

Microsoft Anna は、ほとんどの方の環境に登録されていると思いますが、このサイトでは Anna を英語の話者にしております。
ja-JP Haruka が日本語の話者になります。 ja-JP Haruka が登録されていない場合には、日本語では喋る事が出来ません。
現在は英語と日本語のみですので、この2名の話者が居れば、当サイトの音声を出力する環境は構築されております。
もし、不足しているなら話者を追加しなければいけませんが、その方法については省略させていただきます。

次にサイトで音声を発声させるための設定方法についた述べたいと思います。
IEブラウザのインターネットオプションのセキュリティタブを選択します。

セキュリティタブ

以下のように設定します。

安全なサイト

以下のような状態になると思います。
チェックは一応戻しておきましたが意味は無いです。

安全なサイト設定終了

これで、当サイトだけを規制を甘くする事が出来ます。
前述したように、全てのサイトの規制を甘くするのだけは止めましょう。

ここから、規制の部分の設定を変更します。

信頼済みサイト設定

以下が私の環境での設定内容です。
ひょっとしたら、過剰にセキュリティを甘くしている部分(ダイアログをの表示をしない)があるかも知れません。
気になる方は、お調べをいただいて、御自身が適正と思う設定にしていただきたいと思います。

信頼済みサイト設定終了

以上で設定について終了致します。
尚、当サイトの音声合成は英語と日本語の言語の判定が正確ではありません。


音声合成エンジンのインストールに関しては、以下のサイトが参考になります。
【無料の音声合成エンジン 「Microsoft Speech Platform 11」】
http://mahoro-ba.net/e1541.html
【もぎゃろぐ】
http://blog.mogya.com/2012/01/windows7text-to-speech.html
ポイントは、音声合成エンジンのインストール後に【もぎゃろぐ】さんのサイトに記載してあるレジストリへの登録です。
reg COPY "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Speech Server\v11.0\Voices\Tokens" HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Speech\Voices\Tokens /s /f
この内容を「ファイル名を指定して実行」から登録するのが一番簡単でしょう。
実行する前に、レジストリ(HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Speech Server\v11.0\Voices\Tokens)に、Haruka が設定されているか(インストールが正常に行われたか)は確認してください。


 このページは、Microsoft Corporation が作成したTTSのサンプルプログラムを一部変更して作成しております。